30代転職のコツ

30代・独身女性の転職で知っておくべき考え方のポイントと実践方法

最終更新日:

30代女性のキャリアは非常に悩ましいものがあります。

  • 仕事とプライベートのバランス
  • いまのスキルと今後の不透明なキャリア
  • 結婚・出産などの予想しにくいライフイベント

これらを考慮しながら最適な転職先をいつ・どう選ぶのか?

非常に難しい問題です。

でも大丈夫です。

漠然と考えずに一つ一つ着実に進めていけば意外とシンプルです。

そのためには「自分を知る」ということがとても大切です。

この記事では、「自分を知る」方法も含めながら転職を進める考え方を紹介していきます。

自分のキャリアを主体的に切り開いて進めていきたい方はぜひ最後までご一読ください。

 

「既婚者が採用されやすい」は一部の企業。採用担当者のホンネを解説!

独身よりも既婚の女性が採用されやすいと考える人は多いです。

本当でしょうか?

書類選考・面接をしている筆者としては次の3つが理由として考えられます。

  • 30代女性は結婚や出産の可能性があり生活が急変する可能性がある
  • 結婚・出産のタイミングで退職のリスクも高い
  • 家庭と仕事の価値観が定まっていない

ただし、上記の内容はしっかりと採用担当者に伝えれば「既婚だから」「独身だから」という理由で落とされることはありません。

ではなぜ「独身は落とされやすい」「既婚は採用されやすい」と感じるのでしょうか?

それは、既婚者の方が「大切にしたい働き方」をしっかりと自己認知し、伝えることができているためです。

つまり30代の既婚女性は下記の質問に対し明確に考えを持っており、伝えることができているのです。

  • 結婚したら家庭と仕事のどちらを優先するか?
  • 子供が生まれたら家庭と仕事のどちらを優先するか?
  • 40代・50代のキャリアをどう考えているか?

独身であっても、大切にしたい働き方を考えることはできます。

下記のポイントをしっかりと考え、採用担当者には次の3つのような価値観を伝えましょう。

  • 仕事とプライベートのバランス
  • 仕事の意義と具体的な40代のイメージと理想とする50代の働き方
  • 仕事でどのようなことを達成したいのか

30代の転職では上記のような価値観を具体的に持ち、伝えることが求められます。

繰り返しとなりますが、これは独身であっても既婚であっても変わらない部分であり、仕事への価値観が採用担当者の求めているものであるかどうかが採用の可否を大きく左右する部分です

コラム:既婚者・子持ち女性の方が仕事の価値観は高い?

筆者の経験ですが、既婚者・子持ちであるほうが仕事への価値観を強く持っていることが多いです。

家庭と育児で働ける時間が限られ、それでも「仕事をしたい」という想いが仕事への価値観の具体化につながっているように感じます。

そのため、独身よりも既婚のほうが結果として30代では採用されやすくなっているのではないかと推測されます。

言い換えれば独身であっても仕事への価値観を強く持ち、それが採用担当者と噛み合うものであればスムーズに転職できる可能性は高まります

なかなか独身のうちは自分のあるべき姿など仕事への価値観を強くは見いだせないかもしれませんが、転職を考えているのであれば一度見つめ直してみることが必要です。

40代・50代のなりたい姿をイメージして仕事への価値観を見直す

30代で転職をする場合には仕事への価値観が重要となることを述べました。

それでは具体的にどのような価値観を持っておけば転職に有利に働くのでしょうか。

私がおすすめしているのは、40代・50代になったときにどのような姿で働きたいかをイメージしておくことです。

30代で独身の女性はまだまだこれから生活に変化が訪れる可能性があります。

結婚の可能性もありますし、転職してキャリアウーマンとしてバリバリ仕事に専念する可能性もあります。

考えられる可能性はいくつもありますが、その中でも自分はこれからどのような姿で働きたいかをイメージして価値観を見直していくことが大切です。

価値観としてどのようなものを持っておくと良いのかを、以下に例としてご紹介しておきます。

パターン/年齢 30代 40代 50代
キャリアウーマン スキルとマネジメント力を身に着けたい 結婚・育児があってもスキルとマネジメント力で、限られた時間でも成果を出したい 社会へ貢献するために経営側にまわり、事業の拡大や雇用の拡大をしていきたい
結婚しても働きたい 仕事で活躍したいとは考えているが、ライフプランの変化に柔軟に対応できるようにスキルをつけたい 結婚・育児があっても身につけているスキルで時短で働きたい 管理職などは目指さずに自分の知識を存分に発揮して仕事のやりがいを感じながら生活をしたい

ここでご紹介したのはあくまでも一例でありますが、齟齬に対する価値観は人によって大きく異なっています。

特に女性の場合には子供を生むのかどうかによってライフプランが大きく左右される部分がありますので、30代で転職を考えている場合にはこの点も踏まえて仕事への価値観を考え直すと失敗が少なくなるでしょう。

コラム:「正社員」へ無理にこだわる必要はない。大切なのは仕事とプライベートの関係

日本では正社員にこだわる人が多いですが、30代独身となってくるとその後のライフプラン次第では正社員にこだわる必要は無いと思われます。

言い方は良くないかもしれませんが、結婚してある程度旦那さんの稼ぎがあるのであれば正社員にこだわって仕事をする必要はありません。

30代であれば女性でもそれなりに給与が上がりだすタイミングではありますが、得られる収入や拘束される時間とプライベートに割ける時間とのバランスが重要となってきます。

実際に正社員を希望している方に「正社員である理由」を聞くと、強い理由を持った人が少ないです。

正社員以外にも、次の4つのような働き方があります。

  • 派遣
  • 契約社員
  • パート・アルバイト
  • フリーランス(個人事業主)

一度リセットして考えてみることも自分らしく生きていくことのポイントです。

採用に関係ないプライベートなことを聞く会社・落とす会社は気にしない

既婚・未婚、子供の有無は個人の自由です。

一方的な価値観の押し付けや、意図のある質問など失礼な面接となった場合、その会社への就職はやめましょう。

また、落とされても気にしないことです。

厚生労働省の指針で採用面接などの場で質問しても良いことと控えるべきことが定められています。

参考:公正な採用選考の基本|厚生労働省

指針の内容には色々なことが定められているのですが、特に注目しておきたいのは仕事をするうえでの能力に影響しないことは質問してはならないということです。

採用担当者が面接で質問する内容というのは、応募者が会社に貢献してくれるかどうかを判断するための内容であるべきです。

そのため採用の判断に影響を与えないと考えられる質問をする会社はそもそも良い会社では無いと考えられます。

上記の厚生労働省の指針では本人が選択できないこと、本来は自由であるべきことについて質問をしてはいけないとされています。

例えば次の3つが例として挙げられます。

  • 家族の職業や親や兄弟についてなど家庭環境全般
  • 信仰している宗教や好きな作家など信条に関係するもの
  • 人生観など個人が自由な思想を持って良いもの

採用担当者は転職において会社の顔と言っても過言ではない印象を与えてくる人物です。

そのような人物が厚生労働省で質問するべきでないとしている質問をしてくるということは、会社として仕事に関係ない部分で応募者を選択している可能性が高いことを意味しています。

ただ、場合によってはどうしても質問せざるを得ないことが無いとも言い切れませんので、なんの配慮もなくいきなり質問してくるような会社の面接であれば問題があると認識しておいた方が良いかもしれません。

基本的に質問するべきでないとされている質問をするような会社は入社することをおすすめできません

そのため採用に関係のないプライベートな質問をしてくる会社は辞退することを検討しても良いですし、仮に面接で落ちたとしても気にしないようにしておきましょう。

また、場合によっては面接でそういった質問に対して回答を拒否するなどすることで面接官の機嫌が悪くなるようなこともあります。

面接で雰囲気が悪くなることは気になってしまうかもしれませんが、そもそも質問の内容が良いものではありませんので気に留めず新しい会社への転職にチャレンジしてみることをおすすめします。

転職成功のポイントは「強み自己認知」と「どう貢献できるか」

成功

どのような転職であっても必ず求められていることがあります。

それは次の2つです。

  • 自分の強みを認知して採用担当者に伝えられること
  • 転職した先でどのように貢献できるかを明確にしていること

一例として、次の3つが挙げられます。

  • 自分が出した成果を後輩でも出せるようにノウハウ化することが強み
  • 所属部署以外の社員と交流を作るのが得意で、連携するきっかけ作りを作るのが強み
  • トラブルが起こったときに問題の原因や根本対応を複数の視点で考えることができ再発させない組織が作れる

強みというと「スキル」をイメージする方が多いですが、採用担当者が求めているものはスキルだけではなく、その人だけが持つ独特な強みです。

もちろん自分の強みが分かるのは本人だけですので、それを裏付ける具体的な事実を用意して伝えましょう。

強みを認知しているだけではなく、一歩踏み込んで採用担当者に「私を採用すれば○○で即戦力になれる」といったことまでをアピールしていきましょう

採用担当者の心に響くものとなるはずです。

自分の強みで悩んだらリクナビNEXTの「グッドポイント診断」と転職エージェントへの相談がおすすめ

システムエンジニアの仕事内容とキャリアパス

「自分の強みがわからない」

このように悩まれる方も多くいます。

私のおすすめはグッドポイント診断です。

リクナビNEXTが提供している無料のサービスです。

質問に答えていく仕組みとなっていて、答えると18種類の強みのうち自分に秘められている5種類の強みを導き出してくれます。

自分の強みを5つ認識されている人は少ないでしょう。

グッドポイント診断を利用することで認知できていなかった強みが見つかるでしょう。

他には「適職診断」というサービスがあります。数十サービスありますので、気になる方は筆者が比較した「【一番当たる適職診断】15サイトを徹底比較したNo1の適職診断とは」をご覧ください。

【一番当たる適職診断】15サイトを徹底比較したNo1の適職診断とは

「適職診断で自分の強みを知りたい!」 就職・転職で自分をどう伝えればよいか悩む人はあなただけではありません。 「親や友人 ...

続きを見る

自分の強みが見つかれば転職エージェントへ相談することもおすすめしています

ブラック企業を避けて、希望する転職先を提案してもらえます。

正直、自分の強みを相談するのも手です。

他の転職者の事例を混ぜながら適性のアドバイスをもらえるので非常に納得度が高いでしょう。

おつすすめの転職エージェントは次となります。

リクルートエージェント

  • リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1
  • 動向・事例を考慮し非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介
  • キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピール

日本最大級の求人数!地方で働きたいひとは必須の「DODAエージェントサービス」

  • 日本最大級の転職支援実績・求人数!
  • 地方の求人も豊富!
  • 転職活動の方法がわからない方も歓迎

就活Shop

  • 最大手のリクルートグループが運営する既卒・フリーター向けの就職相談
  • 書類選考なし!面接のチャンスがある!
  • 経験の少ない20代を幅広く歓迎!社会人経験がない方でもOK!

自分の強みを認知の手助け、マッチする求人を探し、書類選考・面接に向けての対策など、力強くサポートしてもらえます。

 

コラム:30代後半の転職は厳しい!辞める前に次の転職先を見つけることが先決

30代の転職でも30代後半となると転職が難しくなってきます。

そのため現職を続けながら転職活動をすることが重要となります。

つまり、転職先を決めないまま退職は避けましょう

転職の理由は色々あると思いますが、多少人間関係や仕事内容がきつい場合でも先に仕事を辞めてはいけません。

新しい職場を見つけることが先決ですし、引き継ぎなど必要な時間も踏まえた入社時期を設定してもらえるように交渉をしておくことも大切です。

※健康に支障がある場合は退職しましょう。

まとめ

30代の独身女性は転職に不利であると感じたり見聞きしたりしたことがある人が多いのは事実だと思います。

しかしながら実際には30代だからといったことや独身女性であるからといったことだけが転職を左右しているわけではありません。

つまりタイミングだけで転職が成功するかどうかは決まらないのです。

転職活動を上手く進めるためには誰でも自分の強みや仕事への価値観を採用担当者に上手く伝える必要があります。

採用担当者は皆さんが思っているよりもずっと年齢や性別、結婚の有無よりも仕事に対する姿勢が会社にマッチするかを重視しています。

30代だけではなく、40代や50代など長い目線でどのような姿勢で働きたいのかを重要視しているのです。

なかなか独身の身で何のために仕事をするのかの価値観を見出すのは難しいとは思います。

ただ、それでは転職活動がスムーズに進みませんので、自分の仕事への価値観を確かなものとして転職活動ではそれを伝えていくことが大切です。

当サイトおすすめの転職エージェント

【ベスト3】当サイトおすすめの転職エージェント

IT専門!国内最大級の求人数と実績「マイナビエージェントIT」

  • 求人情報の8割が「非公開求人」で
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門 「TechClipsエージェント」

  • 高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門
    80%以上が年収500万円の求人!
  • 大手転職会社にはない現役エンジニアによる親身なサポートでキャリアアップをサポート
  • エリアは首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)限定!

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!
  • フリーランスに興味がある人はコチラ

-30代転職のコツ
-, ,

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2018 All Rights Reserved.