面接官の目線からベストなSE転職のすべてをまとめてみた

「SE転職」を検討している人は様々ですが、次の3つに分けることができます。

  • 未経験からSEに転職したい
  • SEとしてキャリアアップしたい
  • SEから異業種に行きたい

この記事では、それぞれのニーズに合わせて

  • よく聞かれる質問とその答え
  • 後悔しないために知っておくべき注意点やデメリット
  • SE転職を成功に導くおすすめの方法

を紹介しています。

転職はリスクもあり大きな決断となります。
なかなか進まない人も多いのではないでしょうか?

しかし、この記事を読めば最善の決断ができます。

なぜなら、この記事は100人以上のSE転職者を見てきた筆者が成功・失敗の傾向から解説しているためです。

私はプログラミング未経験からSEとなり、SEから転職を経験しました。
現在では転職先でSE転職者の書類選考や面接対応、入社後の育成をしています。

この記事に、SE転職のすべてをまとめています。
モヤモヤと続く悩みをスッキリさせたい人はぜひ読み進めてください。

未経験なのにSEになれる必勝法

SEはプログラミングスキルはもちろん、サーバーやバックアップ方法、セキュリティ、お客様の業務、プロジェクト管理など幅広いスキルが必要となります。
「転職」というからには、上記のスキルを用いた即戦力が求められます。

では未経験からSE転職は無理なのでしょうか?
実はそんなことはありません。

未経験でもSE転職可能です。

ここでは、未経験なのにSE転職できる方法を紹介していきます。

先に結論を知りたいかたは後述する「文系・未経験でもSEになれる!SE転職の必勝法とは」で紹介していますので、リンクから先に進んでください。

未経験からSE転職したときの仕事内容は「開発工程」

未経験からSEへ転職した場合、最初の仕事内容は「開発工程」になるでしょう。
つまりプログラミングです。

SEはプロジェクト管理や業務スキルなど幅広いスキルが必要ですが、これらはプログラミングスキルがないとできません。
そのためまず開発力を身につけるところから始まります。

開発工程とは設計書に沿ってプログラミングをすることです。
会社によっては、「開発工程」のことを「PG工程」「製造工程」「プログラミング工程」と呼ぶことがありますが、どれも同じ作業内容を指します。

「それってプログラマーの作業では?」と質問する方がいますが、その通りです。
SEもプログラミングスキルが必要となるため、まずはプログラマーの作業を行うのがOJT(現場での教育)の鉄則となっています。

SEの需要は10年先も人材不足!

SEの需要はここ20年以上にわたり不足しています。
今後も不足の見込みは変わりません。

実際、経済産業省のレポートでも10年以上のは
このような人材は少なく、実際に経済産業省のレポートでは2030年に78.9万人の不足が予想されています。

そして収束する見込みもありません。
職に困るような状況は考えにくいでしょう。

未経験でSEになれる年齢は32才まで!

未経験からSE転職は何歳までなれるのでしょうか?
年齢による制限はあるのでしょうか?

結論からお伝えすると次のようになります。

年齢 年齢に対するSE転職の可能性
20代 未経験でもSEになれる
30代 未経験からSEは厳しい。ただし人並み以上の努力で転職は可能
40代 ほとんどの状況で未経験からSEへ転職することは不可能

より詳細について知りたい方は「【未経験→SE】年齢制限は32歳まで!未経験からSEに転職するための全知識」を参考にしてください。

未経験からSE転職を成功させる方法は年齢によっても変わります。
後述する「文系・未経験でもSEになれる!SE転職の必勝法とは」で紹介していますので、リンクから先に進んでください。

SE転職に資格は不要!未経験がSE転職で失敗しがちな3個のポイント

未経験のかたがSE転職を検討しているときに、ありがちな失敗が3個あります。

  • 失敗ポイント1:資格取得を目指してしまう
  • 失敗ポイント2:プログラミングを独学してしまう
  • 失敗ポイント3:決断せず先延ばしにしてしまう

順に紹介していきますので、同じ失敗を繰り返さないように気をつけましょう。

失敗ポイント1:資格取得を目指してしまう

「未経験者は資格取得を重視しすぎ」というのが失敗ポイントの1つ目です。

未経験者はスキルがないためSE転職のために資格の取得を目指す方が多いです。
たとえば、SEの分野で鉄板な資格は「基本情報技術者試験」です。

この資格の取得には最短でも半年、独学の人は2年程度かけて取得する人が多いです。
しかも資格を取得しても転職で重視される「即戦力」にはなりません。

そのため、採用側からすると資格取得するほどのやる気があるなら早く働きに来てほしい人が本音です。

また、年齢を重ねた分だけ期待される役割がおおきくなるため、SE転職の難易度が上がります。

未経験者がSE転職する場合は、資格取得よりも次の点を意識しましょう。

  • 早く転職活動する
  • 即戦力になれるスキルを身につける

失敗ポイント2:プログラミングを独学してしまう

「本やネットでプログラミングの独学を始める」というのが失敗ポイントの2つ目です。

いまでは「10日でおぼえるPHP」や3分間で学べる学習サイトなどがあります。

一見わかりやすそうですが、わからない点やうまく進まない点があると基礎知識がないため何も進まなくなります。

つまり挫折しやすいです。
小学校の算数を学ばずに高校の問題を解くようなものです。

一度うまく進まなくなると「私には向いていない」と苦手意識だけ持つひとを何人も見てきました。

未経験からプログラミングを覚えたい方は、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。

先生に聞けば挫折することもありません。
実際、文系の未経験者が新卒でSIerに入社してプログラミングを覚えられるのも「研修形式」だからです。

無料で受けられるところもあります。
定員オーバーやサービス終了にならないうちに申し込んでおいたほうがお得です。

失敗ポイント3:決断せず先延ばしにしてしまう

「決め手がなく、SE転職を先延ばしにする」というのば失敗ポイントの3つ目です。

先延ばしにした結果、年齢を重ねて挑戦意欲が薄まり、結局あきらめる方が本当に多いです。
もったいないですよね?

原因はSEへの転職活動を1人で検討しているためです。
誰にも相談せず、ネットの情報だけで転職できるほど「活きた情報」はありません。

おすすめはSE転職のプロ、つまりIT専門の転職エージェントに相談することです。
もちろん無料で相談にのってもらえます。

実際に転職エージェントのQAに「転職するかどうか決まっていなくともお越し下さい」と記載があります。

転職するかどうか決まっていなくともお越し下さい
参考:http://www.engineer-factory.com/faq/entry.html#faq1385

それでは、これらの失敗を踏まえて、未経験なのにSE転職させるためにはどうすれば良いかを次で紹介していきます。

文系・未経験でもSEになれる!SE転職の必勝法とは

文系・未経験なのにSE転職に成功できる方法は、年齢によってかわります。

第二新卒(22才〜25才)の人のSE転職

22才〜25才程度の第二新卒の年齢の人は、「第二新卒」枠で転職活動しましょう。
なぜなら未経験者でも新卒同様に研修を受けられるからです。

ただし、従業員数が10人未満の小さな会社は避けましょう。

育成してもらえる体制がなく放置される可能性があります。
おすすめは100人以上の会社です。

第二新卒の求人が多い求人サイトは次の通りです。

求人サイト 第二新卒の求人数
パソナキャリア 8,316件
キャリアインデックス 4,691件
イーキャリアJobsearch 3,301件

※2017年9月15日調べ

「第二新卒」の募集は枠が限られ、年齢があがれば不利になります。
いち早く動きましょう。

26才〜32才の人

26才〜32才の人は、次の2ステップで転職活動することがおすすめです。

  • STEP1:転職に強いプログラミングスクールに通う
  • STEP2:IT専門の転職エージェントに相談する
STEP1:転職に強いプログラミングスクールに通う

最近では、「転職保証」がついたプログラミングスクールがあります。

転職できなければ受講料を返すというWebスクや転職成功で受講料が無料となる「CodeCampGATE」など様々です。

おすすめはWebスクです。
無料カウンセリングもあります。
受講枠に限りがあるため、無料のうちに相談だけでもすることをおすすめします。

同様のプログラミングスクールは他にもあります。
定員オーバーにならないうちにチェックしておきましょう。

>結果にコミット!就職・転職に強いプログラミングスクールのおすすめ比較ランキング

STEP2:IT専門の転職エージェントに相談する

転職のプロである転職エージェントに相談しましょう。
なぜなら求人サイトでは表現できない会社の雰囲気や未経験者に求める人物像があります。

転職エージェントではそういった背景も交えながら、あなたに合うか・合わないかを判断しながら求人を紹介してもらえます。

同時に転職に関する不安も相談できます。
様々な事例を教えてもらうことができるでしょう。

できればIT専門がおすすめです。
私のおすすめ次の2つです。

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!

全国対応でIT・WEB系に強いエージェントなら「type転職エージェント」

  • IT・WEB系に強く71%が年収アップ
  • キャリアチェンジも提案!相談からもOK!
  • 設立して15年の実績エージェントの豊富な経験が成功に導く!

パソナテック

  • 北海道から九州まで全国を網羅
  • 東証一部上場の総合人材サービスのパソナグループの顧客網
  • 正社員・派遣・フリーランスの多様なお仕事紹介と4万人の実績

 

33才以上の人

33才以上の人は、これ以上に年齢を重ねると不利です。
すぐに転職エージェントに相談しましょう。

これまでのキャリアに沿った提案があるかもしれません。
ただし、残念ながら50才以上の人は未経験からSE転職は厳しいでしょう。

おすすめの転職エージェントは次のとおりです。

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!

全国対応でIT・WEB系に強いエージェントなら「type転職エージェント」

  • IT・WEB系に強く71%が年収アップ
  • キャリアチェンジも提案!相談からもOK!
  • 設立して15年の実績エージェントの豊富な経験が成功に導く!

パソナテック

  • 北海道から九州まで全国を網羅
  • 東証一部上場の総合人材サービスのパソナグループの顧客網
  • 正社員・派遣・フリーランスの多様なお仕事紹介と4万人の実績

 

SE未経験者が転職理由と志望動機を書くときに気をつけたい3つのポイント

ジョブチェンジという人生の大きな決断を採用担当者は注目しています。
次のような質問にしっかりと答えられるようにしておきましょう。

  • Q:どうしてSEになりたいのですか?
  • Q:SEになって将来どうなりたいですか?
  • Q:入社3年後はどのように活躍していたですか?

転職理由と志望動機は関連づけて、一貫性のあるものにしましょう。

よく転職理由に「楽そう」「給料が高いから」と答える人がいます。
このような安易で短絡的な答えは絶対に選考で落ちます。気をつけてください。

SE未経験者が自己PRするときは採用担当者が知りたいことを伝えること!

採用担当者は、「未経験だけどSEとして活躍できるのか?」ということを知りたいのです。

そのため自己PRのときに、「自分は○○な人間です。だからSEもできると考えています。」といったことを伝えられると良い印象を持ってもらえるでしょう。

SEに合う人の特徴としては

  • 論理的思考を持っているか?
  • ITへの興味を持っているか?
  • 勉強熱心か?
  • プロジェクトメンバーとして協調性を持ってはたらけるか?

といった点があります。

あなたのキャリアや特性を上記に関連させて伝えられるようにしてください。

SEからSE(同業種)への転職してキャリアップ・年収アップにつなげる方法

SEはITゼネコンとも呼ばれ、下請け・孫請けをしていると次のようなことが起こります。

  • 給料が上がらない
  • 上流工程を担当できない
  • いつも短納期

このような状況を脱出するためにはSE転職は非常に良い手段です。
実際に、キャリアアップを求めてSE転職を検討している方はとても多いです。

しかし安易に転職するとブラック企業へ入ってしまったり、思っていた仕事内容ではなかったりすることもありえます。

失敗しないコツがありますので、ぜひ読み進めてみてください。

SE転職で8割の人が失敗しがちな年齢の罠とは?

SEからのキャリアアップで8割の人が失敗しがちな理由が「SE転職を先延ばしにする」です。

10年後、20年後もいまの会社にいるつもりは無いのに転職を先延ばしにする人が多いです。

なぜSE転職を先延ばしにすると失敗しやすいかというと「年齢を重ねると期待される役割が大きくなる」ためです。

SE転職では即戦力が求められます。
年齢が上がればその分、活躍が期待されます。

もし「上流工程を担当したい」「給与を上げたい」などキャリアアップを目的に転職を考えているなら早い方が良いです。

若ければ教えてもらえますが、年を取れば当たり前のように出来ないと採用されないからです。

もしSE転職を考えて1ヶ月以上立つ人は、失敗しがちな人です。
SE転職を確実に成功させるたった1つのコツ」に読み進めましょう。

大手SIerに転職するメリット・デメリット

大手SIerのメリットは

  • キャリアアップができ、市場価値の高い人材に成長できる!
  • 大手SEは給料が中小SEと比べて130万円〜190万円高い!
  • 大手SEは福利厚生面が充実している!
  • 大手SEは無理な残業は少ない!

があげられます。

逆にデメリットもあります。
具体的な大手SIerのデメリットは

  • 大手SEは、プログラミングをする機会が極端に少ない
  • 優秀な人材が多く認められにくい
  • 承認や合意形成に時間がかかりフットワークが重い

です。

とくに開発が好きなひとは大手SIerへの転職は気をつけましょう。
大手SIerに転職すると開発できなくなります。

そのような方は

をおすすめします。

社内SEへ転職する人は要注意!SEスキルを最大限に高めてから転職すること!

同じSEでも「社内SEへ転職したい」という方は多くいます。
特に若手に多いように感じますが、大きな注意点が1つあります。

それは「社内SEになると、転職市場での価値が低くなること」です。
つまり社内SEになるとその次の転職がしづらいということです。

会社も不景気によるリストラや倒産があるかもしれませんし、社長交代による方針転換もあります。

スキルが低いひとは社内SEへの転職は考え直した方が良いでしょう。

もう一つ社内SEの特徴として

  • 定時帰りができる
  • 時間に余裕がある

というような会社もあれば

  • めちゃくちゃ忙しい
  • 企業内での立場が弱い

など間逆なこともあります。

このような点から、社内SEになりたいひとは転職エージェントを活用して気になる企業の雰囲気をしっかり確認しましょう。

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!

全国対応でIT・WEB系に強いエージェントなら「type転職エージェント」

  • IT・WEB系に強く71%が年収アップ
  • キャリアチェンジも提案!相談からもOK!
  • 設立して15年の実績エージェントの豊富な経験が成功に導く!

パソナテック

  • 北海道から九州まで全国を網羅
  • 東証一部上場の総合人材サービスのパソナグループの顧客網
  • 正社員・派遣・フリーランスの多様なお仕事紹介と4万人の実績

 

合わせて読みたい

SE転職を確実に成功させるたった1つのコツ

SE転職で8割の人が失敗しがちな理由が「SE転職を先延ばしにする」です。

リスクの高い転職について誰にも相談せず進めるひとが多いです。
ネットにはあなたに合ったSE転職の情報はありません。

人生において重要な決断となるため、最善の選択ができるよう多くのひとに相談しましょう。

おすすめは「転職アドバザーに相談する」です。

転職アドバイザーは転職エージェントに在籍しています。

転職アドバイザーは、

  • 企業の情報
  • これまでの転職成功例・失敗例

といった情報を持っているため、あなたのこれまでのキャリアと豊富な企業情報からおすすめの求人を紹介してもらえるでしょう。

独りよがりに転職を進めて失敗したくないですよね?
相談することをおすすめします。

SE転職で転職理由と志望動機を書くときに気をつけたい3つのポイント

採用担当は「なぜ転職をしたいのか?転職して実現したいことは何か?」を知りたいと考えています。

そのため、転職理由と志望動機は、SE転職で何を実現したいかを明確に伝えられるようにしましょう。

具体的には

  • QA:なぜ転職するのか?
  • QA:転職先で具体的に実現したいことは何か?
  • QA:3年後になっていたいSE像はどんなイメージか?

を答えられるようにしましょう。

SE転職で自己PRするときに気をつける1つのポイント

志望動機で伝えたSE転職で実現したいことを、なぜ達成できるのか?が伝わるような自己PRにしましょう。

具体的に自己PRの例を紹介いたします。

例:上流工程がしたいひと

現職では最初にプログラミング工程を任されましたが設計に不備があったときに再発しないよう設計書のフォーマットの改善を提案しました。

そのうちに設計も任されるようになると「なぜこのような要件定義なのだろうか?」と疑問を持つようになり、しっかりと確認した上で進めています。

このように進めることでより大きな仕事を任せてもらえました。

御社でもいち早く即戦力になれるではないかと考えています。

スキル不足でSE転職に落ちた!対処したい○つのポイント

スキル不足と一言でいっても

  • プロマネスキルの不足
  • 開発スキルの不足
  • コミュニケーション力の不足

など様々なスキル不足があります。

企業によって求めるスキルとレベルが違います。
混乱する前に次の2つのポイントを整理しましょう。

  • どのようなスキル不足で落ちたのかを整理する
  • 多くの企業を受け傾向を知る

どのようなスキル不足で落ちたのかを整理する

転職エージェント経由で応募すると、企業の採用担当者からフィードバックをもらえることがあります。

具体的にどのようなスキルがどれくらい足らなかったかを把握しましょう。

多くの企業を受け傾向を知る

企業によって求めるスキルのレベル感は違うものです。
多くの企業を受け、どのようなスキルが不足しているか把握しましょう。

ある会社ではスキル不足でも、違う会社では通ることはよくあることです。
1〜2社程度で悩まず、傾向を知り対策を進めましょう。

コラム:SE転職に資格は不要!誤解しがちなポイントとは

SE転職時に資格を重視する人が多いですが、SE転職において資格は重要ではありません。

転職のために資格取得をするくらいであれば、早く転職活動を進めることをおすすめします。

一方で資格はあった方が有利とはなります。
どうしても取得したい!というかたは次の資格がおすすめです。

コラム:うつ病でSE転職はできる?気になる現実とは?

うつ病でもSE転職は可能です。
実際、「うつ病でした」という方を転職者・在職者にかぎらず最近では良く聞きます。

転職者にも企業にも大切なのはうつ病を再発しないことです。
そのためには、どのような環境・要因でうつ病につながったのかをしっかり理解し、伝えられることが大切です。

選考時でも積極的に伝えていきましょう。
転職後にうつ病が悪化して一番大変になるのはあなたなのですから。

SEから異業種への転職

SEから異業種に転職する方も多くいます。

理由は「SEは向いていなから」「SEの働き方についていけない」「家庭の事情でハードワークができない」「体調を崩した」など様々です。

異業種への転職を検討している方は「どこに転職すれば良いのか?」が悩みではないでしょうか?
ここではSEから異業種への全選択肢を紹介していきます。

SEから異業種・他業種へ転職する5つの選択肢とおすすめの転職エージェント

SEから異業種(他業種)へ転職するにあたり、5個の選択肢があります。

SEの転職先

  • WEBエンジニア
  • 社内SE
  • フリーランス(個人事業主)
  • SIerの営業
  • ITコンサルタント

おすすめの転職方法は「転職コンサルタントに相談する」が基本となります。

つまりIT専門の転職エージェントに相談することをおすすめします。

なぜなら、転職で失敗する傾向の人は

  • 転職活動を先延ばしにする人
  • 誰にも相談せず独りよがりに進める人

です。

リスクの高い転職活動を誰にも頼らずに進めて最善の選択をしていると言えますか?
ネットで充分な情報が見つかりますか?

8割以上の方がこのような失敗をしています。

転職がはじめてなのに成功している人の傾向は転職エージェントに相談しているためです。

無料で相談できますし、無理な営業もありません。
ぜひ活用してみてください。

次からはそれぞれの選択肢の概要とおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

WEBエンジニア

WEBエンジニアは、ECサイトやメディア運営などインターネットを活用した事業会社のITエンジニアのことです。

自社サービスの改善となるため、意思決定も早くリスクも取りやすいため、スピード重視となります。

SE時代に培った品質を確保する力がWEBエンジニアで重宝されます。

WEB業界に強い転職エージェントに相談しましょう。
おすすめの転職エージェントは次のとおりです。

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!

全国対応でIT・WEB系に強いエージェントなら「type転職エージェント」

  • IT・WEB系に強く71%が年収アップ
  • キャリアチェンジも提案!相談からもOK!
  • 設立して15年の実績エージェントの豊富な経験が成功に導く!

パソナテック

  • 北海道から九州まで全国を網羅
  • 東証一部上場の総合人材サービスのパソナグループの顧客網
  • 正社員・派遣・フリーランスの多様なお仕事紹介と4万人の実績

 

社内SE

企業の情報システム部門で活動するエンジニアです。
社内SEは企業によってする業務がまったく違います。

業務が楽だという人もいれば、忙しいという人もいます。
ちなみに公務員の情報システム部門は私が在籍したSIerよりも忙しい状態でした。

おすすめの転職エージェントは次のとおりです。

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!

全国対応でIT・WEB系に強いエージェントなら「type転職エージェント」

  • IT・WEB系に強く71%が年収アップ
  • キャリアチェンジも提案!相談からもOK!
  • 設立して15年の実績エージェントの豊富な経験が成功に導く!

パソナテック

  • 北海道から九州まで全国を網羅
  • 東証一部上場の総合人材サービスのパソナグループの顧客網
  • 正社員・派遣・フリーランスの多様なお仕事紹介と4万人の実績

 

フリーランス(個人事業主)

手に職がつくエンジニアは独立してフリーランスになることも可能です。
実際この10年で随分多くなりました。

収入面に関するリスクを引き受けることで、時間と場所に制約を受けない働きかたが可能です。

現在では案件を紹介するサービスもあります。
おすすめは次のサービスです。

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!

SIerの営業

「SEが向いていないから・・・」と考えているひとはSIerの営業という道もあります。

実際、大手SIerではSEのキャリアの一つとして営業が用意されています。

普通の人よりも開発のスキルがあるため、クライアントへの説明も具体的にできるため重宝されます。
おすすめの転職エージェントは次のとおりです。

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!

全国対応でIT・WEB系に強いエージェントなら「type転職エージェント」

  • IT・WEB系に強く71%が年収アップ
  • キャリアチェンジも提案!相談からもOK!
  • 設立して15年の実績エージェントの豊富な経験が成功に導く!

パソナテック

  • 北海道から九州まで全国を網羅
  • 東証一部上場の総合人材サービスのパソナグループの顧客網
  • 正社員・派遣・フリーランスの多様なお仕事紹介と4万人の実績

 

ITコンサルタント

特定の業種や業務に詳しいかたはITコンサルタントとして活躍することも可能です。

複数企業で見てきた各企業の業務フローは別の企業の担当者からしたら知りたいものです。
これまでのキャリアを活かした知見の高い提案は喜ばれるでしょう。

この場合、ITコンサルタントに強い転職エージェントに相談しましょう。
おすすめの転職エージェントは次のとおりです。

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!

全国対応でIT・WEB系に強いエージェントなら「type転職エージェント」

  • IT・WEB系に強く71%が年収アップ
  • キャリアチェンジも提案!相談からもOK!
  • 設立して15年の実績エージェントの豊富な経験が成功に導く!

パソナテック

  • 北海道から九州まで全国を網羅
  • 東証一部上場の総合人材サービスのパソナグループの顧客網
  • 正社員・派遣・フリーランスの多様なお仕事紹介と4万人の実績

 

選択肢としてあげなかった、異業種かつ異職種は避けることをおすすめします。

なぜなら、これまでのキャリアをまったく活かせずリスクが高いためです。
よほどの理由がない限りは避けましょう。

コラム:SEから公務員は楽?実態をレポート

SEから公務員へ転職する人は意外にも多いです。

私のまわりでも数人が公務員となりました。

私の知り合いでは、公務員へ転職しても情報システム部門に関わっている人が多いです。

ちなみに公務員の情報システム部門はとてもプレッシャーが高い部門です。

サーバーが止まったりトラブルが発生すれば新聞沙汰になります。

扱うデータは個人情報の塊です。

ベンダーが構築したシステムを運用しトラブル対応もしなければなりません。

一方で、

  • 定年まで安泰で働ける
  • 給与水準も高め
  • 無理な働き方はない

といったメリットもあります。

一長一短がありますので、デメリットも受け入れつつ大切にしたい点を重視して転職活動することが大切です。

SE転職におすすめな転職エージェント全公開

このサイトではSE転職にあたり次の2つがおすすめです。

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!

全国対応でIT・WEB系に強いエージェントなら「type転職エージェント」

  • IT・WEB系に強く71%が年収アップ
  • キャリアチェンジも提案!相談からもOK!
  • 設立して15年の実績エージェントの豊富な経験が成功に導く!

パソナテック

  • 北海道から九州まで全国を網羅
  • 東証一部上場の総合人材サービスのパソナグループの顧客網
  • 正社員・派遣・フリーランスの多様なお仕事紹介と4万人の実績

 

複数利用することで最善の選択肢を選べることになります。
躊躇せずに利用することが成功のコツです。

他にも転職エージェントはあります。

サービス名 対応エリア IT専門 公開求人数 大きな特徴
レバテックキャリア 関東、関西 1,351件 IT業界、とくにエンジニアに特化しており業界では大手。キャリアコンサルタントは業界知識にも精通しているので相談がしやすい。細かいニーズまで吸い上げてマッチングさせてくれる。
DODAエージェント 全国 38,681件 圧倒的な求人案件数と転職サポート実績を誇る。全国規模で対応しているので地方の転職でも利用しやすい。面接や職務経歴書などのサポートに強い。
type転職エージェント 全国 7,366件 若手~中堅の転職支援を得意としており、1人1人に時間を割いてしっかりサポートしてくれる。転職業界では老舗で独自の求人ルートやノウハウを持っている。利用者の満足度が高い穴場エージェント。
マイナビAGENT 全国 5,812件 新卒向け就職サイト「マイナビグループ」が運営するエージェント。そのため20代、第二新卒の転職に強い傾向がある。幅広い業界に対応しているため求人案件は多い。地方にも多く案件を抱えているので使いやすい。
リクルートエージェント 全国 30,527件 転職エージェントでは国内最大手。転職成功実績数、案件数もNo.1であり、転職希望者はとりあえずリクルートに登録しておくべし、と言われるほど。取り扱っている分野も多いため、ITに詳しい担当に出会えるかが明暗を分ける。
アールストーン 全国 2,022件 IT、WEB、ゲーム系、クリエイター、営業に特化している。転職決定数とサポート内容の面でさまざまな媒体メディアで評価が高い。ベンチャーから大手まで幅広く取り扱っているので、選択肢を広く持ちたい人に人気。
エンジニアファクトリー 全国 5,000件 IT、WEBエンジニアに特化している。内定受託率はトップクラスで書類選考通過率は70%を誇る。1人1人に業界平均の2倍の時間をかけてしっかりしたサポートを受けられることで評判のエージェント。
TechClipsエージェント 関東 非公開 首都圏のITエンジニアに特化している。現役エンジニアによるキャリアアドバイスやスキル査定で親身にサポートしてくれる。転職成功の場合は転職祝い金(MAX20万円)が受け取れるのも人気の秘訣。
ワークポート 全国 23,377 IT、WEB、ゲーム業界の転職に強い。IT系転職エージェントでは大手。キャリアコンサルタントは専門的な業界知識も持ち合わせており、しっかりサポートしてくれる。採用直結型の企業セミナーなどを開催しているのが特徴。

※2017/8/3調べ

転職時には、企業のこと、業界のこと、他の人の事例のこと、面接のことなど情報を多く持ち最善の手をうつことが成功につながります。

味方を多く作るようにしましょう。

SE転職におすすめの求人サイト一覧

SE転職では転職エージェントを利用することがおすすめです。
なぜなら、これまでのキャリアやパーソナリティーを考慮してマッチした企業を紹介してもらうほうが転職が成功しやすいためです。

ただ「どんな会社があるか見てみたい」など気になることも確かです。
ここではSE転職で代表的な求人サイトを紹介いたします。

求人サイト SE未経験OKの求人数 第二新卒の求人数
イーキャリアJobsearch 13,605件 3,301件
キャリアインデックス 12,169件 4,691件
パソナキャリア 8,316件 8,316件
IT転職ナビ 784件 245件
転職・求人サイトGreen 751件 159件
マイナビ転職 412件 621件
リクナビNEXT 343件 117件
転職ナビ 335件 703件
エン転職 281件 285件
キャリアトレック 234件 281件
@type 209件 184件
DODA 176件 162件
FAbank 56件 11件
Find Job! 47件 22件
はたらいく 不明 不明

※2017年9月15日調べ

さいごに

SE転職と一言でいっても、状況や年齢に合わせて全然違います。

この記事では次の3つに分けてSE転職のおすすめな進め方を紹介してきました。

共通していえることは、

  • 早く行動すること
  • 転職エージェントに相談すること

でした。

なぜなら、転職で失敗する傾向の人は

  • 転職活動を先延ばしにする人
  • 誰にも相談せず独りよがりに進める人

だからです。

8割以上の人が上記の内容で失敗しています。
ぜひこの記事を読んだあなたは失敗を繰り返さないでください。

ぜひ、よい転職をしたください!

カテゴリ一覧

SE転職

SE研修が不安な人は要チェック!SE新人研修の内容と乗り切るアドバイス

「SEの新人研修って難しい?」「ついて行けるかな?」 SEという仕事に興味を持ちながら、「私にはできないかも」という理由 ...

SE転職

急げSE転職希望の第二新卒!22才〜25歳なら文系・未経験でもSE転職できるチャンス大!

いまは「3年で3割の新卒が辞めてしまう」といわれている時代です。 そのなかで、22歳~25歳までのいわゆる「第二新卒」と ...

未経験でSE転職

SE転職

なれる!26才〜32歳のSE未経験者が転職を成功するための全知識

26歳~32歳は多くの方が転職を考える時期であり、SEへの転職を考える人も少なくありません。 専門性の高い職種であるSE ...

SEから公務員に転職

SE転職

【SE→公務員】SEから公務員になる手順とメリット・デメリットの全知識

2017/09/21   -SE転職
 , ,

SEという業務は職場やプロジェクトによっては激務になることが多いです。 土日も関係なく出勤して帰宅するのは終電という日々 ...

SI業界のピラミッド構造

SE転職

大手SEへ転職するメリット・デメリットとかんたん確実な転職法

2017/07/18   -SE転職
 ,

大手SEになれば安泰・・・。あなたはそう思っていないだろうか。 たしかに給与は大手SIerのほうが高い。 1,000人以 ...

SE転職

SE転職

102人のSEと面接してわかった「SE転職で失敗する人・しない人」の2つの共通点と成功の鉄則

2017/07/17   -SE転職
 ,

いつまでも繰り返される炎上プロジェクトや下請けばかりでキャリアが見えない・・・。 「SE転職を考えてみようかな・・・」 ...

SE→WEB系へ転職

SE転職

SEからWEB系に転職して5年経ったのでWEBとSIerを比較してみた

2017/05/11   -SE転職
 , ,

「WEB系はSIerと比べて本当にいいの?」「WEB系への転職でうまくいくかな?」 このような疑問をSEの人が転職を検討 ...

SI業界のピラミッド構造

SE転職

SIerとは?SEとの違いや業界の事情をやさしく紹介!

2017/03/06   -SE転職
 ,

SIerとは「システムを構築する会社のこと」です。 ただし、IT業界を希望する就活生や転職者は、次のような疑問をお持ちで ...

【未経験→SE】年齢制限は32歳まで!未経験からSEに転職するための全知識

SE転職

【未経験→SE】年齢制限は32歳まで!未経験からSEに転職するための全知識

もし自分がプログラミングができたらどれだけ良いことだろうか。 実際、iPhone、アマゾン、Facebook、クックパッ ...

SEから異業種に転職

SE転職

【SE→異業種】SEから異業種に転職する3つの選択肢とおすすめ選び方ガイド

2017/02/17   -SE転職
 ,

あなたは「SEをもう辞めたい!」と考えていませんか? SEを長く経験すると、 先の見えない炎上プロジェクト 年齢とともに ...

社内SEの全てがわかる!仕事内容・年収からベストな求人の探し方の完全ガイド

SE転職

社内SEの全てがわかる!仕事内容・年収からベストな求人の探し方の完全ガイド

2017/02/09   -SE転職
 , ,

「社内SEはなんだかラクそう。転職してみたいな」って考えたことはありませんか?IT業界ではよく聞くこの疑問をこのページで ...

Copyright© IT業界の歩き方 , 2017 All Rights Reserved.