30代未経験からIT転職は無理?可能性と難しさを採用担当者が解説

30代未経験からIT転職は無理?可能性と難しさを採用担当者が解説

求人も多く待遇も良いITエンジニアは人気が高い仕事です。

最近では未経験からITエンジニアになったという記事を見かけることも多くなってきました。

しかし30代未経験からITエンジニアになれるか不安に感じている方もいますよね。

結論からお伝えすると、30代未経験からITエンジニアになれます

ただし注意点もあります

年齢に応じた転職やプログラミングの勉強法など、気をつけないと失敗や遠回りをすることになります

筆者は未経験からITエンジニアになった人を100人以上見てきました。

その経験から苦労せずにITエンジニアになる方法を余すことなく伝えていきますので必ず最後までお読みください。

そして最高のスタートをきりましょう!

30代に合わせた転職活動で未経験からITエンジニアに転職は可能!

30代に合わせた転職活動で未経験からITエンジニアに転職は可能!

同じ30代でも30歳であればIT転職の可能性は高くあります。

実際、テックキャンプでは転職保証付きで受講することができますし、30代の転職事例も多くあります。

筆者自信も31歳からプログラマーに挑戦しメガベンチャーにきた方を知っています。

ただし、30代半ばからは急にIT転職の難易度は上がります。

35歳を超える方は、厳しいと言わざるを得ません。

プログラミングスクールに通ったあと、SI分野の派遣から始めるのであれば可能性はあります。

そこからキャリアップすれば十分に年収500万円以上のITエンジニアになることは可能ですが人一倍苦労することは事前に覚悟しておきましょう。

未経験の女性も大歓迎!女性のやわらかなコミュニケーションは現場で重宝される!

未経験の女性も大歓迎!女性のやわらかなコミュニケーションは現場で重宝される!

未経験の女性でもエンジニアの現場で重宝されます。

IT業界は理系のイメージが強く、女性が少ない職場と思われがちですが、女性のエンジニアも近年では増加傾向にあります

というのも、エンジニアという職業はただパソコンに向かってキーボードを叩いているのだけが仕事ではありません。

プロジェクトを円滑に進めるためにはクライアントやチームメンバーとのコミュニケーションが必要不可欠です。

そのため、女性エンジニア特有のやわらかなコミュニケーションは場をなごませ、ミーティングを円滑に進めるのに重宝されるのです。

クライアントとの折衝や組織内でのディレクションなどは女性の方が優秀なケースが多々あります。

もちろん、技術は重要ですが開発力だけがITエンジニアの価値ではないということです。

コラム:ITエンジニア以外でIT系に行きたいと考えている方へ

IT系は成長市場で人気の仕事です。

その中でも人材不足でITエンジニアは引く手あまたです。

ですが、人材不足はエンジニア以外も同じです。

例えば、IT系の営業は常に求人が出ています。

デジタルマーケと呼ばれるSEOやリスティングなども未経験から転職できる職種です。

もし「プログラミング以外でもIT系に興味がある」という方は「IT業界に未経験で転職しやすい職種はどれ?20代から挑戦しやすいエンジニア職とは」も合わせてご覧ください。

プログラミング習得には毎日業務で開発しても3年以上はかかります。

覚悟がない人はITエンジニアの道を選択するべきではないでしょう。

未経験・30代のIT求人もある!ただしエージェント相談は早急に

未経験・30代のIT求人もある!ただしエージェント相談は早急に

未経験・30代のIT求人は少なくありません。

ただ、30代の方は急いで転職エージェント相談することを強くおすすめします

30代以上は半年でも若いほうが有利になってきます。

転職活動をすると3ヶ月〜6ヶ月かかることもあります。

その間に1歳でも年をとれば不利になります。

ほんとに興味があるなら今すぐ相談したほうがよいです

また30代・未経験の採用をする企業の募集の背景も考慮して応募したほうが、転職後の失敗も減ります。

IT専門の転職エージェントに相談すると希望にあった転職先を紹介してもらえます。

ちなみにおすすめはマイナビIT AGENTです。

IT転職で業界最大手で常に評判が良いです。

マイナビIT AGENT
  • 優良求人の大半は非公開求人!
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

公式サイトはこちら

40代未経験からのIT転職は厳しい

40代となると未経験でITエンジニア採用はほぼ不可能です。

そのためプログラミングスクールに通って知識とスキルを身につけてから転職活動をしましょう。

プログラミングスキルさえ身につけば応募できる求人も出てきます。

そこで2〜3年実績を積めばさらにキャリアアップできます。

プログラミングスクールでおすすめは老舗のTechAcademyがおすすめです。

TechAcademy
TechAcademy
  • 受講期間内にWebサービスのリリースを通して実践力を養える
  • プロフィールや学習内容をもとに企業からスカウトがある
  • プロのパーソナルメンターとビデオチャットやペアプログラミングができる

公式サイトはこちら

独学は絶対に避けてください。

プログラミングの実践力をつけたいのであればスクール受講が一番効率いいです。

スクールに通いながら開発実績をつけるとさらに実力も市場価値もあがります。

クラウドワークスなどのクラウドソーシングで仕事の案件がありますので探してみてください。

>クラウドワークスで案件を探す

転職活動の方法を具体的に見てきましたが、まだITエンジニアになるかを悩んでいるのであれば、プログラミングスクールの無料相談でキャリア相談という方法もあります。

おすすめはDMM WEBCAMP エンジニア転職です。

カウンセラーの担当者が知識が豊富で相談して良かったという口コミをよく聞きます。

DMM WEBCAMP エンジニア転職
  • コロナ対策のためカウンセリンはオンラインで実施!
  • 毎日11時〜22時まで通い放題!2020年4月からオンライン受講も完全対応!
  • 転職成功率は98%!20代に強い!
  • 転職保証も付く圧倒的な自信!SNSの評判も高い!

公式サイトはこちら

ITエンジニアになるべきか悩んでいるならキャリア相談がおすすめ

ITエンジニアになるべきか悩んでいるならキャリア相談がおすすめ

ITエンジニアになるべきか悩んでいるならキャリア相談がおすすめです。

キャリア相談というのは、キャリアカウンセラーと一緒に今後の生き方、働き方を話し合うことができるサービスです。

キャリア相談は転職エージェントやプログラミングスクールで受けることができます。

しかも無料です。

意外と皆さん知らないようですのでぜひ利用することをおすすめします。

おすすめ1:マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENTのキャリア相談は短時間で濃密なカウンセリングを受けることができるエージェントとして人気です。

所要時間は1時間~1時間半で、事前アンケートをもとにカウンセラーがあなたの市場価値とキャリアの棚卸しをお手伝いしてくれます

マイナビIT AGENT
  • 優良求人の大半は非公開求人!
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

公式サイトはこちら

おすすめ2:DMM WEBCAMP エンジニア転職

レバテックキャリアはIT業界に特化したエージェントで、専門性を高めたサービスを提供しています。

自分の市場価値を知りたい人はもちろん、はじめての転職で不安を感じている人、業界を変えて未経験で挑戦したい人にも個別で相談に乗ってくれます。

平日夜や休日にも開催しているので働いている人でも気軽に相談にいけますね。

DMM WEBCAMP エンジニア転職
  • コロナ対策のためカウンセリンはオンラインで実施!
  • 毎日11時〜22時まで通い放題!2020年4月からオンライン受講も完全対応!
  • 転職成功率は98%!20代に強い!
  • 転職保証も付く圧倒的な自信!SNSの評判も高い!

公式サイトはこちら

コラム:転職なら資格より実力!資格が有利なのは新卒採用だけ!

よく転職活動の準備として資格を取ろうとする人がいますが、資格が有利になるのは新卒採用だけです。

転職では資格よりも実力を見られることになります。

そのため、しっかりと自分の実績を作ることに注力したほうが効果的です。

たとえば、自分が制作したアプリケーションのポートフォリオを持っていたほうが採用担当にアピールできるでしょう。

Webアプリケーションを自作したと見せれば、Web開発に関する最低限の知識、スキルはあるのだな、と具体的に納得させることができます。

ほかにも簡単なシステムでもクラウドワークスなどで受注した実績を示せば、クライアントから要望を聞いてシステム化するというエンジニア能力を示せることになります。

コラム:プログラミングの勉強なら独学よりも3ヶ月のスクールへ通学がおすすめ!

プログラミングの参考書はたくさんありますが、プログラミングは独学で頑張ろうとするのはおすすめしません

それよりもプログラミングスクールに通った方がより確実です。

なぜかというと、プログラミングの勉強は1人でするとかなり高い確率で挫折するからです。

プログラミングというのは初心者には「わけがわからない」ことが多いのはイメージできると思います。

プログラムを組んでもそれを動かすサーバーの設定、デザインの変更とその確認方法など、さまざまな要素が複雑に絡み合って動きます。

初心者がプログラムを組めば確実にバグが出ますが、そのバグもどこが悪いのかが分からないという状態になります。

こういう状況を1人で打開するのはかなりのセンスが必要になります。

そうやってみんな挫折していくのです。

プログラミングスクールであれば、プロの現場を知る講師がしっかりサポートしてくれます

どこが悪いのか、困ったときはどこを見ればいいのか、どうしてこうなってしまったのか、といった知見を交えて導いてくれます。

これは初心者には本当にありがたい話で、どうすれば動くシステムが作れるようになるのかをサポートを受けながら学べるメリットは確実にあります。

志望動機にはITエンジニアになりたい理由・成長意欲と具体性が必須!

ITエンジニアに転職する際に決めておきたいのは、ITエンジニアになりたい理由、成長意欲と具体性です。

なぜかというと、企業にとって未経験の採用は「リスク」だからです。

「成長して活躍する」という見込みがない限り、企業はリスクをとって採用しません。

そのため未経験の方に対し、人一倍勉強してスキルアップすることが求められます。

面接官に「この人はスキルアップしそうだ」と思わせるためには、高い意欲と実際に時間を作って独学でプログラミングしている、勉強会に参加しているといったことが大切になってきます

ではいかにして意欲を感じさせるかが問題ですが、

  • どんな背景でITエンジニアを希望したか?
  • 将来どんな風になりたいのか?
  • そのためにどんな取り組みをいましているのか?
  • どんな環境でどんな成果を出していきたいのか?

といった内容を伝えられるかがポイントにあるでしょう。

面接では定番の質問といえるものがあるので対応できるようにリサーチしておきたいですね。

面接で必ず聞かれる質問4つ!ポイントは成長意欲と具体性

IT業界の企業面接では定番と呼べる4つの質問があります。

最低でもこれだけはスラスラと対応できるようにしておきましょう!

質問1:「なぜITエンジニアになりたいのですか?」

どの程度のモチベーションを持って転職したいのかを測る質問です。

未経験の方は、スタートが遅れている分、人一倍勉強してスキルアップすることを求められます。

「絶対にITエンジニアになりたい」と思わせる理由を伝えることができれば入社後にも人一倍勉強してスキルアップしてくれそうだな、と思わせられます

反対に「給料が高いから」「なんとなくかっこいいから」では自主的なスキルアップをしてくれそうな人材には思われないでしょう。

質問2:「ITエンジニアになって3年後は何をしていたいですか?」

こちらもモチベーションと成長スピードを測る質問です。

3年後の姿が具体的な人ほど、成長も確実です。

逆に「プロジェクトに貢献していたい」などと曖昧な人や、「プログラミングを誰に聞かなくてもできている」などレベルの低い人は合格できません。

どこを目標にしているかでポテンシャルは見えてしまいます

質問3:「ITエンジニアになるためにどんな行動をしていますか?」

こちらは転職する際に今すでにどんなアクションを取っているのかという質問です。

意欲だけでは企業を納得させるのは難しく、未経験の方は、人一倍勉強してスキルアップすることを求められます。

実際に時間を作って手を動かしている人は実績を見せれば合格しやすくなります

逆に、時間も作らず手も動かしていない人は「口だけの人」と思われます。

質問4:「その行動の結果、どんな成果がありましたか?」

「本を読む」「ネットで情報収集している」というだけでは、どれくらいスキルがついているのか測ることは困難です。

そのため、実際に「ITエンジニアになりたい」と思ってからこれまでの間にアウトプットしたものが具体的にあるか?ということを測る質問です。

自分のプロダクトがあればベストですが、なければ行動して出た成果を具体的に紹介しましょう。

ITエンジニアの世界では年齢や社歴、資格よりも一定のスキルが大切です。

そのスキルが見えるような成果を伝えることができればグッと内定に近づくでしょう。

まとめ

結論から言えば、ITエンジニアに転職することは実はそこまで難しくありません

未経験の中途採用であっても、スキルさえあれば企業は魅力ある人材として見てくれます。

とくに現在、ITエンジニアは深刻な人手不足ですので、最低限のレベルに達していれば採用される可能性は高いのです。

しかし、一人で「最低限のレベル」に到達するのはやはり難しいので、転職エージェントやプログラミングスクールを上手く活用して最短で転職を成功し、新たなキャリアを進めるようにすることが大切でしょう。

よくある質問と回答

30代未経験でITエンジニアへの転職は無理?

30代未経験でITエンジニアへの転職は可能です。

ただし、同じ30代でも前半と後半では難易度が大きく変わります。

30代未経験でITエンジニアへ転職したいなら、できれば30代前半の内に早く動き出すようにしましょう。

30代未経験女性はITエンジニアになれる?

30代未経験女性でもITエンジニアに十分なれます。

女性のエンジニアは近年増加傾向にあり、やわらかなコミュニケーション能力から重宝されます。

ITエンジニアは組織内やクライアントとコミュニケーションをとる機会が実は多いため女性が評価されやすいのです。

Posted by

pagetop