30代転職のコツ

【保存版】30代転職が知るべき失敗する13パターンと成功する4つのコツ

最終更新日:

20代と違い、30代の転職は難易度がグッと高くなっています

精神年齢が20代のままで転職活動をすると例外なく書類選考や面接でで落とされます

「ではどうすればいいの?」

30代転職者からは失敗を避けるために、このような質問をよく受けます。

この記事では、30代転職の失敗パターンを13個集めています。

さらに内定をとるための成功のコツも4つ紹介しています。

失敗と成功のパターンを知ることで、あなたは30代で転職成功する確率がグッと上がります。

必ず最後までお読みください。

 

30代転職の失敗ポイント 13個

失敗

30代の転職は難しく、大変だと聞くかもしれません。

しかし本当でしょうか?

もしあなたが自分の実力をしっかりと見つめ、事前に手厚い準備をしておけば、経験のあるあなたを雇わない理由はありません。

多くの転職に失敗する人は、これから紹介する「失敗ポイント」を知らぬ間に積み重ねている可能性があります。

転職に失敗しないための反面教師として、13個もの30代転職の失敗ポイントを紹介します。

詳しく紹介していきますので、ぜひ回避してください。

失敗1:市場価値が自己評価より低いときは失敗する

あなたが自分自身に与えている自己評価が、市場で求められている価値よりも低い場合、あなたの転職活動は失敗します。

つまり「自己評価>市場価値」の場合失敗します

米国を中心に行われてきた心理学実験では「自己評価=他者評価の2割増し」という傾向が鮮明に出ています。

無意識の内に自分を高く見積もっているということです。

あなたの自己評価と、あなたのスキルに対する企業側の価値観にズレが生じている場合や、自己評価が高すぎて理想が高くなっている場合は、企業側が採用に乗り出しづらくなります。

これはスーパーでも同じです。

あなたは、高いと思ってしまった食品を手に取るでしょうか?

企業側も同様に、あなたのスキルと市場価値を見極めて採用活動を行います。

まずは冷静に客観的に自分を分析し、労働市場での自分のスキルや強みを判断する必要があります

自分本位の評価でなく、周りとの相対的な評価をしておくことが大切です。

具体的に、次の3つのことを把握しましょう。

  • 自己スキルがどのような売上・利益で貢献できそうか?
  • 企業課題を具体的にどう解決できるのか?
  • 自己スキルは転職市場からみてどれくらいが相場なのか?それはなぜなのか?

おすすめは客観的評価をしてもらえる転職コンサルタントへの相談です。

自己評価が正しいかを確認するところからはじめましょう。

失敗2:転職の目的・動機があいまいな人は失敗する

転職を通して実現したいことがあいまいな人は失敗します。

30代の転職となると、企業側は以下のような項目をチェックしています。

  • 企業理念・文化にマッチしているか?
  • 期待したキャリアを歩めそうか?

転職を通して「どんな環境で、いつ頃に、どんなことを成し遂げたいのか」をハッキリと伝えられない場合、企業の採用担当は転職理由や動機が分からず、企業に依存する人を増やしてしまうため選考に落ちやすくなります。

転職が失敗する傾向の人は、

  • いまの職場の給料が低いから転職したい
  • 職場の人間関係が嫌だから違う場所へいきたい

など、ネガティブな本音をそのまま伝える人です。

おすすめは、ネガティブな理由を解決するために、どんな環境でどんな風になりたいのかをポジティブに考えることです。

そうすることで、自分のキャリアや転職で実現したいことが具体化され、採用担当者にも伝えやすくなります。

「この人は具体的な目的を持っている」と、企業の採用担当を思わせることが、転職で成功する秘訣です

その第一歩として、「なぜ転職したいと思ったのか」を明確に話すことができれば、採用側もあなたの雇用に前向きになるでしょう。

失敗3:キャリア・興味・してきたことに一貫性がない人は失敗する

キャリアや興味関心、過去の経歴に一貫性や戦略を見当たらなければ、あなたの転職は失敗する可能性が高いです。

行き当たりばったり的に仕事をし、職を転々としている人を、お金を払って雇う側は信用できるでしょうか?

企業は代替可能なアルバイトを探すのではなく、会社にコミットし、成果を残してくれる人材を探しています。

30代ともなると、キャリアを積み上げる必要があります。

「多くの経験をしているけれど、専門性がない人だ」と思われないためにも、これまでのキャリアを振り返り、共通点を見出して、自分自身の強みを見出し、将来への展望を探すことが大切です。

「自分のキャリアは、これまでどんな専門性を育み、強みを与えてくれたんだろう?」

まずは自分の過去を振り返り、どんな一貫性があるのかを探し出してみましょう。

そうすれば自ずと進むべき道や、あなたに合っている職業が絞りこめるはずです。

難しい場合は、友人や両親、転職コンサルタントに相談しましょう。

失敗4:即戦力にならない人は失敗する

転職で失敗する人は、即戦力にならない人です。

30代で転職するという事は、すでに社会人経験も豊富であり、ある程度のキャリアが積み上がっている前提条件があります。

この条件を満たしていない人を雇いたいと思う企業はあるでしょうか?

新業種で、これまでと全く違う境遇へチャレンジする場合は別かもしれませんが、似たような業種や職種の場合、あなたが培ってきたキャリア・経験・スキルを求める場合が多いのです。

それはつまり、仕事ですぐに結果を求めてくる、ということです。

そこから逆算していくと、「即戦力として見込むことができなければ、企業はあなたに興味を持つことはない」といえるでしょう。

新卒であれば「将来の投資」と思って採用する可能性もありますが、30代の転職者を採用する場合は採用の目的があきらかに違います。

ここをしっかりと覚えておき、対策を練っておかなければ、あなたの転職は失敗する可能性が高くなります。

失敗5:企業への貢献意欲がない人は失敗する

30代で転職する場合、転職先の企業に対しての「貢献意欲」が必要です。

企業のこれからを担う人材として、どのようなキャリアを描けそうか注目されています。

そのときに自分本位、利己的な人は転職に失敗します。

あなたは志望している転職先の企業に対し、誠実に貢献したいと思っているでしょうか?

企業側があなたを採用するメリットは何でしょうか?

このようなことを客観的に伝えることができれば、転職は成功するでしょう。

失敗6:努力出来ない人・努力できることを伝えない人は失敗する

やる気のなさ

努力できない人である、もしくは努力できることをハッキリと伝えられない人は、転職活動に失敗します。

転職をするというのは、新しい世界に飛び込んでいくことです。

努力ができなくては、新しい職場・仕事内容への適応できず、顧客・上司・部下と様々な人から評価されません。

30代転職の場合は、仕事をする上で結果を求めて行動し、実力を向上させる努力をしていく必要があります。

また企業側も、あなたの努力して結果を出そうとする姿勢を期待しています。

ですので、転職活動を始める前に私生活を振り返り、以下の3つのポイントを考えてみて下さい。

  • 努力をしたいと思っているか?
  • 実際に努力をしているか?
  • 努力することを他人に伝えているか?

これらの項目に対して、準備ができていると感じるのであれば、転職活動も上手くいくでしょう。

失敗7:受け答えが浅いひとは失敗する

受け答えが浅い人は、面接をしていても疑われてしまいます。

「受け答えが浅い」というのは、具体性がなくあいまいなことです。

  • 「風通しの良い会社で働きたい」
  • 「将来、社会に貢献できる仕事をしたい」

などと、あいまいな回答をしている人は「ちゃんと考えて発言しているのか?」「この人を雇っても大丈夫なのか?」など、採用担当者から思われます。

「受け答えが浅い」というのは

  • 事前準備されていない
  • レベルが低い、専門性が低い、追求しない

といった風に思われます。

30代にもなって具体的な判断基準やビジョンがないのは致命的です。

事実と例を用いて具体的に説明できるように心がけましょう。

転職を考えているけれど、「受け答えが甘い」や「思慮が浅い」と普段から評価されている人は、家族や友人といった周りの人や、後ほど紹介する転職コンサルタントにチェックしてもらいましょう。

失敗8:不満だけ言う人は失敗する

仕事や職場に対しての不満ばかり言っている人は、転職活動も失敗します。

不満を抱くのは誰にでもあることなので、それは仕方のないことです。

しかし、そればかりを口にして、前に進もうとしないのであれば転職は不可能です。

なぜなら採用担当者は

「不満ばかり口にして、進歩しない人だな。きっとうちの会社で採用しても不満ばかり言うかもしれない」

と考えるからです。

不満があるのは仕方ありません。

しかし、その状況に対してどのようなアクションを取ったのか、また、どうして解消できなかったのかを考えておく必要があります

採用担当者には「劣悪な環境から抜け出して、自分の真の実力で仕事に取り組みたくて転職活動をしているんだ」と思わせることが大切です。

まずは自分の言動が不満ばかりを口にしていないかを確認してみましょう。

以上、ここまでは普段の心がけや仕事への態度を中心に紹介してきました。

ここからは、もう少し「転職活動」に絞って、30代転職の失敗ポイントを紹介していきます。

失敗9:面接対策をしない人は失敗する

近年は転職者の面接がシビアになってきているので、面接対策を行わない人は転職活動で失敗します。

とくに面接は、マナーや受け答えをじっくりと観察される場です。

少しでもマイナスポイントが見つかってしまうと、採用担当者からの印象が悪くなります。

また、想定と違った質問によって慌ててポロッと本音が出てしまうのも、面接のマイナスポイントです。

「週刊ダイヤモンド」によると、多くの転職希望者の方は、面接対策が不十分で、その結果として面接を通過できていないのだそうです。

その反面、面接対策を行うと合格する確率は50%近く向上する、という統計的なデータが存在しています。

(参考:http://diamond.jp/articles/-/27337)

想定される質問に対し、具体的な事実と例で説明できるように対策をしましょう。

本当に成功させたいのであれば、転職コンサルタントに模擬面接をしてもらうことがおすすめです。

失敗10:年収にこだわる人は失敗する

あなたがもし、転職で年収にこだわりすぎるのならば、転職活動は失敗します。

あなたが転職する理由は「給料」が本音かもしれません。

しかし、本当にそれで良いのでしょうか?

いくら転職するとはいえ、いきなり年収を期待してしまうことは、転職先企業にも良い影響は与えません。

ましてや転職活動の面接の場で、給料や年収の話題は出さない方がよいです。

もしあなたが、面接官や新しく入ってきた社員の上司だったらどう思いますか?

「まだ結果も出していないうちに、給料のことを気にするなんてデリカシーのないヤツだ」と思われてしまい、あまり良い印象を与えることは出来ないでしょう。

したがって、新しい仕事場では結果が出始めて、周りに認められてから年収にこだわるのが良いでしょう。

初めのうちは、基本給が上がっただけでも良しとすればいいのではないでしょうか?

様々な事情で家計や資金が逼迫するなど、それぞれの事情があるかもしれません。

せっかく心機一転新しい職場を目指すのであれば、はじめは謙虚な姿勢で望むことが大切です。

失敗11:転職先をしっかり調べない人は失敗する

転職先についてよく調査をしない人は、転職活動において失敗します。

30代における転職活動とは「自らを売り込む営業」と言い換える事ができます。

この場合は自らが商品となるわけですが、商品を売る先(=転職先)もしっかりと考えておく必要があります。

これはマーケティングと同じ考え方になります。

いくら商品が良い場合でも、アピールポイントを間違えてしまっては失敗します。

相手企業をしっかり調べておき、分析をおこなうことで、適切なアプローチの方法が見えてくるはずです。

転職希望先のホームページをチェックし、

  • 事業内容
  • 企業理念
  • 業績
  • 社長メッセージ
  • 転職者向け情報

は必ず目を通しましょう。

20代の新卒者でも応募企業の調査をしています。

さらに、

「これまでのキャリアからどう貢献できそうか?」

を語れるようにしましょう。

これだけで30代の転職でも合格率がグッと上がります。

失敗12:相談しない人は失敗する

転職の悩みや不安を相談できない人は転職活動に失敗します。

キャリアは千差万別で、自分一人の知識や経験だけで物事判断しては理想の成功を得ることはできません。

最近ではインターネットだけの情報を頼りに転職をする方がいますが、企業体質まで情報をみることはできません。

友人や親はもちろん、数百・数千の転職者を見届けてきた転職コンサルタントにも相談をすべきです

企業体質やあなた自身の問題も客観的に教えてもらうことができます。

転職を独りよがりに進めないということも成功の大切なポイントとなります。

失敗13:行動しない人は失敗する

転職活動を成功させるためには「行動」あるのみです。

現職中に転職活動を始める人もいれば、いったん仕事を離れて転職活動を行う人もいるかもしれません。

両者に共通することは「自ら行動を起こさなければ結果が出せない」ということです。

転職活動を行い内定を勝ち取るためには、自己分析を行い、企業研究をし、履歴書や職務経歴書を仕上げ、面接の対策を行い本番に望まなくてはなりません。

もちろん1社だけで合格することは稀ですから、同じプロセスを会社ごとに、何度も繰り返すことになります。

これまでの経歴や実績を過信して、行動をおこさなければ、志望する企業への転職は難しいでしょう。

少なくとも転職活動は「できることはなんでもして成功させる」という意気込みが大事になります。

以上、30代転職で失敗する原因を13個に絞って紹介しました。

1つでも当てはまるものが見つかった人、転職活動を甘く考えていた人、これから転職活動をはじめる人は、転職活動の戦略を見直してみましょう。

それでは、次は転職で失敗しないための4つのコツを紹介します。

こちらもぜひ参考にしてください。

30代転職で失敗しないための4個のコツ

今すぐ行動する

転職で失敗しないために、ぜひともやっておきたい・考えておきたい・準備しておきたい4つのポイントを紹介していきます。

30代転職は人生の大きな転換点です。

悔いの残らないような転職活動をするためにも、ぜひとも意識しておきたいことをまとめました。

  • 成功のコツ1:転職で必ず実現したいことを明確にする
  • 成功のコツ2:採用担当者の目線で自分を評価する
  • 成功のコツ3:自分の強み・弱み・興味あることを自己分析し、客観的・具体的に伝えられるようにする
  • 成功のコツ4:転職エージェントに相談する

詳しく解説しますので、ぜひ成功をつかみ取りましょう!

成功のコツ1:転職で必ず実現したいことを明確にする

多くの人は転職で実現させたいこととして、「反りの合わない上司から抜け出したい」や「もっと高い給料の仕事に就きたい」という希望を上げるかもしれません。

 

転職者を採用する側も、転職する理由は何かしらの不満があるのは分かっているはずです。

ただ、不満をだけでは採用担当者としては採用する理由にはなりません。

例えば「上司と上手くいかない」という理由ならば「チームワーク良く成果を挙げていきたい」というような感じに換えましょう。

加えて、転職先の企業で働く目的も考えておくことが大切です。

採用する側も、ボランティアで転職者を受け入れるわけではありません。

企業にとって「戦力となる人材」を採用するのが目的となりますから、あなたが転職先の企業でどんな目標を掲げ、どのような方法で成果を挙げていくのかを描き出す必要があります。

自分本位な転職理由を上げるだけでなく、会社の特徴をまとめ上げ、あなたの理由と企業の強みを上手くミックスさせることがポイントです。

成功のコツ2:採用担当者の目線で自分を評価する

プロに頼る

30代で転職する場合は、採用担当者の目線から自分を客観的に分析して評価することが大切になります。

自分と同じような人が面接にやってきたら、あなたは内定を与えたいような人材でしょうか?

30代で転職を目指す場合は「即戦力」が求められますが、あなたは成果の挙げられる人材でしょうか?

大切なことは、あなた自身の経歴や転職の目的を「採用する側」に立って改めて考えてみることです。

あなた自身が求職者として面接に来たら、内定を渡してあげたい人材かどうか?

30代転職で成功するポイントは、ここにあります。

転職の希望先をしっかり分析して、その会社の採用担当者の立場になり、自分自身を評価してみてください。

そうすれば、成功への道が見つかるはずです。

成功のコツ3:自分の強み・弱み・興味あることを自己分析し、客観的・具体的に伝えられるようにする

採用担当者の目線で自分を評価するに関連しますが、30代の転職で成功するためには、まずは自己分析が大切になります。

何となく転職活動を行うのではなく、これまでどのような仕事を経験し、成果を挙げ、どんな強み・特徴・スキルがをあるのか、また逆にどんな仕事が苦手だったのかを思い返してみましょう。

しかし面接や履歴書では、自己分析だけでは採用担当者を納得させることは難しいです

自己分析で分かったあなたの強みや弱みを、「具体的」に「客観的」に伝えられるようにまとめておかなければ、転職活動は上手くいかないでしょう。

思いつくままに内容を挙げていくのではなく、ポイントを簡潔にまとめ、分かりやすく編集しなければなりません。

具体的で簡潔であることは、社会人として必須なスキルということができます。

ましてや自己分析の結果を簡潔に伝えられないとなれば、採用担当者側も「これは仕事でも同じかも」と思うかもしれません。

これは、しっかりと準備しておきたい重要事項です。

成功のコツ4:転職エージェントに相談する

転職に成功するためには、転職エージェントに相談することも大切です。

転職を扱うエージェントは、豊富な知識や経験、ノウハウを蓄積している「転職の専門家」なので、あなたの境遇や目的、夢、希望を考慮して最適な転職先を紹介してくれます。

自分では得られることのなかった求人情報を取り扱っていたり、あなたにピッタリな職種を第三者目線から考えてくれるはずです。

転職を成功させるには、そうした専門家をバックにつけて活動をすることが近道ということができます。

しかし注意するべきポイントは、転職エージェントに任せっきりにならないことです。

これは失敗ポイントで紹介した「転職先を調べない人は失敗する」と関連があります。

いくら転職エージェントが進めたらからといって、安易に転職の面接を受けるのではなく、転職エージェントから紹介されたとしても、自分でチェックしなくては、面接で失敗する可能性が高くなります。

転職エージェントのオススメな使い方は、「情報の提供」と「不安や疑問点の解消」、「面接の練習」となります

以上、転職に成功するポイントをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

転職に失敗するポイントと、転職で考えておくべきことを押さえておくことで、転職の成功率も高くなることが予想できますね。

また、転職を成功させるには、その道の専門家を利用するのも秘訣です。

そこで最後に、30代の転職で”絶対に成功したい人”にオススメな、信頼できる転職エージェントを紹介します。

30代転職でおすすめの転職エージェント3選

30代で転職を考える場合、やっぱり不安がつきまとうと思います。

けれども専門家を頼りにし、不安を覚えたら相談し、一つひとつを対策していけば必ず乗り越えられるはず。

そこで、あなたのキャリアの味方となってくれる、おすすめの転職エージェントを紹介します。

リクルートエージェント

  • リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1
  • 動向・事例を考慮し非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介
  • キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピール

まとめ

以上、30代転職で成功するために、その失敗ポイントや成功するポイントをまとめました。

30代での転職は、人生を大きく左右する転換期ということで、非常にデリケートな問題となります。

そんな大切な転職活動を失敗せずに成功へ導くポイントを解説しました。

多くの人は安易に転職を考えがちですが、本来の転職活動は慎重であり、効果的な期待が出来る時に行うものです。

フラストレーションから逃げるだけでなく、大きく自分を成長させるために、新しい環境で切磋琢磨するためにも行うことのなのです。

そうした転職のポイントをしっかりと守り、今の自分を変えるために、この記事のポイントを活用してもらえれば嬉しいです。

当サイトおすすめの転職エージェント

【ベスト3】当サイトおすすめの転職エージェント

IT専門!国内最大級の求人数と実績「マイナビエージェントIT」

  • 求人情報の8割が「非公開求人」で
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門 「TechClipsエージェント」

  • 高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門
    80%以上が年収500万円の求人!
  • 大手転職会社にはない現役エンジニアによる親身なサポートでキャリアアップをサポート
  • エリアは首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)限定!

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!
  • フリーランスに興味がある人はコチラ

-30代転職のコツ
-, ,

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2018 All Rights Reserved.