40代転職の成功法則

【まだ間に合う】40代転職で失敗しがちな人の傾向と成功する人の傾向

最終更新日:

  • 「転職したいけど、スキルも経験も自信がない・・・」
  • 「家族もローンもある。40代で失敗したくない・・・」

40代となると転職時に検討すること・悩むことが多くなり、20代・30代と比べて「失敗したくない!」という思いが強くなってきます。

実際、転職の悩みは20代、30代よりも40代の方が多いです。

筆者も多くの40代転職の事例を見てきました。

結論からお伝えすると40代転職の失敗はかなりの確率で減らせます

40代の転職者に求められること、環境を正しく把握し、対処すれば不要な悩みをせずに転職できるのです。

誰でもかんたんに実践できることを紹介しています。

時間をとってこの記事をお読みいただければスムーズに40代転職を実現できるでしょう。

ぜひご一読ください。

40代転職の失敗は4個!理由と原因を知って失敗を回避!

40代の転職となると、一発で内定が出ることはほぼありません

仕事内容、上司・メンバーとの相性、募集ポジション、人柄など複数のポイントを満たさないと採用に至らないからです。

しかし、失敗の原因を見ていくと似たようなケースで失敗しているのがわかります。

失敗の理由と原因を知ることで他の人と同じ轍を踏まないようにしましょう

転職活動の進め方によくある失敗4個

転職をしようと考える人は他の人に比べるとバイタリティがあるタイプです。

しかし、勢いに任せて転職活動を間違った方法で進めてしまうと以下のような失敗をする可能性があります。

進め方失敗1:自分から職種・業種・条件を狭めている

40代ともなると自己評価が固まってしまっていて「自分はこういう人間だ」「自分にはこれしかできない」「自分にはそこまでの価値はない」と思い込んでしまっているケースが多いです。

転職活動においてこの固定観念は邪魔となります。

異業種や異職種を検討するときは同僚や家族、転職コンサルタントへの相談が不可欠です。

進め方失敗2:内定が出ない状況に我慢できず転職活動を止めてしまう

転職活動は時間が掛かります。

とくに40代ともなると簡単に内定が出ることはありません。

基本的に転職は「自分の年齢の数だけエントリーする」といわれています。

人によっては何社も落ちるという現実に耐えられず、諦めてしまうケースがあります。

「内定が出ないのは当然」という認識でいないと失敗する確率は高まります

進め方失敗3:自分の市場価値を理解していない

自分の市場価値を正確に把握している人は意外に多くはありません。

誰もが「自分の価値はこのくらい」「自分にはスキル・能力がない」というように低く見積もってしまいがちです。

これは日本人らしい考え方ですが、転職活動では失敗の原因になることがあります。

自分の市場価値を理解していないと、企業に対して自分をアピールする(売り込む)のは難しいでしょう。

進め方失敗4:転職先を決めずに退職してしまう

転職活動をしながら仕事を続けるのは大変です。

短期間で転職先を決めてしまうから辞めてしまって転職活動に専念しようと考える人もいますが、これは危険なパターン

前述のとおり、40代の転職活動は簡単には決まりません。

仕事を辞めてしまうと収入がなくなりますし、それが焦りにもつながります。

転職は落ち着いたメンタル・環境で挑むのが鉄則です。

このほか、転職活動では欠かせない書類作成で失敗することもあります。

書類選考での失敗5個

エントリーシートは企業に自分の経歴や気持ちを伝える最初の書類です。

ここで失敗してしまえば面接に進むことすらできません。

どのような失敗パターンがあるのか確認しておきましょう。

書類の失敗1:どの企業でも通用する志望動機

BtoB

何回もエントリーシートを書くのは大変です。

しかし、どこの企業にも当てはまるような志望動機は見たら一発で見抜かれます

採用担当は「うちの会社に来たいのではなく、転職したいだけなのだな」と考えるでしょう。

ありきたりな志望動機ではなく、企業のことを調査して自分がその企業でどうなりたいのか、どう貢献できるのかを伝えましょう

書類の失敗2:転職で実現したいことがあいまい

転職によって自分がどのような人間になりたいのか、新しい職場で何を実現したいのかが決まっていないと、書類選考を通過するのは難しくなります。

何かを実現したいという願望が無い、もしくはあいまいだと採用担当の印象に残りにくいのです。

書類の失敗3:転職回数が多いのに理由が書いていない

転職というのは新しい人生への始まりですが、転職される企業にとって良いことではありません。

転職が多い人は雇用する側からするとリスクになります。

転職の数が多いのであればその理由を明記しておかないと「この人はウチに来てもまた転職するかも」と避けられてしまうでしょう。

書類の失敗4:自己PRの内容が浅い

自分のことをアピールするのは転職の基本です。

転職活動は「企業に自分という商品を売り込む」活動です。

商品の良さをアピールしなければ商品が売れないのと同じように、企業に対して自分をアピールしなければ「ぜひウチで働いて欲しい」というようにはなりません。

書類の失敗5:職歴に数値を使った成果を記載していない

成果というのは数値化できるものほどアピールする力が強いです。

「営業方法を改善して部署の成績を10%上げることに成功」「売上昨対比120%を達成」のような記述は採用担当者の興味を引き、印象に残ります。

もし、数値化できる具体的な成果があるのであれば積極的に記載するのは鉄則です。

次は面接の失敗パターンを見ていきます。

面接での失敗4個

書類選考を通過した後に来る面接は、転職活動の山場です。

ここで失敗すればどれだけ完璧な書類を作ってもすべてが無駄になってしまいます。

面接の失敗1:応募企業がどんな人物を求めているか把握していない

企業が求人を出すということはそこに明確な理由があります。

その企業がなぜ求人を出しているのか、どういう人材が欲しいのかということを予測し、考察するのは面接対策の基本といえるでしょう。

どこにそのような情報があるのかというと、企業サイトにヒントはたくさんあります。

社長メッセージや企業理念、新卒採用ページ、社員の年齢構成比率などサイト上の情報はすべて目を通しておくべきです。

そこからどのような会社なのかを理解することから始めましょう。

面接の失敗2:プライドが高く業務・待遇に合わない

40代ともなると、社会人として約20年やってきたという自負があります。

しかし、転職ではこれが仇になってしまうことがあります。

前職のルールを持ち出して業務や待遇を要求するような人は面接官に良い印象を与えません

「これは自分がやる仕事じゃない」というような態度は避けるべきです。

自分がこれまでやってきたことと、転職先での業務が異なるのはある程度は当然のこと。

次の職場では上司が年下ということもありえない話ではありません。

転職したからには自分が一番下っ端であるという謙虚なマインドを持っているか、といった姿勢を面接官は見ています

面接の失敗3:転職で実現したいことを一貫して伝えられない

転職後のキャリアとしてどのようなことに取り組みたいのか、希望する待遇など、整合性を保ちながら一貫した主張ができないと落ちやすいです。

面接の失敗4:実績がないのに「気持ちだけは負けません」などポテンシャルを主張する

面接の極意にはやる気・ポテンシャルを示すことがポイントと言われることがありますが、残念ながらやる気とポテンシャルだけで採用してもらえるのは30代までです。

40代ではそのやる気に伴う実績を提示する必要があります。

やる気を示すのであれば、以前の職場で難関資格を取得した、研究熱心で売上を大幅に伸ばした、などの実績がある場合にしましょう。

コラム:40代女性に多い転職失敗

女性の転職は男性のそれとは異なる特徴を持ちます。

ここでは40代女性の転職で失敗しやすいケースを見ていきます。

女性の失敗:家庭と仕事のバランスを決めていない

家庭で家事・育児・介護などもこなしている女性の場合、転職をするにあたって家庭と仕事のバランスをしっかりと決めておかないといけません。

ここがはっきりしていないと、どこか煮え切らない主張になってしまいます。

家庭を優先させるのであれば「親の介護があるから残業は避けたい」「子どもの送り迎えがあるので時間の融通を利かせて欲しい」などしっかりと要望を伝えることです。

もしくは「仕事をバリバリこなしたい」のであればそこをアピールしておきましょう。

女性の失敗:家族・家庭の都合ばかりを伝えてしまう人

バランスを決めたからといって主張が激しすぎるのも考えものです。

自分の都合ばかりを優先して「あれはできない、これもできない」では採用する側も敬遠してしまうでしょう。

大切なのはお互いが納得できるバランスを見出すことです。

雇ってもらうからには結果もしっかり出し、家族・家庭も大切にしていきたいと伝えることが大切です。

40代転職で失敗する共通の特徴は「自分を知らず、場当たり的な人」

40代の転職

ここまでの失敗事例を見てくると以下のような人物像が見えてきます。

  • 自分の強み・弱みを客観的に把握出来ていない人
  • 自分の市場価値を把握していない人
  • 将来したいことが分かっていない人
  • 短期目線で場当たり的な行動・発言しかしない人

さらに、これらを総合的に考えると「準備不足」という言葉に集約されてくるでしょう。

自分の能力を分析し、企業を分析し、自分の将来をプランニングできていないから失敗するのです。

こうしてみると至って当たり前のことだということがわかるのではないでしょうか。

さらに、ここから一歩進んで転職で成功する人の特徴を見ていきましょう。

40代転職の成功者を知ってスムーズに転職する

40代で転職に成功するためには必要なことは以下にまとめてあります。

ポイントは「計画的であること」です。

自分の棚卸しがしっかりできている

自分について理解していない人は自分を売り込むことができません

そのためには自分の能力・経験を棚卸しすることが最重要です。

自分という商品を売り込むためには商品の良いところを知らないといけません。

転職に成功する人は自分という商品の強みやアピールポイントを知っているものです。

まずはじっくり自分と向き合ってみましょう

将来のキャリアプランを立てている

「頑張ります」という人よりも「こういうことに取り組みたい、自分を高めていきたい」という人の方が採用してみたいと思われるのは当然のことでしょう。

キャリアプランというのはその企業で自分がどのようになっていきたいのかというものを明確にするものです。

「なにをやりたいのか」「どうなりたいのか」が明確になっていることで、企業および自分自身にどのような期待・希望を持っているのかが伝わりやすくなります。

仕事に対する姿勢が明確で一貫性がある

自分にとって人生にとって仕事というものがどういうものなのか、姿勢や哲学がはっきりしている必要があります。

人生観と言っても良いでしょう。

採用されるために行き当たりばったりの発言をしているとどこか不自然になってくるものですし、面接官はそういう部分を敏感に察知します。

芯が通った発言は相手に安心感・期待感を与えます

成功する人の事例

では、どのような希望をすると成功するのか、具体的なケースを見て確認しましょう。

『人間関係をじっくり構築できて、自分のプロモーションスキルを活かせる職場を希望します。業種・職種はあまりこだわっていませんが、お客様の顔がよく見えてリアクションを直に感じ取れるかは重要視しています。採用していただいた場合は初年度の年収が下がるのは問題ありません。ただ、その後の頑張り次第で給料に反映されるのであれば十分に頑張っていけると思います。』

このような方は待遇にこだわらず、転職で何を実現したいのかが明確です。

企業としてはポジションがあれば試してみて、実績に応じて待遇を見直せばよく、リスクが少なく採用しやすくなります。

コラム:転職活動期間はバイトや派遣は「やらない」ことがおすすめ

この職場は早く辞めたいので転職活動中はバイトや派遣でもしながら食いつなごう、などと足早に辞めてしまう人がいますが、これはおすすめしません。

なぜなら、バイトや派遣をしながら転職活動をすると、その間の職歴に空白期間ができてしまうためです。

職歴の空白期間に企業は敏感になります。

とくに、40代でバイトや派遣をしながら下手にゆとりを持ってのんびりやってしまうと、空白期間がどんどん伸びていき、転職活動は困難になっていきます

本当に短期で終わらせたいのであればバイト・派遣はご法度です。

失敗を回避してスムーズに40代転職を導く3STEP

STEP1 自己の棚卸し

まずは自分のこれまでの経歴から価値観や成果を洗い出しましょう

また、この先50代になっていくうえでどのようなことをしたいのかを自己認知します。

自分が何をしたいのか、どうなりたいのかを徹底的に考え抜いてください。

STEP2 どう企業へ貢献するか

つぎに採用してもらったら、どのように企業に貢献することができるのかを考えます。

自分の経験や実績を踏まえればどのような形で自分が貢献できるかをイメージすることができるはずです。

なるべく詳細に、鮮明にイメージすることが大切です。

STEP3 わからないことは相談する

上記のSTEPでもうまく考えがまとまらない、不安がある場合は第三者に相談しましょう。

家族や友人でも良いですが、おすすめはキャリアコンサルタントに相談することです。

キャリアコンサルタントは転職にまつわるあらゆる疑問や問題点を一緒に悩んでくれて、転職成功までアドバイスをしてくれるプロ。

自己の棚卸し作業や企業への貢献など、一人だけでは凝り固まってしまった思考を第三者目線で洗い出してくれます

また、自分だけでは気づかなった長所があれば見つけてくれるのもメリットです。

一人ではどうしても自己評価を下げてしまいがちですが、さまざまな転職をアドバイスしてきたキャリアコンサルタントであれば、適切なサポートをしてくれるでしょう。

おすすめはリクルートエージェントです

業界でも大手のエージェントで実績豊富なキャリアコンサルタントが多数在籍しています。

リクルートエージェント

  • リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1
  • 動向・事例を考慮し非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介
  • キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピール

まとめ

40代の転職は決して簡単ではありません

しかし、最近のニュースでは転職における年齢の壁は崩れ始めているという話もあります。

企業は若さに投資することよりも、プロジェクトに即した経験豊富な即戦力を採用する傾向が強まっているそうです。

そういう点を踏まえても、まずは自分がどのような経歴・実績を持っていて、どのように企業に貢献できるのかをしっかり洗い出してアピールすることは非常に有効です。

これができないと転職活動は長引いてしまいますし、途中で挫折する原因にもなります。

自分だけだと悩んでしまうのであれば、キャリアコンサルタントに相談してみるのが最短ルートと言えるでしょう。

不安や悩みにも親身になって聞いてくれるので、一人で転職活動をするよりも何倍も心強いはずです。

ぜひ、諦めずに転職活動を続けて成功をつかみ取ってください。

当サイトおすすめの転職エージェント

【ベスト3】当サイトおすすめの転職エージェント

IT専門!国内最大級の求人数と実績「マイナビエージェントIT」

  • 求人情報の8割が「非公開求人」で
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!
  • フリーランスに興味がある人はコチラ

高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門 「TechClipsエージェント」

  • 高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門
    80%以上が年収500万円の求人!
  • 大手転職会社にはない現役エンジニアによる親身なサポートでキャリアアップをサポート
  • エリアは首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)限定!

-40代転職の成功法則
-

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2018 All Rights Reserved.