SE転職

大手SEへ転職を検討する人が知っておきたい注意点と成功するポイント

最終更新日:

大手SEへ転職するメリット・デメリットとかんたん確実な転職法

大手SEになれば安泰・・・

あなたはそう思っていないだろうか。

たしかに給与は大手SIerのほうが高い。

1,000人以上の大手企業と零細企業では100万円〜300万円の年収の差がある。
※くわしくは「SE年収の大全集!高給分野や気になる企業の年収の調べ方をどこよりも詳しく徹底解説」を参照

ほかにも大手SEには次のようなイメージがないだろうか?

  • 残業代がすべて出る
  • キャリアアップできる
  • もっと大きな仕事ができる
  • 定年まで安泰

どれも間違っていない。

なせなら私自身が大手SIerに所属していたからだ。

 

しかし私は辞めた。

 

つまり、大手SEも良いことばかりではない。

むしろ大手SEに転職して後悔した同期もいる。

たとえば、

  • 派遣社員や外注のやりとりばかり・・・
  • 技術力がつかない・・・
  • 社内政治が必要・・・
  • 成果主義のように見えて、実際は年功序列・・・

このような後悔はほんの一部だ。

何も知らずに憧れだけで大手SEへ転職すると「こんなハズではなかった!」と後悔することになる。

だいたい、2年程度で辞める人が多い印象だ。

だが安心してほしい。

大手SIerに対する誤った理解が多いのでこの記事では次のことを紹介していく。

  • 大手SEの仕事内容
  • 大手SEへ転職することのメリット・デメリット
  • 大手SEへの転職手段

もちろん、大手SEになって成功する人も多くいる。

この記事を読むには8分程度かかるが、読めば

  • 大手SIerへの転職リスクを減らすことができる
  • 大手SIerへの確実な転職法

が分かる。

大手SEになりたいのであれば、ぜひ最後までお読みいただきたい。

大手SIerと中小SIerのSEの違いとは?〜ITゼネコンによる役割の違い〜

BtoB

「大手SIerと中小SIerのSEの違いは、従業員数だけでしょ?」

そうやって企業規模や福利厚生の面だけを捉える人がいるが、それだけではない。

プロジェクトの規模が違うため、役割も大きく日常の業務も中小企業とは違ってくる

そのため次のような特徴となる。

大手SEの仕事内容

  • プロジェクト規模が大きい
  • 役割・裁量が大きい
  • 管理能力が問われる

これは、日本のIT業界がピラミッド構造であるためだ。

つまり大規模なプロジェクトを大手SIerが受注し、下請けSIerに開発業を発注するビジネス構造だ。

これは「ITゼネコン」と呼ばれる。

より詳しく知りたい方は「ITゼネコンとは?ITゼネコンで知っておくべき事実と注意すべき実態とは」も合わせてお読みいただきたい。

大手SEと中小SEの差は「企業の従業員数」と「資本金」にあり

年収

ところで大手SEと中小SEは何が違うのだろうか?

中小企業基本法では、勤務先企業の従業員数と資本金の違いで区別され次の表のように分類される。

  大手SE 中小SE
従業員数 301名以上 50~300名以下
資本金 3億円以上 5,000万~3億円未満

しかし、SIer業界では大手SIerと言われるのは従業員が1,000人以上いる企業が多い

そこでこの記事では大手SIerを1,000以上のSEがいる企業と定義して進めていく。

この記事の大手SEの定義

大手SEとは1,000以上のSEがいるSIerに所属するSEのこと

大手SEのプロジェクト・案件の大きさ

就職・転職に強いプログラミングスクールのおすすめ比較ランキング

大手SEとなると大規模プロジェクトが中心となる。

大規模とは受注金額の大きさだ。

私が見てきたプロジェクト規模と企業規模の対応は次のようになる。

  • 大手SE:数千万円〜数億円
  • 中規模SE:数百万円〜数千万円
  • 小規模SE:数十万円〜数百万円

受注金額が大きいほどシステムの規模は大きくなり期間が長くなり、かかわる開発者も多くなる。

大手SEが担当するプロジェクトは1社で完結できないほどのプロジェクト規模となる。

そのため、上流工程となる要件定義や外部設計(基本設計)を行ったあと下請けSIerへ発注することとなる

その後の大手SEの役割はプロジェクト全体の管理が主な仕事となる。

SI業界のピラミッド構造

「大手SEは残業代が出て、給料高くて、福利厚生がいい」というが、

大規模プロジェクトを推進するための

  • プロジェクト管理能力
  • ストレス耐性

が必要となることが分かるだろう。

それでは、どの程度のプロジェクト管理能力が必要なのだろうか?

大手SEに求められるプロジェクト管理能力

大手SEは上流工程とプロジェクト管理が求められる。

プロジェクト管理とはいわゆるQCDだ。

  • Q:品質
  • C:コスト
  • D:納期(スケジュール)

他にもリスク管理やリソース管理など細かなものはあるが、大きくは上記の3つだ。

大手SIerでは入社後3年程度の新人であっても100人単位のチームリーダーになるということはよくある。

一方で、中小のSEが管理するのは10人単位くらいのチームだ。

大手SEは大規模プロジェクトのマネジメント力と下請けチームとの折り合いを付けて進める能力が必要となる

大手SEの仕事内容や中小SEの違いが分かっただろうか?

次では大手SEのメリット・デメリットを紹介していく。

大手SEへ転職することのメリットとデメリット

大手SEへ転職して

「しまった!」

とならないためにも大手SIerに転職するメリットとデメリットを正しくすることが大切だ。

大手SEのメリットとデメリットを紹介していく。

大手SIerの4つのメリット

活躍

大手SEのメリットは4つある。

  • キャリアアップができ、市場価値の高い人材に成長できる!
  • 大手SEは給料が中小SEと比べて130万円〜190万円高い!
  • 大手SEは福利厚生面が充実している!
  • 大手SEは無理な残業は少ない!

それぞれ、詳しく紹介していこう。

メリット1:キャリアアップができ、市場価値の高い人材に成長できる!

大手SEに転職すれば上流工程に関わる機会も増える。

より大きなプロジェクトを任されるようになる。

SEは世の中に数十万人といるが、大規模なプロジェクト運営ができるSEは多くない。

専門性の高さと希少性から市場価値を高めることができる

メリット2:大手SEは給料が中小SEと比べて100万円〜300万円高い!

WEB系の評価

大手SEは給料が高いのもメリットだ。

企業規模ごとの平均年収と平均月額給与を比較してみた。

企業規模 平均年収 平均月額給与
大手SIerのSE 761.0万円 47.6万円
中規模SIerのSE 629.8万円 39.4万円
小規模SIerのSE 570.7万円 35.7万円

※厚生労働省の企業規模比率から算出

大手SEのほうが100万円以上多いことが分かる。

ちなみに年齢ごとの年収を比較すると大手SEは最大300万円も多くなることがある。

SE 年収

くわしくは「SE年収の大全集!高給分野や気になる企業の年収の調べ方をどこよりも詳しく徹底解説」を確認してほしい。

年収を上げることが転職の目的なら金融業界のSEになることをおすすめする。

業界によっても年収はまったく違う

どんな分野のSEが給与が高いかなどより詳しく知りたい方は次の記事も確認しておこう。

SE・ITエンジニアの年収
SE年収の大全集!高給分野や気になる企業の年収の調べ方をどこよりも詳しく徹底解説

システムエンジニアは業界変化も激しく、タイトスケジュールでブラック企業も多いため転職を考える方も多いでしょう。 実際に転 ...

続きを見る

メリット3:大手SEは福利厚生面が充実している!

大手SEはもちろん福利厚生が充実している

有給は新人から20日以上出る。

退職金も中小SEより多い。

うつ病対策もしっかりしており、産業医に気軽に相談できる環境がある。

女性が気になる育児休暇などの制度も充実している。

妊娠とともに退職する人は少ない。

育児休暇後は時短勤務があり、女性が長く働ける環境がある

ほかにも住宅手当、資格手当などキリがない。

メリット4:大手SEは無理な残業は少ない!

大手SEは無理な残業が少ない。

労働組合が許さない。

大手SEは残業代も出るから、無理な残業をさせると残業代の分だけプロジェクトが赤字となる。

自宅に仕事を持ち帰ることも許されない。

情報漏えいやセキュリティー面が問題となるからだ。

以上が大手SEのメリットだ。

次はデメリットを紹介する。

「大手」に憧れを持っている人ほどしっかりと理解しよう。

 

大手SIerの3つのデメリット

WEB系のストレス

大手SEのデメリットは3つある。

  • 大手SEは、プログラミングをする機会が極端に少ない
  • 優秀な人材が多く認められにくい
  • 承認や合意形成に時間がかかりフットワークが重い

順に説明していこう。

デメリット1:大手SEはプログラミングをする機会が極端に少ない

WEB系の開発環境

大手SEのデメリットはプログラミングをする機会が極端に少ない。

なぜなら大手SEはプロジェクト管理が主な仕事内容だからだ。

プログラミングなどの製造工程は下請けに発注する。

プログラミングがしたい人は大手SEに転職するのは絶対に避けるべきだ

中規模のSIerに転職しよう。

企業も自分で選ぶのは避けよう。

求人情報だけでは本当に開発ができるか分からないからだ。

おすすめは転職エージェントに相談し、希望する働き方にマッチする企業を紹介してもらおう。

全国対応でIT・WEB系に強いエージェントなら「type転職エージェント」

  • IT・WEB系に強く71%が年収アップ
  • キャリアチェンジも提案!相談からもOK!
  • 設立して15年の実績エージェントの豊富な経験が成功に導く!

大手SEはいつも人気だ。

早く相談して、大手SEの求人を紹介してもらえるようにしよう。

注意点としては零細企業のSIerには転職してはいけない。

給料は低く、30代以降の市場価値もなくなってしまう。

デメリット2:優秀な人材が多く認められにくい

転職

大手SIerには優秀な人材があつまる。

つまり良い仕事をしても目立ちにくくなる

最初は大規模プロジェクトの歯車になる可能性もある。

自分らしく働けず、「やりがいのなさ」に不満を持つ人がある。

自分らしく働きたい人はフリーランスを検討してみよう

つまりITの個人事業主だ。

フリーランスのエンジニアは年収も上がり、自分らしく働ける。

興味ある方は「フリーランスエンジニアになってみて分かった天国と地獄を分ける6つの備え」をお読みいただきたい。

備えを今からすることが成功のポイントとなる。

デメリット3:承認や合意形成に時間がかかりフットワークが重い

大手SEでは扱うプロジェクトが大きいため裁量も大きくなる。

それに合わせて、稟議や承認も慎重となりスピード感が鈍る。

つまり大手SIerはフットワークが重い

会社の制度も人数が多いだけ「特別対応」は少ない。

全従業員が画一的なルールをしっかりと守る必要がある。

セキュリティーが厳しいSIerではスマホも自由に使えない会社もある。

柔軟な働き方をしたい人はWEB系の企業をおすすめする

WEB系はSIerとは対象的に働き方に柔軟な会社だ。

ただし「はずれ」企業も多くあるため企業の理解が深い転職エージェントに聞くことが必須だ。

全国対応でIT・WEB系に強いエージェントなら「type転職エージェント」

  • IT・WEB系に強く71%が年収アップ
  • キャリアチェンジも提案!相談からもOK!
  • 設立して15年の実績エージェントの豊富な経験が成功に導く!

大手SEのメリット・デメリットを紹介してきたが、次ではどのような人に大手SEが向いているかを説明する。

大手SIerのSEに合う人・合わない人

理念の不一致

大手SEに合う・合わないというのは、その人の技術力や価値観が大きく影響する。

大手SEに向いているかを見分けるには次のような観点で考えることをおすすめする。

  • 「技術者志向」vs「管理者志向」
  • 優先順位が「給料」vs「仕事のやりがい」

どちらを重視するかによって、おすすめの働き方が分かる。

下の表であなたがどこに該当するだろうか?

  技術者志向 管理者志向
給料を優先 フリーランス向き 大手SE向き
仕事のやりがいを優先 フリーランス、中規模SIerのSE、WEB系

例えば、 「管理者志向」の人は大手に向いている。

一方で「技術者志向」で「給料」を望むのであればフリーランスを目指したほうがあなたに合っているだろう。

フリランスエンジニアが気になる方は「フリーランスエンジニアになってみて分かった天国と地獄を分ける6つの備え」を読むことをおすすめする。

WEB系企業への転職は「SEからWEB系に転職して5年経ったのでWEBとSIerを比較してみた」がおすすめだ。

中規模SIerへのSEを検討したい方・大手SEを目指したい方は同じ方法でリスクなく進めることができる

その方法を次の章でお伝えしていく。

大手SEへの転職は企業を熟知した転職エージェントの利用がおすすめ

プロに頼る

大手SEに転職したい方は「いますぐ」に転職活動することを強くおすすめする

なぜなら年齢を重ねるほど大手SIerに転職することが厳しくなるからだ。

大手SIerの新卒3〜5年目が主担当で下請け企業に指示しながらプロジェクトを運営している。

あなたがいつまでも中小のSIerで働いていると、大手SEとの能力差が開いてしまう。

あなたは今すぐに転職をすべきことを理解したほうが良い。

リスクない転職方法は企業を熟知した転職エージェントを利用する

転職活動は転職エージェントの利用をおすすめする

同じSIerでも企業によって文化がまったく違うからだ。

大手SIerだからといってホワイトな労働環境とは限らない。

大手SIerでも過労死のニュースは絶えない。

一番失敗しがちな方法は求人情報だけで選ぶ方法だ。

この方法だけは避けていただきたい。

たとえば次の求人情報を見ていただきたい。

求人情報

このような求人情報だけでは「どのような職場なのか?」「あなたの望む働き方ができるのか?」がまったく分からない

つまり、このような求人情報だけで転職すると

  • 年功序列で給料が上がらない
  • 中途入社者は優遇されない
  • 営業と開発者の中が悪い

などの理由で再転職することが多い。

実はこのような転職失敗者は多く、2年程度で再転職している。

独りよがりな転職だけは避けるべきだ。

転職エージェントを積極的に頼ることが成功のポイントだ。

成功のポイント

  1. いますぐに転職活動を進める
  2. 転職エージェントを利用して進める

厳選!おすすめの転職エージェント

最後に私がおすすめする転職エージェントを紹介する。

転職をする・しないと悩んでいる状態でも問題なく利用できる。

もちろん無料だ

エージェントには、あなたが転職した企業から年収の1/3をもらえる仕組みとなっている。

だからしっかりサポートしてもらえる

おすすめの転職エージェントは次のとおりだ。

リクルートエージェント

  • リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1
  • 動向・事例を考慮し非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介
  • キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピール

日本最大級の求人数!地方で働きたいひとは必須の「DODAエージェントサービス」

  • 日本最大級の転職支援実績・求人数!
  • 地方の求人も豊富!
  • 転職活動の方法がわからない方も歓迎

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!
  • フリーランスに興味がある人はコチラ

私のおすすめは2つのサービスを利用する方法だ。

評判の良い転職エージェントを紹介しているが、担当者によって当たり・ハズレがあるからだ。

もっと他の転職エージェントを見たい方や、転職エージェントの活用術を知りたい方は「採用担当者がおすすめ!IT転職エージェントのおすすめランキング」も合わせて読むことをおすすめする。

まとめ

大手SEのデメリットは理解できただろうか?

憧れだけで大手SEを目指すことだけは避けよう。

大手SEを目指したい場合は

  • いますぐ転職活動をする
  • 転職エージェントを活用する

が成功のポイントだ。

ITエンジニアは人材不足の業界だ。

思ったよりも多くの方がキャリアアップを成功させている

あなたもぜひ成功していただきたい。

当サイトおすすめの転職エージェント

当サイトおすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

  • リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1
  • 動向・事例を考慮し非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介
  • キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピール

日本最大級の求人数!地方で働きたいひとは必須の「DODAエージェントサービス」

  • 日本最大級の転職支援実績・求人数!
  • 地方の求人も豊富!
  • 転職活動の方法がわからない方も歓迎

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!
  • フリーランスに興味がある人はコチラ

-SE転職
-,

Copyright© SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2017 All Rights Reserved.