ここからスタート!転職の準備

【派遣から正社員へ転職するコツ】採用担当者が教える評価軸と具体的な方法の全て

最終更新日:

「派遣から正社員を目指したい」

「正社員への転職は可能なのかな?」

「どうやって転職すれば正社員になれるのかな?」

将来の安定性や給料などから「派遣から正社員に転職したい」と考える方が多くいます。

実際、いつ契約が切れるか分からない働き方に不安を感じる方は多いのではないでしょうか?

この記事では派遣と正社員のメリット・デメリットを解説し自分に合った働き方を紹介していきます。

そして転職を検討される方に

  • 正社員に転職するときに評価されるポイント
  • 正社員へ転職する具体的な方法

を分かりやすく解説していきます。

時間に余裕が出来やすくプライベートを重視しやすい派遣か、キャリアを積み上げ責任感がありやりがいのある仕事が出来る正社員かと働き方は人それぞれです。

自分に合わない働き方を続けると、精神的に疲れてしまい体を壊しかねません。

そうならない為にも、自分に合った働き方を選び有意義な生活を送るようにして下さい

派遣として働いていて正社員になることは簡単な事ではありませんが、この記事では応募経路やマインドセット・履歴書で苦労する「志望動機」についても解説していきますので是非参考にして下さい。

派遣と正社員の違い!メリット・デメリットを紹介

派遣と正社員について雇用期間や給料・働き方について様々な気になるポイントを分かりやすく表にしてメリット・デメリットに関して紹介していきます。

  正社員 派遣社員
雇用主 採用・育成して将来に関わる業務を任せられる 募集・育成・保険の費用を削減出来る
雇用期間 期限無し 上限3年間
給料 月給制(交通費有り)+ボーナス 時給制(交通費無し)
福利厚生 社会保険・労災保険・社員食堂・資格取得支援等様々 有給休暇・産休・社会保険
(派遣会社によって無い場合もある)
働き方 ノルマ等仕事上の責任が重い 仕事上の負担が少なく定時で帰宅出来る
スキルアップ 様々な研修を受けられるので早くスキルアップが可能 様々な企業や職場で働けるのでスキルアップが可能
経験 未経験だと面接で落ちる可能性が高い 未経験でも始められる仕事が多い
社会的信用 高い 低い

正社員はやはり福利厚生や安定した雇用、積み上がるキャリアがメリットとなってきます。

デメリットとして上がってくるのは「責任の重さ」です。

これにより有給の取得のしにくさ、日々のプレッシャーを感じるといったデメリットとなってきます。

ではどのような人が正社員におすすめでしょうか?

判断基準を紹介していきます。

派遣社員のままがいい人

将来的な面や社会的信用度に関しても正社員の方がメリットは多いですが、仕事内容やプライベートのバランス等を考えた時に派遣社員のままの方がいい人もたくさんいます

いまではフリーランスや副業が注目されていますし、正社員が全てではありません。

派遣社員のままがいい人についてご紹介しますので自分に該当するのかどうか確認してみて下さい。

決められた仕事がいい

正社員と違い派遣社員は決められた仕事をこなす事がメインなので責任が少なく業務負担が少ないです。

責任が重い仕事は荷が重いと感じたりストレスが多く精神的に不安になるという方は正社員として働き続けると体を壊す可能性もあるので、決められた仕事をこなしていく派遣社員としての働き方をおすすめします。

家庭、育児、趣味などプライベートのバランスを多めにしたい

派遣社員は残業が無く定時に帰宅することが出来るので、仕事が終わってからの時間を有意義に使う事が出来ます

休みも気軽に申請することが出来るので、学校行事や子供が熱を出した時にも安心して休めて育児に専念することが出来ます。

育児が忙しかったりプライベートを充実させたいという方は正社員よりも派遣社員の方が時間に余裕が出来るのでおすすめです。

それではどんな人に「正社員」がおすすめなのでしょうか?次で判断のポイントを紹介していきます。

正社員になったほうがいい人

派遣社員として働いている人の中で、以下のやりがいやキャリアに関しての6項目に該当する人は正社員として働くことをおすすめします。

自分が正社員向きなのか派遣社員向きなのかを知る参考にして下さい。

やりがいがもっとほしい人

決められた仕事をこなすだけではなく、もっと責任がありやりがいを強く感じる仕事をしたいという人は派遣社員では物足りなさを感じてしまいます。

仕事内容について「物足りない」「やりがいがあまりない」と感じている人は、派遣ではなく正社員として働くことをおすすめします。

成長したい人

様々な仕事を経験するよりも、1つの業種でもっと成長したいと考えている人は正社員として働く方が向いています。

その理由として、将来的に責任のある職につけるように教育もしっかり受けられ、次々と新しい業務を覚えることが出来るからです。

会社や組織が好きでもっと貢献したい人

派遣社員として働いていてその会社に貢献したいと考えていても、派遣社員では働ける上限が3年しかないのであまり重要度の高い(貢献度の高い)仕事をする事が出来ません。

なので、もっと貢献したいという人はその考えを働いている会社と派遣会社に伝え勤務形態を変更する事で働ける上限がなくなるのでより長く会社に貢献が出来るようになります。

キャリアを積み上げたい人

キャリアは派遣社員でも様々な仕事に就くことが出来るのでもちろん積み上げることが出来ます。

しかし、1つの会社で働ける期間は1~3年と限られているのでより責任の強い新しい仕事を覚える事が出来ないまま終わってしまいまた他の会社で一から仕事を覚えなおすという作業を繰り返すことになります。

しっかりとこの職業でキャリアを積みたいと思ったら、正社員として働くことがおすすめです。

収入や保障を手に入れたい人

時給制の派遣社員では、夏休みや年末年始のような大型連休があると収入が減ったりボーナスがなかったりと収入が安定しません。

一方、正社員であれば月給制で年に1~2回ボーナスが支給されキャリアを積み業績を上げれば給料が上がっていき収入がかなり安定します。

社会保険や厚生年金に加入出来るので、自分の出費がかなり抑えることが出来るのも正社員として働く魅力の一つです。

チャレンジしたい人

活躍

もっと新しいことに挑戦したいと思っていても「派遣社員だから」という理由で同じ仕事しか出来ず新しい仕事を教えてもらえないという事は派遣社員として働いていてよくある事です。

派遣だからと割り切ってしまえば楽なのですが、チャレンジ精神が豊富でもっと新しいことがしたいという人は正社員として働く事をおすすめします。

では「どうやって正社員になるのか?」という重要なポイントを解説していきます。

採用担当者がどんな採用基準を持っているかを知らなければ正社員になれません。必ずチェックしてください。

派遣から正社員に「なれる」!重要なポイントは「応募経路」と「マインドセット」

派遣社員として働いていて正社員にはなれないのではないかと不安に思う人がたくさんいますが、派遣の経験しかなったとしても正社員には「必ずなれる」ので安心して下さい。

正社員になる為に必要な重要ポイントである「応募経路」と「マインドセット」について、分かりやすく解説していきますので転職活動の参考にして下さい。

【ポイント1:応募経路】正社員向けの転職エージェントを徹底活用する

システムエンジニアの仕事内容とキャリアパス

派遣から正社員になろうとした時にまず利用したいのは転職エージェントです。

転職エージェントとは、登録すると希望に合った仕事の求人情報を紹介してくれたり履歴書の書き方や面接対策のようなサポートをしてくれるサービスのことです。

他にも面接日や内定してからの出社日の調整のような会社とのやりとりを代行してくれたり、入社後も問題がないかどうか定期的にフォローが入るのでとても安心です。

転職エージェントの選び方は「正社員」を前提としてエージェントであることです。

おすすめはリクルートエージェント

数ある転職エージェントの中で一番おすすめなのは転職支援実績No1の「リクルートエージェントです。

最大手なので求人数が他の転職エージェントに比べて圧倒的に多く、様々な業種や職種から自分に合った職を見つけることが出来ます。

基本的には求人者は無料で利用出来ますが、有料のセミナーも開催されているので転職活動に向けて知識を深めたい人は受講する事をおすすめします。

>リクルートエージェントはこちら

正社員は難しい!「落ちる」のは当たり前。大切なのは継続すること

プロに頼る

派遣では簡単に仕事が決まっていくのに正社員になろうとしたら何社も受からず落ちてしまう、という事はよくある事です。

落ちてしまったから諦めるのではなく、正社員になるのに簡単に受かるはずはなく落ちるのが当たり前なのだから落ちたら次をまた頑張ろうとポジティブに考えて継続することが大切です。

コラム:紹介予定派遣など「消極的な求人」はおすすめしない

将来的に正社員になるために派遣として働く際に「紹介予定派遣」を選択する事がありますが、この選択はあまりおすすめ出来ません

その理由として主に次の3つの理由があげられるからです。

企業を選べない

派遣の求人はとてもたくさんありますが、最終的に正社員として雇用をする紹介予定派遣はとても求人数が少ないです。

なので紹介予定派遣で探そうとすると企業が限られてしまい、自分のやりたい職種に就けない可能性があります

雇用企業が消極的

元々企業側からすると、派遣社員を雇う目的の一つとして「採用・育成の費用を抑える」というコスト削減が出来る事があります。

しかし、派遣から正社員に切り替える為には派遣会社へ「紹介料」を払わないといけないので余計な費用がかかってしまいます。

そのため派遣から正社員にするのに消極的になってしまい派遣のまま終わってしまうケースが少なからずあります

時間がかかる

普通の派遣とは違い、直接雇用する事を前提とした紹介予定派遣では履歴書や職務経歴書を提出する必要がある企業が多いです。

企業側も正社員を採用するのと同じ目線で書類選考や面接(顔合わせですが実質面接状態になります。)をしてから後日結果が知らされます。

そして、無事採用されたとしても最長6ヶ月は派遣として働くので正社員になれるまでに半年もの期間がかかってしまいます

上記3つの理由から、選べる企業が少なく正社員になるまでに時間がかかる紹介予定派遣よりも最初から正社員として働けるように転職活動することをおすすめします。

【ポイント2:マインドセット】正社員より高いマインドセットを持って派遣社員の視点を変える

転職活動をしているとよく耳にするマインドセットという言葉ですが、「考え方の基本的な枠組み」で物事を判断する際に基準となる考え方の事です。

「どうせ・・・」「派遣だから・・・」のようなネガティブな思い込みを捨てて「私はもっと成長できる」「責任感を持って仕事をする」というポジティブなマインドセットを持つことで会社からの心象が良くなります。

ポイント1:派遣業界とは距離を置く

派遣社員として働いているとどうしても「派遣だから」と考えがちになってしまうので、正社員になる為に派遣から離れることがポジティブなマインドセットを持つ1つの方法になります。

しかし、正社員になるまでの間は収入が無くなってしまうので1人暮しの方はその点についてよく考えてから判断する必要があります。(1人暮らしで節約をしていても月に10万円はかかってしまいます。)

ポイント2:社員と同じ目標を追い、派遣社員の馴れ合いを辞め責任感を持つ

派遣社員として働いている人の中には仕事に対しての目標が低く責任感が薄い方が少なくありません。

その中に入ってしまうと自分の目標が弱くなってしまったり、目標の違いに対して苛立ちを感じて大きなストレスを抱えてしまう可能性があります。

ある程度の人付き合いは必要ですが、社員と同じ高い目標を持ち責任感を強く持つことが高いマインドセットを維持するポイントになります。

ポイント3:職場を良くすることに興味を持ち「帰属意識」を上げる

帰属意識とは簡単に言うと自分はコミュニティ(会社)の一員だと自覚がある状態の事です。

自分の働いている職場をより良くすることに興味を持つことで、自分も会社の一員なんだなという意識を持ちやすくなるので帰属意識を上げることになります。

帰属意識を上げることで、より働く意識が向上してポジティブなマインドセットを持つことが出来るので帰属意識を高めることは働く上でとても大切なポイントです。

正社員の「志望動機」は「雇用されている企業・お客様・お取引先企業」の目線で考える

志望動機は企業が必ず目を通し会社への貢献度が高いか低いかを判断するポイントになるので
とても重要です。

書き方としては「①結論、②なぜその結論になったのか(具体例)、③その会社でやりたい事」この順番に書くと目を通した時にすぐに結論から読むことが出来るのでとても分かりやすく読みやすい文章になります。

そして①と②は「お客様・お取引先企業」の目線で書き、③は「雇用されている企業」の目線で書く事で広い視野を持っていると企業へ好印象を与えることが出来ます。

注意!安定した雇用・給料などの待遇が1番にくる利己的な人は正社員になれない

正社員への転職する目的の一つとして「安定した雇用・給料」があげられますが、そのような利己的な事ばかり考えている人は正社員にはなれません

個人で働くわけではなく、チームとして仕事に取り組むので自分の事ばかり考えてしまう利己的な人は採用の時点で落とされる可能性が非常に高いです。

必ず見透かされます。

なので、会社の一員となった時にチームワークを重視して取り組むことが出来る利他的な人が正社員に向いています

安定した雇用や給料についてはとても大切なポイントではありますが、働くという事は会社の一員になって会社(社会)に貢献をするという事でもあるので広い視野を持ち利他的な考え方を持つようにすると正社員になりやすいです。

給料は一時的に下がる。上がるには3年〜5年はかかる

未経験者でITエンジニアを目指す人が知っておくべき業界の全知識

給料が上がるからと考え派遣から正社員になると、収入が少なくなる事に驚くことになります

しかし、最長3年しか働けない派遣とは違い正社員は期限なく働くことが出来て長く働くほど昇給や昇格があるので基本給やボーナスが増えていき収入が多くなっていきます。

平成28年に厚生労働省が発表した大手企業の正社員と正社員以外の人の年収の差を見ると一目瞭然なのですが、正社員の平均年収は約380万円・正社員以外の平均年収は約230万円と約4割も正社員の方が年収が多いことが分かります。

やはり派遣ではボーナスがないのでその分比較をすると正社員と年収に大きな差が出ます。

初年度はボーナスがなかったり基本給が少なくなるので派遣の方が稼げるようにも見えますが、3年以上働くと昇給や昇格・ボーナスがあるので生涯収入が圧倒的に正社員の方が多くなります

まとめ

決められた仕事がよかったり、家庭や趣味等プライベートを充実させたい人には派遣社員のままがおすすめです。

しかし、もっと成長したい人や仕事にやりがいを感じたりキャリアを積み上げたい人は派遣社員だと物足りなさを感じてしまうので正社員になることをおすすめします。

派遣社員から正社員になるのは難しいですが、応募経路とマインドセットをしっかりすれば正社員になれます。

何度も落ちてしまう事もありますが、落ちるのは当たり前の事でありそこで諦めずに継続して挑戦することが大切です。

正社員向けの転職エージェントを活用する事で履歴書の書き方についてのサポートや様々な企業を紹介してもらうことが出来るのでしっかり活用して下さい。

おすすめはリクルートエージェントです。

最大手で求人数がダントツで多いので自分に合った企業を見つけることが出来ます。

そして次に大切なのは「マインドセット」です。

向上心のある成長思考のマインドセットを持つことでポジティブになり、面接時にも企業に好印象を与えやすくなります。

派遣から正社員になると、最初の1~2年は収入が減ってしまいます。

しかし、3年以降は自分の頑張りに合わせて昇給や昇格がありボーナスもあるので派遣の時に比べて格段に年収が多くなります

IT転職エージェントランキング
       
質問・疑問・不安がある方は、
「ITエンジニアのキャリア相談室」に
いつでも、お気軽にどうぞ

ご相談はこちら

当サイトおすすめの転職エージェント

転職初心者におすすめの転職エージェント:ベスト3

リクルートエージェント

  • リクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1
  • 動向・事例を考慮し非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介
  • キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピール

日本最大級の求人数!地方で働きたいひとは必須の「DODAエージェントサービス」

  • 日本最大級の転職支援実績・求人数!
  • 地方の求人も豊富!
  • 転職活動の方法がわからない方も歓迎

就活Shop

  • 最大手のリクルートグループが運営する既卒・フリーター向けの就職相談
  • 書類選考なし!面接のチャンスがある!
  • 経験の少ない20代を幅広く歓迎!社会人経験がない方でもOK!

-ここからスタート!転職の準備

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2019 All Rights Reserved.