SE転職

社内SE転職で失敗した人からの学び!失敗の回避法と年齢・注意点とは

最終更新日:

SEの中でも人気の職種である「社内SE」は、比較的仕事も穏やかという話をよく聞きます。

実際、社内SEとはどのような仕事をする職種なのでしょうか。

また、社内SEの魅力やメリットはどのようなことがあるのでしょうか。

ここでは、社内SEという仕事の説明と、社内SEへの転職で失敗しない方法をご紹介しています。

社内SEに興味がある、転職を考えている人はご一読ください。

社内SEとは

社内の情報推進化を担うのが社内SEの主な役割です。

これだけ言うと少し分かりにくいですが、実際には会社によって業務はさまざまです。

主には

  • 会社内でパソコンのトラブルシューター
  • 社内システムの構築
  • 社内のITによる業務改善

などを担当することになります。

会社内でパソコンのトラブルシューター

トラブルシューターというのは何か問題があった場合に飛んできて原因を調査、解決する人のことです。

たとえば

  • パソコンがインターネットに繋がらない
  • ログインパスワードを忘れた
  • パソコンがウィルスに感染した、

といった問題を解決していきます。

社内のITによる業務改善

既存の業務や仕組みをIT技術で効率化、コストカットすることを提案していきます。

社員や現場からのニーズを汲み取り、そのソリューションを提案するといった、より経営者目線に立って会社全体に関わる内容になることが多くなります。

社内システムの構築

オールランダー

会社の業務改善に必要なシステムを提案、構築、導入、運用していきます。

自社で開発することもありますが、外部委託で発注することもあります。

外部委託の場合は開発会社との連絡の窓口となり、一緒にシステム要件を決めていくと言ったことも行います。

社内SEをたくさん抱えている企業では自社で開発してしまうということもあります。

社内SEになることの魅力・メリット

1番の魅力としては残業地獄になることが少ないということが挙げられます。

一般の請負開発になると、厳しい予算と納期から、少ない人員しかアサインされずに毎日終電まで仕事をするということがあります。

しかし、社内SEのクライアントは自分の会社なので、納期で無茶な計画を立てられるということが少なく、比較的ゆとりをもって仕事に取り組むことができます。

また、仕事の影響範囲が社内だけにとどまる一方で、システム導入やトラブル対応した場合、リアルタイムに感謝、感想といったフィードバックを受けることができるというやりがいもあります。

ほかにも、プロジェクトごとに異動することが少なく、環境を変えずにどっしりと仕事をすることができるといったこともメリットといえるでしょう。

社内SEへの転職できるのは何歳まで?

転職

社内SEに転職する限界は30代~40代といえます。

なぜなら、社内SEというのは、その性質上、一人でさまざまなことに対応できるだけの知識・スキルを必要であり、ある程度の業務経験を積んでいる即戦力が採用される傾向が強いためです。

また、一部の大企業を除き、社内SEだけで何百人も採用しているということは稀なため、基本的に少数精鋭ということになります。

そのため、30歳以上の人が未経験でいきなり社内SEに転職する難しいといえます。

未経験で社内SEを目指すのであれば、20代のうちがよいでしょう。

社内SEへの転職準備に必要なことは?

社内SEに転職するうえで必要なことはなにがあるでしょうか。

「面接で何を聞かれるのか」「資格はあった方が良いのか」ということが気になると思います。1つずつ見ていきましょう。

面接対策はどうする?

システムエンジニアの仕事内容とキャリアパス

社内SEの面接で上手く答えるためにやっておくべきことは

  • 棚卸し
  • 志望動機・転職理由
  • 企業分析

の3つです。

棚卸し(これまでの職務経歴、スキル)

面接では自分の経験や知識・スキルで、どのように会社に貢献することができるのかを伝える必要があります。

そのため、これまで自分が携わってきた業務、そこで培ったスキルなどを棚卸ししておくことはとても重要なことです。

事細かに羅列する必要はありませんが、突っ込まれた場合に答えられるように各エピソードも用意しておくとよいでしょう。

志望動機(転職理由と志望動機)

志望動機は面接の成否を決める大きなファクターとなります。

経験者と未経験者では志望動機や転職理由に大きな違いがありますので、自分に合ったものを用意しておきましょう。

社内SE経験者の転職理由と志望動機

これまでの社内SEとしての実績・経験・スキルなどを説明して、新しいことに挑戦してステップアップしたいというように伝えていくのがよいでしょう。

現在の職場の不平不満を言うようなことは印象を悪くするだけですので、なるべく前向きな内容で構成するようにしましょう。

社内SE未経験者の転職理由と志望動機

転職理由として

  • 社内SEは残業が少ないから
  • いまの会社ではやりたいことがない

といったワードはNGです。

人事からすると「ただ楽をしたいだけなのか」「ウチでも飽きたら転職するのではないか」といった疑問を持たれることになります。

「このような業務内容に自分の知識や経験が役立てられる」といったことや「長く勤める意思がある」ことをしっかりアピールすることが大切です。

とくに転職対策本などで書かれているような抽象的な内容もNGです。

なるべく具体的に、自分が貢献できるポイント、挑戦してみたいことを軸にすると良いでしょう。

企業分析(企業にとって自分がどれだけ貢献できるのか)

可能であれば企業の業務内容を分析し、具体的に改善点などを提案できれば、面接官に大きくアピールすることができるでしょう。

自分の得意もしくは興味のある分野や技術で会社を良くしていきたい、という意気込みのようなものでも十分です。

社内SEに資格は必要?

先に結論から言うと、「あれば有利だが必須ではない」ということになります。

「情報処理技術者」「ネットワークスペシャリスト」「オラクルマスター」などさまざまな資格がありますが、転職で重視されるのは資格ではなく、その人の人格や動機です。そのため、転職のためにわざわざ資格試験の勉強をする必要はないと言えるでしょう。

その時間があるのであれば、早く転職活動に入った方が懸命です。

転職準備は一人では大変・・・

転職は想像以上に大変です。まず求人のリサーチ、エントリー、面接日程の調整、面接対策、退職準備などかなりの労力を必要とします。

そのため、転職しようとしてもなかなか準備に入ることができず、そのまま今の職場で我慢してしまうという人も少なくありません。

ここではおすすめの転職方法をご紹介していきます。

失敗せず社内SEへ転職するおすすめの進め方

社内SEへの転職を成功させるには、「どのようなパターンで失敗するのか」を把握したうえで、効率的に転職を進められる方法を実践することが大切です。

失敗のポイントは「先送り」と「独りよがり」

転職はなるべく短期間で、効率的に進めるのが鉄則です。

でないと、さまざまな難関にぶつかり、そのまま挫折してしまうことになります。

代表的な失敗パターンは「先送り」と「独りよがり」が挙げられます。

「社内SE転職を先送り」による失敗の理由と事例

失敗

先送りで転職に失敗するパターンは

  • 社内SEに転職したいけど、どういう基準で選べば良いのか分からない
  • いまの仕事が忙しすぎて転職活動をする時間が無い
  • 同僚に相談したら「もう少し考えてみたら?」などと言われた

などがあります。

社内SEへの転職は先送りすればするほど不利になってしまうので、先送りは何も良いことがありません。

「独りよがりに社内SE転職を進める」ことによる失敗の理由と事例

「独りよがり」というのは、「独力で転職を進めてしまうこと」です。独りよがりで失敗するパターンは

  • どういう企業なのかよく調べずに転職してみたら思っていた会社とまったく違った
  • 転職の知識やテクニックを知らずに進めた結果、準備・対策のポイントがわからずに苦労した
  • 要領が分からずに時間がかかってしまって転職を諦めてしまった

などがあります。

転職というのは専門的な知識やノウハウがあり、プロがいるほどです。

転職経験が無いにもかかわらず、自分の判断だけで転職をしてしまうと失敗する原因になりかねません。

では、失敗せずに転職を進めるにはどうすれば良いのか見ていきましょう。

社内SEへ失敗せず進める方法

失敗しない転職方法としては「求人サイトを活用する」「転職エージェントを利用する」方法があります。

社内SEの求人サイトで情報収集

求人サイトに登録すると、たくさんの求人を見つけることができます。

自分の希望に合った企業を効率よく見つけることができるうえ、アドバイザーやセミナーなどの各種サポートも充実しています。

自分の経歴情報を登録しておくと企業の方からスカウトメールが来るサービスなどもあり、効率的に転職を進めることができます。

第1位:リクナビNEXT

転職サイトとしては国内で最大級、リクルートが運営しているので取り扱っている求人の数や種類は業界随一です。

若手からベテランまで幅広い転職に対応しており、限定求人が多く、スカウトメールにも対応しているという点でも、まずは登録しておいて損はない転職サイトといえるでしょう。

第2位:DODA

人材大手のパーソナルキャリアが運営する転職サイトです。

全国に対応していて、スカウトサービスも利用することができます。

取り扱っている件数も多く、興味のある企業を登録しておくと、求人情報の新着情報をメールでお知らせする求人通知メールサービスもあるので、どうしても入りたい企業がある場合には便利です。

第3位:@type

総合人材サービスであるキャリアデザインセンターが運営する求人サイトです。

大手やベンチャー企業などの独自求人案件が多く、大手では掲載していない求人に出会うことができます。

「転職力診断テスト」では、自分のスキルから平均的な年収額を確認でき、適職診断などが利用できます。

第4位:マイナビ転職

大手人材サービスである「マイナビ」が運営するサイトです。

大手からベンチャーまで多くの求人を取り扱っているので、独占案件も多いです。とくに、「転職MYコーチ」という、プロのキャリアアドバイザーによる履歴書、職務経歴書の添削サポート、模擬面接サービス、求人のピックアップサービスなどが利用でき、効率的に転職を進めることができます。

第5位:Green

ITやWebエンジニアに強い転職サイトとして有名です。

レコメンド機能によって自分の気になった企業と類似の企業を提案したり、スカウト機能でマッチングしたり、ユーザーのことをよく考えられたサイトが使いやすいと評判です。

転職エージェントで自分にピッタリの優良な企業を教えてもらう

プロに頼る

転職エージェントは転職のプロであるキャリアコンサルタントが一人ひとりについてくれて、自分の希望にマッチする企業を提案してくれ、エントリーから面接日程の調整、面接対策までサポートしてくれるサービスです。

エージェントと一緒に相談しながら進めることができるので、不安を解消しながら自分に合った企業と出会うことができます。

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!
  • フリーランスに興味がある人はコチラ

人材紹介会社のレバリーズが運営するIT・WEBエンジニア専門の転職エージェントです。

何度も企業訪問を繰り返して現場の情報をしっかり収集しているので、どのような人材を求めているのかを的確に把握して求人案件を提案してくれます。

エージェントはIT業界の専門知識を持ったプロフェッショナルなので、話が通じやすく提案が的確というのが特徴です。

営業力の高さを活かした求人案件の多さが特徴です。

全国に対応しており、大手からベンチャーまで幅広い案件を抱えています。

IT業界の知識を持った専門のキャリアコンサルタントが履歴書の添削や面接対策まで行なってくれます。

全国対応でIT・WEB系に強いエージェントなら「type転職エージェント」

  • IT・WEB系に強く71%が年収アップ
  • キャリアチェンジも提案!相談からもOK!
  • 設立して15年の実績エージェントの豊富な経験が成功に導く!

紹介案件のほとんどが非公開案件で、転職後の多くの人が年収アップに成功しているという実績もあります。

1994年から人材紹介事業を行っていることもあり、独自の案件の多さが特徴です。

転職コンサルタントがじっくり時間をかけて丁寧にヒアリングしてくれると好評です。

パソナテック

  • 北海道から九州まで全国を網羅
  • 東証一部上場の総合人材サービスのパソナグループの顧客網
  • 正社員・派遣・フリーランスの多様なお仕事紹介と4万人の実績

IT・エンジニアに特化した転職エージェントで、PT-ITSSと呼ばれるキャリアアップを作成し、自分に合った働き方を提案してくれるのが特徴です。

キャリアデザインを一緒に作ってくれます。

全国の主要都市に拠点があるので、利用しやすいエージェントといえます。

国内最大級の転職支援実績から選ぶ「マイナビエージェントIT」

  • 求人情報の8割が「非公開求人」で業界トップクラスの求人数
  • IT業界の業務経験者あるキャリアドバザーが対応
  • 内定がとれるように個別での面接対策を実施

キャリアコンサルタントによる履歴書作成、求人紹介を丁寧に行ってくれます。

女性向けのサービスやIT業界に特化したサービスも利用できて求人件数も多いので、求人案件をしっかり網羅しておきたいのであれば利用する価値はあるといえるでしょう。

注意!:社内SEから転職は難しい!社内SEへの転職は市場価値が下がることを理解しよう

社内SEというのは一般SEと比べると技術の最前線で活躍するということが多くありません。

業務内容に関しては冒頭で紹介したとおりで、常にシステム開発に従事しているということはほとんど無いためです。

そのため、一度社内SEになってしまうとSEとしての市場価値は激減すると考えておきましょう。

ふたたび一般SEに戻ろうとするのは苦労します。

そのため、社内SEになるのであれば、しっかりと知識・スキルを身につけてから転職するのが良いといわれています。

まとめ

企業内での情報システムを担当する社内SEは顧客からの圧力も少なく、比較的ワークライフバランスを取りやすい職種として人気です。

しかし、転職は一人で進めると挫折する要因が多く、転職サイトや転職エージェントを上手く利用しながら短期間で効率的に進めていくことが重要になります。

とくに、転職エージェントは転職のための準備もアドバイスを受けながら進めることができるのでおすすめです。

転職は人生を大きく左右するイベントです。

後悔しない選択をできるように転職サイトや転職エージェントを利用してくださいね。

当サイトおすすめの転職エージェント

当サイトおすすめの転職エージェント

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!
  • フリーランスに興味がある人はコチラ

全国対応でIT・WEB系に強いエージェントなら「type転職エージェント」

  • IT・WEB系に強く71%が年収アップ
  • キャリアチェンジも提案!相談からもOK!
  • 設立して15年の実績エージェントの豊富な経験が成功に導く!

パソナテック

  • 北海道から九州まで全国を網羅
  • 東証一部上場の総合人材サービスのパソナグループの顧客網
  • 正社員・派遣・フリーランスの多様なお仕事紹介と4万人の実績

 

-SE転職
-,

Copyright© SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2017 All Rights Reserved.