IT業界のお仕事

客先常駐は地獄?ストレスのポイントと辞めたいときの選択肢を全解説

最終更新日:

IT系技術者の勤務形態として「客先常駐」というものがあります。

IT関連の仕事に就きたい人は、客先常駐がいったいどういうものなのか知っておいて損はありません

また、現在客先常駐の仕事をされている人で、どうも契約が「怪しい」と考えられている人は本記事をお読みいただければ、不安が解消できると思います。

さらに、客先常駐を避けて転職するコツも紹介していますので是非参考にしてみてくださいね。

目次で流し読み

客先常駐とは「元請けのSIerにSE・プログラマーとして勤務をする働き方」のこと

客先常駐とは「元請けのSIerにSE・プログラマーとして勤務をする働き方」のことです。

別の言い方をすれば、客先常駐はお客さん(元請け)の会社に出向してシステム開発を行う働き方のことです。

基本的に下請けのSIerが使う言葉になります

プロジェクトの案件が決まってシステム開発が始まると、元請け会社が自分のところに下請けメンバーを招集して、自社で開発環境を提供して開発を進めていきます

「客先常駐」という言葉を聞くと「大変」「怖い」というイメージを持たれる方もいますが、実際はどのような業務をしているのでしょうか。

客先常駐の仕事内容は普通のシステム開発

客先で仕事をするからといって特別なことはしません

やることは一般的なシステム開発と同じです。

具体的には

  • 要件定義
  • 設計
  • 開発
  • テスト
  • 導入
  • 保守
  • 運用
  • 監視業務

がメインの業務となります。

もちろん、プロジェクトごとにやることは異なりますが、SEである以上、やることは変わりません

ではなぜ客先常駐をするのでしょうか?

次で解説していきます。

客先常駐のメリットは情報セキュリティ・開発環境の制約・コミュニケーションのとりやすさ

客先常駐をするメリットは、

  • 情報セキュリティ
  • 開発環境の制約
  • コミュニケーションのとりやすさ

が挙げられます。

情報セキュリティの制約

情報セキュリティで代表的なものは個人情報です

例えば市役所のシステムとなると個人資産や生活保護の情報など決して漏れてはいけないデータがあるため、クライアントも簡単にデータを渡すことができません。

データを渡してもらえないと開発したシステムのテストができないため、SIer側も困ります

そのため客先常駐が発生するという背景となります。

開発環境の制約

開発環境はなるべく統一したほうがコスト・生産性が良いことがあります

パソコン・開発ソフトウェア・ネットワークが同じであれば、開発環境を拠点ごとに作る手間暇や最新のマスタデータの同期なども不要です。

大規模になると、特殊な汎用機やCADなどのアプリケーション、プロッターなどの設備も必要となります。

客先常駐することで開発環境の構築コストや余分な備品代・不要なコミュニケーションがを抑えることができます

コミュニケーションのとりやすさ

最近ではチャットワークやSkypeなどリモートで開発するツールもかなり充実してきていますが、それでもやはり対面には敵いません。

システム開発はチームプレイです

5人以上いるようなプロジェクトでは伝言ゲームよりも難しいコミュニケーションとなってきます。

チャットや電話では伝えるスピードも、正確性も対面より劣ります。

開発メンバーがチームワークよく開発するためにも常駐が必要となります

以上のようなメリットからも客先常駐というスタイルは多くのプロジェクトで採用されています。

ストレスを感じるポイント

メリットが多い客先常駐ですが、ストレスを感じるところもあります。

常駐先のルールを守らなくてはいけない

常駐している間は常駐先のルールを守らないといけません。

もともとフレックスの勤務体系だったとしても、常駐先が9時出社であれば9時に出社しなくてはいけないのです。

会社によってランチタイム、定時も異なりますし、最初は慣れるのに時間がかかるでしょう。

休日も同様です。

一般的には土日がお休みの企業が多いですがクライアント次第によっては出社を求められることもあるでしょう。

例えばトヨタ系の場合は「トヨタカレンダー」に沿って出社します。

祝日も勤務となりますがGWやお盆などは2週間近くお休みをもらえるため、人によっては「働きやすい」という方もいます。

気を使う

失敗

常にお客さん(元請け社員)と一緒に仕事をするので、自社開発よりも気を使います。

自社では不満を言いやすいですが客先では絶対に言えません

挨拶などもしっかりする必要があります。

自社を代表して常駐しているわけですから、責任も伴います

また、一概にはいえませんが、元請けの大きな会社では優秀な社員さんが多く、求められるレベルが高くストレスを感じることもあります。

通勤時間が伸びる可能性

常駐先によっては通勤時間が1時間以上かかってしまうなどということもよくあります

せっかく自分の会社に行くために賃貸を借りたのに、結局常駐先までは1時間以上かかってしまった。みたいなことになると切ないですね。

客先常駐が中心の会社は帰属意識が良くも悪くも薄い

そのほか、社員の帰属意識が薄くなるというのもよくいわれることです。

3ヶ月程度ならまだしも、長いプロジェクトだと1年、3年、5年というレベルで常駐するものもあります

それだけ長い期間通勤を繰り返していれば、自分にとっての会社は常駐先という感覚になってしまうのは普通のことでしょう。

しかし、これは悪いことばかりでもありません。

プロジェクトメンバーはビジネス上のお付き合いですので、そこまでべったりした人付き合いにはならないです(もちろん、現場のメンバーによります)。

ゆるい繋がりで仕事をしたいという人にはおすすめです。

客先常駐の給料相場は300万円〜500万円

年齢や勤め先にもよりますが客先常駐の給料相場は300万円~500万円とよく聞きます。

中堅企業・零細企業の20代〜30代のSE年収レベルです。

中堅企業・零細企業では下請けをやっている企業が多く、客先常駐案件も多くこなしています。

年収を上げるためには元請け企業、つまり大手SIerへの転職がおすすめです。

こちらについては後述しますのでぜひチェックしてください。 

偽装請負に要注意!チェックポイントは2つ

客先常駐の案件には「偽装請負」と呼ばれる契約形態が存在します。

この場合は違法になりますので注意が必要です。

チェックポイントは「客先の指示により時間・場所に拘束を受けるか」と、「業務内容を客先が指示するか」の2つです。

偽装請負とは?

偽装請負を理解する前に「請負」と「派遣」について理解しましょう。

「請負」というのは業務を請負い、成果物(ドキュメント・ライブラリなど)を納品することが義務となります。

どのように業務を遂行するかは「お任せ」になり、元請けの正社員(プロパー)が業務命令を出すことは原則禁止となります。

これに対して、「派遣」は客先に常駐し、正社員(プロパー)からの指示のもと業務を遂行することが目的になります。

労働力を提供することが契約内容ですので、成果物の有無は契約上含まれません。

これを踏まえたうえで、偽装請負はどういうものかというと、「請負」契約であるにもかかわらず、客先で指示を受けながら作業をするという形態のことです。

この場合、契約は違法となり、罰則対象になるので注意しましょう。

偽装請負に巻き込まれないようにチェックポイントを紹介いたします。

チェックポイント1:客先の指示により時間・場所に拘束を受ける

まず、「請負」であるにもかかわらず、客先の指示で時間・場所に拘束を受けるのであれば、それは偽装請負の可能性があります。

「請負」ということは成果物がなければ報酬は発生しませんが、客先の指示で長時間労働をすることになっても、客先は超過分の賃金を支払う必要はないのです。

これが「派遣」であれば、「労働力」を提供する契約ですので、超過した賃金は客先が支払う義務があります。

これと同じように、「請負」企業に対して勤務場所を変更させたりすることは下請け企業や労働者にとって不利な契約となるのです。

チェックポイント2:作業指示を客先が指示する

どのように仕事をするかを客先(プロパー)から指示を受けている場合は偽装請負の可能性があります。

「請負」であればどのように成果物を作成するかは、下請け企業のやり方に任せるのが基本です(おおまかな方針などは除く)。

しかし、ツールや環境、工程までを客先に介入されているのであればそれは偽装請負です。

ちなみに、客先常駐の案件は派遣・SES・フリーランスといった職種でよく見られます。

それぞれの違いはなんでしょうか?

客先常駐と派遣・SES・フリーランスはどう違う?

客先常駐・派遣・SES・フリーランスと「何が違うの?」といった疑問を持つ方も多くいます。

どのような違いがあるのか見ていきましょう。

「正社員で客先常駐」と「派遣で客先常駐」の違いは収入の安定性

ずばり、正社員で客先常駐するケースと派遣社員で客先常駐するケースでは雇用形態が異なります

正社員であれば給料は自分が就職した会社から支払われますが、派遣社員は派遣会社から支払われます。

ここまでは当たり前の話ですが、正社員の場合、その案件が終わったあとに仕事がなくなっても給料は支払われます。

しかし、派遣社員の場合、その案件が終わったあとに次の案件がすぐに決まらなければ給料はもらえないのです。

収入が安定しない可能性があるというのは派遣社員の怖いところです。

客先常駐とSESの違いは自社開発の有無

IT企業のなかにはSES(System Engineer Service)という業務形態の会社があります。

これは、システムエンジニアを正社員として雇い、外部の開発プロジェクトに支援をして売上を出すビジネスモデルの企業です。

SESでは「支援」が中心のため、自社での開発は少なく常にどこかのプロジェクトに客先常駐することが多い傾向です。

一般的なSIerの客先常駐との違いは、常にどこかの企業に出向している状態が続くという点でしょう。

どちらも正社員であることには変わりありませんが、次から次へとプロジェクトを渡り歩くような勤務スタイルになります。

「正社員だけど(指示されない)派遣」みたいな働き方になるのがSESの特徴となります。

フリーランス案件は客先常駐が一般的

フリーランスはセキュリティの問題もあり、システム開発を自宅で行うことはまずありません

基本的には客先常駐であることがほとんどでしょう。

契約を結び、客先の部署に出勤して業務を行います。

フリーランスの場合は「じゃあ、このシステムをウチに来て一緒に開発してね」という構図なのであまり客先常駐ということは意識することはないかもしれませんね。

次は、客先常駐の地獄パターンを見ていきましょう。

客先常駐で地獄と呼ばれるパターン3個の闇と回避法

客先常駐では「地獄」と表現されるような状況がいくつかあります。

それぞれの状況を見ていきましょう。

地獄その1:新卒で客先常駐した事例!経験・スキルなしで業務こなすのはキツイ

未経験でSE転職

新人がいきなり客先常駐すると結構キツイ状況になります。

客先常駐では、ある程度の経験とスキルがないと話についていけないことがあり、非常に大変です。

客先は新人であろうと一人前として対応してくるので、訳がわからないまま仕事を任されてしまうようなことが起こり得るのです。

もうすでに自社から客先に大部隊が何ヶ月、何年も常駐しているような環境であれば、新人のOJTもしながら育てていくこともできます。

右も左もわからない新人が新規プロジェクトに配属されるのであればそれを支える先輩の存在は必要不可欠になります

地獄その2:一人で客先常駐!すべて一人で乗り切るのが大変

一人で客先常駐するというのも大変です。

客先の要望をすべて一人でこなしていくだけでも大変ですが、客先常駐をすると勤怠管理などを自社に送るといった作業も発生します。

それだけでなく、一人で常駐するということは、プロジェクトの成否は自分ひとりに重くのしかかります

自分の失敗=会社の失敗に直結するわけですから、相当なプレッシャーですし、強い気持ちをもって臨まなければいけないでしょう。

地獄その3:客先常駐で放置!巻き込むことの大切さ

客先に行って放置されてしまうというのも地獄です。

忙しすぎて新規メンバーを受け入れる余裕がないようなプロジェクトだと、受け入れ体制どころか、担当の人間すらいないということもあり得ます

出社してみたらその日はボーっとして帰ってきた、みたいなことにならないためにも周囲の人間を巻き込んでいくことが大切です。

「私の席はどこですか?」「このマシン使っていいですか?」「この場合のマニュアルはありますか?」などのように自分から能動的に動き、半ば強引にでも周りを巻き込んでいかないと状況は変わらないでしょう

客先常駐でうつ病にならないための対処法

客先常駐というのは通常よりもストレスやプレッシャーがかかる勤務形態です。

もちろん、ストレスやプレッシャーの度合いは人それぞれですが、慣れていかないと精神を患う危険性もあります。

そうならないためにも、うまくストレスやプレッシャーと付き合っていく手段を持つことが大切でしょう。

たとえば、休みの日は家にこもりっきりになるのではなく、外に出て遊ぶ、友人と出かけるなど自分の趣味を持ち、ストレスを発散することが重要になります。

現代では軽視されがちですが、睡眠は効率よくストレスを発散できるという調査結果も出ています。

以下の表はストレスの症状と睡眠時間の関係を表したものです。

これによると以下のことがわかっています。

①男女共、「5時間未満」では、「症状あり。改善に取り組んでいる」の割合が高い。ストレス性疲労改善の意思はあるが、睡眠は考慮していない傾向。

②5時間台では「症状あり。改善に取り組んでいない」が多く、極端に短いわけではないが満足な睡眠時間ではないため、ストレス性疲労の重篤化の予備軍と言える。

③「症状あり。通院・投薬」は、働く意欲があっても働けない方も多く、「8時間以上」睡眠が多い傾向。

参照・引用元:一般社団法人ストレスオフ・アライアンス 『ストレスオフ白書2018-2019』

私も経験がありますが、忙しいからといって睡眠時間を削るような生活を続けていくと、精神的に安定するのが難しくなります。

些細なことでイライラし、仕事のパフォーマンスも上がりません。

忙しいときほど「睡眠時間を確保するためにどうするべきか」ということを意識して働くことをおすすめします。

ところで、客先常駐では将来的なキャリアはどうなるのでしょうか。

客先常駐の将来はどうなる?キャリアを紹介

客先常駐のキャリアというのはメジャーなルートがありませんが、いくつかのケースに分類してみました。

「開発を続ける」「マネジメント領域に進む」「営業に進む」の3つです。

それぞれ見ていきましょう。

ケース1:開発をし続けたい方→客先常駐はずっと続く

開発を続けたいという場合、客先常駐という状況はずっと変わりません。

常に開発の前線にいたいという人もいると思うので、そういったキャリアパスもアリです。

ただし、注意してほしいのは派遣の場合は35歳以上になると条件が一気に厳しくなるため、SIerやSESで正社員として雇用してもらうことをおすすめします

ケース2:プロジェクトマネジメントを習得→開発リーダーに昇格

マネジメントスキルを身につけて開発リーダーとして活躍することも可能です。

ある程度の経験とスキルがあれば、プロジェクト全体を取り仕切ることもできるようになります。

マネジメントができる開発者というのは非常に重宝されますし、ベテランになってからも受け入れてくれるプロジェクトも多いでしょう

つぶしが利きやすいのも特徴ですね。

ケース3:営業的な動き→クライアントから仕事をもらえるようになれば自社で作業できる

ある程度客先常駐が続き、コミュニケーションを取りながら信頼と実績を積んでいけば、次の仕事をクライアントから取ってこられるようになります。

そして、案件によっては自社で開発することもできるようになるでしょう。

もちろん、開発環境や進め方などある程度の条件を双方合意することが必要ですが、営業的な動きができるようになれば、こちらが働きやすいように状況を変えることも可能になります

最悪のケース:市場価値を高めないとクビもある!具体的な3つのパターン

エンジニアというのは、常に新しい技術を取り入れながら自身が進化していかないと市場価値が下がる職業です。

「ずっと同じことしかできないとクビになってしまうの?」と思われるかもしれませんが、ご安心ください。

従業員というのは多くの法律で守られており、不当な理由で解雇することはできなくなっています

しかし、一定条件を満たせばそれも可能になります

それが「懲戒解雇」と「整理解雇」です。

「懲戒解雇」はよくニュースなどでも聞かれると思います。

秘密保持義務違反や職務怠慢などの雇用関係に支障をきたすような行動、窃盗やセクハラといった反社会的な行動をした場合には会社は従業員をクビにすることができます。

普通に勤務していれば懲戒解雇でクビになることはありません。

怖いのは「整理解雇」です

整理解雇はいわゆるリストラのことです。

経営が困難になった場合整理解雇として次の3つの方が対象になる傾向です。

40〜50代になっても20〜30代と同じ開発力の場合は解雇対象になりやすい

40~50代になっても技術的に20~30代の若手と変わらない場合、会社は整理解雇対象として考える可能性があります。

もちろん、会社の経営状況が問題なければその心配もありませんが、経営難に陥ったときに会社が人員整理に踏み切れば、成長が見込めず給料の高いベテランよりも、将来のある薄給の若手を残す決断をするのは想像に難しくありません

トレンドの技術を扱うことができない人は常駐先がなく解雇対象になりやすい

技術にはトレンドがあります。

現在ではスマホアプリの開発技術などは引く手数多(あまた)ですし、これからはAIを活用した技術がメインになっていくでしょう。

こうした中で、古い技術(言語、フレームワークなど)しか身につけていない、これから身につける予定もないような人は常駐先がなくなっていきます

会社としても引き受け先のない社員を遊ばせておく余裕はないでしょうから、状況が変わらなければクビになる可能性は大いにあるでしょう。

クライアントと円滑なコミュニケーションが取れない人は常駐先がなく解雇対象になりやすい

SEはスキルさえあれば良いと考えている人もいますが、いくら技術職とはいえ、お客さんがいてこそ成り立つビジネスです。

客先で円滑なコミュニケーションが取れず、問題を起こすような人はどこの客先にも送ることができません。

自社開発ができるのであればいいですが、客先常駐しかなければその人はお払い箱になってしまう可能性はあるでしょう。

客先常駐を辞めるなら「いますぐ転職で脱出」がおすすめ!2つの理由

もし、あなたがすでに客先常駐に疲れ切っていて、客先常駐を辞めたいと考えているのであれば転職して脱出するのが最善策といえます。

その理由は2つです。

理由1:会社に明確な強みがなく客先常駐をしている場合は不況に弱い

客先常駐というのは、言い方を変えれば「他社任せ」のビジネスモデルです。

どこかにプロジェクトがないと仕事がないということは、不況になればその煽りを食ってしまいます。

不況になれば、単価を下げないと元請けが契約しないので、客先常駐案件というのは競合との「単価勝負」になります

単価を下げて取った案件は超短期プロジェクト、もしくは人員を削減することでしか利益を出せません。

そうなると割を食うのはSE・プログラマーです。

人員が疲弊し、品質が下がれば会社の評判も下がります。

ジリ貧になっていくわけですね。

理由2:「客先常駐からの脱却」は高難易度で時間がかかる!

もともと客先常駐をメインでやっている会社、とくにSES企業はこのビジネスモデルから脱却するのに時間がかかります

なぜなら、大手Sierのように請負開発をしようとしてもプロジェクトマネジメント力や営業力がなければシステム開発の受注ができませんし安定して案件を受注し続ける難しさもあります

請負開発でなくて、自社製品のパッケージソフトやサービスを展開するのであれば、企画、マーケティングの人員を揃えなくてはいけません。

多くのリソース(時間とお金)をつぎ込んだ自社製品やサービスは文字どおり「社の命運を賭けたプロジェクト」となるのです。

客先常駐からの脱却は容易ではないというのはこういった理由があるためです。

転職活動で客先常駐は絶対に避けたい!という場合、適切な求人を選ばないといけません。

どのような方法があるでしょうか。

客先常駐がない求人選びは転職エージェントに相談がベスト

客先常駐を避けたければ、その会社の事業内容、業務を詳しく理解する必要があります

しかし、会社というのは入ってみないとなかなかわからないもの。

そういうときにおすすめなのが転職エージェントです

転職エージェントは転職支援を専門にしているサービスで、転職希望者の要望をヒアリングし、最適な求人情報を提案してくれます。

転職エージェントは提案するにあたって表面的な情報だけで判断しません。

各企業の人事や役職を訪問、企業の内部情報を調査してそれをデータベースとして持っていて、客先常駐の有無も把握しています。

個人でそのレベルまで調査するのは非常に大変ですが、転職エージェントに依頼すれば苦労することなく希望する条件の企業を見つけることができます

では、最後におすすめの転職エージェントをご紹介します。

おすすめ転職エージェント

おすすめの転職エージェントは「マイナビエージェントIT」「レバテックキャリア」「ワークポート」です。

それぞれの特徴をチェックしていきましょう。

1位:マイナビエージェントIT

大手転職サイトであるマイナビが運営する転職エージェントです。

業界でも大手であり、転職したいのであればとりあえずマイナビエージェントに登録しておこう、というレベルのエージェントです。

マイナビエージェントITはその名のとおり、マイナビエージェントの中でもIT業界に特化したサービスで、専門的な知識を持ったコンサルタントがしっかり相談に乗ってくれます。

さすが大手ということだけあり、求人案件数も豊富でおすすめのエージェントです。

IT専門!国内最大級の求人数と実績「マイナビエージェントIT」

  • 求人情報の8割が「非公開求人」で
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

2位:レバテックキャリア

IT業界特化型の転職エージェントとして老舗のレバテックキャリアは、綿密な企業訪問で最適な求人を提案してくれるエージェントとして有名です。

年間で3,000回にもおよぶ企業訪問を繰り返し、常に最新の企業情報をもとに提案を行います。

また、コンサルタントも業界に精通した知識を持っているプロフェッショナルですので、技術的な会話も問題ありません。

忙しい人にはスマホを使ったメッセージでのやり取りにも対応してくれます。

転職成功者の満足度が高いエージェントです。

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!
  • 人気求人の提案希望者は職務経歴書の提出をお早めに

※「これまでのご経験、ご希望の入力」を記入することで質の良い求人をいち早く紹介可能

3位:ワークポート

35万人の転職実績を誇り、2017年に「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれているのがワークポートです。

IT系、クリエイティブ系の転職に強く、専任のコンシェルジュが要望を聞き、最適な提案をしてくれます。

未経験からの転職にも強く、IT業界に興味があるけど未経験で不安がある、という人にもおすすめのエージェントです。

ワークポートに相談する

40代の転職は厳しい!いち早く相談することが必須!

転職というのは若ければ若いほど有利といわれています。

能力が横並びなら、企業はなるべく長く活躍してくれる若い人材を求めるため、20代、30代、40代と年代が上に行くほど転職は厳しくなっていきます。

今なら入れる企業も来年には入れないかもしれません。

もし、あなたが転職に迷っているのであれば「今すぐ」行動することをおすすめします

また、転職活動を1人で進めるのは精神的にもキツイです。

現在の仕事をしながら企業情報を収集し、自分のスキルを棚卸して対策を練ることは容易ではありません。

その点、転職エージェントに相談すれば、求人選定、書類の添削、面接対策ということをすべて無料で受けることができます。

転職はモチベーションが下がって挫折するケースが大半を占めます。

転職エージェントなら不安な気持ちを相談しながら効率よく転職を進めることができるのです。

まとめ

客先常駐の特徴とキャリアパスについて解説してきました。

もし、客先常駐に興味があるのであればSIerかSESに就職することをおすすめします

客先常駐を辞めたいのであれば、別の企業に転職しましょう

いずれにしても転職エージェントに登録して効率的に進めることをおすすめします。

後悔のない転職にできることを祈っています。

       
質問・疑問・不安がある方は、
「ITエンジニアのキャリア相談室」に
いつでも、お気軽にどうぞ

ご相談はこちら

当サイトおすすめの転職エージェント

【ベスト3】当サイトおすすめの転職エージェント

IT専門!国内最大級の求人数と実績「マイナビエージェントIT」

  • 求人情報の8割が「非公開求人」で
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!
  • 人気求人の提案希望者は職務経歴書の提出をお早めに

※「これまでのご経験、ご希望の入力」を記入することで質の良い求人をいち早く紹介可能

高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門 「TechClipsエージェント」

  • 高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門
    80%以上が年収500万円の求人!
  • 大手転職会社にはない現役エンジニアによる親身なサポートでキャリアアップをサポート
  • エリアは首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)限定!

-IT業界のお仕事

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2019 All Rights Reserved.