SE転職

SEとは?仕事内容やプログラマとの違いをプロがわかりやすく解説!

最終更新日:

SEとは「System Engineer(システムエンジニア)」の略で、依頼者が要望するシステムを提供するエンジニアのことです。

規模が小さければ顧客対応・設計・プログラミング・設置までを一人で行うこともあります。

そのため「何でも屋」であったり「IT土方」と言われることもあります。

よくある質問に

  • 「文系・未経験者でもSEになれるの?」
  • 「仕事が厳しいって聞くけど大丈夫?」

といった事を聞きます。

結論からお伝えすると文系・未経験者でもSEになれます。

この記事では7年のSE経験を持つ筆者が仕事内容や年収、キャリアなどを紹介していきます。

他にも

  • プログラマーとSEの違い
  • 社内SEと普通のSEの違い
  • WEBエンジニアとSEの違い

などお伝えします。

 

この記事を読めばSEの仕事内容をよりリアルに知ることができます。

良いことも悪いことも伝えていきます。

就職や転職でSEを検討している方はご一読ください。

SEとは?SEの仕事内容を工程から分かりやすく紹介!

SEというのは「システムエンジニア」の略です。

お客様となる顧客の要望をシステムで解決する人です。

もう少し具体的にお伝えすると、顧客が求めるシステムを実現するまで手配するエンジニアのことです。

たとえば、社員の給与計算をずっと人力でやっていた会社が

「出勤退勤をコンピューター管理して、自動で給与を算出するようにしたい!」

という要望があったとします。

SEはこの要望に対して、普段からどのような方法で出退勤を管理しているのか、給与計算の方法などを詳細にヒアリングして、それをもとに顧客の要望を満たすシステムを設計・開発・テスト・導入していきます。

SEはシステムの受託開発を行う「SIer(エスアイアー)」に所属します。

SIerについて知りたい方は「SIerとは?SEとの違いや業界の事情をやさしく紹介!」をご覧ください。

SEの業務内容を工程からわかりやすく解説!

SEの仕事は大きく分けると

  • 要求分析・要件定義
  • 設計(外部設計、内部設計、基本設計、詳細設計)
  • 開発(プログラミング、製造)
  • テスト
  • 導入
  • 保守・管理

に分けることができます。一つずつ細かく見ていきましょう。

要求分析・要件定義

オールランダー

顧客が望む姿はあいまいなため、具体化する必要があります。

具体的には

  • どんな部署が利用するのか?
  • どんな役割が利用するのか?
  • どのような使い方をするのか?
  • 現状はどのように業務をしているのか?

といったことを整理していき、作るべきシステムをまとめます。

この工程でミスをすると

  • 予定外の機能が必要になる可能性がある
  • 他の機能との辻褄が合わなくなって作り直し

といった大問題が発生する可能性もあります。

失敗プロジェクトの大半はこの要件定義で生じると言われます。

つまりプロジェクトの成功は要件定義にかかっています。

そのためSIerによっては要件定義だけ別プロジェクトにすることもあります。

責任重大な要件定義は経験豊かなベテランが行う工程です。

中堅企業では早くて入社3年くらい経たないと任せてもらえない工程となります。

設計(外部設計、内部設計、基本設計、詳細設計)

要件定義で定義したシステムを実現するシステムの設計を行います。

設計の工程は規模によりますが、基本設計・詳細設計など2工程に分けて行うケースが多いです

ほかには外部設計・内部設計などと呼ぶことがありますが、プロジェクトやSIerによって呼び名が違います。

設計書も規模や内容に応じてフォーマットがバラバラです。

本来は表計算として使うExcelのセルを方眼紙のように取り扱う「Excel方眼紙」と呼ばれる設計書が多いです。

設計工程をプログラミングスキルのないSEが担当すると開発工程でプログラマが困ります。

そのためシステムエンジニアを目指す方はぜひ開発力を最初につけましょう

設計書を書くのがこの設計工程だと思われがちですが、実はテスト仕様書を作るのもこの工程です。

テスト仕様書は「設計書どおり作ったらこのような動きになる」といった検証項目をすべて記載したドキュメントとなります。

開発(プログラミング、製造)

いわゆるプログラミングをしながらシステムを組み上げていくフェーズです。

設計書をもとにプログラミングをしていきます。

プロジェクトの規模によっては自分でプログラミングをすることがありますが、たいていはプログラマに依頼することになります。

新卒や未経験からの転職者は、まずこのプログラミング工程から覚えることになります

テスト

WEB系の設計書

作ったシステムが実際に動くかどうかをテストして、品質を上げていきます。

ユーザーがどのように使うのかを想定した膨大なパターンのテストを行い、バグが出ればプログラマーに直してもらいます。

テストは個別の機能ごとにテストする「単体テスト」、各機能を組み合わせた状態でテストする「結合テスト」に分かれ、それぞれでバグが発生しないようにしていきます。

人の作業にミスはつきものです。

つまり必ず不具合はあります。

不具合が多いと問題ですが、まったく不具合を検出できないことも問題です。

このような統計的な問題も取扱つつテスト工程を進めます。

ちなみに、一般的にリリース後1年間は瑕疵対応(かしたいおう)で不具合を無償対応します。

導入

出来上がったシステムを顧客に納品することを「導入」と呼びます。

実際に顧客の社内システムにインストールして使える状態にします。

ここまでくれば、プロジェクトは完了ということになります。

保守・管理

導入後も保守・管理も行うことがあります。

コンビニの商品管理システムなど、システム停止が致命的な顧客がいるためトラブル防止・対応のために保守・管理業務をすることもあります。

また長期での開発を前提にしている場合は機能追加、機能改善なども行っていく必要があります。

以上がSEの工程と仕事内容でした。

次からはSEのキャリアや年収などを見ていきましょう。

一般的なSEのキャリアパスは?

SEのキャリアパスを見ていきましょう。一般的なSEは管理職を目指して行くことになります。

具体的には

SE

プロジェクトリーダー

プロジェクトマネージャー

課長

部長

というルートが一般的でしょう。

順に説明していきます。

SE(システムエンジニア)

上述しているとおり、システム構築を行っていくために必要な知識・技術を持ち合わせたシステム構築のプロフェッショナルです。

システム開発は機能ごとにチームに分かれることが多く、各SEは自分のチームの機能設計、スケジュール管理などを担当することになります。

プロジェクトリーダー・プロジェクトマネージャー

プロジェクトリーダーは略してPLと呼ばれることが多いです。

同様にプロジェクトマネージャーはPMと略されます。

正直なところ、両者の違いを明確に切り分けることのできるSEはあまりいないでしょう。

両者は単純に役職として上か下かで見られることが多く、PL<PMという図式になっているだけで、やっていることは大して変わらないという会社、現場は少なくありません。

とはいえ、正確に言えば両者は別の役職であり、仕事内容も異なります。

PLというのはリーダーとしてプロジェクトを引っ張る存在です。

プロジェクトが円滑に進むために顧客と意識合わせを行い、プロジェクトメンバーのモチベーションを維持・管理し、さまざまな問題を解決しながらプロジェクトが無事に着地できるように舵取りを行います。

対して、PMは名前の通りマネージャー(管理)の仕事がメインとなります。

プロジェクトに必要なメンバーを選定、スケジュールに遅れがないのかを管理、予算に大してコストが増大していないかをチェックするなどのマネージメントを行っていきます。

PLがプロジェクトの「過程」を管理する役職であるならば、PMは「結果」を管理する役職ということもできるでしょう。

課長・部長

PMが一つのプロジェクトを管理するのに対し、課長や部長は一人で複数のプロジェクトを掛け持ちで管理することになります。

そのため、マネージメントする範囲はそれだけ増大していきます。

各PMからの問題点を吸い上げ、それに必要な対策を講じたり、プロジェクトを成功させた後に顧客から次の受注を引き出すための根回しをしたり、より高度な意思決定をしていくことになります。

何が違うの?SEと他の職種を徹底比較

もともとIT業界に縁がない人にとって、IT業界の職種はよくわからないものが多いでしょう。

ここではSEの他にある職種を比較してそれぞれの違いを明確にしていきます。

プログラマーとSEの違い

SEが「システムを設計する人」であるのに対して、プログラマーは「プログラムを書く人」という位置づけになります。

システム構築の工程 SEの担当工程 プログラマーの担当工程
要件定義 -
設計
プログラミング
テスト(検証/試験)
導入 -

△:一部担当

SEが作成した設計書をもとにプログラマーがプログラミングを行うというのが本来の形です。

しかし、後述しますが会社によってはプログラミングも行うSEがいるもの実情で、これが理解をややこしくしてしまっています。

社内SEとSEの違い

社内SEの全てがわかる!仕事内容・年収からベストな求人の探し方の完全ガイド

社内SEというのは、ITとは関係のない業種の企業に所属するSEのことです。社内SEの主な仕事は「社内システムの構築」「社内でのパソコンやネットワークのトラブル対応」「ITによる業務改善」になります。

一般的なSEが外部企業の顧客を相手にシステムを作るのに対し、社内SEは自社のシステムを作ることがメインになるため、比較的仕事が激務ではないという特徴があります。

外部の顧客だと、少ない予算と無理なスケジュールでプロジェクトを進めることがあり、これがいわゆる「デスマーチ」を引き起こしますが、社内SEは顧客が身内なので、そこまで無理な要求をされることがありません。

WEBエンジニアとSEの違い

ゲームプログラマー

WEBサイトにおけるWEBアプリケーションの開発をする人のことを「WEBエンジニア」と呼びます。

WEBアプリケーションというのは、身近なところで言えば楽天市場などのショッピングサイト、FaceBookなどのSNSなどが挙げられます。

これらのアプリケーションは会員登録を行い、買い物をする、友達の近況を見るといったことができるもので、すべてWEBエンジニアが開発したものと言えます。

SEとの違いは開発対象が「ネット上」で動くアプリケーションなのか「パソコン上」で動くアプリケーションなのかという違いです。

大した違いないように聞こえるかもしれませんが、両者は似て非なるもので、業務内容、使っている用語も異なります。

コラム:SEのやり甲斐は「達成感」

実力主義

システム開発というのは短いものでも1ヶ月、長いものだと数年を要することもある仕事です。

開発メンバーも数人規模のものから数百人規模のものまでさまざまです。

開発途中ではさまざまなトラブルが発生し、スケジュール調整や仕様調整を繰り返しながら進んでいきます。

そのため、システムが無事完成し、プロジェクトが完了したときの喜びはひとしお。

自分が関わったシステムや機能がお客さんに使われていると思うと誇らしい気持ちになります。

この達成感があるから大変なSEの仕事も耐えられるという人も少なくありません。

SIer規模によって違うSE業務内容の違い

SIerというのは個別の機能を一つのシステムに構築する「System Integration(システム・インテグレーション)」に「~する人」の「er」をつけた言葉で、いわゆるシステム制作会社のことを指します。

このSIerは会社の規模によって大手・中堅・零細と分かれています。

日本のIT業界は大手が受注した仕事をそれぞれ中堅企業に下請け、中堅企業が零細企業に孫請けというピラミッド型の受注構造になっており、大手と中堅・零細企業では業務内容に違いが出ているのが実情です。

大手SEの仕事内容

受注元である大手企業のSEは、これまで説明してきたようなSE本来の業務が多いです。

管理業務がメインとなり、プログラムを書くケースはあまりないと言えるでしょう。

そのため、大手のSEの中にはプログラムがほとんど書けないという人も存在します。

中堅企業の仕事内容

中堅企業はプログラミングも書きつつ、さらに孫請け企業の管理もする必要があります。

また、役職も比較的はっきりと分かれているのでPM・PL・一般SE・プログラマーとしっかりとプロジェクトチームを組める組織体制になっています。

そのため、設計から開発、テストといった開発現場の最前線になることも少なくありません。

零細企業の仕事内容

基本的には大手・中堅企業からの発注によって開発現場に増員メンバーとして「派遣」されるのが零細企業のSEになります。

そのため、1つのプロジェクトに1人~数人で派遣され、プロジェクトが終わればまた別のプロジェクトへ移動ということが多くなります。

零細企業だけで大型のシステムは組めないのでどうしても派遣的な役割が多くなるのが実情です。

業務内容としてはプログラマー的な役割が多く、設計から関われるようになるためには、長く付き合って信頼を勝ち取ってからからになります。

このように、同じSEでも企業規模によって業務内容がかなり変わってきます。

より大規模なシステム構築に関わりたいのであれば大手、プログラミングスキルも身につけたいのであれば中堅企業に勤めるのも一つの選択肢になるといえます。

零細企業はベンチャーのように大きな野心を持つところもあるので一概には悪いとは言えませんが、就労規則が緩いいわゆる「ブラック」なところも多く、あまりオススメはできません。

続けて、気になるSEの年収を見ていきましょう。

SEの年収は200万円〜1,500万円

IT業界というと高収入なイメージで語られることが多いですが、SEの年収は他の業種と比較しても高いといえます。

SEは残業が多い業界なので、残業代が年収を押し上げているという面もあります。

しかし、20代の若手でも残業のおかげでそこそこの年収を得ている人も少なくありません。

さらに、会社の規模、関わっている業界によって給料が違います。

一般的に金融・保険系、外資系SIer/NIer、コンサルティングファーム、総合電機メーカーなどは平均年収が高い業界とされています。

30代で年収が1,000万円を超えている人もおり、自分のスキルを磨きながら経験・実績を積むことで高収入を得る可能性は十分にあるといえるでしょう。

SEの平均年収は522万円。日本人の平均年収420万円より高い

国税庁「平成27年民間給与実態統計調査」によれば、日本人の正規雇用者、非正規雇用者を平均した年間年収は420万円でした。

対して、SEの平均年収は総務省の「平成27年賃金構造基本統計調査」によれば522万円でした。

あくまで平均値ですが、全体とくらべてもSEの年収は高めであることがわかると思います。

SIer規模による年収の格差は明確!大手SEの年収高い傾向

BtoB

一括りにSEと言っても、所属している会社の規模によっても年収は変わってきます。

以下は総務省の「平成27年賃金構造基本統計調査」を元に作成した表です。

傾向としては大手の方が高い年収を得ることができていることがわかります。

  大手企業 中堅企業 零細企業
 20 ~ 24歳 ¥4,106,100 ¥3,409,600 ¥2,972,700
 25 ~ 29歳 ¥5,601,900 ¥4,560,200 ¥3,782,300
 30 ~ 34歳 ¥6,766,400 ¥5,131,100 ¥4,295,800
 35 ~ 39歳 ¥7,954,700 ¥5,693,300 ¥4,970,400
 40 ~ 44歳 ¥8,274,400 ¥6,199,200 ¥5,603,600
 45 ~ 49歳 ¥8,711,300 ¥6,228,400 ¥5,785,400
 50 ~ 54歳 ¥8,079,600 ¥6,458,500 ¥6,100,400
 55 ~ 59歳 ¥8,508,400 ¥6,740,100 ¥5,968,500
 60 ~ 64歳 ¥5,557,400 ¥4,143,600 ¥5,680,700

コラム:SIer選びは年収だけで選んではダメ!働き方も考慮しよう

「年収が高い」これは仕事をするうえで非常に大切なファクターです。

しかし、お金だけで仕事を続けられるのは一部の人だけで、誰しもどこかで「やりがい」や「充実感」を求めています。

そういう点で、さきほど稼げると紹介した外資や金融系SIerはすべての人に向いているわけではありません。

これらは非常に高いプレッシャーの中で結果と正確性が何よりも優先される世界です。

近年では、日本IBMがスルガ銀行の勘定系システムの開発に失敗して74億円の損害賠償を支払うことになったのは記憶に新しいですが、1円のズレも許されない銀行系システムは、早くて正確、かつ安定していることが求められます。

そのため、顧客の要求水準は非常に高く、常にプロジェクトは大変なプレッシャーにさらされることになります。

システムの規模が巨大であるため関わるメンバーも非常に多く、若手の内は組織の歯車として扱われることになります。

そのため、初めの数年は良いかもしれませんが、次第にやりがいを感じられなくなるということが発生する可能性もあります。

仕事を選ぶ際には「自分が何を大切にしているか」をしっかり考えて選ぶようにしましょう。

SEの市場規模と将来性

常に新しい技術が生まれるIT業界は多くの人材が必要とされています。

現在、IT業界は深刻な人手不足と言われており、現時点で17万人の人手が不足、2030年には79万人が不足すると言われています。

そのため、新しいIT技術者の育成が国家レベルで急務となっている状態です。

これは2020年以降に小学生の授業に「プログラミング」が導入されることからもわかると思います。

また、IDC Japanの報告ではIT市場の規模は14兆9891億円の見通しのようです。

2020年のオリンピックまでは同程度の成長を続けるとされており、そこからは1%台に落ち込むとされているものの、現代ではすべての企業、個人レベルでITは必須産業であり、この産業が急速に廃れるとは考えられません。

以上のことからも、しっかりとしたスキルを持っていればSEの仕事がなくて職にあぶれるということはないと言えるでしょう。

SEに合う人・合わない人

ここではどういう人がSEに合うのか、どういう人がSEに合わないのかを見ていきます。

基本的にSEというのは仕事中に自分の分からない問題にたくさんぶつかることになります。

そのため、自分で調べる力がない人は難しいと言えるでしょう。

Googleなどを駆使して自分で調べる力がある人はSEに向いているといえるでしょう。

また、SEの仕事は長時間労働になる傾向があるため、気力・体力勝負になることがあります。

ある程度の残業にも耐えられる気力・体力がないと続けられない可能性があります。

同時に、忙しい中でもストレスを上手く発散するのが上手な人はSEに向いています。

休日には趣味に打ち込む、普段の生活の中でもリラックスできる環境を持っておくなど、ストレス耐性に強いことは非常に大切な要素といえます。

最後に、新しい技術に興味を持っていること、どんどん新しいことに挑戦することのできることが大切です。

日々進化するIT技術に常にアンテナを張っておかないと、顧客に的確な提案ができない、話ができないということが起こってしまいます。

ITについて興味をもって勉強できるのも大切な要素です。

文系・未経験者がSEになるにはプログラミングスクールで技術力をつけるのがベスト!

SEは理系のイメージが強いかもしれませんが文系出身の人も多くいます。

また、まったくの未経験からSEに転職した人も少なくありません。

とはいえ、研修制度がしっかりしている企業でない限り、いきなり飛び込むと専門用語の嵐に参ってしまう可能性もありますので、プログラミングスクールで基礎を身につけるのがおすすめです。

プログラミングスクールには様々な形のものがあり、通いで講義を受けるものから、オンライン講義、マンツーマンまでさまざまなスクールがあります。

中でも卒業後に就職できなければ受講料を全額返金といったものまであるので、自分にあったスクールを選ぶと良いでしょう。

SEになる前に技術力をつけるべき3つの理由

成功

事前に技術力を付けておくとさまざまなメリットがあります。

ここでは大きな理由を3つご紹介していきます。

新卒研修では開発力に不安が残る

一般的には新卒枠で入社した社員には新卒研修が用意されているので、そこでまったくの未経験だった人も最低限の知識とスキルを身につけることが可能です。

しかし、数ヶ月程度の研修だけではどうしても現場で戦力として活躍できるだけのスキルは期待できません。

そこで、事前にスクールでスキルを身につけておくことで、同期よりも一歩前に出ることが可能です。

開発できる人は配属の希望が通りやすい

SEとプログラマーの仕事・待遇・キャリアを比較

あらかじめ、自分が得意なスキルを身につけておくと、その言語を取り扱っているプロジェクトなどへの配属が通りやすいことがあります。

とくに、自分のなかでキャリアパスを描けている人は希望する配属先で技術力を磨いていくことができるようになります。

3ヶ月で開発力がつかない人は技術力が不要な業務となる

新卒研修を受けてもなかなか開発力がつかない人もいます。

そういう人は開発の最前線ではなく、運用・保守などに回されてしまう可能性があります。

運用・保守の仕事に回ってしまうと最初は覚えることはありますが、一定のレベルに達してしまうとそれ以上覚えることはなくなってきてしまいます。

するとスキルアップや実績を積むことができなくなり、自分の市場価値を高めることが困難になってしまいます。

就職・転職に強いプログラミングスクールに通うのがおすすめ

先にも述べたとおり、スクールの中には転職・就職を保証してくれるスクールも存在します。

そういったところはカリキュラムに絶対の自信を持っており、高い確率でスキルを身につけることが可能です。

オススメなのは「WebCamp Pro」「プログラマカレッジ」の2つです。

WebCamp Pro

  • 毎日11時〜23時まで通い放題!
  • 転職成功率は98%!転職保証も付く圧倒的な自信
  • 卒業後のキャリアを保証!

3ヶ月間で実務に近い実戦形式のカリキュラムで、現場でも貢献できる技術が身につきます。

とくに、好きな時間に何時間でも通い放題というのは大きいです。

自分が納得するまで好きなだけスクールを利用でき、さらに卒業後の3ヶ月間は就職・転職の手厚いサポートも受けられます。

そして、この間に就職できなければ受講料は全額返金となっています。

 

プログラマカレッジ

  • 企業から協賛金を受け受講料がすべて無料!
  • 現役のプログラマーが講師
  • 96.2%が正社員の転職に成功!フリーター・第二新卒もOK

すべての受講料が一切無料というのがプログラマカレッジの特徴です。

実際にプログラミングスキルを身につけられるように、WEBサイトやアプリを制作して行くことができるので実践的なスキルが身につきます。

また、就職サポートもばっちりついているので、スキルを磨いた後に優良企業へ就職・転職することが可能です。就職率は脅威の95%というのがレベルの高さを物語っています。

技術力がついたら転職エージェントで良い求人を紹介してもらう

プロに頼る

ほかには、スクールでスキルを身につけた後に転職エージェントを利用して転職するという方法もあります。

「マイナビジョブ20's」は専任のアドバイザーが一人ひとりについてくれて、綿密なカウンセリングを行った後に、希望する企業の求人を紹介してくれます。

履歴書・職務経歴書の添削や面接対策も行ってくれ、さらには応募の手続きや面接日程の調整まで代行してくれるので、効率的に就職活動を行うことが可能です。

もちろん費用は無料です。

まとめ

同じSEといっても大手・中堅・零細企業で業務内容は異なるので、自分の目指す形で働くことを優先させてください。

年収が良いということだけで大手に進んでしまうと理想とのギャップに苦しむ可能性もあります。

また、SEというと難しい職業のように見えるかもしれませんが、意外と文系や未経験の方でも始めることができるのです。

大切なのは「意欲」だと思います。これが不足しているとSEになってからぶつかるさまざまな問題を乗り越えることは難しいでしょう。

効率的にSEになるにはプログラミングスクールや転職エージェントを利用しながらスキルを身につけてSEになるのがおすすめです。

そのほうがより理想のキャリアパスを進むことができるでしょう。

当サイトおすすめの転職エージェント

当サイトおすすめの転職エージェント

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!
  • フリーランスに興味がある人はコチラ

全国対応でIT・WEB系に強いエージェントなら「type転職エージェント」

  • IT・WEB系に強く71%が年収アップ
  • キャリアチェンジも提案!相談からもOK!
  • 設立して15年の実績エージェントの豊富な経験が成功に導く!

パソナテック

  • 北海道から九州まで全国を網羅
  • 東証一部上場の総合人材サービスのパソナグループの顧客網
  • 正社員・派遣・フリーランスの多様なお仕事紹介と4万人の実績

 

-SE転職
-,

Copyright© SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2017 All Rights Reserved.