IT転職

ITコンサルタントとは?SEとの違いや年収をやさしく解説!

最終更新日:

皆さんはITコンサルタントと呼ばれる職業を耳にしたことがありますか?

どのような仕事をしているかご存知ですか?

「コンサルタント」は聞いたことがあるものの、「ITコンサルタント」との違いはよく分からない人も多いのではないでしょうか。

ITコンサルタントはその名の通り「IT」と「コンサルタント」を掛け合せた職業です。

ただ、コンサルタントとはいえどもその仕事内容は多岐に渡りますしITに関する仕事も様々な仕事内容があることは皆さんもご存知の通りでしょう。

ITコンサルタントがどういった仕事内容で、どのような人が求められているのかをご紹介していきます。

ITコンサルタントの仕事内容は多岐に渡るお客様サポート

 

ITコンサルタントと一言でまとめられた表現が利用されることが多いのですが、実際にはITコンサルタントはいくつもの仕事を担当しており、その内容は多岐にわたります。

ただ、コンサルタントという言葉が表現しているように仕事内容の根本にあるものは「お客様をサポートする」ということには変わりありません。

それではどのようにお客様をサポートしているのかが気になると思いますので下記でご説明していきます。

ITコンサルタントが果たす役割は次の二つあります。

  • ITを熟知していることによるサポート
  • コンサルタントとしての経験を活かすサポート

それぞれの観点から具体的に下記でご説明していきます。

ITを熟知している人材

ITを熟知

ITスキル、システムやそれを支えるインフラ基盤に対する知識を活用して、どのようにお客様の課題をITで解決していくのかを検討していくことが業務内容の1つです。

SEも同様にITスキルに長けている必要がありますが、SEでは自分が専門とする分野に長けていればアプリケーションの完成などに繋げることが可能です。

しかし、ITコンサルタントの場合には具体的にアプリケーションを作るのではなく、どのようなシステムを作成すればお客様の課題解決に繋がるのかを考える必要があります。

そのため特定のアプリケーションに関する知識だけではなく、例えばプログラミング言語・ネットワーク通信の仕組み・物理的なマシーンの性能といったIT全般の知識に長けている必要があります。

お客様は必ずしもITに詳しいとは限らず、ITを活用することによってどのようなメリットを享受可能なのかを正しく理解していないことも少なくありません。

そのため、お客様の要望はどうしても曖昧なものになってしまうことが多いです。

そこでITコンサルタントが持ち前のITに関する詳細な知識を活用し、どのような技術を利用すればお客様のニーズを実現することが可能であるかシステム面から提案したり、お客様が利用する新たなコンピュータの導入で作業がどの程度軽減されたりするかなどの具体的な解決策の提案をします。

コンサルタントとしての経験を活かすサポート

二つ目のコンサルタントとしての仕事内容は、コンサルタントの経験を活かして企業戦略などを提案していくことです。

コンサルタントを必要としているお客様は、会社や業務に対して何かしらの課題を抱えていますがどのような手法を用いて解決していけば良いのか具体的な解決策を持っていません。

そこでコンサルタントの仕事としてお客様の課題解決のためにどういった戦略が必要であるのか、そもそもお客様がどのような課題に直面しているのかを具体化させていくことが求められています。

例えばお客様が抱える課題として多いのが「経費を削減したい」というものです。

多くの会社では経費を削減して利益を増やしたいと考えますが、そもそもどこに経費の無駄があるのかを理解されていないことも多いです。

そのためITの知識からは掛け離れた部分となりますが、まずはお客様の会社の支出を理解して、経費の無駄だと判断できる課題となる部分を具体的に洗い出していくことも業務の一つとなります。

この課題を具体化が終わってから、やっとITを活用した解決策の提案に繋げていきます。

それに加えて、ただ単純に課題を解決するだけではなくその課題解決が企業的に意味があるのかも判断する必要があります。

ITコンサルタントとSEの違いとは?

SEとの違い

ITコンサルタントの仕事内容を紹介すると、SEとの違いについて疑問に持たれる方も多いかと思います。

そこでITコンサルタントとSEの違いについて二つの注目ポイントからご説明します。

業務内容

まずITコンサルタントとSEは担当する業務内容に差があります。

  ITコンサルタント SE
主な役割 お客様の課題をITで解決する方法を考える お客様が利用するシステムを完成させる
ITに対する認識 課題解決のために利用する1つのツール お客様が利用するツールであり、具体的に完成すべきもの
業務の専門性 深いほうが望ましいが専門性よりも幅広く 担当分野における深い知識

ITコンサルタントの業務内容の中心は上記でもご紹介しましたがお客様の課題をITで解決する方法を考えることです。

つまりITコンサルタントにおいてITは課題解決のツールに過ぎません。

専門性を持つことが望ましいですが、課題解決のために幅広く知識を有していることが優先されます。

それに対してSEはITコンサルタントなどが描いた解決策を具体的にシステム化したり必要なインフラ基盤を設計したりすることを業務内容としています。

つまりお客様が実際に利用するツールとなる部分を具体的に作り上げていくことがSEの役割です。

あくまでもこれは大きな切り分けですので、場合によってはコンサルタントがお客様の利用するシステムを作り上げるようなこともあります。

ITコンサルタントとSEを兼務しているようなイメージです。

ITコンサルタントとして働く会社の規模やプロジェクトの方針によって多少はITコンサルタントもSEも業務内容に差が出たり重なりが出たりするでしょう。

役割

業務内容と近い部分もありますが、ITコンサルタントとSEには役割の分担もあります。

  ITコンサルタント SE
仕事のゴール 解決策が見つかるまでゴールは無い お客様が必要とするものの完成
お客様との調整 妥協や強調など、お客様と調整しながら最善策を見つける必要があり 基本的には完成すべきものが見えているため調整は少ない
具体的なシステム構築の指示 専門性を有していれば指示出来ることもあるが、SEに任せる ITコンサルタントから受けた指示を元に、専門性を発揮し最高のシステム構築を実現する

ITコンサルタントはITというツールを利用してお客様の課題を解決するために解決策を作り出すことが業務内容の一つです。

その過程ではお客様が総合的に満足するために妥協するべき部分を見つけ出したり、お客様が見えていない部分を指摘し追加で投資することを促すなど自分の判断で最適解を生み出すことが求められています。

それに対してSEでは基本的には作り出すべきゴールは与えられており、それをいかにして適切な手法でお客様が利用できるシステムとするかが求められています。

システムの中身について検討することがSEの役割であり、そのシステムを使うとお客様がどのように課題を解決するのかを考える役割ではありません。

この役割分担に関してはITコンサルタントとSEで比較的明確に分かれている印象があります。

お客様と一緒に解決策を生み出す役割かお客様の課題を解決するためのツールを生み出す役割かでITコンサルタントを目指すべきかSEを目指すべきか変わってくると言えるでしょう。

ITコンサルタント企業の年収と売上ランキング!

年収

ITコンサルタントの年収は総じて高い傾向にあります。

一方で年収が非公開の企業も多く、コンサル系SIerの大手を比較すると1社しか年収が公開されていませんでした。

その一社の結果は野村総合研究所です。

  • 野村総合研究所:平均年収1156万円

コンサルタントといえば外資系企業というイメージがあるかもしれませんが、日系企業でも充分な年収を得ることが可能なことが分かります。

参考までに大手のコンサル系SIerの売上比較結果は次のようになります。

順位 企業名 URL 売上(連結)
1位 野村総研(NRI) https://www.nri.com/jp/ ¥421,439,000,000
2位 アビームコンサルティング https://jp.abeam.com/ ¥67,300,000,000
3位 フューチャー http://www.future.co.jp/hd/ ¥33,650,000,000
4位 JSOL https://www.jsol.co.jp/ ¥32,051,000,000
5位 シンプレクス http://www.simplex.ne.jp/ ¥20,700,000,000

より詳細に知りたい方は、「2017年度版!大手SIerランキング(年収)と選び方の4ステップ」をご覧ください。

ITコンサルタントになる方法

 ITコンサルタントとして働くためには新卒でITコンサルタントとして働ける企業に就職する方法と、転職でITコンサルタントを目指す方法があります。

それぞれに特徴がありますので、ITコンサルタントになるためにはどういった準備や知識が必要であるのかをご紹介します。

新卒からITコンサルタントになる

新卒からITコンサルタントを目指す場合には

  • ITコンサルタントを提供している企業:NTTデータ・野村総合研究所・日立コンサルティングなど
  • ITコンサルタント専門の企業:アクセンチュア・キャップジェミニ・ベイカレント・コンサルティングなど

のどちらかに就職することが考えられます。

どちらの場合であっても新卒採用に関しては即戦力を求めている訳ではありませんの、いかにその企業で働きたいか、ITコンサルタントとして働きたいかということを伝えることが就職のポイントになると思います。

ただITコンサルタントを専門としている企業でない場合には必ずしもITコンサルタントとして配属されるとは限りません。

大手企業などでは新卒採用後の研修などで配属が決定されることも考えられます。

そのため新卒としてITコンサルタントを目指すのであれば、ITコンサルタントを専門としている企業への就職をおすすめしています。

コラム:大学の学歴は有利?その実態とは

大卒

ITコンサルタントは学歴の高い人だけが就くことのできる職業だと思われているかもしれません。

確かに外資系のコンサルティングファームで役員情報を見てみると学歴の高い有名大学を卒業した人ばかりが掲載されています。

しかし、「転職」でITコンサルタントになる場合には必ずしも大学の学歴が有利に働くわけではなく、実力があれば学歴は不問とされていることもあります。

それに対して、「新卒採用」の場合には、大量の応募者から通過者を先行する過程においてどうしも学歴で判断するような企業もあると思います。

採用基準は公開されていませんので私たちが判断することは不可能ですが、選考時に学歴が利用されている可能性があります。

転職でITコンサルタントになる

転職でITコンサルタントを目指す場合には、SEやプログラマーなどIT業界から転職を目指す場合と全くの異業種から転職を目指す場合に分かれます。

それぞれどのような転職となるかをご説明していきます。

既にIT業界で働いていた場合

この転職では問われる力としてIT面よりもコンサルタントとしての素質が必要とされます。

IT業界といえども多種多様であることには違いが無いのですが、IT業界でコンサルタントを目指すほどに働いている場合、ITに関する知識の習得や知識の習得方法については身に付いていると判断されることも多いです。

つまり、ITコンサルタントになってからも最新技術を追いながら業務に励んでいくことが期待されているのです。

そのため転職時にはコンサルタントとして働くために、どのようなプロジェクトマネジメントをして成果を出してきたのか、ということが評価される傾向にあります。

つまり、実際に手を動かしてものづくりをしてきたことは大前提であり、そこから踏み込んでお客様の課題解決のためにどのようなプロジェクト運営をしてきたかが採用の可否を決定します。

ITコンサルタントを目指す以上、お客様のとのコミュニケーションスキルが必須となります。

転職前にはどのような課題に直面し、どのように解決してきたのかなどコンサルタントとしてロジカルに仕事を進めてこられたかが転職が成功するかの鍵を握っています。

異業種や未経験からの転職の場合

異業種からの転職

転職では即戦力を求めていることが大半ですが未経験の場合にはITコンサルタントになれるのでしょうか。

結論から述べると未経験でもITコンサルタントを目指すことは可能です。

転職してからITの技術を身に着けていけばITコンサルタントとして社会で通用する人材になれる可能性はあるからです。

ただ、転職エージェントなどで話を聞くと未経験の場合には採用担当者を満足させるだけのコンサルタントとしての素質が必要であると言われます。

コンサルタントとしての素質と言われても抽象的で分かりにくいと思いますが、コンサルタントとしてロジカルシンキングと呼ばれる論理だった考え方が出来るのかが問われているのでしょう。

コンサルタントはお客様を納得させるために自分の提案を論理だって説明することが必要です。

お客様の要望を全て受け入れていては本当に意味のあるIT化とはならないことが多々あるからです。

これを防ぐためには強い言い方をすると論理立てた説明でお客様を理詰めにしてしまうしかありません。

筋がしっかりと通った説明をするとお客様が納得する可能性も高いからです。

ITに関する技術は業界の動向も激しいため、ある程度ITコンサルタントになってから最新技術を追っていけば身につけられる部分ではあります。

そのためITの経験が無い場合には、コンサルタントとして働く素質があるかが転職時には見極められています。

ただ、未経験で転職した場合には採用されてから時間でカバーするしか無い部分もあるでしょう。

長年ITコンサルタントとして働いている人とは経験の差が大きいです。

そのため転職後すぐは残業が大量にあったり、休日出勤があったりすることも覚悟しておいたほうが良いと思います。

知って起きたい!ITコンサルタントへの転職と年齢の関係

年齢

ITコンサルタントへの転職は次の2つの能力が必要です。

ITに関する深い知識

ITコンサルタントへの転職は既にIT業界で働いてきた人が中心となります。

その理由としてはITコンサルタントとして必要とされているのは、システムに関する深い知識とインフラに関する深い知識だからです。

さらに、日々進化するIT業界の動向を手に入れる術を持っている必要もありますし、自分自身で入手した情報を消化する必要もあります。

そのため、今までにIT業界で働いてきて深い知識を持っていることが前提として転職では必要とされています。

ただ、ITの知識があればITコンサルタントに必ず転職できるかと問われるとそういう訳ではありません。

コミュニケーション能力

コンサルタントとして働くためにはお客様の要望を上手く聞き出すコミュニケーション能力が必要です。

ITに関する知識がいくら深くとも、それがお客様にとって必要な形で提供されないのであれば意味がありません。

そのためITコンサルタントに転職するためにはITの深い知識と、お客様から必要な情報を全て引き出すことが出来るぐらいのコミュニケーション能力が必要です。

さらにITコンサルタントとしての実力以外にも、精神面と体力面が鍛えられていることも大切です。

理由としては、コンサルタントという仕事である以上、お客様が納得する解決策を提案できなければ簡単に休むことができないからです。

時には長時間働く必要もありますし、解決策が見つからずに精神的に病んでしまうこともあります。

そのため精神面と体力面が鍛えられていることが大切です。

このように精神面での強さが必要とされる具体的な理由としては、ITコンサルタントがプロジェクトで一人となっていることも多いことが挙げられます。

困難な課題に対して、物理的にも精神的にも一人で抱えるしか選択肢が無いことも現場では考えられます。

また、単純に一人では代わりに仕事を任せるITコンサルタントも居ません。

つまり休むことが無いように体力も十分に必要とされています。

このような状態に耐えることが出来る人が転職時にはITコンサルタントとしての力と同じぐらい求めていることもありますので、年齢としては30-40歳までの人がITコンサルタントとしての転職に成功している印象が強いです。

20代ではまだITに関する知識が完全に身についていないと判断されることもあると思いますし、50歳を越えると体力的に厳しいと判断されてしまうことが、転職の成功年齢を30-40代に絞ってしまう原因だと考えます。

コラム:ITコンサルタンは資格が必要?おすすめの資格とは

ITコンサルタントには資格が必要なのか、という質問も私の元によく届くのですが必須の資格というものは存在していません。

ただ、IT面の知識をアピールする意味やコンサルタントとしての技量をアピールする意味で所有していると良い資格は存在しています。

中小企業診断士

取得には数年必要となる資格ですが、ITコンサルタントが企業の課題を解決するために働いていることを踏まえると持っておいて損は無い資格です。

仮に大企業のITコンサルタントを対応することになったとしても、基本となる考え方は中小企業へ提案する解決策と変わらないことも多いです。

企業を良い方向に持っていくためにはどういった視点を持てば良いのかを学べる資格でもありますので、コンサルタントの面からおすすめしています。

ITサービスマネージャー・プロジェクトマネージャー

どちらも情報処理試験と呼ばれる国家資格の一つです。

ITスキルを活用した経営戦略を学んだり、IT面でのプロジェクト遂行スキルをアピールするための資格となっています。

具体的にIT技術があることを示すような資格ではありませんが、どちらもコンサルタントとして必要な能力をアピールする指標となっています。

ITコーディネーター

こちらも民間資格であり、企業を経営する人に対していかにITを活用して経営戦略を提案することができるか(コーディネートすることができるか)をアピールする資格となっています。

特定の業界に特化した知識ではなく、ITコンサルタントとして幅広い視野を持っていることをアピールする資格となりますので、活躍の幅が広がる可能性もある資格となっています。

ITコンサルタントに合う人・合わない人

私がITコンサルタントとして働く過程でよくある質問が「ITコンサルタントに合う人はどういった人ですか」というものです。

今回は私が現場で働く中で感じた印象を元にご紹介していきます。

ITコンサルタントに合う人

ITコンサルタントは自分が頭を使うことによって生み出した解決策をお客様に納得してもらい、それを実際にお客様が利用するシステムにするまでを見届ける仕事です。

そのため「絶対にお客様の課題を解決したい」という強い心を持てる人が向いていると感じています。

お客様と意見の相違が発生することは多々ありますし、お互いに頑なに拒否していては物事が進まないこともあります。

ただ、折れる部分と押し通す部分を見極めて行動していくことは非常に精神的に負担が必要なことです。

そういった負荷にも耐えながら、絶対にお客様の課題を解決する遂行力を持ち続けられる人がITコンサルタントに向いていると考えます。

また、ITコンサルタントはあくまでもお客様の課題を解決することに徹した職業です。

そのためシステム構築をした技術者やベンダーが日の目を見ることに比べると、どうしても裏方的な存在となってしまいます。

日の目を見るのではなくとも影でお客様を支える精神を持てる人がコンサルタントに向いているのではないかとも考えます。

ITコンサルタントに合わない人

自分の時間を大切にしたい人や家族との時間を大切にしたい人はITコンサルタントに合いません。

これはITコンサルタントに限った話ではないのですが、コンサルタントは特に他の業種と比べると多忙な時期が不定期にやってくる職業です。

私も長らく仕事を中心とした生活を続けていますし、休日が急に出勤日となることも少ないわけではありません。

どうしても安定した生活をしたいと考えている人にはITコンサルタントは給料が高くとも価値を見いだせない職業となってしまうと思います。

ITコンサルタントの今後の将来性

将来性として、ITコンサルタントは今まで以上に活躍の場が広がると考えます。理由は以下の3点です。

一つ目は、ITが広く普及してきた現在において、ITコンサルタントはさらに需要を増していくと考えられるからです。

特に今までITを活用していない企業が決断し、社内をIT化していくことが予想されますので初めてIT化に踏み切るお客様との仕事が多くなると予想しています。

つまり、世の中がIT化すればするほど必然的にITコンサルタントの需要が高まりますので将来性としては今まで以上に活躍の場が広がります。

二つ目は、IT化というのは一度完成してしまえば永遠と利用できるというものでは無いからです。

お客様の事業内容の変化や世の中の動向を踏まえて改修したり新しくシステムを構築し直したりする必要もあります。

そういった時にもITコンサルタントは必要とされます。

そのため、仮に数多くの企業でIT化が実現されたとしてもITコンサルタントは引き続き必要とされる職業であり、このままITの技術発展が続いていく以上将来性が十分にある職業です。

三つ目は、日本国内のみならず海外でもIT化の流れが来ることは間違いありません。

海外で活躍するためにはITコンサルタントとして以外のスキルも必要とはなってしまいますが、フィールドを変えることによって長期間働くことも難しくはない職業でしょう。

まとめ

ITコンサルタントの業務内容は皆さんが想像したものとは異なるかもしれません。

コンサルタントといえば花形のように感じていたかもしれませんが、実はお客様と念入りに打ち合わせをしながらいかにお客様の課題を解決することができるかを考える裏方です。

裏方とはいえどもITコンサルタントが解決策を生み出さなければ実際にシステムを構築するSEが動き出せないというのも事実です。

そのため時間に追われながら非常にストレスの掛かるなかで課題の解決策を提案しなければなりません。

そのストレスに耐えうる仕事だからこそ給与面では高額になっています。

ただいくら給与が高額ではあっても、休日が急に潰れてしまうことがあるなど仕事を中心に生活をしなければならない日々がやってくる可能性も充分にあります。

私がITコンサルタントとして働きだしてすぐはほぼ休みなく経験を積むために働いていました。

そういった給与と働き方のバランス、そしてお客様との関係や自分があまり日の目を見る職業ではないことなどを踏まえて就職すべきか転職すべきかを判断して貰えれば良いと思います。

当サイトおすすめの転職エージェント

当サイトおすすめの転職エージェント

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!
  • フリーランスに興味がある人はコチラ

全国対応でIT・WEB系に強いエージェントなら「type転職エージェント」

  • IT・WEB系に強く71%が年収アップ
  • キャリアチェンジも提案!相談からもOK!
  • 設立して15年の実績エージェントの豊富な経験が成功に導く!

パソナテック

  • 北海道から九州まで全国を網羅
  • 東証一部上場の総合人材サービスのパソナグループの顧客網
  • 正社員・派遣・フリーランスの多様なお仕事紹介と4万人の実績

 

-IT転職

Copyright© SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2017 All Rights Reserved.