プログラミングスクール

CodeCampGateは2ヶ月でITエンジニアへ転職できるプログラミングスクール

最終更新日:

CodeCampGate

「プログラミングスクールを身につけたい!」

そう思って独学する人は数多くいますが、残念ながら90%くらいの人が挫折します。

逆にプログラミングスクールに通う人は、ほとんど挫折しません

実際に大手SIerでは文系・未経験者を大量に採用し、新人教育を通してプログラミングスキルを付けさせています

ここで問題となるのは

「どのプログラミングスクールがおすすめなのか?」

ということです。

この記事ではCodeCampGateを受講すべきか紹介していきます。

10年以上ITエンジニアをしている筆者がカリキュラムや価格、評判などをまとめています。

結論からお伝えすると、

  • 受講者がITエンジニアとして転職できることに力を入れている
  • 転職が実現したときに受講料全額をキャッシュバックするためです。

といった点からCodeCampGateは非常におすすめなサービスであるということです。

「転職」のためにプログラミングスキルを身に着けたい方は、最後までご一読ください。

CodeCampGateは「短期間で結果の出せるプログラミングスクール」!

実力主義

CodeCampGateの特徴は、なんといっても未経験者が短期間で結果の出せるカリキュラムを実施しているという点になります。

CodeCampGateが生み出した教育カリキュラムを利用することで、学習を効率化することを可能にしています。

それにより、通常のスクールに2ヶ月通うのに比べて、圧倒的に高い学習効果を実現できるのです。

厳選したカリキュラムを、実力と経験のある講師に「マンツーマン」で教わることで、プログラミングを効率よく学習できます。

 

また、手厚いキャリアへのサポートにより、未経験から2ヶ月間の学習期間で就職・転職が可能というのもCodeCampGateの特徴といえます。

これまでにサイバーエージェントやGMOグループといった大手企業への転職実績もあるため、キャリアの悩みや不安があっても安心して任せることができます。

こうしたように、未経験者のプログラミング学習と卒業後の転職先まで、トータルで信頼できるプログラミングスクールとしてCodeCampGateは有名となっています。

コラム:CodeCampGateとCodeCampの違い

CodeCampGateとCodeCampの違いは、次の3点です。

  • 受講期間の長さ
  • 選べるカリキュラム
  • キャリアサポートの有無

順に紹介していきます。

受講期間の長さ

CodeCampでは受講期間が長く、1コースにつき6ヶ月間になっていますが、CodeCampGateはわずか2ヶ月間という、超短期間の速習プログラムとなっています。

カリキュラムの受講期間が約3分の1となってしまいますので、CodeCampGateを受講する際は、かなり集中的に時間をつくって勉強しないといけません。

選べるカリキュラム

CodeCampGateを利用する場合、PHPマスターというインターネットで最も使われているカリキュラムを学習します。

CodeCampGateのカリキュラム

これ以外のカリキュラムは、現在のところ選ぶことができないようなので、アプリなどを学習したい場合はCodeCampがよいでしょう。

キャリアサポートの有無

そして3つ目の違いは、キャリアサポートの有無となります。

CodeCampGateは無制限でキャリアアドバイザーに相談できます。

未経験の業界で成功するためには、IT業界に強いキャリアアドバイザーは必須です。

漠然とした不安から、将来のキャリアの進め方や面接対策など多くの場面でキャリアサポートは心強い見方となります。

コラム:CodeCampGateとプログラマカレッジ、WebCamp Pro、DIVE INTO CODEとの違い

CodeCampGateとプログラマカレッジ、WebCamp Pro、DIVE INTO CODEの3つのプログラミングスクールは、次の2点について違いがあります。

  • レッスン形式の違い
  • カリキュラムの違い

それぞれの違いについて説明していきます。

レッスン形式の違い

CodeCampGateは、すべての講座をインターネットを介したビデオ通話で行っており、現役で活躍するエンジニアによる、マンツーマンの授業を受けることができます。

その点においてプログラマカレッジは集団での授業、また、WebCamp Proは自主学習を基本とした受講スタイルとなっています。

DIVE INTO CODEは自主学習と集団での授業の両方を行っています。

もしあなたが、プロのエンジニアからマンツーマンの手厚い対応を受けたいと思うのならば、CodeCampGateを利用してプログラミング学習を受講するのが良いかもしれません。

カリキュラムの違い

CodeCampGateでは、PHPを扱ったプログラムの技法を学び、ウェブサイトの知識を深めていきます。

それに対してWebCamp ProとDIVE INTO CODEでは、Ruby on Railsというプログラミング言語を学び、ウェブアプリケーションの作成技法を学んでいくのです。

プログラマカレッジとCodeCampGateではPHPのカリキュラムは共通していますが、プログラミング仕様書や設計書についても学びますので、プログラマカレッジのほうがより実務的に近いカリキュラムとなっています。

ウェブサイトについて学びたい人はCodeCampGateを、インターネット上で動くウェブアプリケーションを学びたい人はWebCamp Proでプログラミング学習をすると良いでしょう

WebCamp Pro
転職保証のWebCamp Proの評判と体験談!未経験からプログラマーを目指してみた

「WebCamp Pro」は転職保証がキャッチーなプログラミングスクールです。 卒業時には年収 400万円以上の企業への ...

続きを見る

また、より実務に近い内容を学びたい場合は、プログラマカレッジが良い選択肢と言えます。

プログラマカレッジ
受講料が無料のプログラマカレッジで96%が転職成功!評判から実際はどうかを検証!

「プログラミングを無料で学べる」 そう聞いた人は「なんか怪しい」「なぜ?」「本当に?」と思われるかもしれませんが、まずは ...

続きを見る

CodeCampGateで学べるカリキュラムと身に付くスキル

CodeCampGateでは、主にWebサイトの作り方やそれに関連するプログラミング言語を学んでいきます。

より詳しく、カリキュラムの中身をみていきます。

学べる技術とカリキュラム

CodeCampGateでは、CodeCampで展開されているカリキュラム、「PHPマスター」を受講することができます。

ここでは、「PHPマスター」を現役エンジニアの目線から解説していきます。

受講するコースは「PHPマスター」

CodeCampGateでは、PHPを中心としたウェブサイトに関連する知識とプログラミング言語が学べます。

CodeCampGateのカリキュラム

インターネット関連の分野で活躍したい人にはぴったりといえます。

このカリキュラムで学習する内容は、次の4つです。

  • HTML5/CSS3
  • JavaScript / jQuery
  • PHP
  • MySQL

それでは、1つずつ解説していきます。

HTML5/CSS3

HTML5とCSS3は、このコースの基礎的なものとして取り扱われる内容です。

この言語は、ウェブサイトの見た目を作り上げる上で欠かせない言語となりますので、必ずマスターしたいカリキュラムといえます。

この言語を覚えれば自分で好きなウェブサイトを作ることができるので、しっかりと学習しておけば実用性が高いです。

JavaScript / jQuery

JavaScriptは古くからあるプログラミング言語です。

JavaScriptとjQuery2つの言語を覚えることで、ウェブサイトに対してよりリッチで、ダイナミックな動きを加えることできます。

これらの言語は、近年インターネット上でよく見る、トレンドなウェブサイトを作るための技術の一部といえます。

その基礎となる技術を磨くのが、このJavaScriptとjQueryのカリキュラムです。

PHP

PHPは、ウェブサイト上で動作を行うプログラミング言語として知られています。

近年、インターネットの普及により、より需要が高まっています。

この言語をマスターすることで、動的にウェブサイトを作成することができ、ログイン機能やECサイトなどを実装することができます。

IT業界の中でも需要の高いプログラミング言語なので、この技術を学ぶことでIT業界への転職の第一歩となることでしょう。

MySQL

MySQLとはデータベースの一種です。

ウェブサイトに必要なデータを格納して、保存しておく記憶領域のことです。

近年のインターネット上のサービスが、あなたのログインパスワードや履歴を覚えているのは、この技術が活用されているからです。

ウェブサイトやアプリケーションにとって重要な情報を保管する、重要な技術といえます。

これまでみてきたように、CodeCampGateではウェブサイトに関する知識と技術が学べるカリキュラムが組まれ、充実したスキルを学習できるプログラミングスクールとなっています。

では次は、CodeCampGateが行っている転職・就職のサポートについて紹介します。

転職・就職の支援は「信頼のある実績と充実のサポート」

CodeCampGateの転職先

CodeCampGateの特徴は転職と就職において信頼と実績があることです。

CodeCampGateは、大手の企業でのプログラミング研修のカリキュラムとして利用されています。

これまでに導入した企業は300社、利用者も20,000人に及びます。

そうした実績が示しているのは、企業からの信頼が厚いということに他なりません。

そうした背景と、無制限でキャリア相談や学習相談のできるキャリアサポートにより、有名企業や先進的な企業への就職を叶えることができるのです。

そうした就職への環境が整っているのが、CodeCampGateの特徴の1つです。

転職成功で全額キャッシュバック!受講料金・支払い方法をやさしく解説

年収

CodeCampGateの受講料は、198,000円(税抜)となっています。

学習期間は約2ヶ月で、この料金にはマンツーマンレッスン30回分の授業料とキャリアサポートの代金が含まれています。

これだけ充実した内容でも安いと感じるのですが、それでも高いと思った人には良いニュースがあります。

それは就職成功で全額キャッシュバックされる制度があることです。

キャッシュバック

この制度はCodeCampGateの就職・転職サポート実施期間内に登録企業に採用され、3ヶ月以上勤務継続した場合、受講料全額をキャッシュバックしてくれる制度です。

普通に就職して、業務を頑張っていればすぐに達成できる数字だと思うので、198,000円(税抜)でも高いと思う人は、ぜひともこの制度を利用して、プログラミングを勉強してみてはどうでしょうか?

そんなCodeCampGateのレッスンを受ける場所について紹介します。

受講する場所について

CodeCampGateは、オンラインで受講できるプログラミングスクールです。

毎日365日、7時〜24時のあいだ、いつでもビデオ通話を利用したオンラインレッスンを受講することができます。

また学習の進め方といった疑問については、チャットツールから質問することができます。

当日予約やスケジュールの当日変更もできるので、突然の予定も柔軟に対応できます。

そうした学習環境なので、時間を有効に活用しつつ、最短でプログラミングをマスターしたい人にオススメできるプログラミングスクールということができます。

コラム:受講できるひとは社会人経験がある30才未満の人

プログラミングをマスターするのに最適な環境と言えるCodeCampGateですが、このカリキュラムを受講できるのは、社会人経験がある30才未満の人に限られているので注意が必要です。

なぜなら、このコースは就職・転職を目指すカリキュラムとなっているからです。

つまり、プログラム修了後にエンジニアとして就職・転職をすることが前提となるため、選考時点で年齢も加味されているということなります。

万人に対して門戸が開かれているわけではありませんが、社会人経験がある30才未満の人という条件をクリアしている人にとっては、かなりの好条件が揃ったプログラミングスクールです。

CodeCampGateの強みと弱み

これまではCodeCampGateの特徴や知りたいことについて解説してきました。

それではここからは、CodeCampGateの持っている強みと弱みを考え、CodeCampGateについてより詳しくみていきます。

CodeCampGateの3つの強み

まずはCodeCampGateの持っている強みを紹介します。

私が考える、CodeCampGateの強みは以下の3つです。

  • 日本最大級の現役エンジニア講師陣
  • 挫折させないカリキュラムとサポート
  • 大手への実績ある転職サポート

次にそれぞれについて解説します。

日本最大級の現役エンジニア講師陣

CodeCampGateで教えている講師は、フリーランスエンジニアの方を中心とした、現役エンジニアが担当しています。

講師として採用されるには、過去のエンジニアとしての実務経験はもちろんのこと、指導する能力を確認するために、書類選考→面接→模擬レッスンという選考も行っています。

そして、この厳しい基準に合格した講師のみが採用されています。

選考を突破した講師には、長年第一線で活躍してきたエンジニアや、大手企業で活躍したエンジニア、フリーランスで開発に携わるエンジニアなどがおり、経験豊かな講師があなたをサポートしてくれます。

挫折させないカリキュラムとサポート

CodeCampGateのレッスンはオンライン通話を利用したマンツーマンレッスンです。

また、これまでに20,000人を超える受講生をサポートしてきた実績から、プログラミング未経験者を挫折させないようにサポートしています。

分かるまで徹底的に教えるマンツーマン指導を行い、受講生のレベルと習熟度に合わせて「確実に習得」できるプログラミング学習を提供しています。

そして授業外で分からないことは、チャットツールでカリキュラムなどについて質問できる環境を整えることで、受講生を挫折させずに未経験からITエンジニアへと受講生の可能性を広げることができます。

大手への実績ある転職サポート

CodeCampGateの転職先

CodeCampGateの持つもう一つの強みは、大手のIT企業や先進気鋭のベンチャー企業への転職を成功させている実績です。

この背景には、CodeCampで提供しているカリキュラムがIT企業や大手企業の研修プログラムとして採用され、地道な信頼関係を築いてきたからに他なりません。

充実したカリキュラムを受講して、大手の企業で活躍しているエンジニアが多いからこそ、CodeCampGateは大手企業への転職が可能となっています。

つまり、CodeCampGateの卒業生がエンジニアとして信頼され、仕事を任されているからなのです。

また、CodeCampGateでは、キャリア相談や学習の進め方のサポートを定期的に行っています。

CodeCampGateが主催しているカウンセリングでは、エンジニアの転職・就職についてオンラインビデオ通話を利用して相談することができます。

一人ひとりの状況に合わせた個別サポートで、エンジニア就職・転職の成功を実現できるよう尽力してくれるのが、CodeCampGateの強みと言えます。

それでは逆に、CodeCampGateの持っている弱みについて考えています。

CodeCampGateの弱み

私が考えるCodeCampGateの弱みは、常に一人でプログラミングに取り組まなければいけないということです。

ITエンジニアとして就職・転職をする場合、現場での作業は、チーム、もしくはペアでプログラミングをする機会が多くなります。

そうした現場に即した経験ができないというのは、CodeCampGateを受講する上で気にしておくべきです。

また、CodeCampGateのカリキュラムには、現場で必須となる仕様書・設計書、またテストといった「現場での工程」については書かれていませんでした。

こうした、実際の開発現場で使われる手法・工程については、就職・転職してから身につけるしかありません

こうした点から、CodeCampGateを受講している最中は、プログラミングのスキルや独特な考え方を身につけるのに集中し、実際の現場で使われるスキルは、就職後に身につけるのが良いでしょう。

こうした点が、CodeCampGateを受講する際の弱みといえます。

では次は、どんな人がCodeCampGateを受講するべきなのか解説します。

CodeCampGateに合う人と合わない人は?

CodeCampGateには、どんな人が合うのでしょうか。

今回はCodeCampGateを受講すべき人、受講するべきでない人について紹介します。

まずはCodeCampGateに合う人について解説します。

CodeCampGateに合う人

CodeCampGateを受講すべき人は、プログラミングを学習するための学習時間を確保できる人です。

というのも、CodeCampGateのカリキュラムは二ヶ月という短期間となっており、十分な時間が取れなければカリキュラムの消化もできず、中途半端な結果になってしまう可能性があるからです。

「CodeCampGateで学べるカリキュラム」のセクションで紹介したように、CodeCampGateでは、様々なプログラミング言語やウェブサイトについての知識を学ぶ必要があります。

つまり、エンジニアとして就職・転職するためには、それなりの知識が必要ということなのです。

ですので、CodeCampGateにピッタリな人は、覚悟を決めてプログラミングの学習に取り組むことの出来る人といえます。

CodeCampGateに合わない人

逆に、CodeCampGateに合わない人は、日々の生活が忙しく、勉強する時間をあまり取れない人ということができます。

上記で説明したように、CodeCampGateでは短期間で大量の知識と技術を習得しなければなりません。

ですので、そもそも学習時間を満足に確保できない人は、CodeCampGateではなく、学習期間にゆとりのあるCodeCampでプログラミングを学ぶのが良いかもしません。

そしてもう一つ言えるのがカリキュラムについてです。

カリキュラムの部分でも説明しましたが、CodeCampGateではWebサイトに関わる技術を学びます。

ですので、たとえばスマホアプリを学んでみたい人は、別のプログラミングスクールを利用するか、受講期間の長いCodeCampを利用するのが賢明といえます。

あなたの状況や興味に応じて、CodeCampGateを受講するべきかどうかを考えるのが大切です。

次はどのようにCodeCampGateが評価されているのかを紹介します。

CodeCampGateの評判は「実践力のつくマンツーマンレッスン!」

CodeCampGateはプログラミングスクールの中でも、かなり評価が高く、信頼されているスクールだということがわかりました。

その中でも特に私が注目した点が「実践力のつくマンツーマンレッスン」だということです。

では、CodeCampGateの良い評判について紹介します。

CodeCampGateの良い評判

CodeCampGateの良い評判は、講師の教え方が「答えを教えるのではなく、やさしく導いてくれること」でした。

実際の受講生の声を紹介します。

「講師の方もすぐに正解を教えるのではなく「そこはもう少し自分で考えてみましょう」というように、自分で答えをだすべきポイントはじっくり取り組むように促してもらえたり、逆に悩む必要が無い課題についてはぱっと答えを提示してくれました。
実務を経験しているエンジニアの方だからこそ、エンジニアになるために身につけるべきポイントを押さえて指導していただけました。」

出典:https://blog.codecamp.jp/codecampgate_ohara

また、CodeCampGateのカリキュラムである、「PHPマスター」を受講した人の感想も紹介します。

これは授業中の些細な会話についても言及しているため、受講を考えている人には良いアドバイスとなります。

「カリキュラムの内容はもちろんですが、実際の業務におけるノウハウなども含めて話してくれるので、為になりました。
また、開発環境として、サーバーやデータベースも用意してくれているので、最初の環境構築のところで詰まってしまう事も無く、まずはプログラミング習得に集中できたのも良かったです。」

出典:https://codecamp.jp/voice/8

CodeCampGateでは、初心者が悩みがちなプログラミングで開発する環境の構築も必要なく、プログラミングの習得に集中できる環境があるというのは、とても素晴らしいことだと思いました。

このように評判もよいCodeCampGateですが、残念なポイントも調べてみました。

CodeCampGateの悪い評判

CodeCampGateの評判について色々と調べてみたのですが、あまり悪い噂は聞きませんでした。

ただし、講座を初めて受講する時、受講に至るまでのプロセスで手こずって、サポートセンターの方にだいぶお世話になった方がいるそうです。

しかし幸いなことに、サポートセンターの方の対応が驚くほど親切だったようです。

参考:http://xn--ncklb0g5c5bza2k5c7828br9dy02r.tokyo/

たしかにインターネット通話を利用して受講するため、初めはわからないことも多いかもしれません。

しかしながら、分からないこともちゃんと丁寧に解説してくれるサポートセンターがいるので、迷ってしまっても安心できます

以上、CodeCampGateの評判について紹介しました。

次はCodeCampGateの受講がオススメな人はどんな人なのか解説します。

CodeCampGateにおすすめな人は「短期間で転職したいプログラミング未経験者」

【未経験→SE】年齢制限は32歳まで!未経験からSEに転職するための全知識

CodeCampGateをオススメする人は、短期間で転職を実現させたいプログラミング未経験の人です。

また、二ヶ月間という短期間で集中し、厳選されたカリキュラムを分かるまで教えてくれるマンツーマンレッスンを利用することがエンジニアに向けての最短距離だということができるでしょう。

また、大手への転職実績があり、無制限にキャリア相談を行うことの出来るCodeCampGateを利用することで、ITエンジニアという新しい仕事の選択肢を取ることができます。

こうした特徴やメリットを最大限に利用してプログラミングを学習できるCodeCampGateは、新しいキャリアを目指していきたい人にとって最適な環境です。

まとめ

以上、短期間で成果のでるプログラミングとして有名なCodeCampGateを紹介しました。

インターネット通話を利用したカリキュラム、理解するまで教えてくれる熱心な講師陣と一緒に、短い期間でITエンジニアとして、就職・転職を目指してみたい人にオススメできるプログラミングスクールです。

また、条件をみたすことができれば、授業料が全額キャッシュバックされるので、本気でエンジニアを目指してみたい人にとって、素晴らしい選択肢となるのではないかと考えています。

需要のあるPHPを学び、手に職を付けて頑張ってみたい人には、本気で取り組めるCodeCampGateをオススメします。

当サイトおすすめの転職エージェント

就職に強いプログラミングスクール選びなら

転職・就職に強いプログラミングスクールでおすすめな学校をランキング形式で特集しています。

スクール選びに迷ったら次の記事も合わせてご覧ください

プログラミングスクールの比較

当サイトおすすめのプログラミングスクール

WebCamp Pro

  • 毎日11時〜23時まで通い放題!
  • 転職成功率は98%!転職保証も付く圧倒的な自信
  • 卒業後のキャリアを保証!
学べるスキル
  • フロントエンド:HTML、CSS、JavaScript、jQuery
  • バックエンド:Ruby、Rails、MySQL
  • インフラ:AWS(EC2、ELB、RDS)
料金 30,000円/月〜
オンライン教室 ☓:オンライン受講未対応
受講形態 セミナー形式&自己学習
スクールの場所 東京(渋谷区)
就職のサポート
  • 受講生全員に転職を保証(転職できなかったら受講料全額返金)
  • 3ヶ月の転職サポート付き

TechAcademy

  • 受講期間内にWebサービスのリリースを通して実践力を養える
  • プロフィールや学習内容をもとに企業からスカウトがある
  • プロのパーソナルメンターとビデオチャットやペアプログラミングができる
学べるスキル
  • フロントエンド:HTML5、CSS3、JavaScript、jQuery、Bootstrap、WordPress
  • バックエンド:Ruby、Rails、PHP、Laravel、C#
  • アプリ開発:Android、iPhone、Unity
  • デザイン:Photoshop、Sketch
料金 79,000円〜
オンライン教室 ○:オンライン受講可能
受講形態 オンライン&マンツーマン(オンライン)
スクールの場所 全国(オンライン)
就職のサポート
  • プロフィールや学習内容に応じて企業からスカウトが来る!
  • 転職に関する悩みもコンサルタントに相談できる

-プログラミングスクール
-,

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2018 All Rights Reserved.