IT業界のお仕事

【必読!】SESの基本と派遣・請負との違いをわかりやすく解説!

最終更新日:

SES

SEについて調べると「SES」という単語を見たことはありませんか?

SESは2007年〜2008年あたりに需要が伸びた契約形態です。

一方でSESをしっかりと理解している人はごくわずかです。

「SESという言葉はSEと似ているけれど、一体何が違うのだろう?」

IT業界を調べていくにつれ、上記のような疑問を持つ人も多いかと思います。

SE業務に深く関わるSESとは、エンジニアが働く時の契約の一種のことを言うのです。

よく比較されるのは、SESと派遣、請負はどう違うかという点です。

下記にその比較を紹介いたします。

種類 説明
SES 雇用者をクライアント企業に派遣して、SEの技術を提供すること。指示系統は雇用者にある。
派遣 クライアント企業の指揮命令のもと作業する労働力を雇用者が提供すること。指示系統はクライアント企業にある。
請負 クライアント企業から完成を目的とした依頼を受け、成果物を納品すること。

この記事では契約の違いから生まれるSESと派遣の違いや、SESのメリット・デメリットを解説していきます。

SEやITエンジニア、ITフリーランスになる方は必須の知識です。

かんたんですので、必ず理解しましょう。

ではまず、SESとは?という疑問への回答とSES業務内容を解説していきます。

SESとはクライアント企業に常駐して働くこと

SESは、「システム・エンジニアリング・サービス」といい、英文にした時の「System Engineering Service」から、各単語の頭文字を取った言葉です。

SESはソフトウェアやシステムの開発・保守・運用における委託契約の一種です。

具体的には、特定の業務(=クライアント企業)に対して技術者を派遣して、その企業の常駐として、エンジニアの技術を活かす業務を行うという契約です

客先に常駐して仕事をすることは、派遣や請負に近いような感じがしますが、厳密にはSESと違います。

具体的には後述の「SESは派遣・請負とどう違う?メリット・デメリットを徹底比較」をご覧ください。

IT企業の多くはSESという契約を利用しています。

SEを目指す方や既にSEの人は必ず理解しましょう。

まずは、SES事業のビジネスモデルを詳しく解説していきます。

SES事業のビジネスモデルをわかりやすく解説!

SES事業のビジネスモデルを端的に表すと「専門的な人材を派遣するので、その分のお金を頂きます」というサービス業になります。

もう少し詳しく、SESの事業を整理していきます。

SESという契約の下では、SE事業をしている会社は技術者をクライアントに派遣して、常駐先でソフトウェアやシステムの開発やシステムの保守・運用といった、技術の活かせる業務を行っていきます。

この事業には

  • クライアント(発注元)
  • SES事業会社(受注側)
  • エンジニア(技術者)

が必要です。

そして、SESビジネスの大まかな流れは、以下のようになります。

SES
  1. クライアント企業がシステムの保守・開発などの案件のために、SES事業を行っている企業に対して依頼・相談、業務委託の打診をします。
  2. クライアントからの相談・依頼に対してSES事業会社は、自社で教育したSEをクライアントからの要望に応じて、SES契約の元で派遣する準備を行います。
  3. 派遣が決定したSEは、クライアントの常駐技術者として働くことになります。
    業務を行う場所はクライアント企業となるのが一般的ですが、契約によっては異なる場合もあります。
  4. 常駐技術者としてエンジニアを受け入れた企業は、契約に応じた金額を報酬として、SES事業を行っている会社に支払います

いま日本で一般的になっているSES事業とは、このような流れで企業とエンジニアが関わっています。

よりシンプルにまとめると「エンジニアを欲しい企業に対して、企業が抱えているSEを時間給による契約を交わして派遣する」のがSES事業ということになります。

クライアントが悩むITの問題に対して、最適なソリューションを提供するサービスを行っているというとも言い換えられるでしょう。

一方で

「それって、派遣や請負と同じなのでは?」

と思う人も多いかと思います。

そこでSESと派遣、請負の違い、メリットとデメリットを紹介します。

SESは派遣・請負とどう違う?メリット・デメリットを徹底比較

SESと派遣・請負の違いは、契約内容にあります。

種類 説明
SES 雇用者をクライアント企業に派遣して、SEの技術を提供すること。指示系統は雇用者にある。
派遣 クライアント企業の指揮命令のもと作業する労働力を雇用者が提供すること。指示系統はクライアント企業にある。
請負 クライアント企業から完成を目的とした依頼を受け、成果物を納品すること。

ここではSESとそれぞれの契約形態の特徴を追いながら、SESのメリット・デメリットを比較していきます。

SESと派遣の違い

派遣もSESと同様に、IT業界で一般的に使われている雇用契約です。

派遣とSESの違いは指揮命令権限の違いです。

  • SES契約:指揮命令権は雇用者(SES企業)にある
  • 派遣契約:指揮命令権はクライアント企業(発注元)にある

ということです。

SESでは、技術力の提供が主な契約内容となります。

そのため、クライアントが求めるスキル保有者のアサインが義務となります。

もし、スキルシートの偽装があるようなSES企業があればブラック企業ですし、契約違反です。お気をつけてください。

指示命令権はSES企業にあります。休日出勤・残業などの命令はクライアントにはできません。

派遣契約ではクライアント企業が指示命令権を持つため、残業などの指示はクライアント企業が出すことができます。

成果物に関してはSES契約、派遣契約のどちらも責任を負うことはありません。

派遣と比較したときのSESのメリット・デメリット

SESと派遣を比べた時のメリット・デメリットを、以下の表にまとめました。

メリット ・案件により必要とするスキルを持つ人材を集められる
・指揮命令は受注側の企業となる
・成果物に対しての責任が一切発生しない
デメリット ・派遣とSESを区別できている人が少ない
・法律的にグレーゾーン(SESは派遣業の許可がなくても可能)

 

SESのメリットは、次の2つの点にあるといえます。

  • 指揮命令が派遣元の企業にあり、常駐先の企業の指示をすべて受ける必要はないという点
  • 成果物に対して責任が少なく、時間によって報酬を請求できる点

また、SES事業を行っている会社としては、時間給で安定した収益が期待できるという点でメリットがあります。

デメリットは派遣との違いが広く知られていないという点です。

厳密に言うと指揮命令が派遣元企業になり、SES契約の下では常駐先からの指揮を受けることはありません。

その点を理解している人が少ないため、無茶な働き方をしなければならない時が生じます。

SESと請負の違い

請負契約は、発注元からの指示により業務の依頼を受けて業務を行う契約のことです。

この契約により案件を受注した企業は、独自の裁量と責任をもって仕事を完成させる必要があります。

この雇用形態の特徴は、支払いの対価が労働力ではなく、成果物であるということです。

つまり、成果物が完成しない限りは報酬を得ることが出来ないということです。

成果物の完成度によっては、賠償責任などが生じるため、発注する側も受注する側もかなりの覚悟が必要な雇用形態ということができます。

SESでの雇用形態では、支払いの対価が労働力にあるため、請負契約と比べると責任の範囲が狭くなるという点が大きく影響するといえます。

請負と比較したときのSESのメリット・デメリット

請負と比べた時のSES契約のメリット・デメリットを以下の表にまとめました。

メリット ・労働力に対して報酬が支払われる
・成果物に対する責任がない
・受注側の企業に指揮系統がある(受注企業は手出しできない)
デメリット ・SESといえども、成果物は期待される
・責任範囲が狭いため利益が少ない

請負と比べた時のSESの持っているメリットは、成果物でなく労働時間に対して報酬が支払われるという点です。

SESは準委任契約のため、成果物に対する完成義務は持ちませんが、請負は完成義務があります。

※ちなみに、「委任」と「準委任」の違いは法律行為の有無の違いです。つまり準委任は法律行為を含まない委託を指します。

そのため、SES契約では責任範囲が狭いため安定して収益が見込めるメリットがあります。

とはいえ、SES契約の下でも常駐して仕事を行う以上、ある程度の成果物が求められるので、責任範囲が狭いといえ気を抜くことは許されません

SESとその他の雇用形態と比べてみました。

それぞれの雇用形態にもメリット・デメリットがあることを分かっていただけたかと思います。

そんなSESですが、年収はどれくらいなのだろう?と疑問に持つ人もいると思います。

そこで次は、SESとして働くエンジニアの年収について紹介します。

SESの年収は358万円 〜 795万円

SESとして働くエンジニアの年収は、おおよそ370万〜780万くらいになり、平均月額給与は25万円〜60万円となります。

参考:システムエンジニアの年収を調べてみた|みんなどのくらい稼いでる?

このデータはSEの給料の統計になります。

というのも、SES契約の元でクライアント企業に常駐して働くとしても、基本的な給与体系は派遣元の企業に準じるからです。

混同しがちになりますが、あくまでもSESは雇用契約の種類であり、職種ではないことを覚えておいてください。

つまり、SESや請負、派遣であっても、基本的には企業に所属しているSEということになります。

常駐先でクライアント企業で仕事をし、所属している企業から給料をもらうという構造になります。

ですので、SES契約で働くとすると給料は人並みか、場合によっては世間的に低い方に分類されてしまうかもしれません

では、そんなSES契約を主流とするエンジニアは、どのようなキャリアを歩んでいけばよいのでしょうか?SES契約で働くエンジニアのキャリアについて考えていきます。

SESでSEとして働くことのキャリア

SESとして働くことで得られることは多くあります。

しかし、結論からいってしまうと、低賃金であるSES契約のエンジニアとして働き続けることは、難しいといえます。

その理由は、SES契約がグレーゾーンのような扱いが多く、企業側の「コスト削減」を実現するために利用されている契約であるからです。

企業が「お金を出さずにエンジニアを調達する方法」としてSESが利用されているので、賃金がなかなか上がらない社会的な構造があるのです。

その反面、スキルという点では有益な契約でもあります。

1つの企業にとどまり、長く案件や保守・運用に携わるので、エンジニアとしての経験を積むことができます

そこで1つ考えるべきは、SES契約の使い方です。

1つの企業で、ある程度の期間を過ごすことができることから、安定的な収益と、日常的に案件に関わる機会を得られます。

ですので、SES契約をうまく利用するには、感情的に割り切っておく必要があります。

SES契約で働く期間を修行期間と考えて、エンジニアとしてステップアップするために、そしてフリーランスへの転向や、より高い賃金を求めるエンジニアになる一歩として、活用していくのが良いでしょう。

フリーランスエンジニアもSES案件が多い

最近になってよく聞くフリーランスですが、実はSES案件に携わることが多いです。

実際にフリーランスの案件として、請負よりもSES案件の方が多く流通しているほどです。

その理由は、各企業がITに対して投資が増え、求人状況が明るくなってきたことにあります。

かつてはリーマンショックの影響で、各企業が控えてきたITへの投資が、景気回復と共に戻ってきました。

同時に、インターネットの普及が進んだことにより、どの企業も何かしらのシステムを導入しています。

そうした企業には、保守・運用のエンジニアが必要なので、必然的に求人数が増えていきます。

そして今では、「エンジニア数 < 案件数」という状況になったのです。

そして今後も経済産業省の調査ではずっとエンジニア不足が続く予想となっています。

そうした需給バランスの中で重宝されているのが、フリーランスエンジニアの存在です。

これは、会社に所属しないため、流動的な人材の確保ができるからです。

IT投資の復活とインターネットの普及といった社会の流れを受け、柔軟性の高いフリーランスをSES契約で常駐を希望している企業も多いのです。

ですので、フリーランスとしてキャリアアップを図る人には、社内常駐の案件を初めに選ぶのが良いと言えます。

現在の雇用状況では、エンジニア側に案件を選べる優位性があるのでオススメです。

レバテックフリーランス

  • 平均年収801万円!36,700人が選んだ大人気エージェント
  • メールで案件を紹介!単価や案件を知りたい方は今すぐ登録
  • 業界認知度No1!ITエンジニアから圧倒的な指示

ポテパンフリーランス

  • 月収100万円以上のレア案件も多数!業界で最高レベルの高収入
  • 専属の税理士やファイナンシャルプランナーが独立後もサポート
  • Web上では未公開の案件も多数!無料で利用可能

「SESの案件が豊富なのは分かったけれど、SESという雇用形態はどんな人にぴったりなの?」と疑問を持つ人もいると思います。

そこで、SESで働くのにピッタリな人を紹介します。

SESがおすすめな人は「キャリアアップしたい人」

ITエンジニアに、かんたん確実になる3つの方法

SESがオススメできる人は、これからIT業界でスキルアップを目指していく人です。

SES契約で企業に常駐する場合、その多くが長期間に及ぶことが多くなります。

この点は派遣や請負とは違う点になります。

1つの案件ごとに現場が変わっていく派遣契約の場合、現在のスキルで成果物を出せる仕事を次々と受けることになり、キャリアアップやスキルアップが難しくなってしまいます。

その点、SESで企業に常駐する場合は、その企業内の様々な案件に携わることが出来るようになります。

そうなると、新しいプログラミング言語や構築作業に携わることになるので、少しずつ成長することができます。

このようなSESの特徴を考えると、この雇用形態で働くのにピッタリな人は、長期的にスキルアップ・キャリアアップを考えている人であるということができます。

スキルが上がっていくことで、将来的には派遣や請負など、状況によって雇用形態を選ぶこともできるようになるでしょう。

そのための第一段階として、SESとして企業に常駐し、開発の基礎や仕事の進め方を学んでいくことが有意義といえます。

そんなキャリアアップに最適なSESでは、どのように仕事を受注すればいいのでしょうか?

次はSESになるために必要なことを紹介します。

SESになるには転職エージェントに相談がベスト

WEBエンジニアからSEへの転職

SES契約で働くためには、IT業界を専門的にサポートしている転職エージェントに相談するのが最も早く、確実に案件に辿り着けます。

SESでは客先での常駐が基本業務となるので、SES契約を手に入れるには、様々な企業の情報を知っておき、どんな案件が募集されているのかを、チェックしておく必要があります。

しかしながら、個人でそうした求人情報を取得して、営業して採用されることは難しいのが現状です。

働きながら案件を探すのは非常に困難であり、自分に最適な条件・職場を見つけるのには手間がかかります。

そこで利用したいのが、専門家の存在になります。

特にIT系を主軸とした転職コンサルタントを展開している、転職エージェントに相談するのが良いでしょう。

エンジニア専門の転職エージェントでは、常時数千件といった案件を管理していることが多く、いつでも求人を見つけることができます。

また、大手のコンサルタントは現場でのサポートまで行ってくれるところもあるので、安心して現場に集中できます。

転職専門のエージェントやコンサルタントをうまく活用することで、希望する企業へのSES案件が見つかることでしょう。

積極的に活用するのがオススメです。

IT専門!国内最大級の求人数と実績「マイナビエージェントIT」

  • 求人情報の8割が「非公開求人」で
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!
  • フリーランスに興味がある人はコチラ

高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門 「TechClipsエージェント」

  • 高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門
    80%以上が年収500万円の求人!
  • 大手転職会社にはない現役エンジニアによる親身なサポートでキャリアアップをサポート
  • エリアは首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)限定!

まとめ

IT業界には欠かせない雇用形態である、SESについて、詳しく解説してきました。

少しでもSESという雇用形態について知ってもらい、あなたのエンジニアとしてのキャリアが、少しでも開けると嬉しいです。

エンジニアとして働くには、派遣や請負、SESといった雇用形態がありますが、その中で案件がもっとも多いのが客先常駐です。

エンジニアとして一歩踏み出したいあなたこそ、SES契約で経験を積んでいくのか良いでしょう。

案件ごとに働く派遣、成果物に対して報酬が発生する請負、エンジニアとしての労働力に対して報酬を得るSES。

まずはこの3つを押さえ、エンジニアとしての働き方を確立していきましょう。

また、そうした働きへのキッカケを掴めない人、SES契約の案件を探したい人は、転職エージェントをうまく活用して、最適な案件を探してみましょう。

当サイトおすすめの転職エージェント

【ベスト3】当サイトおすすめの転職エージェント

IT専門!国内最大級の求人数と実績「マイナビエージェントIT」

  • 求人情報の8割が「非公開求人」で
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!
  • フリーランスに興味がある人はコチラ

高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門 「TechClipsエージェント」

  • 高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門
    80%以上が年収500万円の求人!
  • 大手転職会社にはない現役エンジニアによる親身なサポートでキャリアアップをサポート
  • エリアは首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)限定!

-IT業界のお仕事
-, ,

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2018 All Rights Reserved.