フリーランスエンジニア

未経験からITフリーランスになれる!失敗せず着実に成功するための3ステップ

最終更新日:

「未経験からITフリーランスを目指したい!」

そう考えている人はあなただけではありません。

ITエンジニアを10年以上経験した筆者もたくさんの相談を受けてきました。

この記事の結論は「ITフリーランスは未経験でもなれる」です。

企業に所属する会社員ではなく個人事業主として活動するフリーランスは、税務署に開業届を提出すれば誰でもなることができます。

ただし、業界知識がない中で独立は要注意です。

未経験からITフリーランスになるには順番が大切です。

とくにIT未経験のエンジニアがフリーランスとして活動して報酬を得るには、実力をつけて着実にステップアップしていく必要があります。

そこで今回は、IT未経験のエンジニアがフリーランスになる方法にフォーカスしてITフリーランスに関する情報をお伝えしていきます。

これからITフリーランスを目指す人は必ず最後までお読みください。

ITフリーランスを検討する方へ

フリーランスへの転身で一番大切なポイントは案件の確保です。

案件の内容や単価をメールで教えてもらえるサービスがあります。

まず登録して情報を集めることからはじめましょう。

筆者のおすすめはレバテックフリーランスです。

早く登録して条件の良い案件を知ることがフリーランス成功の近道です。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス公式サイト
https://freelance.levtech.jp/

フリーランスに転身したい方は今すぐ登録してください。

【年収を350万円アップするたった1つのポイント】

フリーランスエンジニアとして高い売上を長く続けるために一番大切なポイントは「好条件の案件を長く続ける」ことです。

そのような案件をどのように見つけるかが、フリーランス成功のポイントです。

結論からお伝えすると案件探しでたった1つのポイントをおさえることで年収が350万円もアップします。

その方法とは「エージェントを利用する」ということです。

働き方 平均年収
会社員 623万円
フリーランス(エージェント未利用) 398万円
フリーランス(エージェント利用) 746万円

出典:ITエンジニア、最も収入を得られる働き方は?

「エージェント」とはフリーランスエンジニアに対して案件を紹介するサービスです。

それ以外にも

  • 待遇(単価、期間など)の交渉
  • 福利厚生の提供
  • 請求書などの事務手続きの代行

といったサービスを受けられます。

いま会社員でもどんな案件を紹介してもらえるか教えてもらえます。

案件や単価を知っておくことでフリーランスへのイメージも具体化できます

フリーランスを実現したい方なら必ず登録してください。

ITフリーランスのメリットとデメリット

まずはITフリーランスになるメリットとデメリットをそれぞれ4つずつご紹介します。

ITフリーランスになると得られる4つのメリット

ITフリーランスになるメリットは大きく4つあります。

具体的には

  • 仕事を選べる
  • 在宅なら通勤時間がゼロ
  • 収入が増える可能性がある
  • 働く時間に融通が利く

です。

1つずつ紹介していきます。

メリット1:仕事を選べる

まず一番大きいメリットは、仕事が選べることです。

ITフリーランスのエンジニアは、ほとんどの場合在宅で仕事をするか、業務委託として企業に常駐するかのどちらかになると思います。

在宅で仕事をする場合、提案された案件を受けるかどうかは本人の自由です。

そのため自分に向いていないと思う仕事であれば無理をしてまでやる必要はありません。

また、業務委託として企業に常駐する場合も、一般的には数か月単位で契約期間が定められているので、実際に現場で働いてみて自分には合わないと思えば契約を更新せず、次の仕事を探すことも可能です。

このようにITフリーランスは自分で仕事を選ぶことができ、短期間で仕事を変えられるため、比較的ストレスの少ない環境で仕事ができるのは魅力的です。

メリット2:在宅なら通勤時間がゼロ

業務委託として企業に常駐する場合は当てはまりませんが、案件を受けて在宅で仕事ができるようになれば、通勤時間がゼロになります。

通勤時間がゼロになれば、今まで通勤時間に費やしていた時間を有効に活用できるため、余った時間で他の仕事をしたり、新しい技術を勉強することもできます。

また、通勤ラッシュの満員電車で受けるストレスは、ジェットコースターが落下する寸前の2倍以上とも言われており、在宅であればそのようなストレスを毎日受けずに済みます。

また、在宅であればPCとネット環境さえあればどこに住んでいても仕事ができるため、通勤のために引っ越したりする必要がなく、好きな場所に住むことが可能です。

このように通勤時間を気にする必要がないのは、在宅で働けるITフリーランスならではのメリットになります。

メリット3:収入が増える可能性がある

未経験でITフリーランスになる場合、最初は収入にはあまり期待できないかもしれません。

しかし経験を積んで実力がついてくれば、会社員よりも収入が増える可能性があります。

なぜなら、ITフリーランスの場合は企業が支払った報酬がそのまま手元に入るため、実力次第で収入を増やせるからです。

会社員の場合は毎月の給与額に応じて税金(所得税、住民税)と社会保険(雇用保険、健康保険、厚生年金)が天引きされ、残りの金額が手元に入ります。

フリーランスの場合は、企業が支払った報酬を全額受け取り、そこから自分で税金(所得税、住民税)と国民健康保険、国民年金を支払うことになりますが、その金額は受け取った報酬から交通費や交際費、消耗品費などの経費を差し引いた所得の金額で計算します。

そのため、会社員よりも引かれる金額が低くなることが多いため、同じ報酬を得たとしても手元に残る金額は大きくなります。

したがって、会社員よりもフリーランスになった方がスキルが収入に直結し、増える可能性があります。

メリット4:働く時間に融通が利く

特に在宅で仕事をする場合は出社する必要がなく、定時が存在しないため、自分のスケジュール次第で好きな時間に働くことができます。

もちろん休みも自由に調整できるので、平日に休みやすいのもメリットです。

業務委託として企業に常駐している場合は、基本的には常駐先の定時に準じて出社することになり、時間の融通が利くかどうかや休みやすいかどうかは常駐している企業にもよります。

しかし一般的には契約で140~180時間というように労働時間の範囲が決められており、基本的には契約時間の最低ラインさえ超えれば問題ないため、調整次第では平日にまとめて休みを取ったりすることも可能です。

このように、フリーランスは会社員に比べると平日に予定を入れやすかったり、働く時間に融通が利きやすいというメリットがあります。

続いてITフリーランスのデメリットを紹介していきます。

ITフリーランスになると受ける4つのデメリット

ITフリーランスのデメリットも大きく4つあります。

具体的には

  • 収入が安定しない
  • 確定申告、年金や保険などの手続きが面倒
  • 社会的信用が低い
  • 40代、50代になると需要が減る可能性がある

です。

紹介していきますので、しっかり確認していきましょう。

デメリット1:収入が安定しない

ITフリーランスの場合、会社員のように毎月安定した収入が得られる保証がないのが一番のデメリットになります。

業務委託として企業に常駐する形であれば比較的安定した収入を得られますが、一般的に契約期間は3か月程度と短く、その都度契約を更新するかどうかを選択できるため、契約期間終了で一時的に職を失う可能性があります。

もちろん次の仕事を探す時間の猶予はありますが、仕事をしながら次の仕事を探さなければ継続的に収入を得ることはできません。

案件をもらって在宅で仕事をしている場合は、その案件が継続している間は良いですが、終わったら次の案件を探さなければ収入を得られません。

そして在宅で仕事をする場合、営業するなど、自分で案件を受注しなければならないため、収入が安定しない可能性が高くなります。

このように、会社員に比べて収入が安定しないのはITフリーランスになる上での大きなデメリットになります。

デメリット2:確定申告、年金や保険などの手続きが面倒

理念の不一致

会社員であれば年金や保険などの手続きは会社がやってくれますし、税金や保険料も毎月の給料から天引きされ、簡単な書類を提出するだけで会社で年末調整もしてくれるため、面倒な手続きをする必要がありません。

しかし、ITフリーランスの場合はすべて自分で手続きや支払いをしなくてはなりません。

まず手続きでは、市区町村の役場で国民年金と国民健康保険に加入する手続き、税務署で個人事業の開業届と青色申告承認の申請書を提出しなければなりません。

そして年に1回、一番面倒な作業とも言える確定申告をして所得を申告しなければなりません。

また支払いでは、所得税と住民税、国民年金と国民健康保険料を自分で納めなければなりません。

このように、ITフリーランスの場合は会社がやってくれていた手続きをすべて自分で行わなくてはならないため、面倒な事務手続きが増えるのはデメリットだと言えます。

デメリット3:社会的信用が低い

ITフリーランスになると、残念なことにどんなに収入が良くても、継続して安定した収入を得られるという面で信用に欠けると判断され、会社員に比べて社会的な信用が低くなってしまいます。

そのため、新しく住宅や車のローンを借りたり、新しいクレジットカードを作ったりするのが難しくなります。

もし会社員からITフリーランスを目指すのであれば、ローンを借りたり新しくクレジットカードを作るのは会社員のうちに済ませておくことをおすすめします。

また、賃貸物件を契約する際も、会社員よりも入居審査に通りにくいと言われています。

そして、一般的には住民税の課税証明書などで家賃の支払い能力の有無を判断されるのですが、フリーランスの場合は収入から経費等を引いた所得の金額で判断されるため、節税対策などで所得金額が低い場合は注意が必要です。

デメリット4:40代、50代になると需要が減る可能性がある

40代の転職

IT系の企業は社員の平均年齢が低い会社が多く、20代後半で責任者を任されることも少なくありません。

そのため、社員よりも年上のフリーランスには指示を出しにくく、扱いにくいと思われてしまいがちです。

実際、筆者もIT企業で働いていた頃、自分の下に数人の業務委託がいましたが、やはり年上の業務委託のエンジニアに指示を出す際はかなり気を遣いました。

したがって、40代、50代になると需要が減る可能性があるため、フリーランスとして活躍し続けるためには、年齢に見合ったスキルと柔軟な考えを持ち、新しい技術にも挑戦するなど、それなりに努力する必要があります。

もし業務委託として企業に常駐して働いて生計を立てている場合は、30代のうちに正社員に転向することを視野に入れてみても良いかもしれません。

ITフリーランスの年収

ITフリーランスになるメリットとデメリットがおわかりいただけたところで、次はITフリーランスになった場合の年収についてご紹介したいと思います。

下記の表はフリーランスの年収とIT企業に勤めているIT技術者の年収を年代別にグラフにしたものです。

出典:情報処理推進機構IT人材育成本部編 IT人材白書2016 P.81より

フリーランスの場合、年齢と年収が比例しておらず、年齢に関わらず700万円以上は約17~20%となっており、実力次第で若いうちから高収入を得られることがわかります。

逆に、会社員と異なり、年齢に関わらず300万円未満の割合が30%前半と、年齢を重ねても実力が伴っていなければ年収が上がらないこともわかります。

したがって、実力のある若い人は会社員よりもフリーランスになった方が高収入を得られる可能性が高くなります。

しかし、40代以降では会社員の方が高収入を得られる可能性が高くなるため、フリーランスになるなら若いうちになった方が、収入面では有利かもしれません。

フリーランスに向いている人に多い3つの特徴

プロに頼る

ITフリーランスの年収がおわかりいただけたところで、次はITフリーランスに向いている人に多い特徴を3つほどご紹介します。

この特徴に一つも当てはまらない人は会社員の方が向いているのかもしれません。

自分がITフリーランスに向いているかどうかを判断する際の参考にしていただければと思います。

時間の管理ができる

働く時間に融通が利く」でご紹介した通り、フリーランスになると働く時間を自分で自由に調整できます。

働く場所と時間が決められている会社員と異なり、働く場所も時間も自分で決められるため、時間の管理ができる人でないと、ダラダラと仕事を続けてしまったり、オンとオフを上手に切り替えられなくなってしまいます。

また、有給休暇や雇用保険のないフリーランスにとって、身体は資本です。

仕事漬けの毎日を送って稼ぐことも大事ですが、会社員以上に自身の体調管理には気を付け、頑張りすぎないことも必要です。

そのため、フリーランスは仕事とプライベートのメリハリをつけられる、時間管理ができる人が向いている働き方だと言えます。

事務処理が苦にならない

確定申告、年金や保険などの手続きが面倒」でご紹介した通り、ITフリーランスになると今まで会社がやってくれていた事務処理をすべて自分でしなければなりません。

国民年金や国民健康保険は一度手続きして加入してしまえばあとは支払うだけですが、確定申告は毎年行わなければならず、経費を漏れなく計算するために領収書や明細を管理したり、帳簿をつけたりしなければなりません。

特に特別控除のある青色申告を行うためには、複式簿記という帳簿のつけ方で取引を細かく記載する必要があり、経理の知識も求められます。

したがって、本業のITエンジニアの業務以外で事務処理をしなければならず、事務処理が苦手な人は必要以上に余計な時間を費やしてしまうため、フリーランスは事務処理が苦にならない人に向いていると言えます。

自分をアピールするのが上手

ITフリーランスになると自分で営業をして仕事を獲得しなければなりません。

例えば、自分が開発したプログラムをGitHubで公開したり、Qiitaやはてなブログなどで技術系の記事を書いたり、アウトプットをして対外的にアピールするのも営業の一つです。

そしてそれを見た人が「この人に仕事を頼んでみたい!」と思えば立派な営業になります。

また、エージェント経由で案件を紹介してもらう場合も、企業は即戦力となるITエンジニアを求めていることが多く、スキル次第で報酬金額が変わる可能性があります。

そのため、今までの職務内容や実績などで自分を上手にアピールできれば、きちんとスキルに見合った報酬金額がもらえます。

したがって、どんな形であれ自分をアピールするのが上手な人は、仕事を獲得しやすいため、フリーランスに向いていると言えます。

未経験者がITフリーランスを目指すなら3ステップ

ITフリーランスについていろいろおわかりいただけたところで、実際にIT未経験者がフリーランスを目指す方法を3つのステップに分けてご紹介したいと思います。

残念ながら、未経験者がいきなりITフリーランスにはなれません。

ただし、次の3ステップで最短でITフリーランスになることができます

  1. プログラミングスキルを習得する
  2. 中堅企業のSIerで3年間実務力をつける
  3. ITフリーランスに転職

しっかり確認して、着実にITフリーランスを目指しましょう。

ステップ1:プログラミングスキルを習得する

ITフリーランスにはプログラミングスキルが不可欠です。

特にフリーランスの場合は即戦力が求められるため、実務で使えるレベルのプログラミングスキルが必須になります。

また、IT業界は技術の移り変わりが早いため、トレンドに合わせて常に新しい技術を学ばなければ需要の高い人材にはなれないため、まずベースとなる技術をしっかりと身につけることが必要です。

そこでおすすめしたいのが、プログラミングスクールを受講することです。

プログラミングスクールならカリキュラムに沿って基礎から順番に学ぶことができ、わからないことがあったら講師に質問することもできるため、効率よく学べます。

中には転職できなければ受講料が無料になるプログラミングスクールもあり、独学で挫折する可能性を考えれば、受講料を払っても通う価値は十分あります。

WebCamp Pro

  • 毎日11時〜23時まで通い放題!
  • 転職成功率は98%!転職保証も付く圧倒的な自信
  • 卒業後のキャリアを保証!
学べるスキル
  • フロントエンド:HTML、CSS、JavaScript、jQuery
  • バックエンド:Ruby、Rails、MySQL
  • インフラ:AWS(EC2、ELB、RDS)
料金 30,000円/月〜
オンライン教室 ☓:オンライン受講未対応
受講形態 セミナー形式&自己学習
スクールの場所 東京(渋谷区)
就職のサポート
  • 受講生全員に転職を保証(転職できなかったら受講料全額返金)
  • 3ヶ月の転職サポート付き

人気ですので、少しでも興味があれば早く申込をしましょう。

無料相談も受けることができます。

後ほどおすすめのプログラミングスクールをご紹介しますので、選ぶ際の参考にしていただければと思います。

コラム:危険!プログラミングの独学は挫折の可能性が大

未経験者が独学でプログラミングを習得しようとすると、まず何から手を付けて良いのかわからないために挫折する可能性が大きく、苦手意識が生まれてしまったりして非常に危険なため、おすすめしません。

そして現在はWeb上にいろいろと情報があり、一見独学で習得しやすいように思いがちですが、欲しい情報や正しい情報を見つけるためにはある程度の知識が必要なため、未経験者には難易度が高いと思います。

また、プログラミングは学ぶだけでは身に付かないため、実際に手を動かして何か作ってみることが重要になります。

しかし独学の場合、どんなものを作れば良いのか、どのようなものなら作れるのかを考えるのも難しい上に、自分で開発環境を整えなければならないため、非常にハードルが高くなります。

このように、プログラミングを独学で習得しようとするといくつもの挫折ポイントが存在するため、未経験者はプログラミングスクールを利用することをおすすめします。

ステップ2:中堅企業のSIerで3年間実務力をつける

プログラミングスキルを習得できたら、いきなりITフリーランスになるのではなく、まず中堅企業のSIerで3年ほど働いて実務的なスキルをつけることをおすすめします。

まず、なぜ中堅企業なのかと言うと、未経験のITエンジニアが中途採用で大手企業に採用されるのは難しく、中堅企業を目指す方が賢い選択だからです。

そして、なぜSIerがおすすめなのかと言うと、SIerは基本的には分業制かつ、要件定義や設計といった上流工程と開発やテストといった下流工程に分かれていて、担当した工程のスキルをしっかりと身につけられるからです。

また、基本的には下流工程から始まり、徐々に上流工程へとシフトしていくため、開発の工程を順番に経験できるのもSIerをおすすめする理由の一つです。

会社員のうちにすべき4個のこと

会社員からITフリーランスに転向する場合、会社員のうちにやっておいた方が良いことがいくつかあります。

事業用メールアドレスを取得する

まずはフリーランスになる前に、プライベートで使っているメールアドレスとは別に、仕事で使うメールアドレスを取得し、仕事関係の連絡は仕事用のメールアドレスで行いましょう。

GmailやYahoo!メールといったフリーのメールアドレスなら無料で取得できますし、スマホからでもアプリで簡単にチェックできます。

開発環境を整える

在宅で仕事をする場合はもちろんですが、企業に常駐して働く場合でも自宅の開発環境を整えておくことをおすすめします。

なぜなら、フリーランスのエンジニアはスキルが重要になるため、業務外でもスキルアップのために未経験の言語に挑戦してみたり、自宅で開発できる環境が必要になるからです。

特に在宅で仕事をする場合、PCのスペックや周辺機器はもちろん、長時間座ることになるのでデスクチェアもケチらずに良いものを選ぶようにしましょう。

対外的にアピールする

ITフリーランスになるとイメージ次第で仕事につながる可能性があり、会社員よりも対外的なアピールは重要になります。

そのため、会社員のうちにSNSやGithub、Qiitaなどのアカウントを取得しておき、ITフリーランスになったら開業報告をしたりコードや技術情報を公開したり、積極的にアピールしましょう。

特に技術的な情報は、ネット上に情報がありふれているものではなく、情報が少ない技術や流行っている技術について書くことで注目してもらいやすくなります。

名刺を作る

名刺は営業の際はもちろん、勉強会や交流会に参加した際などに役に立ちますのでフリーランスになる前に作っておきましょう。

そして名刺には連絡先はもちろん、SNSやGithub、Qiitaなどのアカウント名とアイコン画像を載せておきましょう。

アカウント名だけでなくアイコン画像を載せることで覚えてもらいやすくなり、結果として仕事につながりやすくなります。

コラム:WEB業界とSIer業界のメリット・デメリット

ここではSIerをおすすめしましたが「WEB業界ではダメなの?」と思った方もいると思います。

もちろん、WEB業界でも問題はありません。

ただ、WEB業界の場合はその時流行っている言語が使われることが多く、基礎となる言語の実力をつけるという意味では、少々不向きだと考えられます。

例えばWEB業界では一時期Go言語やPythonが流行りましたが、最近の募集ではあまり見かけなくなりました。

プログラミング言語全体で考えると、やはりJavaやPHPの案件の方が多いと思いますので、SIerで基礎となる言語の実力をつける方がベターだと思います。

また、WEB業界はSIerと違い、1人でインフラからフロントまで広範囲を守備することが多く、プログラミング言語の実力をつけることに特化したいのであれば、SIerの方がより適切だと考えられます。

したがって、自分がどんなスキルを身につけたいかによって、より良い環境を選ぶことをおすすめします。

ステップ3:ITフリーランスに転職

十分な実力がついたところで、いよいよITフリーランスに転職します。

しかし準備をしてフリーランスに転向しても、まだ人脈も少なく、営業にも慣れていないため、なりたての頃はなかなか案件がなかったり、苦労することも多いと思います。

そこで、ぜひ活用していただきたいのが、IT系フリーランス専門のエージェントです。

エージェントに登録すれば自分で営業する必要がなく、自分のスキルや希望に合った案件を紹介してもらえるだけでなく、企業との交渉や契約の代行をしてもらえたりします。

ただし、エージェント経由で紹介してもらえる案件は、業務委託として企業に常駐する案件がほとんどなため、初めから在宅での仕事を希望する場合はなかなか案件が見つからないかもしれません。

しかし、企業がどのようなITフリーランスのエンジニアを求めているのかを知る手がかりにもなりますし、いざとなれば仕事を紹介してもらえるので、登録して損はないと思います。

コラム:「つながり」が安定した案件に大きく影響

ITフリーランスにとって、安定して案件を得ることは生計を立てる上で重要になります。

そして安定して案件を得るには、同じITフリーランス仲間や起業した知り合いなど、人脈が大きく影響します。

例えば、クライアントから仕事の依頼があっても自分の専門分野でなかったり、忙しい場合は同じITフリーランス仲間に仕事を紹介できますし、逆にフリーランス仲間から仕事を紹介してもらえる可能性もあります。

そのため、IT系の勉強会や交流会があったら積極的に参加して、ITフリーランス同士のつながりを作って人脈を広げましょう。

また、はてなブログやQiitaなどで技術系のネタを書いていると話題にしやすくなりますし、知名度が上がる可能性もありますので、時間を惜しまずにアウトプットしましょう。

おすすめのプログラミングスクール

未経験者からITフリーランスを目指したい方は、まずプログラミングスクールに相談しましょう。

なぜなら転職に強いプログラミングスクールでは「キャリア」についてはも相談することができます。

もちろん無料です。

無料カウンセリングを受けることでキャリアが明確になり、すべきことが具体化されたという人が多くおすすめです。

WebCamp Pro受講者の評判は要確認!インタビューで見えた転職への道のり」に具体的なインタビュー記事があるため、参考にしてください。

WebCamp Proの講義
WebCamp Pro受講者の評判は要確認!インタビューで見えた転職への道のり

新しいことへのチャレンジは希望と同時に不安も起こります。 「わたしにできるか不安・・・」 「脱落する人がいるのでは?」 ...

続きを見る

プログラミングスクールは50社以上ありますが、私がおすすめる転職に強いプログラミングスクールは次のとおりとなります。

WebCamp Pro

  • 毎日11時〜23時まで通い放題!
  • 転職成功率は98%!転職保証も付く圧倒的な自信
  • 卒業後のキャリアを保証!
学べるスキル
  • フロントエンド:HTML、CSS、JavaScript、jQuery
  • バックエンド:Ruby、Rails、MySQL
  • インフラ:AWS(EC2、ELB、RDS)
料金 30,000円/月〜
オンライン教室 ☓:オンライン受講未対応
受講形態 セミナー形式&自己学習
スクールの場所 東京(渋谷区)
就職のサポート
  • 受講生全員に転職を保証(転職できなかったら受講料全額返金)
  • 3ヶ月の転職サポート付き

CodeCampGATE

  • 現役エンジニアによるサポートがある
  • 転職成功のキャッシュバックがある
  • 社会人経験がある30歳以下が対象
学べるスキル
  • フロントエンド:HTML、CSS、JavaScript、jQuery
  • バックエンド:PHP、MySQL
料金 0円〜
オンライン教室 ○:オンライン受講可能
受講形態 オンライン&マンツーマン(オンライン)
スクールの場所 全国(オンライン)
就職のサポート CodeCampGATEを通じて転職が成功した場合に受講料を全額キャッシュバック

DIVE INTO CODE

  • エキスパートエンジニアから開発の流れやコードのレビューを受けられる!
  • 何回でも質問可能な自習ができる!
  • 卒業後もオフィスでの自習や、オンラインでの質問をすることができる
学べるスキル
  • フロントエンド:HTML、CSS、JavaScript、jQuery、Bootstrap
  • バックエンド:Ruby、Rails、PostgreSQL
  • インフラ:AWS、Heroku
料金 278,000円〜
オンライン教室 ☓:オンライン受講未対応
受講形態 セミナー形式&個別質問
スクールの場所 東京(渋谷区)
就職のサポート
  • ITエンジニアの転職で有名なレバレジーズ社の協力を受けることができる。
  • 転職活動に必要な技術がない場合、無料で習得することができる。
  • 実務案件の習得機会がある。
  • ポートフォリオ(作品)の作成に力を入れている。

TECH::CAMP

  • どれだけでも学び放題!
  • 8,000名利用で満足度98%の実績!
  • 7日以内の全額返金保証に対応
学べるスキル
  • フロントエンド:HTML、CSS、JavaScript
  • バックエンド:Ruby、Rails、PHP、Laravel
  • アプリ開発:Android、iPhone、Unity
  • 人工知能:AI入門
  • デザイン:Photoshop、Illustrator、Sketch
料金 12,800円/月〜
オンライン教室
受講形態 自己学習&マンツーマン
(オンライン質問のみでの利用も可)
スクールの場所
  • 東京(渋谷区、新宿区、豊島区、中央区、千代田区)
  • 愛知(名古屋市)
  • 大阪(大阪市)
  • 兵庫(神戸市)
  • 福岡(福岡市)
就職のサポート
  • 未経験から企業で活躍できるエンジニアを育成する特別プログラム「TECH::EXPERT」がある
  • 3ヶ月以内に内定が出なかった場合は受講料を全額返金する転職保証がある

プログラマカレッジ

  • 企業から協賛金を受け受講料がすべて無料!
  • 現役のプログラマーが講師
  • 96.2%が正社員の転職に成功!フリーター・第二新卒もOK
学べるスキル
  • 開発基礎:システム、設計、UML
  • バックエンド:データベース:Java、JSP
  • フロントエンド:HTML
料金 0円
オンライン教室 ○:オンライン受講可能
受講形態 セミナー形式&個別質問
スクールの場所 東京(千代田区)
就職のサポート
  • 正社員の就職率96.2%
  • 親会社がITエンジニアに特化した転職支援会社
  • 求人数は3000件以上、取引企業様は800社以上

0円スクール

  • 受講料が無料!
  • 入学金・教材費など費用がかからない!
  • 就職率は90%以上!
学べるスキル
  • フロントエンド:HTML、CSS、JavaScript、jQuery
  • バックエンド:Java、JSP、SAStruts、Oracle
料金 0円
オンライン教室 ○:オンライン受講可能
受講形態 教室学習
スクールの場所
  • 東京
  • 北海道
  • 大阪
  • 宮城
  • 兵庫
  • 福岡
就職のサポート
  • 就職率は90%以上
  • 履歴書添削、面接対策を実施
  • 年齢は18歳以上35歳以下の方

ジーズアカデミー

  • 起業家も募集し、企業出資も支援しているためベンチャー志望向け
  • Global GEEK オーディションで100社アピール!
  • 授業料は後払い
学べるスキル
  • フロントエンド:HTML5、CSS、JavaScript、node.js、React、three.js
  • バックエンド:Ruby、Rails
  • アプリ開発:Swift、Unity
料金 240,000円〜
オンライン教室 ○:オンライン受講可能
受講形態 セミナー形式&オンライン
※毎回好きな受講形式を選んで学習することができる
スクールの場所 東京(表参道)
就職のサポート Global GEEK オーディションで100社にプレゼンしスカウト・内定をもらう機会がある。

迷ったら、1位のプログラミングスクールに相談しましょう。

相談せず、行動しない人は失敗しがちですので気をつけてください。

まとめ

今回はIT未経験のエンジニアがフリーランスを目指す際に知っていただきたい情報を、ITフリーランスのメリットとデメリット、年収、ITフリーランスに向いている人の特徴、未経験者がITフリーランスに転向する方法の順番でご紹介しました。

未経験者がITフリーランスに転向するには、まずプログラミングスキルを習得し、次に中堅企業のSIerで3年間勤めて実務的なスキルを磨くことが必要でした。
そしてIT系フリーランス専門のエージェントを活用しつつ、ITフリーランスに転職するという3つのステップを踏むことをおすすめしました。

最後には、おすすめのプログラミングスクールもご紹介いたしました。

すべてお読みいただき、未経験者がITフリーランスのエンジニアに転職する際に押さえておきたい情報がおわかりいただけたと思います。

この記事がITフリーランスへの第一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。

当サイトおすすめの転職エージェント

ITフリーランスを検討する方へ

フリーランスへの転身で一番大切なポイントは案件の確保です。

案件の内容や単価をメールで教えてもらえるサービスがあります。

まず登録して情報を集めることからはじめましょう。

筆者のおすすめはレバテックフリーランスです。

早く登録して条件の良い案件を知ることがフリーランス成功の近道です。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス公式サイト
https://freelance.levtech.jp/

フリーランスに転身したい方は今すぐ登録してください。

高単価な案件が魅力!フリーランスエージェントランキング

レバテックフリーランス

  • 平均年収801万円!36,700人が選んだ大人気エージェント
  • メールで案件を紹介!単価や案件を知りたい方は今すぐ登録
  • 業界認知度No1!ITエンジニアから圧倒的な指示

フューチャリズム

  • 報酬アップ率89.2%を実現!お祝い金も5万円支給!
  • 業界経験10年のアドバイザーが無料相談
  • 業界最短!翌月15日の支払いサイクルで売上がすぐ立つ

ポテパンフリーランス

  • 月収100万円以上のレア案件も多数!業界で最高レベルの高収入
  • 専属の税理士やファイナンシャルプランナーが独立後もサポート
  • Web上では未公開の案件も多数!無料で利用可能

-フリーランスエンジニア
-, ,

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2018 All Rights Reserved.