ここからスタート!転職の準備

【20代後半の転職を最後にする】失敗事例と理由・回避法と転職先の選び方の全て

最終更新日:

新卒で入社しても自分の仕事を見直したくなる時期が20代後半です。

「30代を有意義にするためにも20代後半のこの転職を失敗したくない」
「キャリアアップにつなげたい」
「30代・40代を見据えたときに良い待遇の企業に入りたい」
「転職しやすい今のうちに転職したい」

など20代後半の転職では様々な思惑を持って転職する方が大半でしょう。

そのため、「失敗」は回避したいところ。

それでも20代最後の転職を失敗する人が後を立ちません。

この記事では20代後半の転職にならないように

  • 20代後半の転職失敗事例と理由
  • 転職先選びの考え方
  • 転職を成功させるための具体的な方法

を紹介していきます。

転職に失敗すれば時間も失い、経歴も汚れます。

この記事を読むには10分もかかりません。

必ず最後までご一読いただき転職を成功させてください。

目次で流し読み

20代後半は転職の適齢期!なぜ企業は20代後半を採りたがるのか?

実は20代後半は転職に向いている時期です。

転職市場としても20代後半の採用状況はよくなっています。

企業が20代後半を転職で採用するのには理由があります。

どのような理由から企業は20代後半を採用するのでしょうか。

転職市場の状況と、20代後半を採りたがる理由をご説明します。

数値で見る20代後半での転職者数

20代後半は転職者のうち38.1%を占めています。

これは全転職者の中でも最も多い年齢層です。

20代後半の転職割合

参考:みんなは何歳で転職している?転職成功者の年齢調査

つまり転職成功者の3人に1人以上は25才〜29才です。

転職者数も多く、企業も募集してマッチングした結果ですので、転職市場から考えた場合は20代後半は絶好の転職適齢期です。

一方で転職者の平均年齢は上がってきています。

これは企業が採用に対する条件を緩和していることに影響を受けるものです。

企業が条件を緩和することで30代でも転職は出来るようになっています。

ただ、転職者の年齢層からも分かるように、20代後半が積極的に転職して採用されている市場です。

確率だけで考えるなら30代で転職するよりも20代後半で転職したほうが成功確率が高くなります。

社会人としての成果が分かる

20代後半になると社会人としての成果が目に見えて分かります

そのため企業側は採用する人材の力を見極めやすいです。

まだ社会人として実力があるかを判断するには若い年代です。

しかし、就職してから転職するまでの成果は十分に判断可能です。

社会人としての成果が分かることで企業はこれからの成長に期待できるかを判断可能です。

企業では20代後半からさらに成長できる人材が必要であることはいうまでもありません。

そのような背景もあり、20代後半で社会人としての成果を判断しやすいタイミングで採用を進めています。

給与が低いため育成枠として採用できる

企業が積極的に採用できる理由として給与が低いことも挙げられます。

給与が低いことで、社員を人材育成する余裕が生まれます。

一般的に企業では30歳を迎える頃に給与が上がる傾向が見られます。

若手から中堅になる頃で給与の見直しが実施されるからです。

それに対して20代後半はまだ給与が低めの段階です。

成長途中であり、企業からしても低めの給与とせざるを得ないことが多いです。

給与が低いことは企業として人材育成にも時間を割けることを意味しています。

給与が高い人材は会社に貢献してもらうことが何より重要です。

しかし20代後半のように給与が低ければ、前段階として育成に時間を割くことが可能です。

人材育成することは、会社が人に初期投資をするということです。

この人への初期投資のタイミングとして20代後半は給与面、社会人経験面どちらから見ても良いものです。

そのため企業は20代後半を育成枠として受け入れやすくなっています。

仕事のやり方を素直に吸収する最後の年代

仕事のやりかたを素直に受け入れるという面でも20代後半は積極的に採用されます。

20代は社会人として仕事のやり方を吸収している途中です。

その反面、30代になると自分なりに仕事のやり方が固まってきてしまいます。

そのため20代後半は、新しい仕事のやり方を吸収できる最後の年代と考えられます。

企業としては自社に沿った仕事のやり方を受け入れてもらいたいと考えています。

特に育成枠として採用している人材は自社のやり方で活躍してもらいのです。

その育成枠として投資しやすい最後の年代として企業が採用しやすくなっています。

職場の上司・同僚となじみやすい

20代後半は人間関係の面でも採用されやすいです。

特に職場で上司や同僚と馴染みやすいことでも採用されやすい年代となっています。

会社で必要とされていることは仕事が出来ることだけではありません。

会社の一員として上司・同僚とチームワークで業務に取り組むことも必要とされています。

そのため単純に仕事が出来るだけでは採用されない部分もあります。

20代後半は仕事に対して強いこだわりも持つ前の段階です。

そのため新しい会社でも、スムーズに物事を受け入れ上司や同僚と馴染みやすいです。

仕事に対してこだわりが強くなると、どうしても妥協できない部分が出てくる人も居ます。

多少はやむを得ないですが、こだわりが強くなりすぎると会社に馴染みにくくなってしまいます。

それに対して20代後半であればまだ分け隔てなく人と馴染みやすい年代です。

人間関係をスムーズに構築できる点でも20代後半は積極的に採用されています

20代後半の転職理由はどんな内容?事例は大きく3つ

ランキング

転職をするからには理由があります。

理由なく転職する人など居ないのです。

ただ、自分が持っている転職理由は理由になるのか不安になることもあるでしょう。

ここでは私が見てきた転職理由として多いものをランキング形式で挙げていきます。

第一位:やりたい仕事と違う・新しいことをしたい

大手SEへ転職するメリット・デメリットとかんたん確実な転職法

転職理由として最も多いのは現在とは違う仕事をしたいというものです。

これには2つのパターンが有り、

  • 入社して働いたもののやりたい仕事と違う
  • 入社時は良かったものの、今は新しい仕事をやりたい

に分かれます。

この2つをまとめたものが、ランキングとして一位に位置する20代後半の転職理由です。

それぞれを例でご紹介します。

入社して働いたもののやりたい仕事と違う

就職時はやりたい仕事だと思って入社するはずです。

ただ、入社してから実は違うことに気づくことも多々あります

就職活動時には事業内容を研究して応募する企業を決めるものです。

ただ、この段階で得られる情報はどうしても限定的なものとなります。

例えば以下のようなものがありました。

  • 入社時のイメージ:学習塾で塾長、講師として前線の授業で活躍できる
  • 入社後のイメージ:塾運営に関わる雑務が中心で、学生に授業する機会は少ない

この場合、就職活動のイメージは実際に授業をして生徒と触れ合うというものでした。

しかし実際は面談など塾運営に必要な作業が中心で授業は少ないものでした。

つまり思っていた仕事と実際とは違うものだったのです。

このように入社時と入社後のギャップで転職を決意された人が居ます。

入社時と入社後のギャップも転職理由として往々にしてあります

入社時は良かったものの、今は新しい仕事をやりたい

入社後に自分のキャリアなどを見直し転職の理由とされる人も居ます。

つまり、就職活動で特段失敗していなくとも転職を決断される人も居るのです。

社会人として数年働くと自分がやりたいことが何かが改めて見えてきます。

それは就職活動のときに考えていたこととは異なっていることもあります。

個人のキャリアを考えると新しくやりたいことに出会うのはやむを得ないです。

例えば以下のようなものがありました。

  • 入社時の気持ち:システムエンジニアとしてIT業界で活躍したい
  • 転職時の気持ち:IT業界に限らず営業職として製品を紹介する仕事に就きたい

就職をして社会人を経験するうちにやりたい仕事は大きく変わることがあります。

この気持ちの変化も20代後半の転職理由としては多々あるものです。

そのため、全く違う業界への転職も心配する必要はありません。

同じような理由で転職している人は居るのです。

第二位:給与面で不満を感じるようになってきた

仕事をするからには給与で評価してもらう必要があります。

この給与面で不満を感じることで転職を考える20代後半の方も多くいます。

給与面で転職を考える人は大きく分けると以下の通り2つのパターンがあり、

  • 毎月の給与がそもそも少ないと感じるようになってきた
  • 20代後半までしっかり働いているにも関わらずボーナスが少ないと感じるようになってきた

に分かれます。

転職の理由としては前者のほうが多くなっています。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

毎月の給与がそもそも少ないと感じるようになってきた

こちらは基本給が少ないことで転職を考えるものです。

20代後半になっても、基本給が思ったように上がっていない状態を指しています。

新入社員は給与が少ないのはやむを得ません。

しかし20代後半にもなるとある程度基本給が上がってきます。

これは会社に貢献できる内容が多くなるからです。

会社はその貢献に対して給与という形で還元する必要があります。

しかし会社の中には会社に貢献している人材に対してもあまり給与を支払っていないことがあります。

20代後半、入社5年目以上の人材でも採用時とほとんど変わらないことすらあります。

基本給が上がらなくとも年次が上がるに連れて業務内容、責任は大きくなります。

これでは働いている側からすれば不満が溜まるのもやむを得ないことです。

正当な対価を得ずに働いていると感じるからです。

そのため基本給に不満を持ち、転職を決意する人が多くなっています

20代後半までしっかり働いているにも関わらずボーナスが少ないと感じるようになってきた

20代後半になるとボーナスの金額も少しずつ大きくなる傾向があります。

このボーナスに関しても不満を持って転職を考える人が居ます。

ボーナスは会社に貢献した度合いによって、適切な金額を受け取るものです。

ただ、このボーナスも会社によっては全然上がらないことがあります。

基本給と同様に20代後半になっても入社時と大差ないこともあります。

これでは頑張って会社に貢献しても、頑張っていなくとも関係ないことになります。

むしろが頑張ったほうが損とまで感じる人が居てもおかしくありません。

そのような評価制度、ボーナスの在り方に不満を感じて転職を決意する人も居ます

第三位:プライベートが充実しない

仕事に時間を取られすぎてプライベートが充実しないことが転職理由の三位です。

20代後半は確かに働き盛りではあります。

この時期にしっかりと働くことで30代で活躍する基盤が構築されるのも事実です。

しかし、仕事を頑張るためにはオンとオフのバランスが非常に重要です。

どんなに働き盛りとはいえどもプライベートが充実しない状況で働き続けることは難しいです。

どのような人材にも息抜きは必要だからです。

一般にブラック企業と呼ばれるような会社では残業が100時間を超えるなど際限なく働いている人も居るようです。

このような人は言うまでもなくプライベートが充実していません。

私の経験からして、残業は1日2時間、月40時間を超えるとプライベートに支障をきたします

プライベートに支障が出ることで仕事が重圧となり、精神的に病んでしまうような人も居るのが現実です。

これは極端な例ではありますが仕事、とくに残業が多すぎることで転職を決意する人も多いです。

また、ブラック企業で自分自身が壊れてしまう前に転職することも大切です。

適切な労務管理がされている会社に転職し自己防衛も考えるようにしましょう。

番外編:セクハラ・パワハラなどを受けた

失敗

セクハラやパワハラを受けることで転職を考える人も少なからず居ます。

絶対的な数としては多くはないのですが、転職の理由としては十分に成り立つものです。

セクハラやパワハラの正確な定義は難しい部分もあります。

そのためここでは実際に転職理由決意した、セクハラ・パワハラと感じたものをご紹介します。

  • 性的な特徴を執拗に指摘され続けた
  • 結婚の有無、時期について問われ続けた
  • 全体朝礼で執拗に指導され続けた
  • 他人は指導されていない内容で自分だけ指導された

セクハラやパワハラは個人の感じ方にも左右されるものです。

そのため人によってはセクハラ・パワハラと感じないものもあります。

しかしどちらも本人がセクハラ・パワハラと感じると成立するものであります。

個人によって感受性の差はあります。

ただ、上記の例は20代後半の転職理由としては実際に見てきたものです。

もし力関係を利用して不利益な扱いを受けたときは、それは転職理由として十分に成り立ちます

20代後半ならキャリアアップも未経験職へのジョブチェンジも可能!

20代後半であれば幅広い転職の選択肢があります

具体的にはキャリアアップの転職とジョブチェンジの転職の両方が選択肢として考えられます。

それぞれどのような転職を考えれば良いのかを解説していきます。

キャリアアップを狙いたいなら数字による成果とポジティブな動機が必須

20代後半でもキャリアアップを意識した転職は可能です。

今の実力を活かしてさらに給与の高い会社、難易度の高い仕事にチャレンジするための転職です。

キャリアアップを意識した転職をするためには現在の実力を数値で示す必要があります。

例えば、

  • エンジニア:開発してきたもの・経験したプロジェクトの数 それらの規模や金額
  • 営業職:販売してきた物、それら商品の販売実績(個数や金額)

などが挙げられます。

20代後半での転職は、これらの数値をしっかりと示すことが出来る時期でもあります。

キャリアアップの転職を実現するためには採用担当者にアピールすることが大切です。

20代後半であっても、他者より実力があることを示さなければなりません。

実力があることを示すためには数値を出すことが一番です。

また、採用担当者を納得させるためには数値以外に志望動機も重要です。

数値を出せるほどの実力があれば、色々な会社に転職できる可能性があります

その中でなぜ面接を受けている企業を選択したのかは志望理由で必ず問われます。

ここではポジティブな志望動機を出すことが必須です。

例えば、

  • ○○という事業で特に力を発揮することが出来ると考えます
  • △△の開発に今までの経験を十分に活かすことが出来ると考えます

などその会社に沿った前向きなものが必要です。

20代後半でキャリアアップを決めるためにも、採用担当者が納得する数値と志望動機を用意しましょう。

未経験のジョブチェンジでも具体的なキャリアプランがなければ失敗する

未経験でSE転職

20代後半はまだジョブチェンジの転職も実現することが可能です。

ただし、このジョブチェンジでも具体的なキャリアプランが無ければ失敗する可能性が高まります。

実際に私が見てきたキャリアプランの例を以下に挙げています。

現在の職種 転職先 5年後 10年後 20年後
営業職 エンジニア 上級エンジニア プレセールス 管理職
エンジニア 保険会社営業 営業リーダー職 保険会社内勤 内勤リーダー職
公務員 コンビニ本社社員 コンビニエリアマネージャー コンビニ管理職 コンビニ企画部管理職

あくまでもキャリアプランですのでこの通りに職種が進んでいるとは限りません。

しかし20代後半で未経験職種への転職は20年先、つまり40代後半までのキャリアを考えておくことが大切です。

短期的な目線での転職ではなく、長期的にプランを持って転職していることを示すことが大切です。

また、可能であれば今までの経験が何かしら活かせるかも考えておきましょう。

今までの経験を活かして、未経験の職種でもどう活躍できるのかを併せて説明できると説得力が増します

後悔しがちな20代転職の失敗事例

20代後半で転職する人の中には転職に失敗して後悔する人も居ます。

これから皆さんが転職で失敗しないためには先人の失敗から学ぶことが大切です。

20代後半で転職した人はどのような失敗をした事例があるのでしょうか。

情報収集不足。人物像・企業理念・社長メッセージ・活躍している社員は要チェック!

転職において情報収集をすることは非常に重要です。

20代後半ではこの情報収集に時間を割いておらず転職に失敗することがあります。

転職に必要な情報収集とは企業の概要を理解しておくことだけではありません。

この他にも社長メッセージやそれに沿った企業理念や求めている人物像を確認しておく必要があります。

また、既に活躍している社員はどのような人であるのかも調査する必要があります。

これらの情報は転職時に自己アピールをするために必要となります

得た情報を元に採用担当者が採用したくなる道筋を考えなければなりません。

例えば、

  • 私は企業理念に沿う○○という働き方で御社に貢献したいと考えています
  • 既に活躍している○○さんのように、△△という分野で御社に貢献したいと考えています
  • 社長が掲げている○○という目標を達成するため、私の△△を発揮したいと考えています

などのアピールが必要です。

これら具体的なアピールが無ければ、採用担当者は薄っぺらい自己アピールであると感じてしまいます

薄っぺらいものとなると採用担当者は面接をしても興味を持ってくれません。

20代後半の転職では自分の経験だけを強くアピールする傾向があります。

確かにその実績も必要ですが、それが転職した後にどう生きるのかの説明も必要です。

後者を具体的に説明するために会社に関する情報を得ておくことが大切です。

情報が不足すると後悔に繫がってしまいます。

20代後半は大手と中小企業で扱いが違う

20代後半の転職では転職先に多くの選択肢を持つことが可能です。

ここで後悔しないために注意することは、大手企業と中小企業の違いです。

これらは20代後半の転職者に対して扱いが異なっています。

特に後悔してしまう人が多いのは大手企業への転職です。

通常転職では即戦力が求められています。

転職する側としては20代後半でも転職すれば活躍出来ると考えていることでしょう。

しかし大手企業では20代後半でもまだまだ若手の扱いです。

そのため転職者でも即戦力ではなく若手として育ってもらう意識が強いです。

つまり前線で活躍してもらうことを考えて採用してはいません

このことは転職者からすると理想と現実のギャップとなってしまいます。

転職すればさらに活躍できると考えていたものがそうではないのです。

むしろ大手企業に入ることによって活躍の幅が一時的に狭まる可能性すらあります。

大手企業に転職するときには、20代後半に対する扱いが異なる点に注意しておきましょう。

資格取得で30代になってしまう

20代後半から転職のために資格を取得する人も居ます。

この資格取得に関しても年齢に注意しなければ後悔してしまいます

資格の中には難関資格と呼ばれるものが多数存在しています。

これらを20代後半から取得すると30代になってしまうことがあります。

資格取得も大切ですが30代になると転職で不利になってしまいます

転職において20代後半は育成枠、30代は即戦力と考えられます。

ただ、資格を取得しただけでは即戦力と呼ぶことは出来ません

30代にかけて資格を取得しても、転職においては総合的に年齢面でデメリットが残ります。

結果として時間を無駄にしただけとなってしまうことになります。

資格の取得は転職において必須ではありません

また、会社によっては転職後に資格取得を支援してくれることもあります。

年齢面で後悔しないためにも、資格取得にこだわりすぎないようにしましょう。

年収にこだわりすぎる

年収

転職時には年収にこだわる人が多いです。

これは20代後半の転職でも当てはまることです。

しかし年収にこだわりすぎると後悔してしまいます

年収は会社からその人に対する評価です。

つまり会社に貢献してくれる人に対して高額が支払われます。

20代後半で高額な支払いを受けられる程の力を持つ人は一握りです。

大半の人は自分だけで会社に影響を与える利益を出すことは出来ません。

会社としての利益を出せない人材に高額な給与を支払うことは出来ません。

つまり20代後半でもエリートしか高額な年収は期待できません。

これを理解せずに年収にこだわり過ぎると、年収で破談し内定を逃しやすくなります

転職先が決まる前に退職してしまう

転職先が決まる前に退職してしまう20代後半も多いです。

これも転職においては失敗と考えられます。

多くの場合、転職は在職中に内定をもらいます

そうしなければキャリアにブランクが出来ますし収入もなくなります。

しかし20代後半では何も分からず先に退社してしまうことがあります。

これは後悔に繫がってしまいます。

転職先が決まる前に退職しても良いのは、

  • 収入が無くとも生活しながら転職活動が出来る
  • 退職してスクールに通うなどブランクが生まれる理由がある
  • 2-3ヶ月ならブランクが生まれても問題がないぐらいの実力がある

といった条件を満たすときだけです。

これ以外では転職先が決まる前に退職することはよくありません。

20代後半で思いつきで転職のために退社してしまう人が居ます

その場合、上記の条件を満たしていないことが大半です。

これは転職において不利になることも多いです。

20代後半ではブランクを作らないように転職することがベターです。

転職回数は2回まで。3回目からは確率が大きく下がる

転職の回数にも注意が必要です。

20代後半の場合には転職は2回までにしてください。

転職の回数が3回以上となると成功率が10%程度と大きく下がるからです。

転職の回数と成功率についてまとめられたデータあります。

参考:転職は何回まで許される?転職回数と成功率の関係性

このデータによりますと初めての転職に関しては60%程度の成功率があります。

初回の転職では半分以上の人が成功しています。

2回目に関しては30%程度の成功率となっています。

1回目から2回目で転職の成功率は半分になってしまうのです。

ただ、まだ30%でも割合としては許容範囲とは考えます。

そして3回目になると成功率は10%程度となっています。

この数値は転職を成功させることは非常に難しいことを意味しています。

一度転職をするとさらに良い環境を求めて転職をしたくなることがあります。

20代後半でもさらに良い環境を求めて転職したくなることでしょう。

しかし転職回数が3回以上になると成功確率は下がります。

転職前に企業研究をして、可能な限り1回で良い転職が出来るようにしましょう。

コラム:女性の転職は仕事の価値観と結婚・出産・家庭のライフバランスについて自分の考えを持つこと

20代後半で転職したい女性の方はさらに考慮しておくべきことがあります。

女性の場合は仕事の価値観とライフバランスについて考え転職することが大切です。

女性の場合には結婚を期に退職する人や出産に向けて産休を取得することがあります。

どのような働き方をするか、退職するかは仕事への価値観で決まります

仕事への想いが強いのであれば産休などを取ってでも結婚、出産後も働くことを考えるべきです。

それに対して仕事に対して強い想いがない人も居るでしょう。

この場合、ライフバランスは結婚後、家庭を中心としたものになるはずです。

家庭を中心とした働き方をしたいのであれば、転職前に考えておかなければなりません

思い描くライフバランスによって転職仕方が異なります。

例えば、

  • 結婚・出産したあとも仕事を続けたい:産休の実績が豊富、時短制度がある、残業が少ない、土日休めるなどを重視する
  • 結婚後は働くことにこだわらない:結婚が近い将来であれば正社員にこだわらない

などが考えられます。

仕事と思い描くライフバランスとの関係で、どのように転職するかが変わります。

20代での転職先はどう決めるべきか

転職するときに非常に重要なことは転職先をどう決めるかです。

どんなに良い人材でも、転職先を間違えると実力を発揮できません。

20代ではどのように転職先を決めるべきなのでしょうか。

おすすめの決定法をご紹介します。

独身なら「やりたいことをやる!」

転職時に独身であればやりたいことをやるのが一番です。

独身であれば自分がやりたいことを転職で仕事にすることが可能です。

自分がやりたいことを仕事に出来る人は少ないです。

理由としては収入面などでどうしても制限が付くことがあるからです。

やりたい仕事では家庭を支えられないなどの事情も考えられます。

それに対して独身であれば自分が生活できれば問題ありません

多少収入が少なくともやっていけることは多いでしょう。

そのため独身であればやりたい仕事を転職先として選択するべきです。

家庭があるなら職種または業種のどちらかを同じにしてリスク回避

家庭がある場合には安定した収入を意識しなければなりません。

そのため職種か業種は転職前と同じにするべきです。

転職時に職種か業種を同じにすれば大きく収入が下がるリスクは回避することが可能です。

20代後半でも転職時には活躍することを期待して採用されています。

そのため、転職時は一時的に下がってもその後は上昇することが期待出来ます。

家庭がある場合にはやりたいことよりも安定した収入を重視しなければなりません

特に収入源が自分ひとりだけの場合には収入を確保するべきです。

転職したい会社の規模を明確にする

20代後半での転職は、転職先の会社規模を明確にするべきです。

この点は、転職において見落としている人も多いです。

会社の規模によって20代後半は扱いが異なります。

大手企業など大企業であれば20代後半は若手です。

それに対して中小企業では即戦力として求められます。

この違いは働くモチベーションとして大きく異なります。

特に即戦力として働きたいのであれば、大規模の大手企業はおすすめできません

転職したい会社の規模で20代後半の働き方、求められていることは異なります。

そのため転職したい会社の規模は事前に明確にすることが大切です。

そうしなければ転職後に思った働き方と違うことになる可能性があります。

転職先は相談が必須!転職コンサルタントは積極的に活用する

転職に関して分からないことも多々あるはずです。

これは転職コンサルタントに相談して解決するようにしましょう。

転職コンサルタントは転職サイトで無料で利用することが可能です。

そして転職に関する様々な疑問に答えてくれます。

質問の例としては、

  • ○○歳での年収はどの程度か
  • 休みは取りやすいか、残業・土日の出勤はどの程度存在しているか
  • 社風はどういったものか、風通しはよい会社であるか
  • ○○という事業で強いのはどの会社か

といったものが挙げられます。

自分で調査出来ることもあれば、転職コンサルタントに確認してこそ解決出来ることもあります

転職は時間に余裕がないことも多いです。

そのため自分で調査出来ることも積極的にコンサルタントに質問しましょう。

そうすることで短時間で疑問を解決することが可能です。

転職コンサルタントに質問をすることは他にも意味を持ちます。

それはどのような求人を求めているのかを理解してもらえることです。

質問をしている内容は自分が重視している内容でもあります。

そのため質問を通じで転職コンサルタントは求人を探すサポートをしてくれます

自分一人で転職先を見つけるのは難しいことです。

しかし転職コンサルタントを利用すれば、20代後半でも不安なく転職することが可能です。

20代後半での転職成功術

転職を成功させるためには「コツ」があります

20代後半の場合には何を意識すれば良いのでしょうか。

コツである転職成功術を伝授します。

年収は30代でこだわろう。まずは「自分は何屋さん」であるかを決めきる

20代後半の転職ではまず「自分は何屋さんとして生きていくか」を決めるようにしてください。

年収にこだわった転職をする気持ちも分かります。

しかし、まずは何屋さんかを決めてしまいましょう。

20代後半はまだ若手と呼ばれる時期です。

実力がある方も多数居ますが、成長期でもあります。

そのため転職に際しても、何を身につけるか考える必要があります

色々なことを経験するために転職する人もいます。

ただ、これでは何でも屋さんとなりなにか一つ極めることが出来ません。

極めることがなければ30代で年収にこだわりたくなったときに不利となります。

年収にこだわるためには実力が必要です。

そして実力を付けるためには20代後半で「何屋さんをするか」を決めることが大切です。

長い目で見て収入を上げるために、何屋さんをしたいかを決めましょう。

そうすることで転職を成功させることが可能です。

転職で実現したいことが明確にして優先順位を決める

自分はなぜ転職したいのかの優先順位も付けることが成功の秘訣です。

転職で実現したいこととしては、

  • 年収を50万円上げたい
  • 20代後半から30代でも活躍出来る職場に入りたい
  • 年間休日120日以上で休める会社に入りたい

など色々考えられます。

残念ながらこの全てを一度で実現することは難しいです。

何かを重視して何かを妥協する必要があります。

優先順位を付けることで重視と妥協が明確になります

これらが明確になると、自分がなぜ転職するのかも明確となります。

そうすればブレなく転職が可能となり、成功できる可能性が高まります。

会社選びの基準を具体的に決め、企業理念・社長メッセージ・採用ページを読み込む

転職を成功させるためには会社選びの基準も具体的にしておきましょう。

どのように具体性を持てばよいのかを例で以下にご説明します。

  • 従業員30人以下で風通しがよく20代後半でも意見が言える会社を選ぶ
  • 女性でも10年20年と長く働ける、活躍できる会社を選ぶ
  • 月の残業が20時間以下など仕事とプライベートの両立がしやすい会社を選ぶ

これは一例ではありますが、具体的に数値で会社選ぶの基準を持ってください。

数値の基準が決まれば気になる会社の求人・ウェブサイトを確認してみましょう。

ウェブサイトには企業理念、社長メッセージが掲載されています。

そして採用ページには残業時間や事業内容など具体的な数値が掲載されていることがあります。

そしてこれらの情報を元に、自分が設けた基準を満たす会社かを判断してみます。

比較してみた結果、基準を満たすのであれば転職が成功する可能性が高まります

また、基準の設定や情報収集に困ったときは転職コンサルタントを利用しましょう。

設定した基準が妥当なものか、得たい情報はどこに公開されているかのアドバイスが得れます。

自分の市場価値を伝えられるようになる。ポイントは専門スキルとポータブルスキル

自分の市場価値を適切に伝える力も転職を成功させるために必要です。

説明するべきポイントとして、専門スキルとポータブルスキルがあります。

専門スキルとは、

  • 業界専門の業務スキル、それらに関連する用語
  • 会社独自のルール、マナー

といったものが挙げられます。

会社を移動すると利用することが出来ないもの、業界を移動すると利用できないものなどが含まれます。

そしてポータブルスキルとしては

  • 言語力(英語力など)
  • コミュニケーション力
  • マネジメント力
  • プログラミングスキル

などが挙げられます。

上3種類に関してはどこの会社でも通用する汎用性の高いものです。

汎用性が高いことをポータブルと呼んでいます。

プログラミングスキルは一見すると業界を移動すると利用できないと思われるでしょう。

しかし、今は様々な業界でプログラミングスキルが求められています。

そのため時代の変化に合わせてポータブルスキルと呼ばるようになっています。

転職を成功するためにはこの2つを分けて適切に伝えられるようにすることが大切です。

特に未経験への転職ではポータブルスキルをアピールすることが重要です。

自分が持つ市場価値を、スキル面から適切に説明できることが成功の鍵を握ります。

コラム:資格は不要!実績がない資格は採用で有利となりにくい

転職時に資格が必要であると思いこんでいる人も居ます。

しかし転職時に資格は不要です。

資格取得のために無駄な時間を過ごさないようにしましょう。

資格というのは実務を経験して初めて意味を成すものです。

大半の資格は技術力を証明する補助的な役割だからです。

そのため資格だけを取得しても頭でっかち状態になってしまいます

20代後半でも転職時は即戦力を求められていることが多いです。

即戦力となるのは資格がなくとも業務で実績がある人です。

資格があっても実績がない場合には評価されにくいです。

転職では資格の有無よりも、どのような実績を持っているかが重視されます。

実績に沿った資格があればそれは良いですが、それ以外は資格にこだわる必要はありません。

転職時に利用したいおすすめ転職エージェント3選

20代後半でも転職を成功させるために転職エージェントの利用をおすすめしています。

転職エージェントも数が増えましたので、私のおすすめを3つご紹介します。

リクルートエージェント

日本の転職エージェントでも最大手で特に安心感が高いです。

20代のみならず幅広い年代に対して求人を提供している転職エージェントです。

規模が大きいことから転職コンサルタントの数も揃っています

そのため自分と相性の良い転職コンサルタントと転職を進めることが可能です。

また長年の経験からコンサルタントも豊富な知識を持っています。

日本最大規模の名に恥じない転職エージェントとしておすすめです。

リクルートエージェント

  • リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1
  • 動向・事例を考慮し非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介
  • キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピール

マイナビジョブ20's

20代に特化した求人を掲載している転職エージェントです。

年齢を絞っていることで20代後半でも採用される求人が数多く揃っています。

転職コンサルタントとしては、転職を経験していない20代をサポートする体制が整っています

20代後半はまだまだ転職に不安を感じるタイミングです。

それを払拭するだけのカウンセリングがあり、転職コンサルタントも揃っている点がおすすめです。

>マイナビジョブ20'sはこちら

doda

dodaは20代の働き方をまとめた「キャリアコンパス」と呼ばれるコンテンツを提供しています。

これからも分かるように、20代に対して様々な情報提供をしています。

これらの情報はウェブサイトで公開されているだけではありません。

転職エージェントとしてさらに細かい情報が提供されるようになっています。

自分と同じ悩みを持つ人は居るのか、同年代はどのように働いているのかといった疑問も解消してもらう事が可能です。

それを踏まえて自分がどう転職するべきかを示してくれる点がおすすめです。

>dodaはこちら

コラム:面接で自分のどこが評価されたか分からない会社は避ける

面接で何を評価され採用に繋がったかが判断出来ない会社は入社を避けましょう

このような会社は個人の適性を考慮せずに採用している可能性があるからです。

通常20代後半は今後の活躍を期待して採用します。

それに加えて会社としての適性も考慮されています。

仕事ですので向き、不向きがどうしてもあるからです。

そのため面接では会社に貢献できるのかといった観点での評価があります。

しかし中にはこのような質問すら無いことがあります。

つまり採用されても、なぜ必要だと判断されたか分からないことがあります。

この他にも、会社がなぜ人材を必要としているかが分からない時も注意が必要です。

採用に関して評価された根拠が分からない会社はブラックの可能性があります。

これは単純な人手不足でとにかく人を欲している可能性があるからです。

また、採用されてからも適性を無視した人事がなされる可能性もあります。

そのような状況で長く働くことは難しいです。

20代後半という良いタイミングは転職において貴重なものです。

タイミングを無駄にしないためにも該当する会社への就職は避けましょう。

まとめ

20代後半は転職のタイミングとして良いものです。

転職する側も採用する側も利害が一致しやすいタイミングです。

ただ、何も考えずに転職しては失敗してしまいます。

転職を成功するためにはやるべきことがあるのです。

初めての転職となる場合には不安も多いでしょう。

ただ先輩方も同じように不安を持って転職されています。

転職エージェントを利用すればサポートも受けられます

これを利用することも考え、さらに良い企業と出会ってください。

       
質問・疑問・不安がある方は、
「ITエンジニアのキャリア相談室」に
いつでも、お気軽にどうぞ

ご相談はこちら

当サイトおすすめの転職エージェント

転職初心者におすすめの転職エージェント:ベスト3

リクルートエージェント

  • リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1
  • 動向・事例を考慮し非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介
  • キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピール

日本最大級の求人数!地方で働きたいひとは必須の「DODAエージェントサービス」

  • 日本最大級の転職支援実績・求人数!
  • 地方の求人も豊富!
  • 転職活動の方法がわからない方も歓迎

就活Shop

  • 最大手のリクルートグループが運営する既卒・フリーター向けの就職相談
  • 書類選考なし!面接のチャンスがある!
  • 経験の少ない20代を幅広く歓迎!社会人経験がない方でもOK!

-ここからスタート!転職の準備

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2019 All Rights Reserved.