30代転職のコツ

30代転職で失敗しない!未経験・女性・正社員も対応したおすすめ転職法のすべて

最終更新日:

30代の転職は20代と違い不安を感じている人が多くいます。

共通する悩めみは次のようになります。

  • 「30代後半でも転職できる?」
  • 「未経験のお仕事でも大丈夫?」
  • 「女性はどうしたらいい?」
  • 「30代での転職で失敗したくない」

たしかに私自身も30代で転職したとき、これまでのスキル・経験・考え方を細かく確認され、転職難易度が上がっていることを感じました。

20代のときに感じた「大目に見る」といった感じはなく、かなりシビアに選考されています。

一方で、面接官の立場も経験しました。

100人以上の書類や面接の経験から、落ちる人の傾向や未経験から活躍する人の特徴などが分かってきました。

この記事ではそのノウハウをすべてまとめています。

この記事を読めば30代転職の失敗を回避し、希望する転職にグッと近づきます。

おすすめはこの記事をブックマークしていただき、面接の前にチェックする方法です。

面接前に読み返すことで、回避できることも多くあります。

スムーズに転職するためにもぜひお読みください。

【結論】即戦力なら
「ITエンジニア」

ITエンジニアは求人倍率8倍と全職種の中で一番募集されている職種です。

人材不足が深刻化しているため、スキルレベルや経験が問われず採用されます。

実際に3ヶ月程度の勉強での転職事例は山程あり、TECH::EXPERTというスクールでは98%の人が転職に成功しています。

さらに転職保証があるため失敗したら受講料の返金をしてもらえるため安心して受講できます。

ちなみに30代・40代で転職に強いのはTECH::EXPERTくらいしかなく、人気で受講枠がすぐ埋まるので早めに無料相談することがおすすめです。
(※TECH::EXPERTの無料相談はこちらからできます

30代から本気で目指すならITエンジニアは非常におすすめのスキルです。

【急募中】年収600万円の可能性が十分にあります!

年収600万円・土日休み・残業なし」などなど高待遇の求人気になりますよね。

でも意外にも「どうやって決めたらいいか分からない」と、よく悩み相談を受けます。

たしかに「人間関係・将来のキャリア・業界」など考慮しないといけないことがたくさんあります。

そこをうまく転職する人は転職エージェントを活用している傾向です。

年齢や経験に悩みつつも高待遇の転職に成功しています。

特に評判がいいのはビズリーチです。

年収が600万円を超える求人が多く、経歴を登録するとスカウトが来ます。

「年収を上げたい!」という方が利用しており良い評判もよく聞きます。

スマホでも3分程度で登録でき無料です。

年収を上げたい方は今すぐ登録だけでもしてみましょう。

https://www.bizreach.jp/
スカウトが届く!ビズリーチ

30代の転職は可能!ただしブレないキャリア感は必要

結論からお伝えすると30代は転職は可能です。30代前半でも後半でも転職できます。

実際、3人に1人は30代による転職です。

30代でも転職できますので不安を感じる必要はありません。

ただし20代と比べると難易度は高くなっている点にご注意ください。

30代で一番求められることは、「即戦力」や「経験」です。

これまでの会社でどのような経験をしてきたのかがとても重要になってきます。

自分が転職したい企業、職種で「どのような能力が活かせるのか」が志望動機として強くアピールする部分ですので、客観的に自分自身のことをよく分析しておきましょう。

この部分がしっかりと説明できるようであれば、異業種でも転職することは可能です。

就きたい職種に活かせる「共通」のスキルをできるだけ多く洗い出しておきましょう。

面接ではブレない芯のある心意気がとても大切になってきます

続いては転職先の選び方について解説していきたいと思います。

これまでの経験を活かした転職活動ができるのも、30代ならではと言えます。

【急募中】年収600万円の可能性が十分にあります!

年収600万円・土日休み・残業なし」などなど高待遇の求人気になりますよね。

でも意外にも「どうやって決めたらいいか分からない」と、よく悩み相談を受けます。

たしかに「人間関係・将来のキャリア・業界」など考慮しないといけないことがたくさんあります。

そこをうまく転職する人は転職エージェントを活用している傾向です。

年齢や経験に悩みつつも高待遇の転職に成功しています。

特に評判がいいのはビズリーチです。

年収が600万円を超える求人が多く、経歴を登録するとスカウトが来ます。

「年収を上げたい!」という方が利用しており良い評判もよく聞きます。

スマホでも3分程度で登録でき無料です。

年収を上げたい方は今すぐ登録だけでもしてみましょう。

https://www.bizreach.jp/
スカウトが届く!ビズリーチ

未経験で30代の転職をしたいなら募集が豊富な異業種を狙う!

未経験でSE転職

30代でも未経験の仕事に転職は可能です。

ただコツがあります。

未経験には「異業種」「異職種」の2つの意味があります。

  • 異業種:金融の営業担当者が不動産の営業をするように違う業界で働くこと
  • 異職種:営業の人がITエンジニアをするようにまったく違うスキルで仕事をしていくこと

実は、この「異業種」と「異職種」のどちらを選ぶかによって求人の量が大きく変わります。

具体的にお伝えすると、経験不問の求人の割合は次のようになります。

  • 異業種:50%
  • 異職種:8%

つまり、求人の量が豊富な異業種への転職のほうが5倍以上転職しやすいのです。

スムーズに30代から未経験のお仕事に転職したい方は「異業種」がおすすめです。

特に30代後半の方は迷わず「異業種」をお選びください。

「異職種」を受けたい方は30代前半までです。

転職は選考に3ヶ月かかることもざらにありますので今すぐ受けたほうが良いです。

転職エージェントで紹介してもらうと良いです。

ちなみにおすすめは求人量で実績の多いリクルートエージェントです。

もっと詳しく知りたい方は30代転職を未経験から挑戦!失敗せずに転職を実現する2つのコツをご覧ください。より具体的に紹介しています。

30代の場合、20代で培ったスキル・経験が誰にでもあるはずですのでそれを活かして異業種への転職を検討してみましょう。

そのためにも、自分の強み・貢献できるポイントを自己分析することが30代転職の成功の近道となります。

こちらについては「30代転職が成功する人の傾向」でしっかりと具体的な方法を紹介いたします。

次では「異業種」ではなく「異職種」を検討している方へ、具体的な転職成功へのステップアップをご紹介いたします。

未経験の職種に転職したい方は30代前半まで!具体的な11個の選択肢

「職種を変えたい」という方は、こちらでチェックしましょう。

ストレートにお伝えすると「職種を変える」ということは「キャリアチェンジ」ということになります。

このような転職は育成枠である20代では成功しやすいですが、30代は厳しくなります

そこで30代前半までならなんとかキャリアチェンジが目指せる職種を厳選いたしました。

プログラマー

WEB系の開発環境

システムエンジニア(SE)やWEBエンジニアなどの職種をひっくるめてプログラマーと言います。

ネットワーク社会の現代には欠かせない「手に職」となる業種であります。

プログラミング言語、ソフトウェア、ゲーム作成など一口にプログラマーと言ってもジャンルは多岐に渡ります。

ファイナンシャルプランナー

人生設計をしていく上で欠かせない、結婚、出産、マイホーム購入などライフプランニングの相談に乗る仕事です。

ファイナンシャルプランナーになるためには、FP技能検定という国家資格を取得する必要があります。

資格取得の勉強を通じて、自分自身の人生設計も見直すことができる実用的な資格となります。

社会保険労務士

社会保険や労務管理に関するスペシャリストを目指す方は、社会保険労務士試験合格を目指しましょう。

非常に難易度の高い国家資格なのですが、企業からの需要も高いため転職で強みとなる資格です。

試験合格後も2年間の実務経験や講習などを受講していく必要があります。

中小企業診断士

企業に対して経営状況を分かりやすく分析し、コスト削減や売り上げアップに関するアドバイスなどを行うコンサルタント業務です。

経営に関する幅広い知識と法律にも強くなる必要があります。

ハードルの高い国家資格なため、企業からの評価も高い資格となっています。

宅地建物取引士

宅建

不動産取引を行う上で欠かせない資格となります。

不動産売買は非常に高額な取引となるため、第三者として宅地建物取引士が契約書類の確認、契約事項の説明を行います

不動産業界では重宝される資格であり、常に人気のある国家資格です。

日商簿記

昔から資格言えば「簿記」というくらい今でも人気のある資格です。

経理など会計業務に携わるようであれば是非とも取っておきたい資格となります。

経理関係の書類作成や、財務表の作成など企業の財務状況を分析、把握することができます。

公認会計士

資格の中では弁護士、医師に並んで最難関とも言える国家資格です。

主な業務は上場企業の決算書類を監査する仕事になりますので、非常に重要な仕事に携わることができます。

財務表を分析し、企業の経営状況を読み解くだけでなく、経営コンサルティング業務を行ったりもできます。

公認会計士合格後も2年以上の実務経験と、終了考査という筆記試験を受験する必要があります。

地方公務員上級・国家一般職

地方公務員の中でも幹部候補として扱われるのが地方公務員上級となります。

政策の企画や立案に携わる仕事となります。

また、国家一般職は各省庁での事務、総合職が主な業務になってきます。

どちらも重要な立場で働くことができますが、大卒程度のレベルで合格できますので、しっかりと対策を練ってトライしてみましょう。

税理士

会計士ほど難易度は高くないものの、取得が難しい国家資格の一つでもあるのが税理士となります。

中小企業や個人を相手に税金や会計業務のサポートを行います。

一般的には税理士事務所で働きながら勉強し、5科目を一つずつ受験していく方法があります。

行政書士

弁護士や会計士同様に法律に詳しくないといけないため、難易度の高い資格となります。

各省庁など行政に提出する公的な書類の作成、申請を行う仕事となります。

会社の設立書類、飲食店の営業許可申請なども行政書士が作成を行います。

ケアマネージャー

介護を必要とする方へのケアプランの作成業務、介護士の管理に携わる仕事になります。

正式な名称は「介護支援専門員」と言い、高齢化社会の現代においては欠かせない存在となります。

資格取得には介護だけの知識だけでなく、医療や福祉の知識も必要とされます。

難易度はそこまで高くありませんが、実務経験が5~10年と受験資格の要件を満たす必要があります

ここでご紹介した職種はあくまで一例となります。

ご自身の今現在のスキルと、将来何を目指したいのか、本当にやりたい仕事なのかを自問自答しながらよく検討してみましょう。

もっと詳しく知りたい方は「【成功の法則】職種未経験の転職は30代前半まで!30代後半は異業種を狙う!」もご覧ください。

【成功の法則】職種未経験の転職は30代前半まで!30代後半は異業種を狙う!

「30代だけど職種を変えたい!」 未経験の職種に30代で転職することは、簡単ではありません。 でも無理ではないのが事実で ...

続きを見る

続いては30代女性の働き方について解説していきたいと思います。

コラム:30代女性は「働き方」を明確にしよう

すでに30代の方で長期的に働着たい方は、何がなんでも正社員にこだわってください。

契約社員や派遣社員のまま40代になると正社員はほぼ不可能となってきます。

また、仕事とプライベートの「ワークライフバランス」も意識しましょう。

男性と比べると女性は夫の転勤や出産、育児などの都合でキャリアの見直しが必要になるケースがあります。

転職直後に退職や産休はお互いに気まずいですので事前に働き方を決めておきましょう。

選考の場でも探られる可能性があります。

詳細は「【30代・女性のかんたん転職】未経験の仕事を失敗せずにはじめるアドバイス」をご覧ください。

ストレスフリー
【30代・女性のかんたん転職】未経験の仕事を失敗せずにはじめるアドバイス

「30代未経験で働けるかな?」 とくに女性の転職は非常に悩ましいものです。 既婚・未婚、子供、家庭の状況など環境に左右さ ...

続きを見る

具体的な選択肢を紹介しています。

コラム:30代から公務員への転職も可能!

安定した転職先を求めて公務員を検討する人は少なくありません。

もちろん、30代でも公務員への転職は可能です。

ただし、募集している職種によって年齢制限が設けられているので事前に確認しておきましょう。

30代で公務員試験を応募するには、「地方公務員の一般募集を受ける」「民間企業経験者枠で申し込む」の2パターンあります。

それぞれの応募方法には違いがありますので、解説していきたいと思います。

パターン1:地方公務員の一般募集を受ける

公務員に転職するための一つ目の手段として、各自治体が募集している求人に応募するパターンです。

実際に住んでいる地域の自治体だけでなく、希望する地域への応募も可能となっています。

注意点としては、常に募集している訳ではないことと、年齢制限を設けていることがありますので、こまめにホームページなど求人情報をチェックしておきましょう。

パターン2:民間企業経験者枠で申し込む

二つ目の手段として、民間企業での経験を活かして転職するパターンです。

応募する職種はこれまでの経験を活かせるジャンルで、専門性を活かした転職となります。

一口に公務員と言いましても、事務作業から設備保全など多岐に亘りますので、培ってきた経験が活かせるかが鍵となります。

30代であっても、必要な要件を満たしていれば公務員へのシフトチェンジも「可能」だということがお分かりいただけましたでしょうか。

興味を持った方は「30代から公務員へ転職は可能!外してはならないポイントを分かりやすく紹介!」も合わせてご覧ください。

より具体的に紹介しています。

30代から公務員へ転職は可能!外してはならないポイントを分かりやすく紹介!

「30代から公務員に転職できるのかな?」 そんな心配を多く聞きます。 結論からお伝えすると 30代でも公務員への転職はで ...

続きを見る

続いては転職に際しての「資格」の有無について検証していきましょう。

コラム:未経験の転職でも資格は不要!「資格なし」でも若さを活かして転職しよう

「資格がないと転職には不利」「転職するために資格を取ろう!」というキャッチフレーズを巷の広告やネットでよく目にしますが、30代の転職で資格にこだわる必要はありません

なぜなら30代という「若さ」と20代にはない「経験」が転職先で即戦力として扱われるからです。

資格ばかり持っていても職場で活かせないのでは意味がありません

企業はそのあたりをよく知っていますので、エントリーシートや面接の場では「即戦力」として働けるアピール材料を整理整頓しておきましょう。

続いては転職の成功率を上げるためのポイントをご紹介していきます。

避けるべし!30代転職で失敗しがちな人

転職活動を進めていく上で、「転職を失敗しやすい人」の特徴があります。

この部分について気づけるか、気づけないかで転職の成功率は大きく変わってきます。

具体的なポイントは次のとおりです。

30代転職で失敗しがちな人の特徴

  • 失敗1:市場価値が自己評価より低いときは失敗する
  • 失敗2:転職の目的・動機があいまいな人は失敗する
  • 失敗3:キャリア・興味・してきたことに一貫性がない人は失敗する
  • 失敗4:即戦力にならない人は失敗する
  • 失敗5:企業への貢献意欲がない人は失敗する
  • 失敗6:努力出来ない人・努力できることを伝えない人は失敗する
  • 失敗7:受け答えが浅いひとは失敗する
  • 失敗8:不満だけ言う人は失敗する
  • 失敗9:面接対策をしない人は失敗する
  • 失敗10:年収にこだわる人は失敗する
  • 失敗11:転職回数が多い人は要注意!キャリアの一貫性を語れない人は失敗する
  • 失敗12:転職先をしっかり調べない人は失敗する
  • 失敗13:相談しない人は失敗する
  • 失敗14:行動しない人は失敗する

14個もあると忘れてしまいそうですが、これを意識するだけ本当に合格がグッと近くなります。

1つでも当てはまるものが見つかった人、転職活動を甘く考えていた人、これから転職活動をはじめる人は、転職活動の戦略を見直してみましょう。

しっかりと解説している記事がありますのでぜひブックマークして面接の前に対策をしてください。

【保存版】30代転職が知るべき失敗する14パターンと成功する4つのコツ

20代と違い、30代の転職は難易度がグッと高くなっています。 精神年齢が20代のままで転職活動をすると例外なく書類選考や ...

続きを見る

では、「どんな人が転職に成功するのか?」を分析しましたので引き続きご覧ください。

30代転職が成功する人の傾向

転職を失敗させないためにも押さえておきたい4つのポイントをご紹介いたします。

悔いの残らない転職活動にするためにも、是非とも意識していただきたい内容をまとめました。

30代転職で成功する人の特徴

  • 成功のコツ1:転職で必ず実現したいことを明確にする
  • 成功のコツ2:採用担当者の目線で自分を評価する
  • 成功のコツ3:自分の強み・弱み・興味あることを自己分析し、客観的・具体的に伝えられるようにする
  • 成功のコツ4:転職エージェントに相談する

以上、転職に成功するポイントをまとめてみましたが、転職に失敗するポイントと、転職で考えておくべきことを押さえておくことで、転職の成功率も高くなることが予想できます。

【保存版】30代転職が知るべき失敗する14パターンと成功する4つのコツ

20代と違い、30代の転職は難易度がグッと高くなっています。 精神年齢が20代のままで転職活動をすると例外なく書類選考や ...

続きを見る

また、転職を成功させるには、その道の専門家を利用するのも秘訣です。

そこで最後に、30代の転職で「絶対に成功したい人」にオススメな、信頼できる転職エージェントをご紹介します。

【急募中】年収600万円の可能性が十分にあります!

年収600万円・土日休み・残業なし」などなど高待遇の求人気になりますよね。

でも意外にも「どうやって決めたらいいか分からない」と、よく悩み相談を受けます。

たしかに「人間関係・将来のキャリア・業界」など考慮しないといけないことがたくさんあります。

そこをうまく転職する人は転職エージェントを活用している傾向です。

年齢や経験に悩みつつも高待遇の転職に成功しています。

特に評判がいいのはビズリーチです。

年収が600万円を超える求人が多く、経歴を登録するとスカウトが来ます。

「年収を上げたい!」という方が利用しており良い評判もよく聞きます。

スマホでも3分程度で登録でき無料です。

年収を上げたい方は今すぐ登録だけでもしてみましょう。

https://www.bizreach.jp/
スカウトが届く!ビズリーチ

30代転職の求人探しは転職サイトよりも転職エージェントがおすすめ

自分の力だけで希望している条件の求人を探し出すには時間も労力も掛かります。

忙しい30代のビジネスパーソンには、是非とも「転職エージェント」がおすすめです。

専門のエージェントと面談を通して、希望する条件や職務経歴の棚卸しなどをサポートしてくれます。

自分の強みや弱みを客観的に判断し、アドバイスしてくれますので今まで気付かなかった自分自身のスキルを見つめ直す機会にもなります。

また、面接日の調整、面接指導、履歴書の書き方など、転職するまでのフォローも一括して行ってくれる点がエージェントの強みとなります。

続いては数ある転職サイトの中から、特におすすめしたいエージェントをご紹介したいと思います。

リクルートエージェント

業界No.1の圧倒的な求人数を誇り、第二新卒から30~40代のベテラン層までの幅広い求職者に対応してくれる信頼のおける転職サイトです。

求職者に寄り添ったカウンセリングやアフターフォローに定評がありますので、転職活動を始めようと思ったらリクルートエージェントにまずは登録してみましょう。

リクルートエージェント

  • リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1
  • 動向・事例を考慮し非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介
  • キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピール

マイナビエージェント

求人数については上記のリクルートエージェントと比較して劣るものの、担当エージェンの丁寧な対応力、熱意の高さはマイナビエージェントならではと言えるでしょう。

1人に対してじっくりと時間を掛けて対応してくれることもあり、実際に利用した方々の利用満足度が高い転職サイトとなります。

マイナビージェントに相談する

DODA

リクルートエージェントに次ぐ、求人数の多さに定評がある転職サイトです。

非公開求人が多く、転職活動を行う上で仕事探しの幅が非常に広くなります。

特筆すべきはエージェントの質の高さと充実したサービスにあります。

カウンセリングはもちろんのこと、履歴書の書き方や面接対策など、実践的なサービスが非常に強みとなります。

日本最大級の求人数!地方で働きたいひとは必須の「DODAエージェントサービス」

  • 日本最大級の転職支援実績・求人数!
  • 地方の求人も豊富!
  • 転職活動の方法がわからない方も歓迎

イーキャリア

ソフトバンクグループが運営する総合転職サイトで、求人獲得力と営業力がありますので、他の求人サイトには掲載されていないようなレアな求人が掲載されていることもあります。

リクナビやリクルートといった転職サイトのようにCMなどのメディア露出が少ないため、イーキャリア経由でエントリーした場合に書類選考が通過しやすかったりします。

イーキャリアに相談する

ビズリーチ

一流のヘッドハンターや大企業、ベンチャー企業などから直接スカウトを受け取ることが出来る転職サイトです。

特にハイクラスの求人に特化していますので、即戦力としてあなたのスキルに興味のある企業からスカウトが届きます。

もちろん自ら応募することもできますので、ご希望に応じて無料サービス、有料制の会員サービスを使い分けましょう。

ビズリーチに相談する

転職活動のポイントとしては、上記の転職エージェントを複数掛け持ちすることです。

各転職エージェントが保有している求人の違い、強みがありますので、ご自身のキャリアプランに合わせて使い分けてみましょう。

続いては30代の女性にフォーカスを当てて転職活動のポイントをご紹介いたします。

コラム:30代・女性の転職はワークライフバランスの設計が重要!

30代の女性が転職する場合に気を付けて欲しい点として、将来を見据えた「ワークライフバランス」があります。

すでに既婚者の方は特に気を付けて欲しいのですが、正社員としての採用の場合、責任の重い仕事を任されたり、立場によっては転勤を命じられたりしてしまうからです。

重要なポストほどその確率は大きくなってきますので、事前にキャリアプランなどを確認しておきましょう。

仕事を任せてくれるのはありがたく、喜ばしいことなのですが、いざという時に断りづらく、職場が気まずい空気にならないよう事前に話の摺合せをしておきましょう。

ここからは30代女性の転職で押さえておきたい、3つのポイントをご紹介いたします。

ポイント1:結婚のタイミングや結婚後の勤務のイメージを考える

先程も簡単に触れましたが、女性の場合は結婚や出産といったイベントを加味しておく必要があります。

「いつごろ結婚を予定しているか」「結婚後は正社員かパート社員か」などキャリアプランを事前に明確にしておきましょう。

もちろん計画通りに人生設計が進むとは考えづらいのですが、未来予想図を描くことはとても大切です。

ポイント2:夫の転勤や仕事の都合による転職の可能性を考える

共働きの場合、特に気を付けておきたいポイントが夫の転勤です。

サラリーマンである以上、転勤はつきものですので、夫の転勤に合わせて仕事を辞めるのか、単身赴任を選択するのか事前に話し合っておく必要があります。

もちろん、女性社員でも転勤の可能性はありますので、転勤してもやり続けるのか、家庭を優先するのか検討しておきましょう。

ポイント3:育児のタイミングと育児後の勤務のイメージを考える

女性の人生設計で一番のターニングポイントとなるのは出産ではないでしょうか。

いつ頃出産を計画しているか、産後の復帰するタイミングなど、育児との両立をイメージしておきましょう。

正社員である場合、育児休業制度などもありますので、事前に制度の中身を確認しておきましょう。

もっと詳しく知りたい方は「30代女性の転職を1歩踏み出したい人に送るキャリア選びのポイント」でより具体的に紹介しています。

ストレスフリー
30代女性の転職を1歩踏み出したい人に送るキャリア選びのポイント

結婚や出産という人生のイベントも大事だけど、やっぱり仕事も続けたい! けれど今の会社だと、それはなかなか難しい。。 この ...

続きを見る

どうするべきかが分かりますのでまだ曖昧な方は必ずチェックしてください。

以上の3つのポイントを押さえていただき、ご自身のキャリアプランと人生設計を改めて見つめ直してみましょう。

まとめ

少し前までは30歳が転職できるボーダーラインだと言われてきましたが、少子高齢化の現代では30代の持つ「若さと経験」がクローズアップされています。

40歳以上は年功序列要素が強く、20代はバイタリティがなかったりといわゆる「ゆとり」感が否めません。

転職業界自体が「即戦力」を必要と感じていますので、これまでの経験を活かせる転職を検討してみて欲しいと思います。

今の職場に少しでも不満を感じているようでしたら、今回の特集を参考にしていただければ幸いだと考えております。

       
質問・疑問・不安がある方は、
「ITエンジニアのキャリア相談室」に
いつでも、お気軽にどうぞ

ご相談はこちら

当サイトおすすめの転職エージェント

30代転職に強い転職エージェント:ベスト3

リクルートエージェント

  • リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1
  • 動向・事例を考慮し非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介
  • キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピール

日本最大級の求人数!地方で働きたいひとは必須の「DODAエージェントサービス」

  • 日本最大級の転職支援実績・求人数!
  • 地方の求人も豊富!
  • 転職活動の方法がわからない方も歓迎

就活Shop

  • 最大手のリクルートグループが運営する既卒・フリーター向けの就職相談
  • 書類選考なし!面接のチャンスがある!
  • 経験の少ない20代を幅広く歓迎!社会人経験がない方でもOK!

-30代転職のコツ
-,

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2019 All Rights Reserved.