30代転職のコツ

30代女性の転職を1歩踏み出したい人に送るキャリア選びのポイント

最終更新日:

ストレスフリー

結婚や出産という人生のイベントも大事だけど、やっぱり仕事も続けたい!

けれど今の会社だと、それはなかなか難しい。。

このように感じているにもかかわらず、新しい一歩を踏み出せない人も多いのではないでしょうか?

人生は人によって異なるものですし、価値観も違うもの。

同じ所にいるよりも、自分にとって生活のしやすい場所に移動することも時には大事なことです。

今回は、結婚・出産・離婚・独身などのさまざまな30代女性の境遇を考慮したうえで、転職の具体的な進め方を紹介します。

この記事には、あなたらしい一歩を踏み出せるように基本的な考え方から具体手な進め方があります

ぜひご一読ください。

【高待遇を探している方へ】

年収600万円・土日休み・残業なし」などなど高待遇の求人気になりますよね。

でも意外にも「どうやって決めたらいいか分からない」と、よく悩み相談を受けます。

たしかに「人間関係・将来のキャリア・業界」など考慮しないといけないことがたくさんあります。

そこをうまく転職する人は転職エージェントを活用している傾向です。

年齢や経験に悩みつつも高待遇の転職に成功しています。

特に評判がいいのはリクルートエージェントです。

求人の量が圧倒的で選択肢が多いことで定評があります。

高待遇の転職に一歩を踏み出したい方は登録してみてはいかがでしょうか?

無料で利用できスマホでもすぐに登録できます。

動いた人から少しずつ人生が変わっています。

https://www.r-agent.com/
リクルートエージェント

女性の30代の転職は旦那の転勤・家事・育児・独身など人によって様々

30代の女性の転職において大切なことは、

  • 既婚・未婚
  • 子供の有無
  • キャリア志向であるかどうか

などあなたが置かれている環境を考えてみましょう。

状況を整理して、何が優先事項なのかを考え、その場面に合わせた転職プランを考えることをしてみましょう。

旦那の職業は転勤が多い、子供がまだ小さく手が離せない、独身なのでバリバリのキャリアパスを歩みたいなど、様々な人がいると思います。

悩みの多い順におすすめの転職を紹介していきます。

30代で子持ちの女性は大企業がおすすめ

30代で育児にもキャリアにも、真剣に取り組みたいあなたには大企業がオススメです。

大企業の定義は

  • 従業員が1000名以上
  • 会社設立から20年以上
  • 東証1部に上場している

のいずれかに該当する企業です。

大企業には、働く女性のためのキャリアパスが用意されいることが多いのです。

深刻な人手不足の影響や、近年になって多く取り上げられている「働き方改革」の流れを受け、一人でも多くの社員が働きやすいと思う環境づくりに取り組んでいます。

今回は、誰もが知っている大企業、富士通とP&Gの例を紹介します。

実例1:富士通の女性キャリア

言わずとしれた大企業である富士通では、「子育てママSE」が活躍しています。

子育てママの間では、「産休取得に好意的な雰囲気だった」という声がありました。

実際に富士通で働き、産休と育休を取得した上で職場復帰をはたした女性は、インタビューでこのように語っています。

「育休&産休を含めて2年2ヶ月、現場から離れていましたが、その間、上司が月1ペースで連絡をくれ、先輩ママ社員はママ友として子どもを交えて遊んでくれました。
グループ会社のママを対象にした育休社員向けの研修も用意されていたので、休んでいる間も会社と常につながっている感じがしました。」

参考:文系出身「子育てママSE」が活躍!富士通の女性が働きやすい環境づくり

参考:文系出身「子育てママSE」が活躍! 富士通の女性が働きやすい環境づくり

この女性は、「結婚、出産、育児……とライフステージが変わる中でも、挑戦したいと思っているのなら、富士通の中にさまざまなチャンスがあります」とインタビューで締めくくっています。

実例2:P&Gの女性キャリア

ファブリーズ、アリエール、パンパース、ジョイ、パンテーンなどでおなじみのP&Gでは、女性はもちろんのこと、全ての社員が働きやすい制度があります。

勤務時間を月ごとに管理するフレックス・ワーク・アワー、月に5日間、勤務場所を自由に選択できるロケーション・フリー・デー、そして会社と在宅を合わせたフルタイム勤務であるコンバインド・ワークです。

「夕食時だけは介護のために家に居る必要がある」「子どもの送り迎えをしたい」といった要望に沿う「仕事の中抜けの制度化」を実施しています。

こうした制度のおかげで、時短勤務で対応するしかなかった育児や介護が、フルタイムで働きながらできるなど、多様な働き方ができるようになっています。

参考:P&Gの「“多様性”を活かしきる」働き方改革とは?

こうした例のように、大企業では個人の働き方を尊重し、パフォーマンスを向上させるための制度が用意されていることがわかります。

大企業への転職は採用基準も高く、苦労することもあります。

時間の許す範囲で正社員への道を探し続けることが必要です。

求人サイトは、大手の求人数に強みのあるリクナビネクストがおすすめです。

転職に妥協せず、熱意を持って転職活動を続けることができれば、きっと転職への道も開くはずです。

場合によっては、転職エージェントを使って専門家と二人三脚で転職活動をすることが大切となるかもしれません。

ちなみにおすすめの転職エージェントはリクルートエージェントです。

コラム:旦那さんの転勤がある場合は派遣社員がおすすめ

転勤が多い男性と結婚したあなたには、派遣社員がおすすめです。

正社員とは違い、少しばかり不安定な立場になりますが、急な転勤などが起こっても、派遣社員であれば柔軟に対処できます。

転勤が多く育児も同時にしている場合、子供のケアや新しい環境への適応、家事とやることが多く、働くまでに時間がかかることが考えられます。

そうした場合、企業への派遣という形で働くほうが、あなたのスケジュール調整もつきやすく、働きはじめるタイミングが掴みやすいという利点があります。

派遣社員は更新ができないとか、解雇が頻繁に起こるって聞けど大丈夫?と思う人は、大手で実績のある派遣会社へと登録をしておくことが望ましいでしょう。

実績のある会社であれば、企業への交渉能力もありますし、何より派遣社員のケアに対するノウハウがあります。

転勤が多い場合は、こうした環境をうまく活用していくことが大切です。

【高待遇を探している方へ】

年収600万円・土日休み・残業なし」などなど高待遇の求人気になりますよね。

でも意外にも「どうやって決めたらいいか分からない」と、よく悩み相談を受けます。

たしかに「人間関係・将来のキャリア・業界」など考慮しないといけないことがたくさんあります。

そこをうまく転職する人は転職エージェントを活用している傾向です。

年齢や経験に悩みつつも高待遇の転職に成功しています。

特に評判がいいのはリクルートエージェントです。

求人の量が圧倒的で選択肢が多いことで定評があります。

高待遇の転職に一歩を踏み出したい方は登録してみてはいかがでしょうか?

無料で利用できスマホでもすぐに登録できます。

動いた人から少しずつ人生が変わっています。

https://www.r-agent.com/
リクルートエージェント

既婚者の30代女性はライフプランとスキル+マネジメントで転職に望むべし

既婚者でかつ、30代女性の転職活動を成功に導くには、採用する企業側の懸念事項を考えておくことが大切です。

なぜなら、既婚者で30代である場合、人生における大きなイベントが待ち構えているからです。

それは産休や育児です。

長期の休暇が懸念され、復帰後の時短勤務など、スケジュールの読めない状況が発生してしまうということです。

そうした状態で重大なプロジェクトや、長期間に渡る案件を与えるのは、企業側からするとリスクとなります。

突然プロジェクトの担当が変わってしまうのは、社内体制だけでなくクライアントに対しても迷惑のかかる場合があるからです。

こうした懸念事項に対して、あらかじめ対策をしておくなど、様々な事象をマネジメントをすることが重要となってくるのです。

例えば、出産や家事に関する働き方・ライフプランを伝えるといったことができれば有効です。

あなたがどのような働き方を望んでいて、どんなライフブランを考えているのかを、あらかじめ知ることができれば、企業側もリスクへの対応策を考えることができるからです。

では、日々の仕事の面でマネジメント力とスキルを発揮するにはどうすればよいのか、そしてそれが企業の採用意欲に直結する理由を紹介します。

スキルとマネジメント力の強化意欲で企業側も採用意欲が高まる

マネジメント力といった点では、「生産性」が意識される場面が多いでしょう。

とくに育休や産休を取得した女性は、子育てなどの負担を抱えた状態で、以前の状態へ完全に復帰するのは難しいとされています。

とはいえ、子育てしながら働くことを選んだ場合、時間的な制約のなかで働くことになります。

産休・育休の取得するまえと同等か、それ以上のパフォーマンスを出すためには『生産性を上げて働く』しか解決策はなくなります。

そうした点で有利なのが、営業や販売職といった時間に対する生産性を高めやすい職種となります。

それ以外にも、企画職やコンサルティングなどの、チーム内で仕事を分担し、働ける時間が減った分を努力でカバーできる職種も有利といえます。

子育てをしながら働く時短勤務者にとって、効率性を最重要とし、どうすれば以前と同様か、もしくはそれ以上の働きができるのかを考えるのが必要です。

そのような働く姿勢や意欲があれば、企業側もあなたの採用の意欲が高まってくるでしょう。

時短勤務だからといって甘えることなく、効率性を考えて仕事に取り組み、働く意欲を高く持っていくことが大切です。

また、出産や育児ではなく、異動や転勤が多く、長く同じ場所に留まれない場合はどうすればよいのでしょうか?

転勤や異動が多い方は、どんな場所でも求人があるスキルを身に着けよう

転勤や異動が多く、どうしても長く住み続けられない要因がある場合、どんな場所でも仕事をすぐに見つけられる「求人の多いスキル」を身につけるのも良い選択です。

たとえば看護師や栄養士、介護福祉士、保育士、経理などは、自らのスキルを売りにすることができれば、どんな場所でも比較的仕事が見つかりやすいといえます。

こうした仕事には資格が必要となりますが、一度取得できれば長く利用できるので費用対効果に優れているということができます。

そうした資格を幾つか紹介します。

場所に影響を受けない資格

場所に縛られることなく安定した職業を得られる6つの資格について説明します。

今回紹介するのは、以下の資格です。

  • 医療事務
  • 栄養士
  • 介護福祉士
  • 看護師
  • 行政書士
  • 簿記

それぞれの資格について、概要や年収、試験の難易度をチェックしていきます。

医療事務

医療事務のお仕事とは

病院などの医療機関で受付や会計、医療費の計算(レセプト業務)などを行う職種です。

現場で様々な事務をこなす医療事務は、医療機関にとって欠かせない存在となっています。

医療事務の年収

280万〜375万と医療機関の規模などによって異なります。

難易度

合格率はおおむね50~60%くらいとなっており、受験する資格によって難易度も様々です。

栄養士

栄養士のお仕事とは

栄養士とは、個人やある団体に対して「食事や栄養の指導」を行ったり、日々の献立を作成したり、食材の発注、栄養素の計算といった「食事の管理」をする仕事です。

栄養士の年収

栄養士の年収は、250万〜400万円くらいが相場となっているようです。

月収で換算すると、17万〜22万くらいとなります。

難易度

栄養士は国家試験などのない資格なので、難易度は高くありません。

厚生労働省が指定した栄養士養成施設で学び、栄養士に必要な知識や技能を身につけます。

卒業後、各都道府県知事に免許交付の申請をするだけです。

栄養士養成施設施設に入り、卒業することを目標にすると良いでしょう。

介護福祉士

介護福祉士のお仕事とは

介護福祉士は日常生活が困難な高齢者や身体、精神に障害のある人などに対して身体介護を行う仕事です。

それ以外に、周囲で介護をする家族などに対し、介護に関する相談に乗ったり、アドバイスをする役割も担っています。

介護福祉士の年収

介護福祉士の手取りは15〜17万円前後が多く、年収は250万〜400万くらいが一般的となっているようです。

給料は若干他と劣りますが、慢性的な人手不足なため、仕事を探せばすぐに見つかるという利点があります。

難易度

介護福祉士国家試験というものに合格しなければ得られない資格です。

受験資格に実務経験3年以上、実務者研修の受講必須という条件が加わり、試験の受講者数が減少しました。

しかしながら、合格率は70%を超えるので、きちんと対策を行えば難しくのない試験と言えます。

したがって、受験資格を得るまでが大変な資格と言えそうです。

看護師

看護師のお仕事とは

看護師は、治療を受ける患者さんの援助を行う仕事です。

医療チームの一員として、専門的な知識、技術に基づき、患者さんのケアや診療を手助けするのが仕事となります。

それ以外にも、患者の身体と心をサポートし、患者にとって最適な療養環境をつくることが仕事です。

看護師の年収

平均年収は519万円と、他の業界に比べて高い水準の給料を維持しています。

また、医療現場は慢性的な人不足なため、仕事も見つけやすいという特徴があります。

難易度

看護師国家資格の合格率は90%に登ると言われています。しかしながら、国家資格を受けるまでが大変です。

受験資格を取得するまでに大学や短大、専門学校にて、専門教育を数年に渡り学ぶ必要があります。

単位を取得するためにレポートや試験、臨床実習をクリアしなくてはなりません。

国家資格を受験するまでが、頑張りどころの資格となります。

【高待遇を探している方へ】

年収600万円・土日休み・残業なし」などなど高待遇の求人気になりますよね。

でも意外にも「どうやって決めたらいいか分からない」と、よく悩み相談を受けます。

たしかに「人間関係・将来のキャリア・業界」など考慮しないといけないことがたくさんあります。

そこをうまく転職する人は転職エージェントを活用している傾向です。

年齢や経験に悩みつつも高待遇の転職に成功しています。

特に評判がいいのはリクルートエージェントです。

求人の量が圧倒的で選択肢が多いことで定評があります。

高待遇の転職に一歩を踏み出したい方は登録してみてはいかがでしょうか?

無料で利用できスマホでもすぐに登録できます。

動いた人から少しずつ人生が変わっています。

https://www.r-agent.com/
リクルートエージェント

行政書士

行政書士のお仕事とは

行政書士とは、行政書士法に基づく国家資格者のことを指しています。

主な仕事内容は、他人の依頼を受け、官公署に提出する申請書類の作成や提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成などがあります。

官公署への様々な手続きの代理や書類作成を代行し、その対価として報酬を得る仕事となります。

行政書士の年収

月収にして20〜28万円が一般的となっている行政書士です。年収に換算するとおおよそ300万円となります。

年1,000万円以上稼いでいる行政書士もいるようですが、そうした人は上位数%以下とされていとなっているようです。

難易度

行政書士の合格率は、10%程度を推移するなど、かなり難しい国家試験と言えます。

予備校や資格スクール、通信講座を利用して学習するのが一般的となっています。

試験範囲が広いので、余裕を持ったスケジュールで、対策を立てるのが良いとされています。

簿記

年収
簿記のお仕事とは

資格ランキング上位に必ずランクインするといっても良いほど人気の資格。

簿記で習うことは、企業のお金の流れを帳簿上から把握して、企業活動におけるお金の一連の流れを掴むのに役立ちます。

そうした内容から、経理や営業職、販売職など広い職種に利用できる汎用せいの高い資格です。

転職や再就職、社内でのスキルアップなどに役立つ資格として人気も高いです。

簿記の年収

人気の資格として名高い簿記ですが、資格を取得したからといって年収に大きく影響を及ぼすことは少ないようです。

経理職で簿記2級を取得している場合、未経験からスタートして年収は200〜300万円、1〜2年程度で300万〜400万程度となっていきます。

資格を取得しても年収に大きな影響を与えないうえ、経験がものをいう資格といえそうです。

とはいえ、企業によっては資格手当がでる場合もあるようなので、取得しておくと良い資格といえそうです。

難易度

そんな簿記の難易度ですが、そこまで高いレベルの試験とは言えないようです。

合格率は平均して30%台とされていますが、独学でも合格している人は多いです。

より効率的に合格を目指したい人は、通信講座を利用するのも良いでしょう。

簿記2級に合格するまでに必要とされている勉強時間は、初心者で約200時間ほどで3級合格者で100〜150時間程度といわれています。

こうした資格を取得して働く以外にも、あなたの持っているスキルを活かした働き方もあります。

ここ最近で話題となっている「フリーランス」という働き方を考えてみるのも良いかもしれません。

時間や場所に制約を受けずに働く場合はフリーランスになる

時間や場所に縛られることなく、自分の裁量て働きたいと思う人には、フリーランスというスタイルで働くことも検討して見る価値があります。

フリーランスにおける代表的な職業には、次の3つがあります。

  • ライター
  • デザイナー
  • プログラマー

ここでは、この3つの職業についてご紹介します。

ライター

ライターのお仕事とは

メディアサイトの記事を執筆する仕事です。

決められたキーワードに沿って記事を書いたり、タイトルや構成をもとにして記事を書くことが多いです。

経験と実績が積み上がってくると、ライター側から企業に提案して仕事を取ることもできるようにもなります。

ライターの単価

1文字あたり何円という単価を決め、働くことが多い仕事となります。

単価の幅も広く、1文字あたり0.5円から7.0円と、受託者の実績や経験によって変わります。

仮に、文字単価2円で5,000文字の記事を10本ライティングした場合、10万円の収入となります。

ライターになるには

特別な資格や経験はありません。

一歩を踏み出してやってみるのみです。

ライターとして仕事を受けるにはクラウドワークスを利用すると一番早いでしょう。

>クラウドワークスを利用してみる

デザイナー

デザイナーのお仕事とは

デザイナーと言ってもその仕事は多岐にわたります。

例えば、チラシや雑誌、広告などのデザインをする仕事やウェブサイトのデザインを考え、実際に作る仕事、キャラクターやイラストを書く仕事などがあります。

スキルや経験もそうですが、想像力やヒラメキが必要とされる仕事で、常に新しいものを求める探究心が必要となる仕事です。

デザイナーの単価

案件によって様々となります。

一例として紹介するとレバテッククリエイターというフリーランス向け案件の紹介サイトでは、Webデザイナーで25万円くらいという目安が提示されています。

デザイナーの場合、技術や実績が問われるので、初めは低い単価の仕事からはじめていき、コツコツと自分のスキルを磨き、少しづつ単価の高い案件へと参加していくのが良いかもしれません。

デザイナーになるには

デザイナーになるにはスクールに通うことがおすすめです。

3ヶ月程度で実践的なスキルが身につきます。

デザインだけでなく、WEBの知識も付けてもらえるスクールがおすすめです。

おすすめは次の2つです。

>KENスクール

>ヒューマンアカデミー

プログラマー・WEBエンジニア

プログラマーのお仕事とは

派遣として企業に単発で常駐する仕事から、システムなどの開発案件を受託するなど、幅広い働き方ができるのが魅力的なプログラミングスキルです。

しかし経験やスキルにより優遇も変わりますし、納期という厳格な締め切りが存在するので、時によってはキツイ仕事にもなります。

ただし、今後のIT人材の人手不足の影響も受け、需要はまだまだ加速しそうなので、今からプログラミングスキルを身につけておくというのも良い選択肢となります。

プログラマーの単価

スキルや案件によってばらつきがありますが、個人事業主でプログラミングを仕事にする場合、単価の目安としては40〜60万円が挙げられるようです。

プログラマーになるには

プログラミングは難しく感じるかもしれませんが、教えてもらう環境があれば意外とかんたんに覚えられます。

実際に大手のIT企業では文系・未経験者を採用し2ヶ月程度のカリキュラムでプログラミングスキルを覚えさせています。

3ヶ月程度のスクールに通うことでプログラミングスキルは十分につきます。

最近では「転職保証付き」もあります。

プログラミングスクールの比較
社会人の就職にも強い!プログラミングスクール29校の比較おすすめ学校ランキング

「手に職をつけたい!」「強みをつけたい!」 と考えプログラミングスクールを調べると、驚くほどプログラミングスクールがあり ...

続きを見る

ぜひ検討してみてください。

参考

IT人材のフリーランス求人会社・レバテックフリーランスでは、最大月収で160万円としていますが、この場合は長年プログラマーとして仕事をこなし、実務経験が豊富な人になるでしょう。

こうしてみてきたように、自分のスキルを武器として、「単価」という働き方は、1つの選択肢として、考えてみる価値はあるのかもしれません。

ではもう一度、転職に焦点をあてて、仕事探しのポイントを探ってみます。

迷ったら適職診断!

多くの仕事を紹介していきましたが、

「何を選べばよいか分からない」

という方も多くいます。

仕事選びとなれば慎重になるのも当然です。

そこで、「適職診断」を試してみてはいかがでしょうか?

あなたの考え方に合ったお仕事を紹介してもらえます。

悩んで時間が過ぎるくらいならぜひ適職診断を受けてみてください。

【一番当たる適職診断】15サイトを徹底比較したNo1の適職診断とは

「適職診断で自分の強みを知りたい!」 就職・転職で自分をどう伝えればよいか悩む人はあなただけではありません。 「親や友人 ...

続きを見る

転職するなら新着求人をGETし高待遇をいち早く応募できるようにすることが成功のポイント

転職で成功する為のポイントは、情報をいかに早くキャッチするかも左右します。

人気の求人は倍率も高く、頻繁に出回るものではありません。

そこでオススメするのは、新着求人をいち早くゲットできるメール通知を利用することです。

インターネットが普及したいま、リアルタイムで新しい求人を探せるようになりました。

しかし、情報が多すぎると、かえってピンと来るものを探し当てるのは難しいですよね。

そこで使い勝手の良いのがメール通知です。

メール通知で求人を受けることのメリットは以下のとおりです。

  • 無料で情報を集められる
  • 登録することで非公開求人を知れる
  • 最新情報がいち早く届く

情報戦ともいえる転職活動を上手く乗り切るためにも、情報はいち早くキャッチして、興味の湧いた求人情報には、いち早くトライしてみるのが一番よいですね。

そのためにも、ぜひともメール通知をチェックして、気になる求人を集めてみてください。

まとめ

30代の女性が転職するのは、世間からみると大変なことかもしれません。

しかし、ちゃんと戦略を立てて、キャリアパスを考えることで、希望を叶える可能性はあることがわかりました。

近年は「働き方改革」の流れを受け、企業側も柔軟に対応してくれるようになりました。

転職のとき、あなたの希望も伝えておくことは、企業側も検討しやすくなることを押さえておきたいですね。

また、資格を取得してスキルを磨くことで、近年注目されているフリーランスという働き方もできるでしょう。

インターネットの発達やコワーキングスペースの充実など、フリーランスでも働ける環境が整ってきました。

ライターやデザイナー、プログラマーなど、身に付けたスキルを武器として、柔軟な働き方のできる職業を選択するのも一つの有効な選択肢と言えます。

30代女性が転職を考える場合、この記事で紹介した内容をぜひ参考にして、あなただけの転職プランを考えてみてください。

当サイトおすすめの転職エージェント

【ベスト3】当サイトおすすめの転職エージェント

IT専門!国内最大級の求人数と実績「マイナビエージェントIT」

  • 求人情報の8割が「非公開求人」で
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!
  • フリーランスに興味がある人はコチラ

高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門 「TechClipsエージェント」

  • 高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門
    80%以上が年収500万円の求人!
  • 大手転職会社にはない現役エンジニアによる親身なサポートでキャリアアップをサポート
  • エリアは首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)限定!

-30代転職のコツ
-, ,

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2018 All Rights Reserved.