SE転職

102人のSEと面接してわかった「SE転職で失敗する人・しない人」の2つの共通点と成功の鉄則

最終更新日:

SE転職

いつまでも繰り返される炎上プロジェクトや下請けばかりでキャリアが見えない・・・。

SE転職を考えてみようかな・・・

同じようにSEから脱出しようと考えている人は多くいます。

私も同じように考え7年間SEを勤めたあとにWEBエンジニアに転職しました。

しかし残念ながら100人いたら80人がSE転職に失敗します。

悩み

私はいまITエンジニアの採用にかかわり、書類選考・面接対応をしています。

100人以上の採用経験から、SE転職で失敗しがちな人のパターンが分かってきました。

逆に言うと成功するパターンも分かります。

あまりにも失敗する人が多いため、この記事にSE転職のすべてをまとめました。

具体的には

  • SE転職で失敗しがちな人の共通点
  • SE転職を成功する方法
  • おすすめの転職先と進め方

をまとめています。

この記事を読めばSE転職の失敗確率をグッと減らすことができます。

SE転職を考えている人はご一読ください。

合わせて読みたい

もし未経験者でSEに転職したい方は次の記事を参考にしてください。

SE転職で失敗する人は「転職を後回しにする人」「誰にも頼らない人」

結論からお伝えすると、SE転職で失敗する人は次の特徴があります。

  • SE転職を後回しにする人
  • 誰にも頼らない人

たった2つ特徴が知らない間にSE転職を失敗させるのです。

順に紹介していきます。

失敗その1:SE転職を後回しにする人

やる気のなさ

SE転職を後回しにする人・先延ばしにする人は転職に失敗します。

後回しにする理由は、

  • 転職先をどう選べがよいか分からない
  • 転職活動に時間がかかってしまう
  • 担当プロジェクトがあるから抜けにくい

などがあるでしょう。

私もSEから転職したため気持ちは分かります。

一方で、SE転職を後回しにすればするほど転職に失敗します。

なぜなら、後回しにした分だけ年齢が上がり、企業から求められる期待レベルが高くなるためです。

10年後、20年後に在籍している会社で働くイメージがなければ今すぐ転職すべきです。

失敗その2:誰にも頼らない人

誰にも頼らずにSE転職を進める人は転職に失敗します。

たとえば、すべてをネットで解決しようとする人のことです。

求人サイトで求人の募集要項を見ても決め手がありません。

ブラック企業かどうかも分かりません。

転職はリスクの高い選択となります。

そのような人生に関わる選択を誰にも相談せずに決めるのは独りよがりな人です。

 

以上、SE転職で失敗する人を紹介しました。

まとめ:SE転職で失敗する人の傾向

  • SE転職を後回しにする人
  • 誰にも頼らない人

失敗事例の紹介:転職を考えながら転職活動をしなかったKさん(男性)

Kさんは口ベタですが技術力もあり、面倒見もよくクライアントや後輩から好かれる優秀なSEです。

ただ、「SE → プロジェクトマネージャ → 課長 → 部長・・・」と続くSEのキャリアに興味がなく、28才くらいのときから転職を「なんとなく」考えていました。

しかし「なんとなく」考えているだけのため、自分の将来があまりイメージできないようで転職は検討しているものの、「なりたい自分」が見つからず現在も転職できず7年が経ちました

現在35才ですが、応募しても年齢のためかハイレベルを期待され、なかなか内定がでない状態です。

SE転職の成功メリットを理解して目的を定めよう!

この章ではSE転職をしたときのメリットや成功事例を紹介していきます。

事例も紹介しますので、転職後のイメージをつかみましょう。

メリット1:給料アップ

SE転職によって給与アップはメリット面で大きなポイントです。

給与が上がる理由として

  • 転職先で残業代が支給される
  • 労力に見合う給与を支払ってくれる
  • 一段上の役割を任せられるようになった
  • 家族手当、資格手当など福利厚生が手厚くなった

といったことがあります。

SE・ITエンジニアの年収
SE年収の大全集!高給分野や気になる企業の年収の調べ方をどこよりも詳しく徹底解説

システムエンジニアは業界変化も激しく、タイトスケジュールでブラック企業も多いため転職を考える方も多いでしょう。 実際に転 ...

続きを見る

「残業代がすべて出る」なんて夢のようですが企業側にもメリットがあります。

企業の経営陣から見ると残業するだけ収益が悪化するため無理な受注や働かせ方を抑止する動きとなります。

結果的に長く働く社員が増え、長期的な視点からメリットがあります。

逆に残業代を支払わない会社は怪しいため、妥協なく会社選びをしましょう。

メリット2:定時帰り

「え?SEでも残業なしで定時帰りができるんですか?」

よく聞かれますが、SEでも定時帰りができます。

残業となる原因はいくつかありますが、下記のようになります。

  • 仕様変更が発生し、工数が膨らんだ
  • 工数見積もりが甘く、予想より時間がかかった
  • 短納期プロジェクト
  • 仕様があいまいのまま受注した
  • 設計書やプログラムの品質が悪く手戻りが発生した
  • プロジェクトメンバーが体調不良で欠勤した
  • プロジェクトメンバーの生産性が低い

過去に長時間残業で苦しんだ方は、当てはまる方が多いのではないでしょうか?

これらはSEが悪いのでしょうか? 決してそんなことはありません。

「経営」つまり企業側に問題があります。

定時帰りができている企業をみると、次のように対処しています。

残業の原因 残業がない会社の対処法
仕様変更が発生し、工数が膨らんだ 仕様変更に対し、費用と期間を調整している
工数見積もりが甘く、予想より時間がかかった 工数見積の社内レビューがある
短納期プロジェクト いわゆるハズレ案件には基本的に受注していない
仕様があいまいのまま受注した 受注前のプレ活動で要件を固めている
設計書やプログラムの品質が悪く手戻りが発生した 設計書やプログラムの品質が悪い場合、次の工程に着手しない
プロジェクトメンバーが体調不良で欠勤した メンバーが疲弊するようなプロジェクト運営をしない
プロジェクトメンバーの生産性が低い 採用に妥協しない

つまりSIerの経営陣がどれだけ「残業」に対して課題意識があるかによって残業の有無が変わってきます。

残業が少ない会社の選び方は、会社をよく知る転職エージェントに相談することが一番です。

そのとき大切になるのが、「企業情報をどれだけ知っているか?」ですが、おすすめはレバテックキャリアです。

こちらについては後述します。

メリット3:成長により市場価値がアップ!転職先に困らなくなった

転職

転職のメリットとして「キャリアップ」があります。

実はこれが一番大切です。

なぜなら、若手でもできる仕事を30代、40代と続けると、あなたの市場価値が下がり転職ができなくなるためです。

同じ仕事をしていないかを確認するおすすめの方法があります。

次の質問を自分にしてみてください。

  • 新しい工程を任せられましたか?
  • 主担当ばかりでなく、リーダーを任せられていますか?
  • クライアントと業務の話ができますか?
  • 設計書の品質を数値で管理できてますか?

上記で2つ以上のNoがある人は残念ながら市場価値のある人材にはなりにくいです。

なぜなら、大手SIerでは入社2〜3年(25才〜26才)で上記内容はできるからです。

会社の環境によって成長できない人もいれば逆に大きく成長する人もいます。

これは、異業種を検討している人もそうです。

いまの会社にいては経験できないことはたくさんあります。

挑戦する人は成長し、何歳でも活躍できる人になるでしょう。

ここで2つほど転職の成功事例を紹介いたします。

2人のSE転職事例の紹介

ここでは簡単に次の2人の事例を紹介いたします。

  • 社内SEに転職したOさん(男性)
  • 異業種に転職したIさん(男性)

社内SEに転職したOさん(男性)

Oさんは新入社員で入ったとき開発力が高く多くのプロジェクトで活躍していましたが、あるときプロジェクトマネージャーと相性が悪くうつ病で休職しました。

3ヶ月程度で復帰しましたが、以前のような開発力を発揮することができず、復帰以降はPG工程から運用の下流工程を3年ほど担当します。

SIerでしたがめずらしくSaaSサービスを提供していたこともあり、運用のスキルも身につけていきました。

一方で同期や後輩は上流工程を任され、SEとしての価値のギャップが大きく開いていき、Oさんもキャリアについて大きく悩んでいました。

結局Oさんは30才でエレベーターメーカーの社内SEへ転職しました。

転職後は、持ち前の運用スキルはもちろん、SEの経験を活かしたベンダー交渉で活躍できているそうで、「転職してよかった!」と元気いっぱいでした。

社内SEの全てがわかる!仕事内容・年収からベストな求人の探し方の完全ガイド
社内SEの全てがわかる!仕事内容・年収からベストな求人の探し方の完全ガイド

「社内SEはなんだかラクそう。転職してみたいな」って考えたことはありませんか?IT業界ではよく聞くこの疑問をこのページで ...

続きを見る

異業種に転職したIさん(男性)

大手SIerで働いていたIさんは、上司や同僚、クライアントから信頼が厚く幹部候補間違いない状態でした。

ただ残業が多く、家族の理解が得られなかったため33才でSEから大学の職員へ転職しました。

大学教授にはクセのある人が多いらしく苦労はしていますが、残業は完全になくなり、給料も上がっており5年たった現在でも転職して良かったと考えています。

SEから異業種に転職
【SE→異業種】SEから異業種に転職する3つの選択肢とおすすめ選び方ガイド

あなたは「SEをもう辞めたい!」と考えていませんか? SEを長く経験すると、 先の見えない炎上プロジェクト 年齢とともに ...

続きを見る

この章では転職のメリットや事例を紹介してきましたが、「私も転職に成功したい!」と思う方が多いのではないでしょうか。

次の章では、転職を確実に成功させるコツを紹介していきます。

SE転職を成功に導く鉄則は「いますぐプロに頼る」

失敗を繰り返さずSE転職を成功させるための結論としては「いますぐプロに頼る」ことです。

失敗の傾向は次のとおりでした。

まとめ:SE転職で失敗する人の傾向

  • SE転職を後回しにする人
  • 誰にも頼らない人

年を取るほど転職の難易度があがります。

また、ネットを検索しても、あなたと同じキャリアやスキルを持った人の事例はありません。

求人も企業の状態に合わせて刻々と変わります。

つまり、「今すぐプロに頼ってSE転職を進める」ことが成功の鉄則です。

ちなみに、プロとは転職エージェントに在籍する「転職コンサルタント」のことです。

転職コンサルタントはあなたがSE転職に成功したら転職先の企業から報酬を受け取ります。

そのためどれだけ相談しても無料です。

転職エージェント・コンサルタントの報酬はどうなっているの?

ちなみに年収の30%位を成果報酬として受け取ることが一般的です。
年収400万円の人が転職したら120万円を受け取ります。

「まだ、転職すると決まってないのに相談していいの?」

と質問をもらいますが、大丈夫です。

実際にとある転職エージェントのQAでは「転職するかどうか決まっていないくともお越し下さい。」と回答されています。

転職するかどうか決まっていなくともお越し下さい

出典:http://www.engineer-factory.com/faq/entry.html#faq1385

つまり遠慮したぶんだけ失敗を招いてしまいます。

お気をつけください。

次では成功のための必勝法をお伝えします。

じつはSEの転職先は5パターンしかない。あとは選ぶだけ

SE転職が先延ばしとなる理由に一番多いのは「SEから転職する先を決められない」ということです。

たとえば次の悩みが決断を遅らせてしまいます。

  • よいSIerにめぐり会えるのか?
  • WEB系でやっていけるのか?
  • SEから脱出したいけど、おすすめはどこか?

しかし、私がアドバイスした人はそのような悩みがありません。

安心してください。
この記事を読んでいるあなたも悩むことがなくなります。  

じつはSEから転職する先は5パターンしかないからです。

逆にこの5パターンから選ぶことができないと転職活動が長引き失敗しやすくなります。

SEの転職先となる5パターンを徹底解説

プロに頼る

SEの転職先は次の5パターンとなります。

SEから転職する先の選択肢一覧
  • 上流工程ができるSIer
  • WEBエンジニア
  • フリーランス・個人事業主
  • 社内SE
  • SIerの営業、ITコンサルタント

 

これは業種・職種の組み合わせから出したものです。

 

SEの転職先

職種 業種 転職先の選択肢
同職種 同業種 上流工程ができるSIer
同職種 異業種 WEBエンジニア、フリーランス・個人事業主、社内SE
異職種 同業種 SIerの営業、ITコンサルタント
異職種 異業種 転職後のリスクが高いため要注意

まずはSE転職の全選択肢であることを理解していただければ大丈夫です。

「え?選べない・・・」という人も大丈夫です。

もしろ「これだ!」と決まる人のほうが少ないです。

次の章ではこの5パターンのおすすめや選び方を紹介していきます。

迷わずかんたん!SE転職先の選び方をやさしく解説

SE転職先のパターンをかんたんに紹介していきます。

ただし注意点が1つあります。

当たり前ながら「これだ!」とすぐ決まることはほぼありません。

なぜなら決め手となる情報が少ないからです。

大切なのはいまの会社で働き続けるイメージがないのなら、SE転職を先延ばしにしないことです。

「じゃぁ、どうすればいいの?」と聞かれますが、100人以上にアドバイスしてきた私のおすすめは、

  1. 仮決めをして
  2. 転職エージェントに相談すること

です。

少なくともSE転職で成功している人はとても多くの人に相談しています

ネットでは見つからない事例やキャリアの活かし方を転職エージェントから得て

  • 強み・弱みの自己分析
  • 今後の働き方の見直し

を柔軟に行っています。

まとめると、転職先を仮ぎめをして「自分に合っていますか?どんなキャリアがありますか?事例教えてください」と転職エージェントに相談しましょう。

長くなりましたがSE転職先のパターンは次のようになります。

1つずつ紹介していきます。

プログラミングが何より好き!という人はWEBエンジニア一択!

「1人のエンジニアとしてずっと開発していたい!」という人はWEBエンジニア一択です。

WEBエンジニアの仕事内容

WEBエンジニアはインターネットを活用したビジネスの開発者となります。

たとえば、次のような業界のエンジニアとなります。

  • WEBメディア:Yahoo!ニューズ、SmartNews、NAVERまとめなど
  • ショッピングサイト:Amazon、楽天、ZOZOTOWNなど
  • WEBサービス:GoogleやYahooなどの検索エンジン、路線案内、天気予想など

WEBエンジニアに合わない人

WEBエンジニアはSEのように工程がなく分業もしていません。

そのため幅と深さのあるスキルが求められます。

技術が好きでない人はおすすめできません。

  • ずっと開発していることが嫌な人
  • 技術を追求出来ない人
  • 要件定義や設計ができない人

「自分に合わないな」と思った方は「上流工程ができるSIer」がおすすめです。

WEBエンジニアに合う人

  • 40才も50才も開発した人
  • githubやQiitaの情報を読んで試している人
  • 自社サービスの成長を「本気」で実現したい人

WEBエンジニアに興味を持った方は、「IT転職に強い転職エージェント」に無料相談してみましょう。

もっと大きな開発を任せてほしい!という人は上流工程ができるSIerがおすすめ

「もっと大きな仕事を任せて!」「上流工程の経験を積みたい」という人は上流工程ができるSIerの転職がおすすめです。

上流工程ができるSIerの仕事内容

上流工程ができるSIerは100人以上の大企業・中堅企業となります。

会社の規模に応じて担当する仕事の大きさが違い、役割も変わるため注意しましょう。

  • 大企業のSIer:設計、開発はせず、プロジェクトマネジメントが中心となります。
  • 中堅企業のSIer:要件定義、設計、開発ができる。

企業規模が小さいとノウハウが少なく下請け案件の可能性もあります。

より詳細に知りたい人は「大手SEへ転職するメリット・デメリットとかんたん確実な転職法」もご覧ください。

上流工程ができるSIerに合わない人

基本的にSEの仕事が嫌でなければ上流工程ができるSIerでも活躍できます。

あえて上流工程ができるSIerに合わない人は次のようになります。

  • スケジュール管理が苦手な人
  • 「調整」が苦手な人

 もし、「自分に合わないな」と思った方は「社内SE」がおすすめです。

上流工程ができるSIerに合う人

  • ルールを作ることが好きな人
  • コミュニケーションが好きな人
  • スケジュール管理が得意な人

上流工程ができるSIerに興味を持った方は「IT転職に強い転職エージェント」に無料相談してみましょう。

みんなの約に立ちたい!という人は社内SEに適性あり!

社内SEの全てがわかる!仕事内容・年収からベストな求人の探し方の完全ガイド

「頼られたい!」「自社のために頑張りたい」という方は社内SEがおすすめです。

社内SEの仕事内容

社内SEの仕事内容は企業規模にや企業文化に合わせて様々です。

そのため社内SEを希望する人は求人サイトで探すよりも転職エージェントに相談したほうが効率的です。

仕事内容としては会社のパソコンや携帯電話を管理する企業もあれば企業戦略に合わせた情報戦略を立案・推進する企業もあります。

くわしくは「社内SEの全てがわかる!仕事内容・年収からベストな求人の探し方の完全ガイド」をご覧ください。

社内SEに合わない人

社内SEは直接的な収益を上げず人件費やサーバー費用などコストを発生させるコストセンターとなります。

「オレが!オレが!」と成果をあげたい人は社内SEに合わないでしょう。

他にも再転職するときに市場価値が激減するため、スキルや経験を十分に積んだ上で社内SEを選ぶことをおすすめします。

もし合わないなと感じた人はWEBエンジニアをおすすめします。

社内SEに合う人

  • 企業や人を「サポートしたい!」と思うサポーター的な性格の人
  • 技術スキル、経験、知識が高い人
  • 人を巻き込んで調整できる人

社内SEに興味を持った方は、「IT転職に強い転職エージェント」に無料相談してみましょう。

もっと自由を!という人はフリーランスエンジニアがおすすめ

時間や場所に縛られずに自由に働きたい!という方はフリーランスエンジニアしかありません。

ITエンジニアは手に職があるため独立しても食べていくことができます。

フリーランスエンジニアの仕事内容

SEからフリーランスになる人の仕事は幅が広いです。

「どのスキルを活かすか?」によって仕事内容が変わるためです。

よくある仕事としては

  • SEとして独立
  • 開発者として独立
  • テスターとして独立
  • 小さなシステムをまるごと受注
  • 専門知識を活かしたライティング

などがあります。

フリーランスエンジニアに合わない人

  • 働いた時間によって給料がもらえると思っている人
  • 結果を出せない人
  • お金の収支に鈍感な人
  • 交渉が下手な人

フリーランスエンジニアに合う人

  • ・自分を律することができる人
  • ・好奇心が旺盛で、スキルアップのための勉強を欠かさない人
  • ・負けず嫌いな人

くわしくは「フリーランスエンジニアになってみて分かった天国と地獄を分ける6つの備え」をご覧ください。

フリーランスエンジニアに興味を持った方は、「IT転職に強い転職エージェント」に無料相談してみましょう。

開発よりもお客様の役に立ちたい!という方はSIerの営業またはITコンサルタントで活躍しよう

「プログラミングは苦手だな。。」と思う人はSIerの営業やITコンサルタントがおすすめです。

なぜなら開発ができる営業やコンサルタントはクライアントに対して専門性高く提案ができるためです。

またライバルも少くアドバンテージがあります。

SIerの営業またはITコンサルタントの仕事内容

クライアントの業務や悩みをヒアリングし改善案を提案することが仕事内容となります。

SIerの営業とITコンサルタントの違いは、荒く違いを説明すると次のようになります。

  • 受注前に提案する:SIerの営業
  • 受注後に提案する:ITコンサルタント

受注後に提案するITコンサルタントの方がお金をもらい提案するため、分析・解決案に時間・費用をかけて提案します。

SIerの営業またはITコンサルタントに合わない人

  • 問題解決が苦手な人
  • 聞き役が苦手な人
  • 人の仕事内容に興味がない人

SIerの営業またはITコンサルタントに合う人

  • クライアントと直接コミュニケーションをとって貢献したい人
  • 開発が苦手な人
  • コミュニケーションが得意な人

SIerの営業またはITコンサルタントに興味を持った方は、「IT転職に強い転職エージェント」に無料相談してみましょう。

厳選!転職に強いアドバイザーがいるおすすめ転職エージェント

転職エージェントといっても、IT業界の転職サービスは50個以上あります。

このような状況から「どこを選べばいいの?」と悩む方が多くいます。

実際、住んでいる場所や転職先(社内SE、SIer、フリーランスなど)によって選ぶべき転職サービスは変わります。

ここでは私が厳選して、実際に利用したり同僚におすすめした転職サービスを紹介していきます。

しかし、転職サービスを利用するにあたり注意点があります。
それは、複数の転職サービスを利用したほうが良いということです。

なぜならアドバイザーによってスキルの差があるため、複数の意見を聞くことによって客観的になるからです。

最低2つは利用しましょう。(ちなみにおすすめは3つです)

厳選した転職サービスを次のように表でまとめました。

「働きたい場所」と「転職先」から選べるようになっています。

転職先の選択肢 ランキング サービス名 関東 関西 中部 九州 全国
上流工程ができるSIer 1位 レバテックキャリア - - -
2位 ワークポート
3位 DODAエージェント
WEBエンジニア 1位 レバテックキャリア - - -
2位 ワークポート
3位 アールストーン - - - -
フリーランス・個人事業主 1位 レバテックフリーランス - - -
2位 ギークスジョブ
3位 ポテパンフリーランス - - - -
社内SE 1位 レバテックキャリア - - -
2位 ワークポート
3位 DODAエージェント
SIerの営業、ITコンサルタント 1位 レバテックキャリア - - -
2位 ワークポート
3位 エンジニアファクトリー - - - -

2つ登録できましたでしょうか?

よく「登録したら会社にバレるのでは?」と聞かれますが、原則ありえません。
実際、私も採用側で転職サービスを利用しましたが個人情報は見れませんでした。

また、「まだ転職することを決めてないのに利用していいの?」という方もいますが大丈夫です。

むしろ決まってない人の方が多いです。
会話の内容もアドバイザーからいろいろ質問してくれます。

安心して利用しましょう。

コラム:SE転職に資格は必要?

よく転職検討者から「資格は必要ですか?」と聞かれます。

私の結論は「SEの転職活動で資格は不要」です。

実際に私は大手企業のエンジニアの採用活動として書類選考、面接対応をしていますが、資格の有無は見ていません。

新卒の就活者であれば、ライバルとの差別化になりますが、転職者であれば即戦力を求めているため実務スキルを重視します。

  • 転職者:資格は不要(資格よりも実務スキル)
  • 新卒の就活者:資格は有利

資格を取得する時間があれば年齢を重ねないうちに早く転職活動をしましょう。

次の章では、私が利用したり紹介したおすすめの転職アドバイザーの紹介します。

まとめ

この記事では、転職に悩んでいるSEへリスクやメリット、転職を具体的に前に進める方法を紹介していきました。

SE転職の一番大きなリスクは「行動しないリスク」です。

10年、20年と働き続けるイメージはないものの、転職してやりたいことが見つからず時間だけが過ぎていく人が多くいます。

このように行動せず年を重ねると、年を重ねた分だけ市場価値を高める必要があり、転職を難しくします。

「正しい行動」を「いま」することが成功のコツです。

ぜひ良い転職をしてください!

IT業界全体で転職を考えているかたは下記の記事もご参考にどうぞ。

より広い職種と業種の転職方法を紹介しています。

IT転職
3年先まで使える!IT転職で人生狂わないために知っておくべき成功法則

IT業界は幅が広く、さまざまな職種があります。 ブラック企業を避けホワイトで希望に合う転職先を見つけることが成功のポイン ...

続きを見る

当サイトおすすめの転職エージェント

当サイトおすすめの転職エージェント

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!

全国対応でIT・WEB系に強いエージェントなら「type転職エージェント」

  • IT・WEB系に強く71%が年収アップ
  • キャリアチェンジも提案!相談からもOK!
  • 設立して15年の実績エージェントの豊富な経験が成功に導く!

パソナテック

  • 北海道から九州まで全国を網羅
  • 東証一部上場の総合人材サービスのパソナグループの顧客網
  • 正社員・派遣・フリーランスの多様なお仕事紹介と4万人の実績

 

-SE転職
-,

Copyright© IT業界の歩き方 , 2017 All Rights Reserved.