フリーランスエンジニア

フリーランスSEなら知っておくべき年収や案件探しのコツのすべて

最終更新日:

ITエンジニアはフリーランスに適した職業です。

独立する人もまわりに多いのではないでしょうか?

「SE」も例外ではありません。

  • 「収入を増やしたい」
  • 「場所や時間に縛られずに自由に働きたい」
  • 「家庭の事情で会社員が続けられなくなった」

など様々な理由でSEからフリーランスSEへと独立していていきます。

ただ、フリーランスSEを検討するにあたり

  • 「デメリットはなに?」
  • 「年収はどれくらいになるの?」
  • 「仕事はどうやって見つけるの?」

といった質問をよく聞きます。

この記事を読めば、フリーランスSEのメリット・デメリットが理解でき、事前準備と仕事の見つけ方が具体的に分かります

年収を350万円も高くする具体的な方法も紹介しています。

ぜひ最後までご一読ください。

【年収を350万円アップするたった1つのポイント】

フリーランスエンジニアとして高い売上を長く続けるために一番大切なポイントは「好条件の案件を長く続ける」ことです。

そのような案件をどのように見つけるかが、フリーランス成功のポイントです。

結論からお伝えすると案件探しでたった1つのポイントをおさえることで年収が350万円もアップします。

その方法とは「エージェントを利用する」ということです。

働き方 平均年収
会社員 623万円
フリーランス(エージェント未利用) 398万円
フリーランス(エージェント利用) 746万円

出典:ITエンジニア、最も収入を得られる働き方は?

「エージェント」とはフリーランスエンジニアに対して案件を紹介するサービスです。

それ以外にも

  • 待遇(単価、期間など)の交渉
  • 福利厚生の提供
  • 請求書などの事務手続きの代行

といったサービスを受けられます。

いま会社員でもどんな案件を紹介してもらえるか教えてもらえます。

案件や単価を知っておくことでフリーランスへのイメージも具体化できます

フリーランスを実現したい方なら必ず登録してください。

フリーランスSEの働き方は出向型が基本

フリーランスになればさまざまな働き方が可能になります。

会社に出向して会社員と同じように働く出向型、自宅で自分の好きな時間に働く在宅型があります。

最近ではセキュリティに対してかなりうるさい企業が増えてきているため、なかなか業務資料を外部に持ち出すことが難しい傾向が強いです。

とくに大企業になればその傾向は強く、受託開発と出向型では出向型の方が需要が高いといわれています。

在宅型(受託開発)の働き方

基本的に在宅型はシステムの受託開発が多く、プログラミング業務が多いとされています。

セキュリティの問題ですべてのファイルを持ち出すことができないという面もあるため、受託できる内容にも制限があることが多いです。

しかし、一人で開発できるような小規模のものであれば話は別です。

納期が決まっていて、それまでに納品することで定められた報酬が支払われます。

納期を守れない場合は報酬が支払われない、もしくは何割か減らされるというリスクも負うことになります。

自分でサービスを立ち上げて運営していくことも可能です。

Webサービスやアプリケーションを開発して軌道に乗せることができれば、法人化も視野に入れることができるでしょう。

出向型(業務委託)の働き方

会社員と同じように通勤してオフィスで仕事をするのが出向型です。

このタイプはプロジェクトメンバーの一員として参画するので、報酬は人月単位で契約した金額が支払われます。

業務内容も設計などの上流工程から実装、テストまで幅広く関わることになります。

受託開発と出向型はどちらが良いのか

在宅で開発を希望する人は多いですが、デメリットもあります。

受託開発と出向型の特徴を表にまとめてみます。

  出向型 在宅型
収入の安定性
時間の自由度
案件の多さ

表を見てみると出向型の方が在宅型よりも独立したときに安定しやすい、稼ぎやすいということが言えます。

在宅型はより自由に働ける反面、仕事を取ってくる営業の難易度も高く、収入も安定しにくいのが難点です。

しかし、必ずしも出向型が良いとも限りません。

自分の得意分野や営業力に自信があるのであれば受注開発も選択肢に入ってきます。

働く場所、時間に縛られることがないので、よりフリーな働き方が可能となります。

しかし、どうしても受注型で独立したいということであれば、は出向型で働きながら隙間時間で取り組むことも可能です。

出向型は基本的には複数月契約になることが多く、ある程度安定して稼げるという利点もありますので、出向型で安定して稼ぎながら、隙間時間を活かして在宅型にチャレンジしてみるというのが現実的でしょう。

在宅型の方が安定しそうであれば、スイッチしていきましょう。

出向型・在宅型についてより詳しく知りたい方は「年収350万円UP!フリーランスエンジニアの案件を探すたった1つのコツ」も合わせてご一読ください。

年収350万円UP!フリーランスエンジニアの案件を探すたった1つのコツ

自由に働きたい! ITエンジニアはフリーランスに適した職種です。 ただ、フリーランスエンジニアを検討するときに気になるの ...

続きを見る

フリーランスSEの年収は700万円

基本的にフリーランスとして独立することができれば、年収は700万円~900万円と言われています。

これはフリーランス向けエージェントの紹介案件の相場が60万円~90万円であることから推定年収です。

会社員時代は月収20万円~30万円、年収でも350万円~500万円だった人であれば一気に1.5倍~2倍程度の収入アップにつながる可能性があります。

しかし、先程紹介したようにフリーランスといってもさまざまな働き方が存在するので、在宅型で働くのであれば収入はこのレベルに届かない可能性もあります。

また、同じ出向型でも週に2、3日のパートタイムで働くのであれば当然収入は落ちるでしょう。

フリーランスになれば収入が必ず上がるわけではなく、ライフスタイルに合わせた働き方が可能になるという点に注意しながら、次のコラムをお読みください。

コラム:フリーランスで1,000万円は狙えるか

年収1000万円の大台を超えることは不可能ではありません。

独立行政法人「情報処理推進機構」『IT人材白書 2016』によれば、30代で8.8%、40代で6.2%、50代で2.3%が年収1000万円を超える収入を得ています。

調査人数の比率で言えば上位4.5%に入ることができるだけの市場価値を持つことができれば良いということです。

しかも、30代にして1000万の大台を超えている人が8.8%もいるというのは、十分に目指すことのできる目標であるといえるでしょう。

全体の分布を見てみると80%近くは700万円以下となっていますが、これは個人事業主として事業を立ち上げている人や、パートタイムで働いている人、受注開発をしている人がいることが考えられます。

独立行政法人「情報処理推進機構」『IT人材白書 2016』

コラム:どのくらいでフリーランスSEへ独立するべき?

フリーランスになるということはSEとして一人前になっていることが最低条件といえます。

得意なプログラミング言語を最低1つ習得したうえで、

  • 要件定義
  • 基本設計
  • 詳細設計
  • プログラミング
  • 単体テスト
  • 結合テスト
  • 総合テスト
  • 保守・メンテナンス

といった業務を一通り経験しておくことが必須です。

これらを人に頼ることなく自分だけでもできるという自信が付いたときが、独立するタイミングといえるでしょう。

早い人では2、3年で独立する人もいますが、平均では5年程度と言われています。

フリーランスSEになるメリットとデメリット

会社員とフリーランスSEではそれぞれ良い点・悪い点があります。

ここではフリーランスSEのメリットとデメリットを紹介していきます。

フリーランスSEの3つのメリット

なんといっても「働く」ということに対する自由度の高さがフリーランス最大のメリットと言えます。

代表的なメリットは以下の3つです。

  • 働く場所や時間に縛られない自由なワークスタイル
  • 自分の好きな仕事に打ち込むことができる
  • 自分が頑張った分だけ収入が増える

順にメリットを説明していきます。

メリット1:働く場所や時間に縛られない自由なワークスタイル

場所、時間に縛られることなく仕事を選べるのは最大の魅力ではないでしょうか。

ライフスタイルに合わせて働き方をフレキシブルに変えることができるのは、「フリーランス」という働き方で1番に考えられるメリットと言えます。

メリット2:自分の好きな仕事に打ち込むことができる

会社員は自分が嫌いなプロジェクトに配属されてしまい、嫌々働かなくてはいけないこともありますが、フリーランスになればどの仕事をするか決めるのは自分です。

興味のある分野、ワクワクするようなプロジェクト、働きやすいメンバーなど、「自分らしく」働ける仕事に打ち込むことができます。

メリット3:自分が頑張った分だけ収入が増える

年収

会社員時代はどれだけ頑張っても増えなかった給料もフリーランスになれば違います。

自分が頑張れば頑張るだけ、結果は収入という形で返ってくるのがフリーランスの良いところです。

また、自分の頑張りは「実績」として積み上がっていくので、さらに上の収入を目指せるようになっていきます。

フリーランスSEの3つのデメリット

自由度が上がればそれに対する責任の範囲も広がるというのは世の常です。

フリーランスのデメリットは「責任範囲が増える」ことと表現できます。

具体的には

仕事に関わるすべての業務をこなす必要がある

  • モチベーション管理をしなくてはいけない
  • 収入面でリスクがつきまとう
  • といったデメリットとなります。

順に紹介していきます。

デメリット1:仕事に関わるすべての業務をこなす必要がある

理念の不一致

SEとしての仕事をするかたわら、営業活動、経理、税務処理などさまざまな業務を自分でしなくてはいけません。

会社員時代は会社がやってくれていたことをすべて自分だけで考え、決定していく必要あるので、とくに最初はとても大変です。

デメリット2:モチベーション管理をしなくてはいけない

失敗

会社員は最悪仕事で失敗しても責任は会社が持ってくれるので給料が減るということはほとんどありません。

しかし、フリーランスの失敗は即「信用を失う」ことに繋がります。

そうなれば、仕事や収入が減ることにもなりかねません。

ダラダラ仕事をしても給料が変わらない会社員とは違い、フリーランスは常に結果を求められます。

その意味でも高い意識を持ち、モチベーションを保つ工夫は必要不可欠と言えるでしょう。

デメリット3:収入面でリスクがつきまとう

仕事が取れないということだけでなく、病気やケガで仕事ができない期間が発生してしまうと無収入になってしまうのもフリーランスのデメリットです。

また、退職金やボーナスもないため、老後についてしっかり計画を立てながら人生設計をしておかないと、あとから困ったことになる可能性もあります。

ところで、フリーランスSEのメリットとデメリットに合う人はどんな人でしょうか?

次ではフリーランスSEに適した人の特徴を紹介していきます。

フリーランスSEに求められる資質

どのような人がフリーランスSEとして生き残っていけるのか、その資質について考えていきます。代表的な資質は以下のとおりです。

  • 高い技術力
  • 高いコミュニケーション能力(営業力)
  • セルフマネジメント能力
  • 強い向上心
  • 最低限のビジネスマナー
  • 自己分析能力(現状分析と意思決定)
  • 情報収集能力

1つずつ見ていきましょう。

高い技術力

何よりも大切なのは技術力です。

フリーランスSEとして企業から任せてもらえるだけの技術を持っていることは必要最低限な資質といえるでしょう。

技術力というと高度なプログラミングスキルと思われがちですが

  • 業務スキル(クライアント業務の理解度)
  • 設計力
  • 品質の作り込み
  • 生産性

といった点も大切となります。

高いコミュニケーション能力(営業力)

技術力だけではフリーランスとしては不十分です。

さまざまな職場やメンバーと仕事をしていくことになるフリーランスは、円滑な人間関係を構築するコミュニケーション能力が求められます。

コミュニケーション能力が高い人は「この人なら任せたい」「この人と一緒に仕事をしたい」と考えてもらいやすいでしょう。

次の仕事を取るための交渉術もコミュニケーション能力の1つです。

セルフマネジメント能力

出向型であればオフィスで働くのでそこまで重要ではありませんが、在宅型で働くときには非常に重要になってくる能力です。

自宅ではさまざまな誘惑があるので、集中することができずに、ダラダラと仕事をしてしまう可能性があります。

出勤もないのでいくらでも寝ることもできます。

ただし、納期に遅れてしまえば信用を失ってしまい、次の仕事に繋げることもできません。

強い向上心

現状に満足してしまう人は目まぐるしく進化する技術、テクノロジーについていくことができません。

フリーランスSEを続けたいのであれば、自分で自分を高めていく向上心を持ち続けることです。

会社にいれば与えられる勉強の機会や先輩の指導はフリーランスにはありません。

主体的に勉強する姿勢を忘れないことが大切となります。

最低限のビジネスマナー

フリーランスになると、仕事の付き合いだけでなく、経理や営業といった業務でも人と接する機会が多くなります。

社会人として挨拶やビジネストークは最低限抑えておくべきでしょう。

また、TPOをわきまえた言動、報連相をしっかりするなど、当たり前の行動を当たり前にこなすことは相手の信頼を得るためにも重要です。

自己分析能力(現状分析と意思決定)

フリーランスというのは個人事業主ですから、ある意味社長と同じように意思決定をする必要があります。

がむしゃらに働くことも良いですが、ときには時間を作って自分を振り返ることも大切です。

仕事が取れない、思ったような仕事ができていない、最近成長できていない、という現状分析を行い、その対策を立てて実行する。

一人でもPDCAサイクルを回していくことができる能力が必要になってきます。

自分を客観的に観察して判断するのは意外に難しいもの。

しかし、フリーランスには間違いを指摘してくれる先輩も上司もいないのです。

情報収集能力

お客さんと話すときに現在の技術的なトレンド、最新技術への知見など、話題についていけないようでは信頼を勝ち取ることはできません。

「この人はなにも知らないな」と思われたらおしまいです。

ホットな技術へのアンテナは常に張っておく。

RSSフィードやGoogleアラートなど便利なツールはいくらでもありますので、自分なりの情報収集の仕組みを構築しておくことは重要です。

ところでフリーランスSEになるためには「仕事(案件)」が必要です。

次ではフリーランスSEの人はどうやって案件を探しているかを解説していきます。

フリーランスSEの仕事の探し方

フリーランスになったら一番心配なのが、「仕事を取れるか」という点です。

コネも人脈もない人が飛び込み営業で仕事を取ってくるのは至難の業です。

そういうときに利用したいのがフリーランス向けのマッチングサービスです。

在宅型、出向型でも仕事を取ることができるサービスがありますので上手く利用していきましょう。

在宅型の仕事の探し方

在宅型はクラウドソーシングサービスを利用します。

登録すると個人向けの小規模システムの開発案件がたくさんありますので、見積もりを提案して顧客が気に入れば契約を取ることができます。

CrowdWorks(クラウドワークス)

自宅での受注開発をメインでやりたいのであればおすすめのサービスです。

ネット上でクラウドワーカーとして登録すると、お仕事を頼みたいクライアントの案件を見つけることができるクラウドソーシングサービスです。

あくまでマッチングをメインとしているので、担当がついたりすることはありませんが、一定条件をクリアすると福利厚生サービスを受けることができるのもポイントでしょう。

Lancers(ランサーズ)

クラウドソーシングサービスの先駆けがLancersです。

内容はクラウドワークスと同じで、登録して自分でやりたい仕事に提案して仕事を受注します。

クラウドワークスと同様に一定条件で福利厚生を受けることもできます。

自宅で受注開発をメインにしたいのであれば、クラウドワークスと一緒に登録しておきたいサービスです。

出向型の仕事の探し方

出向型はフリーランス向けの「エージェント」を利用します。

「エージェント」とはフリーランスに案件を紹介するサービスで、単価や期間などの待遇を企業との間で仲介してくれます。

エージェントを利用する・しないでは年収が350万円も違うというデータもありますのでぜひ利用しましょう。

働き方 平均年収
会社員 623万円
フリーランス(エージェント未利用) 398万円
フリーランス(エージェント利用) 746万円

出典:ITエンジニア、最も収入を得られる働き方は?

おすすめのエージェントは次のとおりです。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスはITエンジニアに特化したエージェントです。

関東・関西・福岡で案件紹介をしています。

もともと、関東中心で案件紹介をしていましたが、良質な案件と担当者の手厚いサポートが評判を呼び対応地域が増えています。

フリーランスSEを始める場合はまずレバテックフリーランスに登録しましょう。

ギークスジョブ

人脈を広げたいと考えている人にはギークスジョブはとくにおすすめ。

福利厚生サービスの「フリノベ」に加入していると、定期的に開催される懇親会やWEB上でのコミュニティに参加することができます。

ギークスジョブはITエンジニアの人材紹介サービスとして15年以上の実績と経験を持つ老舗です。

案件も豊富に取り揃えており、専任担当の知識も深く、専門的な相談もしやすいのが特徴です。

また、フリーランスになると悩まされる請求書などの事務処理を代行してくれるサービスや、健康診断や会計ソフトの割引など、福利厚生も充実しています。

PROSheet

自分のスキルに自信があればPROSheetがおすすめです。

高単価な案件が多く、担当者のサポートも質が高いと評判です。

フリーランスとしてやっていく上でステップアップしたいという場合にもチャレンジしてみると良いでしょう。

契約の更新率は89.2%と高いのも特徴で、長く安心して働ける案件をマッチングしてくれます。

また、スカイプによるオンラインカウンセリングや人間ドック、健康診断などの福利厚生も充実しており、フリーランスの弱点を補ってくれるのもポイントでしょう。

独立前に準備しておくこと

ここでは独立時に事前に準備しておいた方が良いことをまとめています。

何も考えずになんとなく独立するとバタバタしてしまいますので、しっかり準備して独立するようにしましょう。

最低3ヶ月~半年分の生活費

フリーランスになると収入が不安定になるというリスクが常に付きまといます。

次の仕事が取れなかった、病気で寝込んでしまった場合は収入がゼロになってしまう可能性もあるのです。

会社員であれば有給がありますが、フリーランスにそのような制度はありませんので、最低でも3ヶ月~半年は生活できるだけの余剰金を用意しておくと精神的にも余裕を持つことができます。

クレジットカードを作っておく

フリーランスになると社会的な信用がガクッと落ちます。

そのため、会社員を辞める前にクレジットカードは作っておくことをおすすめします。

最近のクレジットカードはキャッシング機能も充実していますので、生活費に余裕が無い時に当面を凌ぐ最終手段にもなります。

※クレジットカードのキャッシングやカードローン・キャッシングは事業資金での利用は禁止されています。ご注意ください。

不動産契約をしておく

もし、事務所を借りてそこを仕事場にするのであれば先に不動産を見つけて契約しておきましょう。

理由はクレジットカードと同じで社会的信用が高い会社員のうちの方が契約しやすいためです。

必要であればローンも組んでおく

当然ローンも組みにくくなります。

フリーランスがローンを組む場合、過去3年間の所得が審査対象となります。

独立して順調に行かない可能性も考慮した場合、必要であればローンを組んでおくことも必要になるでしょう。

その他各種準備

自分ですべてをこなす必要があるフリーランスは営業活動から、各種事務手続き、税金の支払いまで、さまざまな場面で必要になるツールがたくさんあります。

ビジネスをスムーズに進めるためにも以下のものは用意しておくと良いでしょう。

  • 屋号
  • 印鑑
  • メールアドレス
  • ホームページ
  • 名刺
  • 口座開設
  • 確定申告用ツール

まとめ

フリーランスになるということは働き方の自由を手に入れられるだけでなく、大幅な収入アップも期待できます。

しかし一方で、自由の代償として責任範囲が広がるという側面があることを忘れてはいけません。

とくに、収入に関しては保証がないため、ある程度の余剰資金を持って独立することをおすすめします。

働き方としては在宅型の受注開発、出向型の業務委託があります。

自分に合う働き方はどちらかよく考えた上でフリーランスのエージェントサービスを選ぶようにしましょう。

長くフリーランスとして活躍するためにも、自分の長所、特技を理解しておくことはとても大切です。とくに、将来的に機械化されてしまうような分野ではなく、人間にしかできないクリエイティブな業務領域を意識的にスキルアップしていきましょう。

フリーランスとして活躍しているSEはたくさんいます。

独立を目指すのであれば、悩んでいるよりもエージェントのカウンセラーに相談してみることで現状を確認することができますし、意外にすでに独立するだけの力が付いていることに気付かされるかもしれません。

まずは動いてみることが重要です。

当サイトおすすめの転職エージェント

ITフリーランスを検討する方へ

フリーランスへの転身で一番大切なポイントは案件の確保です。

案件の内容や単価をメールで教えてもらえるサービスがあります。

まず登録して情報を集めることからはじめましょう。

筆者のおすすめはレバテックフリーランスです。

早く登録して条件の良い案件を知ることがフリーランス成功の近道です。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス公式サイト
https://freelance.levtech.jp/

フリーランスに転身したい方は今すぐ登録してください。

高単価な案件が魅力!フリーランスエージェントランキング

レバテックフリーランス

  • 平均年収801万円!36,700人が選んだ大人気エージェント
  • メールで案件を紹介!単価や案件を知りたい方は今すぐ登録
  • 業界認知度No1!ITエンジニアから圧倒的な指示

フューチャリズム

  • 報酬アップ率89.2%を実現!お祝い金も5万円支給!
  • 業界経験10年のアドバイザーが無料相談
  • 業界最短!翌月15日の支払いサイクルで売上がすぐ立つ

ポテパンフリーランス

  • 月収100万円以上のレア案件も多数!業界で最高レベルの高収入
  • 専属の税理士やファイナンシャルプランナーが独立後もサポート
  • Web上では未公開の案件も多数!無料で利用可能

-フリーランスエンジニア
-,

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2018 All Rights Reserved.