30代転職のコツ

30代転職を未経験から挑戦!失敗せずに転職を実現する2つのコツ

最終更新日:

「30代だけど、未経験で転職できるのかな?」

特別なスキルや経験、コネがない方は30代の転職に焦りを感じている方は多くいます。

注意いただきたいのは
安易に「未経験可」の求人に飛びつかないこと
です。

誰でもできる仕事は、使い捨ての人材となる可能性があります

まだ若い30代のうちに付加価値が付く転職を進めることがキャリアづくりの成功につながります。

この記事をご一読いただければ、その方法を紹介しています。

そしていち早く実践してください。

30代で未経験からの転職は正直「遅い」です。

ただし、取り返すことは可能です。

そのために「いま動く」ことが大切です。

いま動く覚悟がある方には、この記事はお役に立つでしょう。

【急募中】年収600万円の可能性が十分にあります!

年収600万円・土日休み・残業なし」などなど高待遇の求人気になりますよね。

でも意外にも「どうやって決めたらいいか分からない」と、よく悩み相談を受けます。

たしかに「人間関係・将来のキャリア・業界」など考慮しないといけないことがたくさんあります。

そこをうまく転職する人は転職エージェントを活用している傾向です。

年齢や経験に悩みつつも高待遇の転職に成功しています。

特に評判がいいのはビズリーチです。

年収が600万円を超える求人が多く、経歴を登録するとスカウトが来ます。

「年収を上げたい!」という方が利用しており良い評判もよく聞きます。

スマホでも3分程度で登録でき無料です。

年収を上げたい方は今すぐ登録だけでもしてみましょう。

https://www.bizreach.jp/
スカウトが届く!ビズリーチ

30代未経験の転職は可能!

30代は未経験で転職できる最後の年代と言えます。

ただし、30代の前半と後半では企業から求められるスキルや資質は異なります。

30代前半と後半でどうちがうかを見ていきましょう。

注意!30代前半と後半では求められる資質が違う

30代前半はたとえ未経験であっても、資質と気持ちがあれば未経験でも転職が可能です。

本人に仕事に対する明確なビジョンや熱意があり、採用担当があなたに対して将来的に業務の中核メンバーとして活躍できるだけの可能性を見出すことができれば良いということになります。

そのため、30代の未経験者で転職する人の傾向としては

  • キャリアやしたいことが明確
  • 強い志望動機
  • 地頭の良さ
  • 突破力の高さ

に優れいている人となります。

36才〜39才の30代後半になると資質だけでなく、

  • スキル
  • 経験
  • 知識
  • 人脈

などを見られ、「即戦力」として期待する求人が多くなります。

とくに管理能力を求められ、マネジメント経験があると有利になることが多いです。

このため、未経験の転職は厳しく長期化する傾向があります。

アドバイスとしては自分の強み・弱み・貢献できる事を自己認知し、伝えることが30代後半の転職成功のポイントとなります。

30代後半はスキル・経験の棚おろしをして、自分の強みを理解する

30代後半の転職は自分のこれまでの経験やスキルを棚卸しして、どういった分野で企業に貢献できるのか、自分の強みはなにかを把握しておく必要があります。

このとき注意していただきたいのが「スキル」だけに注目しないことです。

よく「開発力」や「営業力」のような「職種のスキル」だけを強みとしてあげる人がいます。

ですが、本当に「スキル」だけ強い人は専門家です。

世の中、専門家ばかりではありません。

  • 社内の人から気軽に声をかけられ、すり合わせる力が高い
  • 新しい技術やニュースをいち早く取り入れる人・幅広い知識でディレクションができる人
  • 与えられたミッションを自律的に推進できる突破力

など、人それぞれに強みがあります。

「どんなスキルを保有し、どんな形で発揮できるのか?」を過去の実績・経験をもとに伝えられるようになりましょう。

自分ひとりだけでは棚おろしが難しい場合は、知人や同僚などから意見を言ってもらうと突破口が見えたりします。

【急募中】年収600万円の可能性が十分にあります!

年収600万円・土日休み・残業なし」などなど高待遇の求人気になりますよね。

でも意外にも「どうやって決めたらいいか分からない」と、よく悩み相談を受けます。

たしかに「人間関係・将来のキャリア・業界」など考慮しないといけないことがたくさんあります。

そこをうまく転職する人は転職エージェントを活用している傾向です。

年齢や経験に悩みつつも高待遇の転職に成功しています。

特に評判がいいのはビズリーチです。

年収が600万円を超える求人が多く、経歴を登録するとスカウトが来ます。

「年収を上げたい!」という方が利用しており良い評判もよく聞きます。

スマホでも3分程度で登録でき無料です。

年収を上げたい方は今すぐ登録だけでもしてみましょう。

https://www.bizreach.jp/
スカウトが届く!ビズリーチ

キャリアが不安ならスキルを身につける!

まったくの未経験で業界に飛び込むには勇気が必要です。

しかし、あらかじめ資格や知識を身に着けておけばある程度は不安を解消することができます。

ここではスキルを転職前に身につける方法を紹介します。

スキルを身につける方法は職業訓練か民間のスクール

即戦力になれるようなスキルや知識がないのであれば職業訓練コースや民間のスクールに通うことで補うことが可能です。

スクールに通うことで

  • 一定ラインの知識・スキルを持っている
  • 自分でスキルを習得できる週間がある

ことをアピールすることができます。

次では、どのようなスキルを身につけるべきか紹介していきます。

キャリアに困らない30代におすすめのスキル4つ

「時間とお金をかけて得るべきスキルは何を選べばよいの?」

と悩まれる方が多くいます。

私のアドバイスは、

  • 習得が容易:(=半年程度で卒業できる)
  • 社会的な需要がある:(=求人倍率が高い分野)

といったスキルを習得することをおすすめしています。

この2つから身につけるべきおすすめのスキルは次の表のとおりです。

スキル 職種 おすすめの民間スクール
IT分野 WEB系ソフトウェア開発技術者
サーバー管理者
システム管理者
ネットワーク技術者
DMM WEBCAMP
CodeCampGATE
テックキャンプ プログラミング教養
医療事務分野 医療事務員
調剤薬局事務員
歯科助手
大原(医療事務)
日本医療事務協会(調剤薬局事務)
ニチイ(歯科助手)
営業・販売・事務分野 経理事務員
貿易事務員
不動産営業員
TAC(経理事務員)
ヒューマンアカデミー(貿易事務員)
LEC(不動産営業)
電気関連分野 電気機械組立工
電気機械器具修理工
電気配線工事作業員
諒 設計アーキテクトラーニング(CAD)
日本工学院(電気工事)

参考:職種別の求人倍率を知りたい方は「転職者の平均年収、IT関連が高騰 上位20のうちIT、企画が半数」をご覧ください。

とくにおすすめはITエンジニアです。

少なくとも20年間はずっと人材不足で、今後も不足の予想が経済産業省が発表しています。

DMM WEBCAMP

  • コロナ対策のためカウンセリンはオンラインで実施!
  • 毎日11時〜22時まで通い放題!2020年4月からオンライン受講も完全対応!
  • 転職成功率は98%!20代に強い!
  • 転職保証も付く圧倒的な自信!SNSの評判も高い!
学べるスキル
  • フロントエンド:HTML、CSS、JavaScript、jQuery
  • バックエンド:Ruby、Rails、MySQL
  • インフラ:AWS(EC2、ELB、RDS)
料金 20,204/月〜(税別)
オンライン教室 ◯:2020年4月よりオンライン完全対応
受講形態 セミナー形式&自己学習、オンライン講座・オンライン相談
スクールの場所 東京(渋谷区、新宿区)、大阪(難波フロントビル校、難波御堂筋センタービル校)
就職のサポート
  • 受講生全員に転職を保証(転職できなかったら受講料全額返金)
  • 3ヶ月の転職サポート付き(オンライン講座は12ヶ月の転職サポート)

人気のため受講できる人数に制限がありますので、早く申し込むことがおすすめです。

コラム:女性におすすめのスキルは「経理・会計スキル」

ストレスフリー

すでに専門的な業務知識やスキルを身につけている人を除き、女性におすすめなのは経理・会計に関するスキルです。

経理の職種というのはどこの会社にも存在しているにもかかわらず、一定の専門性が求められる仕事です。

一度経理として働くことができれば、「経理実務経験者」という肩書がつくだけでなく、スキルを磨けば専門性を高められて、キャリアアップにもつなげやすい傾向があります。

経理関連の資格の代表格である「日商簿記検定」は3級、2級であれば数カ月の勉強で取ることができる難易度なので、誰でもチャレンジしやすいといえます。

【急募中】年収600万円の可能性が十分にあります!

年収600万円・土日休み・残業なし」などなど高待遇の求人気になりますよね。

でも意外にも「どうやって決めたらいいか分からない」と、よく悩み相談を受けます。

たしかに「人間関係・将来のキャリア・業界」など考慮しないといけないことがたくさんあります。

そこをうまく転職する人は転職エージェントを活用している傾向です。

年齢や経験に悩みつつも高待遇の転職に成功しています。

特に評判がいいのはビズリーチです。

年収が600万円を超える求人が多く、経歴を登録するとスカウトが来ます。

「年収を上げたい!」という方が利用しており良い評判もよく聞きます。

スマホでも3分程度で登録でき無料です。

年収を上げたい方は今すぐ登録だけでもしてみましょう。

https://www.bizreach.jp/
スカウトが届く!ビズリーチ

経理という仕事は業界未経験であっても知識やスキルをそのまま持ち越すことができます。

まさに「手に職」をつけられるという点でもメリットがあるのです。

また、経営的な思考が身につくので、企業の経営状態を把握してアドバイスをすることもできるようになれば、どこの企業からも必要とされる人材になることができるでしょう。

もし、未経験の職種にチャレンジにまだ不安があるかたは

も合わせてご確認ください。

「未経験の職種に転職できるのは何歳まで可能か?」

など具体的な内容を解説しています。

【成功の法則】職種未経験の転職は30代前半まで!30代後半は異業種を狙う!

「30代だけど職種を変えたい!」 未経験の職種に30代で転職することは、簡単ではありません。 でも無理ではないのが事実で ...

続きを見る

ストレスフリー
【30代・女性のかんたん転職】未経験の仕事を失敗せずにはじめるアドバイス

「30代未経験で働けるかな?」 とくに女性の転職は非常に悩ましいものです。 既婚・未婚、子供、家庭の状況など環境に左右さ ...

続きを見る

未経験可の求人は、求人サイトで把握してからプロに相談がベスト

プロに頼る

未経験可の求人を探したいのであれば求人サイトで情報収集したうえで、転職エージェントを利用すると効率的に転職活動を進めることができます。

それぞれのメリットとデメリットを確認してみましょう。

求人サイトのメリット・デメリットとおすすめランキング

求人サイトのメリットは「場所を選ばず大量の求人情報にアクセスできる」という点でしょう。

パソコンやスマホを使えば職場からでも自宅からでも求人情報をチェックできます。

デメリットは「知らず知らずの内に選択肢を狭めてしまう」という点が挙げられます。

自分の本来の資質に気づくことができず、先入観から無意識に企業を選んでしまう可能性があります。

求人サイトおすすめランキング

1位:リクナビNEXT
転職するならまずはリクナビNEXTに登録しておくべし、と言われるほどの大手です。

30代では欠かすことのできない転職サイトと言えます。

求人案件の多さからも未経験求人も豊富に取り扱っているのが特徴です。

2位: DODA
業界大手のDODAは30代の求人も多い転職サイトです。

取り扱っている求人数も豊富なので、幅広い選択肢を持つことができます。

合格診断やキャリアタイプ診断などの各種ツールだけでなく、転職セミナー、転職フェアなども開催しています。

3位:@type転職エージェント
30代の転職に定評があり、首都圏を中心に全国の求人を取り扱っています。

スカウト機能もあるため、効率的に求人情報を集めることができます。

転職エージェントのメリット・デメリットとおすすめ・ランキング

転職エージェントは「エージェントが転職ノウハウを教えながら代わりに話を進めてくれる」という点がメリットです。

転職活動は誰でも不安を抱えながら進めます。

経歴書や面接対策など、どうすれば正解なのかが分からないという人は非常に多いです。

転職エージェントを利用すれば、経歴書の添削や面接対策もサポートしてくれるので、不安を解消しながら進められます。

また、自分だけでは気づかない可能性を客観的に分析してくれるので、思いもよらない企業と出会える可能性もあります。

デメリットは「転職エージェントのコンサルタントによってはアタリハズレがある」という点でしょう。

コンサルタントも人ですので個性があります。

自分とは合わないコンサルタントが担当になってしまうと、「これじゃない」という違和感を覚えながら転職活動をしていくことになってしまいます。

そういった場合は勇気を持って担当の変更を申し出ましょう。

転職エージェントおすすめランキング

1位:DODA
他のサイトでは取り扱っていない非公開求人を多く扱っているDODAのエージェントサービスを利用すれば、有利に転職を進めることができます。

転職サイトのDODAと併用することができるので、各種サービスを使いながら転職慣れするにもおすすめのエージェントです。

2位:マイナビエージェント
20代、30代の転職に強いという特徴を持つエージェントです。

IT系、メーカー系の求人を多く取り揃えているので、そちらの業界に興味がある人は登録しておいたほうが良いエージェントでしょう。

3位:リクルートエージェント
人材大手のリクルートが運営するエージェントです。

各業界に幅広いパイプを持っているため多種多様な求人案件を取り扱っています。

30代以上の中高年向けの転職にも柔軟に対応してくれるので、転職成功率を高めることができます。

コラム:成功のポイントは行動力と相談

活躍

転職というのは「思い立ったら吉日」という言葉がぴったり当てはまります。

なぜなら、「転職したい!」とその時は強く思ったとしても、時間が経つにつれてその思いは薄れていってしまうためです。

まずは転職サイトや転職エージェントに登録するなど、行動することが大切です。

特に将来のキャリアが今の職場にないと考える人は絶対に求人サイトだけでも登録してください。

年齢を重ねるだけ不利になるためです。

求人サイトに登録すれば、求人の紹介メールやすべきことがメールで教えてもらえます。

一歩を踏み出すことが転職成功のカギとなります。

また、転職サイトに登録したものの、エントリーするまでが腰が重くてなかなか進まない。

企業がたくさんありすぎて決められないまま、いつの間にかモチベーションが下がってしまって挫折。

変わらず会社に通っているという人も少なくありません。

独力で転職活動をするというのはかなりのエネルギーとモチベーションを必要とします。

そういう意味でも転職エージェントを利用しながらコンサルタントと一緒に転職を進めるのは効果的です。

不安があれば相談して、悩みを解決しながら転職活動を進めることができるのです。

コラム:30代未経験の転職は年収ダウンを覚悟しよう

転職

30代でまったく知らない業界に飛び込むということは、これまでのキャリアをリセットするということになります。

新しい職場では「新人」と同様に扱われることになり、当然給料も減る可能性が大きいでしょう。

転職というと「キャリアアップ+収入アップ」というイメージがあるかもしれませんが、未経験の場合は当てはまりません。

自分の可能性を信じて未経験の業界に入るということは決して悪いことではありませんが、相応のリスクを負うことになるということは覚悟しておきましょう。

まとめ

未経験の業界に転職するのは30代がラストチャンスと言えます。

つまり、内定をもらって働きだしてみたら「思っていたのと違った」は許されません。

確実に自分に合った企業に就職するためにも、社風や企業理念なども把握している転職エージェントを利用しない手はありません。

ここでこういったサービスを知ることができたのは、明るいキャリアパスを歩み出すための重要な第一歩です。

自分の将来のためにも転職を成功させてください。

IT転職エージェントランキング
       
質問・疑問・不安がある方は、
「ITエンジニアのキャリア相談室」に
いつでも、お気軽にどうぞ

ご相談はこちら

当サイトおすすめの転職エージェント

30代転職に強い転職エージェント:ベスト3

リクルートエージェント

  • リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1
  • 動向・事例を考慮し非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介
  • キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピール

日本最大級の求人数!地方で働きたいひとは必須の「DODAエージェントサービス」

  • 日本最大級の転職支援実績・求人数!
  • 地方の求人も豊富!
  • 転職活動の方法がわからない方も歓迎

就活Shop

  • 最大手のリクルートグループが運営する既卒・フリーター向けの就職相談
  • 書類選考なし!面接のチャンスがある!
  • 経験の少ない20代を幅広く歓迎!社会人経験がない方でもOK!

-30代転職のコツ
-,

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2020 All Rights Reserved.