SE転職

IT土方とは?年収は100〜350万円の仕事内容・将来と脱出する方法

最終更新日:

「IT土方?なにそれ?」

筆者は初めて聞いたときに衝撃を受けました。

記事によってはデジタル土方と表現されることもあります。

答えからお伝えすると、IT土方とは多重請負の末端作業者のことです。

ただ、「ITエンジニアがなぜ土方と表現されるのか?」「なぜそんな皮肉が込められているのか?」については中々語られることはありません。

この記事ではSE歴7年の経験から筆者が、

  • IT土方の意味
  • IT土方の仕事内容
  • IT土方の将来
  • IT土方の具体的な脱出方法

を紹介していきます。

もしSEやプログラマーなどSI業界を目指す方は必ず理解してください

先に知っておけば良かったと後悔につながります。

ぜひ一読ください。

【高待遇を探している方へ】
実は転職を考えている人にとって1月は重要な時期。

「今年、転職をしよう!」と思っている方が次々と動き出すのが1月です。
残業が少なくキャリアアップできる人気の求人から無くなってます。
相談が1日遅れるだけで人気の求人がかなり無くなります。

ただ、現在ならまだ間に合います。
高待遇の求人量が多い転職エージェントに登録しましょう。
人気でおすすめなのがマイナビITレバテックキャリアです。

IT専門に特化し優良企業の求人が多く、エージェントの提案も良いということで当サイトで一番利用されています。
求人量を確保するためにも複数登録することが成功のポイントです。

スマホでもすぐに登録でき、登録後はエージェントに任せて進めていくだけです。
1月は1日でも早く動いた人から転職の成功につながっていますよ。

IT土方とは?深みのある意味や背景を完全解説

IT土方とは「多重請負構造の末端で単純労働を求められる役割」のことを指します

絶妙な比喩表現で、建築・土木業界の現場で働く人と同じ意味として「土方」と表現しています。

納期に追われて長時間労働を強いられ、厳しい環境が広がっていることがあります。

このような「土方」が生まれる背景にはIT業界の多重構造があります

IT業界は元請けがあり、2次請けや3次請けとどんどん下請けに作業が流れます。

この構図は建築・土木業界と同じものです。

誰でもできることは下請けに回されて、安い単価で仕事をさせられます。

つまり、下請けであるほど単純で安い作業だけが回されてしまいます

単純な作業ですので発注元からすれば誰かがやってくれれば良いとの認識になります。

極論を言えば使い捨ての人材でも問題はないのです。

安い単価でとにかく働いてくれればよいので、IT土方と揶揄されています

IT土方が生まれる背景にはIT業界の多重下請け構造があります。

ただ、この問題は簡単に解決できるものではありません。

IT土方で人生を無駄にしないためにも、自分で抜け出すことを考えなければなりません

【急募中!】高待遇の求人を選ぶなら今!

1月は転職を検討している人にとって最高のタイミングです。

4月の採用に向けて求人が増えるからです。人気企業の求人も転職サイトにゾクゾクと出ます。

注意する点はタイミングです。毎年2月になると転職者が殺到し求人がなくなっていきます。

動くなら「いま」です。いまなら優先して紹介してもらえるでしょう。

相談だけでもしておくと情報を提供してもらえるのでおすすめです。

おすすめなのがIT特化で業界最大級のマイナビITです。

マイナビIT公式サイト
https://mynavi-agent.jp/it/

無料で利用でき、スマホでもすぐに登録できます。

毎年、1月に動いた方から転職に成功しています。

ちなみに転職エージェントとの相性や、情報量の確保のためにも複数の転職サイトの利用が一般的です。

求人量が多く、質の高いレバテックキャリアは常に評判がよくておすすめです。

情報をたくさん提供してもらえる環境を作るのが成功のポイントです。

IT土方の仕事内容

具体的にどのような仕事をしているとIT土方に該当するのでしょうか。

IT土方の仕事内容にはどのようなものがあるかを考えていきましょう。

まずIT土方のポジションですが、基本的にIT土方はプログラマーのことを指しています。

IT業界には大きく分けてシステムエンジニアとプログラマーが居ます。

システムエンジニアはシステムの設計をするのが仕事です。

プログラマーは設計書に基づいて実際にプログラムを作るのが仕事だと簡単に考えてください。

プログラマーですので仕事の内容はプログラミングです。

システムエンジニアが設計したシステムを、毎日毎日プログラミングして実際にものを作り上げていきます。

また、プログラミングが完了したあとのテストを実施することもプログラマーの仕事です。

極論を言えばシステムは設計書さえあれば誰でも開発することができます

設計書に書かれていることをプログラムするだけだからです。

納期までにシステムを完成させるため、とにかくプログラミングやテストをすることがプログラマーには求められます。

その中でもIT土方は特に簡単な作業を任せられていることが多いです。

例えば

  • 簡単な内容を複数のプログラムに結合してプログラムを修正する仕事
  • プログラムで使われている関数の名前を修正し、動作に影響が出ないようにする仕事
  • 別の人が用意したテストスクリプトに沿ってひたすらボタンを押す仕事

などが挙げられます。

もはやIT業界の人間では無くてもできるような仕事がIT土方には割り当てられていることがあります

そのため場合によっては「プログラマー」を名乗れないレベルの仕事しかしていないこともあります。

もちろんシステムによっては高いスキルを持つプログラマーを必要とすることがあります。

そのためプログラマーが全てIT土方に該当するとは限りません。

IT土方に該当するのは、プログラマーの中でも上記のような簡単な作業をしている人です。

コラム:IT土方とデスマーチの関係

IT業界には「デスマーチ」と呼ばれる時期があります

これはプロジェクトが遅延するなどの理由で、多忙な日々を強いられることを指しています。

システムの開発は何らかの理由で遅延することがあります

しかし、仮に遅延しても納期は変動しないことが一般的です。

そのため残業や休日出勤などをして遅延をカバーする必要が出てきます。

遅延を定時時間外の作業で賄う必要があるのです。

プロジェクトにおいて、このような事態が発生するとデスマーチに該当します。

デスマーチが発生した場合、プロジェクトマネージャーは遅延を解消する方法を考えます。

解消法の例には以下のようなものがあります。

  • 人員を増やして人海戦術で乗り切る
  • 顧客から叱られてでもプロジェクトのスケジュールを変更してもらう
  • 納品の品質を下げてとにかく一旦は納品する

どの選択肢が良いとは一概に言えないものばかりが挙げられます。

この中もIT土方が絡んでくるのは「人海戦術で乗り切る」場合です。

プロジェクトには予算があります。

人海戦術をしようにも、予算が決まっているため想定外の費用は可能な限り使わないようにしなければなりません。

そこで人員の候補に上がるのはIT土方です。

IT土方は一般的に仕事をしたときの単価が低いです。

つまり、人海戦術をするにあたり安価で人を増やせるのです。

プロジェクトマネージャーからすると、安価で人員を増やせることはデスマーチ脱却のチャンスです。

そのためIT土方を提供する企業に人員の増員を依頼します。

依頼された側もIT土方を使ってもらえると企業の売上が上がります。そのため安価な単価でも仕事を断ることがありません。

その結果、デスマーチを迎えているプロジェクトにIT土方は投入され、過酷な環境での仕事を余儀なくされます

IT土方の年収は100〜350万円

厚生労働省の調査によると20-30代のIT産業の平均年収は413万円です。

そして、IT産業で働いている人の下位25%をIT土方だと仮定すると同じ調査よりIT土方の年収は100万円から350万円です。

まずIT土方の年収には大きな開きがあります。

100万円と350万円では3倍以上の差がありますので、働いている企業によってIT土方でも処遇が大きく異なることが読み取れます。

ただ、350万円であっても、IT産業の平均年収である413万円には届いていません。

つまりIT土方は発展しているIT産業の中でも、平均年収以下しか貰うことができないポジションであることには違いありません。

また、年次が上がっていても下位25%の年収は450万円程度が上限となっています。

つまり40代や50代になっても年収が上がらないのです。

IT土方で働いていると年収が上がらないまま年齢だけが上がってしまいます

【裏技】ホワイト企業に年収アップして転職する方法

「転職で給料あがってもブラック企業かも・・」

たしかに、IT業界はブラック企業も多く過酷な労働環境が待ち構えています。

ただ、変化しないと市場価値が下がってしまい、機会を一生失います

そこで一番良い転職法は、知り合いからの紹介です。リスクが一番ないです。

「でも頼れる知り合いがいない」

そんな方も大丈夫です。

転職コンサルタントをうまく利用すれば解決できます。

ただ、転職コンサルタントも「担当次第」です。

いま転職コンサルタントでおすすめは「レバテックキャリア」です。

このサイトを運営していると情報が集まってきますが、めちゃくちゃ評判がいいです。

悩んで手が止まっているなら優秀な転職コンサルタントに出会えるうちに相談しておきましょう。

無料で利用できます。

IT土方の将来は「安売り人生」

IT土方で働き続けていると将来待ち受けているのは「安売り人生」です。

なぜならIT土方にはスキルが求められていません。

とにかく馬車馬のように仕事をしてくれる人だけが求められています。

逆に言えば、仮にITスキルがある人材でもそのスキルが正当に評価されません

安い単価で働かざるを得なくなってしまいます。

IT土方で働いている人には高いITスキルを持っている人も居ます。

例えば

  • 大規模なシステム開発経験がある人
  • 金融や製薬など特定の業界に特化したシステム開発をしたことがある人
  • 難易度の高いロジックをプログラムにしたことがある人

などが挙げられます。

どれも具体的に数値化することは難しいです。

ただ、難易度の高いプロジェクトを経験している人はITスキルも高まっていることが多いです。

高いITスキルを持っていてもIT土方である以上は給料が上がりません。

自分を大安売りして仕事をしている状態です。

その状態は働く側にとって非常にもったいないことです。

IT土方である以上安売り人生ですので、それを避けるためにも転職を決意しなければなりません

【かんたん】IT土方からの脱出方法!

IT土方に該当する場合には脱出することを考えなければなりません。

どのようにすればIT土方から脱出することができるのでしょうか。

IT土方から脱出するために知っておくべき3つのことをご説明します。

鉄則!安い労働力で雇用する今の会社・取引先から離れる

まずは現在の会社・取引先から離れることが鉄則です。

これらの会社はスキルの有無に関わらず、エンジニアを安い労働力で雇用します。

つまり労働力を搾取して使い捨てすることしか考えていないのです。

上司、同僚、取引先と関係なくお仕事を探すことをおすすめします。

IT土方の中で仕事を探しても、それに類する仕事しか見つけられません。

IT土方で長く働いても貴重な時間を無駄に過ごす可能性が高まります。

そのため、まずは安い給料で労働力を搾取する会社からは離れることが鉄則です。

【急募中!】高待遇の求人を選ぶなら今!

1月は転職を検討している人にとって最高のタイミングです。

4月の採用に向けて求人が増えるからです。人気企業の求人も転職サイトにゾクゾクと出ます。

注意する点はタイミングです。毎年2月になると転職者が殺到し求人がなくなっていきます。

動くなら「いま」です。いまなら優先して紹介してもらえるでしょう。

相談だけでもしておくと情報を提供してもらえるのでおすすめです。

おすすめなのがIT特化で業界最大級のマイナビITです。

マイナビIT公式サイト
https://mynavi-agent.jp/it/

無料で利用でき、スマホでもすぐに登録できます。

毎年、1月に動いた方から転職に成功しています。

ちなみに転職エージェントとの相性や、情報量の確保のためにも複数の転職サイトの利用が一般的です。

求人量が多く、質の高いレバテックキャリアは常に評判がよくておすすめです。

情報をたくさん提供してもらえる環境を作るのが成功のポイントです。

優良顧客で利益が安定する企業に転職する

IT土方を脱出するためには、優良顧客で利益が安定する企業に転職することも大切です。

利益が安定で豊富にあれば給料も高く、仕事環境やビジネスへの投資も積極的です。

より創造的で付加価値の高い仕事を担当でき、市場価値の高い人材へ成長できます。

転職する際には、利益が安定しそれを従業員にも還元している企業を選択しましょう。

具体的な企業は転職エージェントに教えてもらうのが最短

具体的にどの企業に転職すればよいのかは自分で判断できないかもしれません。

その場合には、転職エージェントに登録しておすすめの企業を教えてもらいましょう。

転職エージェントに紹介してもらうのが最短の手段です。

そもそも、私たちが転職したい企業の利益などを見ても良い企業であるのか判断するのは難しいです。

私たちは企業を評価するプロでは無いからです。

分からないことに挑戦しても時間の無駄になる場合もありますし、転職エージェントに頼るのが時間的にも最善策です。

例えば転職エージェントに「ここ数年数年で利益が安定している企業が良いです」との要望を出してみましょう。

もちろん、この他にも年収などの条件はあると思いますが、それらに加えて安定性も評価した求人を紹介してもらえます。

転職エージェントには企業の業績などの情報もあります

それらの情報から導いた結果をスムーズに手に入れることができます。

転職先を闇雲に探すのは時間がかかってしまいます

無駄に時間だけが過ぎることも少なくありません。

転職は時間との戦いでもあります。

そのため、転職エージェントに求人を紹介してもらい最短で転職を進めるようにしましょう

IT土方から脱出におすすめな転職エージェントBest3

IT土方から脱出するためには転職エージェントを利用して転職をしましょう。

ここではIT土方からの脱出におすすめの転職エージェントを3つランキングでご紹介します。

1位!マイナビエージェントIT

マイナビエージェントITは転職サイト大手のマイナビがITに特化して提供する転職エージェントです。

業界大手のマイナビということもあり保有している求人数が多いことが特徴です。

また、求人の中でも非公開求人を多く保有していることが特徴的です。

ITに特化した転職エージェントですので、担当者がITの知識を持っています。

IT特化では無い転職エージェントを利用するとITに詳しくない担当者が充てられることもあります。

この場合、専門的な知識を理解してもらうことができず、的外れな求人を紹介されることもあります。

これでは転職エージェントを利用しても時間の無駄となりかねません。

その点、マイナビエージェントITを利用しておけばITの専門的な知識も理解してもらうことができます

さらに、その専門的な知識を活かせる求人を紹介してもらえる可能性もあります。

つまり専門的な転職をスムーズに進められます。

マイナビエージェントITは豊富な求人を保有している点が大きなメリットです。

それに加えて、IT専門の担当者が的確にスムーズな転職を進めてくれる点でもおすすめです。

IT専門!国内最大級の求人数と実績「マイナビエージェントIT」

  • 求人情報の8割が「非公開求人」で
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

2位!レバテックキャリア

レバテックキャリアは関西・関東に強い転職エージェントです。

IT業界に特化しているため、担当者もIT業界に詳しいことが特徴です。

IT業界の基本的な知識を持っているだけではなく、レバテックキャリアは年に3,000回以上企業を訪問して企業の情報を得ています

例えば求人を出している企業の社風や働いている人の雰囲気、どのような人材を求めているかです。

レバテックキャリアではこれらの情報を実際に現場で集めています。

つまり、従業員と近い位置で情報を得ています。

従業員と近い位置で情報を得ていることで、利用者からの質問にも的確に答えてくれるメリットがあります。

例えば社風や社内の雰囲気は転職前に知りたい人も多いでしょう。

それによって面接を受けるかどうかの決断をする人も居るかもしれません。

このときにスムーズに情報が入って来なければ転職に影響が出ます。

待機時間が長くなってしまうと転職活動において不利になることも少なくありません。

しかし、レバテックキャリアではこまめに企業訪問を実施しているため、最新の情報がすぐに提供されることも多いです。

他にもIT業界に特化した転職エージェントですので、専門的な求人の取扱も多いです。

IT土方で働いていてもITスキルの高い人は居ます。

そのような人でもレバテックキャリアを利用すれば、前職に関係なく高いITスキルを活かせる求人に出会える可能性があります。

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!
  • フリーランスに興味がある人はコチラ

3位!TechClipsエージェント

IT業界に特化した転職エージェントの中でも、特に高収入にこだわっているのがTechClipsエージェントです。

掲載されている求人の80%以上が年収500万円以上であることが特徴です。

TechClipsエージェントは他の転職エージェントとは異なり現役のエンジニアが転職をサポートしてくれます。

他の転職エージェントでは転職エージェントの担当者が転職をサポートします。

エンジニア出身の方も居るかもしれませんが、現役からは離れて居ます。

それに対してTechClipsエージェントでは現役のエンジニアが担当者になります

つまり、より現場に近い人が転職をサポートしてくれます。

現在のIT業界を肌で感じているエンジニアが、どのように転職をすると良いかを親身にサポートしてくれます。

IT業界での転職は時代の流れに上手く乗ることも大切である場合があります。

現役エンジニアにサポートしてもらえれば、自分のスキルを活かす+時代の流れに乗った転職を実現できる可能性があります。

注意点は対応しているエリアが首都圏限定であることです。

ただ、地方からでも首都圏への転職を考えている場合には利用することができます。

また、首都圏に本社がある場合には入社後に地方での勤務も希望できる可能性はあります。

高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門 「TechClipsエージェント」

  • 高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門
    80%以上が年収500万円の求人!
  • 大手転職会社にはない現役エンジニアによる親身なサポートでキャリアアップをサポート
  • エリアは首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)限定!

まとめ

IT土方は誰でもできる作業を馬車馬のように対応させ続けられる過酷なポジションです。

プログラマーでありながら、もはやプログラマーの仕事をしていない場合もあります。

ITスキルが有るにも関わらず、IT土方で働くことは自分の安売りで損しかありません

特にIT土方は給料の上がり幅も少なく上限も低いです。

つまりIT土方で働き続けることに何もメリットはありません。

IT土方であると感じたのであればいち早く転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントに登録すればIT土方から脱出するための転職をサポートしてもらえます

また、それと同時にこれからのキャリアプランも考えてもらうことができます。

IT土方で働き続け人生を無駄にしないためにも、IT土方だと感じたらまずは脱出することに注力しましょう。

当サイトおすすめの転職エージェント

【急募中!】高待遇の求人を選ぶなら今!

1月は転職を検討している人にとって最高のタイミングです。

4月の採用に向けて求人が増えるからです。人気企業の求人も転職サイトにゾクゾクと出ます。

注意する点はタイミングです。毎年2月になると転職者が殺到し求人がなくなっていきます。

動くなら「いま」です。いまなら優先して紹介してもらえるでしょう。

相談だけでもしておくと情報を提供してもらえるのでおすすめです。

おすすめなのがIT特化で業界最大級のマイナビITです。

マイナビIT公式サイト
https://mynavi-agent.jp/it/

無料で利用でき、スマホでもすぐに登録できます。

毎年、1月に動いた方から転職に成功しています。

ちなみに転職エージェントとの相性や、情報量の確保のためにも複数の転職サイトの利用が一般的です。

求人量が多く、質の高いレバテックキャリアは常に評判がよくておすすめです。

情報をたくさん提供してもらえる環境を作るのが成功のポイントです。

SEの転職で人気の記事はこちら

SEの転職でよく読まれる人気の記事は次の記事です。

合わせてご覧ください。

SE転職に強い転職会社ベスト3

IT専門!国内最大級の求人数と実績「マイナビエージェントIT」

  • 求人情報の8割が「非公開求人」で
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!
  • フリーランスに興味がある人はコチラ

高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門 「TechClipsエージェント」

  • 高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門
    80%以上が年収500万円の求人!
  • 大手転職会社にはない現役エンジニアによる親身なサポートでキャリアアップをサポート
  • エリアは首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)限定!

-SE転職
-

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2019 All Rights Reserved.