IT業界のお仕事

ネットワークエンジニアはきつい?現役が語る7つのきついポイント

最終更新日:

ネットワークエンジニアを目指すにあたり

「ネットワークエンジニアはきつい?やめとけって本当?」

「ネットワークエンジニアのどんな点がきついの?」

「プログラマーとネットワークエンジニアのどちらきついの?」

と気になりませんか?

結論からお伝えすると、ネットワークエンジニアはインフラ(社会基盤)の要素があるため

  • 停止・事故が許されない
  • 停止の影響が大きい

といった重責から「きつい仕事」と感じることが多々あります

一方で、未経験からITエンジニアになりやすい職種はネットワークエンジニアであることも事実です。

プログラマーと比べネットワークエンジニアは覚える範囲が少なく、スキル・経験が低くてもCCNAという資格さえ取得すれば採用されやすい職種です。

手に職が付きますし、ITエンジニアのため高年収となります。

筆者としては未経験からITエンジニアを目指すにあたりネットワークエンジニアの職種はおすすめだと考えています。

ですがキャリアチェンジした後に「失敗した・・」と後悔しないよう、この記事ではネットワークエンジニアのきつさを忖度なしで紹介していきます。

ITエンジニアは将来性のある職種です。

ぜひ前向きにご覧ください。

【経験者が教える】ネットワークエンジニアのきついポイント7つ

ネットワークエンジニアは責任重大です。

それゆえに仕事がきつくなります。

この章ではきついポイントを7つに絞ってお伝えします。

きついポイント1:業務量が膨大

ネットワークエンジニアの業務用は過大になりがちです。

体験を基にネットワークの運用保守を例に説明します。

ネットワークの運用保守には次のような業務があります。

  •  定常監視(毎日同時刻にツールを確認し異常がないか見る)
  •  トラブル対応(通信断等のアラームが鳴る)
  •  お客様対応(お客様からの問い合わせに対応する)
  •  報告書作成
  •  計画書作成
  •  回線変更に際する打ち合わせ

このように業務が多数あります。

ご覧いただくとお判りいただけると思います。

仕事のための仕事が多いです。

それゆえ業務量が過大になり現場が疲弊していきます。

特に、下請け企業でこの傾向が顕著になります。

「仕事しているアピール」が上位組織に対して必要になるからです。

きついポイント2:目標設定

私がきついと感じたNo1は目標設定です。

目標設定がめんどくさくて退職しました。

それくらいきつかったです。

目標設定とは半期ごとに達成したいゴールを設定することです。

また、そのゴールに向かって自助努力することです。

ちなみに、私の以前の職場では、以下の手順で目標設定を実施していました。

  1. 自分で次半期のゴールを立てる
  2. 上長と面談し、ゴールをすり合わせる
  3. 面談内容に沿ってゴールを修正する
  4. 上長の承認を得る
  5. ゴールに向けて自助努力を行なう
  6. 目標設定の月次報告と上長面談(これは毎月実施していました)
  7. 半期毎に目標達成について面談
  8. ①〜⑦を半期ごとに繰り返す

私がこの「目標設定」で疲弊してしまった理由は、ネットワークエンジニアの目標設定が困難だからです。

営業職であれば「予算105%達成」や「粗利3,500万円獲得」などの様に数値化して目標を立てることができます。

しかし、ネットワークエンジニアでは定量的に目標を立てることが困難です。

先ほどの業務量の話にもつながりますが、日々の業務は臨機応変に対応しなければいけないことが多く、トラブルの回避やその対応は目標以前の問題なので、何をどう書いてよいのかわからずに毎回頭を悩ませていました。

更に悩ましいのが、上司が介入してくることです。

「SMARTの法則に則って記載するように」や「KPIを意識するように」等、上司の介入によってただでさえ難しい目標設定がさらに難しくなります。

この場合は、ほぼ上司側の都合です。

会社に対して上司が「仕事をしっかりやっています」アピールをしたいからという思惑があるからです。

上司の評価アップのために部下である私の目標設定が利用されている、といっても過言ではありません。

Smartの法則: SMARTはプロジェクトマネジメント、従業員の業績管理などの領域における目標設定の基準。

SはSpecific(具体的)

MはMeasurable(測定可能)

AはAchievable(達成可能)

RはRelevant(関連性のある)

TはTime-bound(期限のある)

参考:SMART(マネジメント)|Wikipedia

KPI: 重要業績評価指標: Key Performance Indicatorsの略。

組織の目標達成の度合いを定義する補助となる計量基準群である。

参考:重要業績評価指標|Wikipedia

きついポイント3:必要書類が多い

ネットワークエンジニアは必要書類がとにかく多いです

実際に私が記載していた報告書を一覧化します。

  •  トラチケ(トラブルチケットの略。トラブルの対応記録)
  •  インシデント報告書(ミスがおきたら記載する)
  •  作業許可書(○○の作業をしてよいかお伺いを立てる)
  •  作業申請書(○○の作業を実施します。という報告書)
  •  データセンター入館申請書(データセンターに入るために必要な書類)
  •  作業予定表(自部署で使用する予定表)
  •  アラーム申請書(作業時に警報が上がる旨をあらかじめ報告する)

ネットワークエンジニア業務は責任の線引きをしておく必要があります。

よって、責任の所在を明確にすべく必要書類はどうしても多くなります。

書き方も難しいですが、やって慣れるしかありません。

書くことが苦手な方にとってもネットワークエンジニアはきついと言えるでしょう。

きついポイント4:仕事が属人的

ネットワークエンジニアの仕事は属人的になりがちです。

それゆえに業務が効率化しません。

仕事が属人的になる理由は次の通りです。

  •  トラブル発生し当人しか状況がわからない。
  •  職場での居場所確保のため他に業務を振っていない。
  •  自分の居場所を守るため後輩に仕事を教えない。
  •  引き継ぐのが単純に面倒
  •  引く継がれるのが面倒
  •  内容が煩雑すぎてそもそも引き継げない

引継ぎは、引き継ぎ側と引き継がれる側の双方に高いコミュニケーション能力が必要です。

よって、コミュニケーションコストを煩雑に感じて、引き継がなくなります。

よって、一人で解決しようとなります。

結果、業務効率がよくなりません。

私も引き継がなかった一人なのでえらそうなことは言えません。

しかし、その結果、業務は効率化せず業務時間も過大になりがちでした。

きついポイント5:自己解決が難しい

「自己解決が難しい」に関しては若干の説明が必要です。

セキュリティ定常監視を例に説明します。

※定常監視とは回線に問題がないか日々チェックすることです。

セキュリティの定常監視では脆弱性(ぜいじゃくせい。ネットワークの弱みのこと)を確認しなければなりません。

その際に、脆弱性情報をまとめているサイトを確認します。

この作業の難易度が高いのです。

具体的には下図のようなシスコの公式ページで脆弱性のチェックをします。

networkengineer-kitsui

参考:Security Advisories | Cisco - Global Home Page

手順は以下です。

  1. 発表された脆弱性を見る。(上記図)
  2. 対象の機器が自社にあるか確認する。
  3. 対応の必要があるかどうかマニュアルと照らし合わせる。
  4. 対応が必要なものに関して対応する。*対応しない場合もある。

まず、発表された情報を読み解くのが難しいです。

基本英語バージョンです。

日本語版もありますが、自動翻訳がわかりづらく英語版を見る人が多いです。

文章は「シスコ語」とよばれ、不自然で解読が難しいです。

その次に対象機器が自社にあるかチェックします。

対象機器があれば、対応の必要があるか社内規定と照らし合わせて確認します。

対応の必要があれば上長と相談の上で対応します。

このように「英語との闘い」「文章との闘い」「社内規定との闘い」と3つの山を乗り越えなくてはなりません。

私に仕事ができないと言われてしまえばそれまでです。

しかし、当初はひとりでは対応できないケースが多く、先輩や上司に確認を求めることが多かったです。

きついポイント6:資格取得

ネットワークエンジニアには取得を奨励される資格が多数あります。

CCNAやCCNP、ネットワークスペシャリストが代表例です。

ネットワークエンジニアは開発系と異なりスキルを形にしてアウトプットすることが困難です。

よって、会社側は資格取得でスキルアップを奨励します。

エンジニアにとっても資格取得するメリットは大きいです。

具体的なメリットとは・・

  •  体系的な知識を習得することができる。
  •  基礎知識向上につながる
  •  給料アップ(資格取得によって給料アップを掲げている企業は多いです)
  •  ネットワークエンジニアとして市場価値が上がる。

といった感じです。

しかし反面きついのは事実です。

日常の業務だけでも大変なのに業務外に勉強はきついです。

「休み」の日には休みたいのです。

特に試験近くは勉強漬けになります。

私は、平日は終業後2時間、休日は10時間勉強していました。

試験自体も難しくかなり気合を入れて勉強しないとパスできないのです。

そのため、余暇時間の勉強できない方にはきつい仕事だと言えるでしょう。

きついポイント7:時間が不規則

運用保守フェーズを担当する場合は、24時間体制でのシフト勤務になります。

いわゆるIT業界用語でいわれている「24/365(にーよんさんろくご)」

つまり24時間、365日稼働するオペレーションです。

よくあるシフトパターンは次の通りです。

[日勤]→[日勤]→[夜勤]→[夜勤明け]→[休み]→[休み]

・日勤:9:00~18:00

・夜勤:17:00~翌10:00 

※日勤と夜勤が重複しているところで引継ぎをします。

シフト勤務で夜勤があると、生活が不規則になり、体調を崩しやすくなります。

私の周りでも、勤務年数が経つにつれて太ってしまう人が多くいました。

太る原因はストレスで食べてしまうというのもあります。

加えて、夜勤時は食べるタイミングが分からなくなります。

そのため、食べる量は変わらずに食事回数が4食、5食と増えてしまいます。

また、夜勤明けは、帰宅してから寝るのは昼12時頃になります。

一番太陽が出ている時間帯なので、寝付きにくく、疲れが取れにくいです。

睡眠障害とまではいかなくておも、眠りにくいといった悩みを持つエンジニアは多かったです。

ネットワークエンジニアがきつい理由は3つ

ランキング

上の章ではネットワークエンジニアはきついポイントを解説しました。

この章では一段深堀してなぜきついのかその理由を解説していきます。

きつい理由1:板挟みに合う

ネットワークエンジニアの仕事は外部要因によって大きく左右されます。

ざっくりいうと「板挟みに合います」

例えば次のようなケースです

「ネットワークトラブルで本日の回線は不可だがお客様は希望している」

「本日中にネットワーク更改を行いたいがデータセンター側が許可しない」

「上部組織はA案を希望している。

しかし、お客様側はB案を希望」

「作業時間大幅超過。

作業者は帰りたがっているが、お客様は作業希望」

とこんな具合です。

ポイントは自分のコントロールできないことに左右されることです。

以下は概論ですが、「ダニエル・ギルバート氏」が言っていることと全く同じです。

自分のコントロールできないことに左右されると人は精神的に憂鬱になります。

それは、ネットワークエンジニア業務であっても同じことです。

 

ハーバード大の社会心理学教授 ダニエル・ギルバート氏

人間はコントロールへの情熱を持ってこの世に生まれ、持ったままこの世から去っていく。

生まれてから去るまでの間にコントロールする能力を失うと、惨めな気分になり、途方に暮れ、絶望し、陰鬱になることがわかっている。

死んでしまうことさえある。

出典:明日の幸せを科学する(ハヤカワ・ノンフィクション文庫) | ダニエル・ギルバート, 熊谷淳子

このように「自分では決められないこと」が理由で精神的に疲れている人もいました。

きつい理由2:責任が重い

ネットワークエンジニアの責任は重いです。

理由はネットワークに重要性の高いデータが乗っかっているからです。

金融機関や証券では回線断(ネットワークが切れること)になってしまうと億単位の

損害が発生してしまいます。

例えば、家庭用のブロードバンドの料金は4,000円~7,000円です。

それが、法人用の専用線となると1,000万円/月といった高額な回線もあります。

それゆえ、エンドユーザーの要求水準も高く、保守部門に要求されるレベルも高くなります。

また、回線保守をする上であいまいな回答をすることができません

「たぶん○○だろう。」や「大丈夫だと思う」といった回答は許されません。

必ず回答は一意でなければなりません。

それゆえ、調査や検証に時間がかかります。

そのため、業務が肥大化し仕事がきつくなります。

きつい理由3:成長を強制される

ネットワークエンジニアは成長ありきです。

それゆえきついです。

ネットワークエンジニアは経験とともに以下のステップを経ることが一般的です。

[監視]→[運用保守]→[構築]→[設計]→[要件定義]

ステップアップしていくために自己学習は必須です。

具体的には、会社からCCNAやCCNPの資格取得を奨励されます。

「奨励」と記載しましたが、実質は「半強制」であるケースが多いです。

半期毎の目標設定時に資格取得を勧められます。

そのため、成長意欲の低いエンジニアにとってはきついと言えるでしょう。

コラム:プログラマとネットワークエンジニアはどちらがきつい?

結論、プログラマのほうがきついです。

プログラマのほうがきつい理由は、プログラミングで様々なことができてしまうからです。

拡張性が高いと言えます。

ネットワークも拡張性はあります。

ネットワーク速度や構成の変更が可能です。

ただ、限界があります。

ベストエフォート100Mbpsの回線で200Mbpsは出せません。

手配できる人員がいないのにケーブルを物理接続することはできません。

このように機械的に対応不可や物理的に不可といった制限があります。

しかし、プログラミングではそれらがほぼなく無限に拡張できてしまいます。

そのため、お客様より依頼された仕事は基本的にやるしかなく業務量増加につがなりやすいです。

以上のことからプログラマのほうがきついと言えるでしょう。

実際にきつかった体験談

ここまでは「きつい」にフォーカスを当てた概論を記載しました。

この章では実際に私の体験談をお話しします。

体験談1:トラブル対応で泊まり込み

私は最長で27時間勤務したことがあります。

その内容はこうです。

9:00  勤務開始。

12:00 ネットワーク更改作業開始
    ※順調にいけば3時間の工程

14:00 トラブル発生。切り分け開始(原因探求のこと)

15:00 原因特定不可。
    お客様へ事象説明。
    延期してよいか確認。
    しかし、本日中に作業実施願うとのこと。

16:00 交換用機器手配・交換に際して作業者手配。

20:00  機器と作業者が現地に到着。
    機器交換開始。

22:00 交換した機器で試験NG

22:30 試験NGのため、再度切り分け開始

05:00 交換した機器の不良発覚。
    再度、交換手配。

09:00 物品が現地に到着。交換開始

11:00 機器交換完了。
    正常性確認のため1時間待機

12:00 作業完了

このようにトラブルが発生すると超長時間勤務になる場合があります。

「引き継いだらよいのでは?」と思われるかもしれませんが、引き継ぐのは難しいです。

トラブルの詳細を細かく第三者に伝えることが手間だからです。

また、引き継いでも後で絶対にTELがかかってきます。

よって、それなら自分で解決してしまおうとなってしまいます。

上記は、極端な一例ですがネットワークエンジニアになるにはこういったことも覚悟された方がよいと思います。

体験談2:報告書記載が煩雑

ネットワークエンジニアには報告書の類を書く機会が多いです。

例えば、体験談1のようなトラブルに遭遇した際は「トラブルチケット」をいう報告書を書かなければなりません。

図に書けばわかりやすいことを文字で説明しなければならないので記載に時間がかかります。

私がいた職場では無理矢理ビジュアル化していました。

下図のように記載ししていました。

――[ケーブル]―[ONU]―[UNO]―[ルータ]!――[お客様サーバ]―
※「!」の箇所がトラブル発生個所

煩雑さを想像していただけると思います。

報告書が分かりづらいと上部組織から指摘が入ります。

そのため、主語・述語・目的語を明確にして記載する必要があります。

体験談3:仕事が属人化しすぎていて業務習得が困難

これは私がいた職場限定化もしれません。

仕事が属人化しすぎていてキャッチアップしていくことが難しかったです。

「一応」マニュアルも完備されています。

しかし、マニュアルも作成者がいい加減で完ぺきではありませんでした。

「ここはマニュアルに記載しなくてもわかるだろう」という想いが伝わってくるマニュアルでした。

マニュアルの最終章になるにつれ割愛される割合が高くなります。

また、業務多忙でマニュアルバージョンアップする時間がなく古いままです。

よって、「マニュアルには書いていないけれど○○を追加でやる」や

「マニュアルには書いてあるけれどこれはやらなくてOK」が散見されます。

その結果、○○作業の詳細は○○さんに聞かないとわからないといった事態になっていました。

なので、業務習得に時間がものすごくかかり効率が悪かったことを覚えています。

「マニュアルを整備した方がいいと思います」とやんわり提案したこともあります。

「ネットワークエンジニアなら身体で覚えろ」と一喝されて終わりました。

ネットワークエンジニアのやりがいとは?

実力主義

本記事ではネットワークエンジニアの負の部分にフォーカスを当ててお伝えしました。

もちろん、それが全てではありません。

負の部分を補うメリットも大いにあります。

私が感じるネットワークエンジニアのやりがいとして、

  •  業界の中でも高い収入を得られる
  •  スキルを一度身につければ就業先が豊富にある
  •  規模の大きい仕事を任せてもらえる

この3つです。

特に「業界の中でも高い収入を得られる」と「スキルを一度身につければ就業先が豊富にある」というのは、ネットワークエンジニアならではの魅力です。

ネットワークエンジニアのスキルは陳腐化しにくいので、一度習得すればこの先ずっと使っていくことができる武器にもなります。

そのため、フリーランス独立や転職などが容易でスキルに汎用性が高いと言えます。

ネットワークエンジニアにおすすめの人は勉強熱心な人

勉強熱心な人・自学自習ができる人はネットワークエンジニアに向いています。

先述したようにネットワークエンジニアは成長を求められます。

会社からは資格取得を奨励されます。

現場では技術力向上を求められます。

そんな中、自己啓発していける人はネットワークエンジニアに向いています。

また、努力している人からチャンスをもらえたりします。

チャンスの面からみても努力家であることはネットワークエンジニアにとってアドバンデージです。

加えて、ネットワークエンジニアはストレス耐性があると望ましいです。

ネットワークエンジニアは、自分自身ではコントロールできない場面にしばしば振り回されます。

そのため、ストレス耐性がないと精神的に憂鬱になったり追い込まれたりします。

仕事以外の趣味等、自分なりのストレス解消法を持っていると気分転換にもなっておすすめです。

未経験からネットワークエンジニアになる方法は派遣社員!

未経験でSE転職

ネットワーク業界未経験でなおかつ新卒でないなら「派遣社員」をおすすめします。

派遣社員であれば完全未経験であってもネットワークエンジニアになることは可能です。

まずは、2年程度実績を積みましょう。

未経験から入社すると監視もしくは運用フェーズから仕事を開始するケースが多いです。

経験を積み重ねステップアップしていくことは派遣社員でも十分可能です。

経験を積むことと並行して資格取得にも励みましょう。

ネットワークエンジニアであれば、まずはCCNAの取得を目指したいところです。

2年程度経験がありCCNAを取得すれば正社員として転職やフリーランスへジョブチェンジも可能です。

CCNAとは

CCNAとはシスコシステムズが運営している資格制度。

ネットワークへの理解を問うもので、ネットワークエンジニアの登竜門的な資格。

CCNAの資格があり35歳以下までであれば求人が多く、未経験でもネットワークエンジニアとして働くことができます。

参考:CCNA 認定とトレーニングプログラム |Cisco

まとめ

「ネットワークエンジニアはきつい」いかがでしたでしょうか。

当記事では負の部分を中心にお伝えしました。

もちろんネットワークエンジニアにはポジティブな面もあります。

しかし、求人メディアや転職サイトではそういったポジティブな面のみをピックアップしがちです。

ネットワークエンジニアになってからネガティブな面を知ってしまうと、早期離職にもつながり、働くこと自体がツラくなってしまいます。

そういったことがないように、なかなか表には出ないネガティブな面を中心にご紹介しました。

これからインフラ業界を目指そうと思っている方に参考にしていただけると嬉しいです。

ネットワークエンジニアは総じて素晴らしい仕事だと思っています。

「高い給料」「やりがい」「優秀な人と仕事ができる」、こういったメリットを享受できる職業はなかなかありません。

ぜひ、ネットワークエンジニアの光と闇の両面を知ったうえで、この業界に来ていただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿日:
IT転職エージェントランキング
       
質問・疑問・不安がある方は、
「ITエンジニアのキャリア相談室」に
いつでも、お気軽にどうぞ

LINE公式アカウントご相談はこちら

当サイトおすすめの転職エージェント

【ベスト3】当サイトおすすめの転職エージェント

IT専門!国内最大級の求人数と実績「マイナビIT AGENT」

  • 求人情報の8割が「非公開求人」で
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • 【裏技】職務経歴書の添付で非公開の高待遇求人が優先!かんたんな情報だけでもOK
  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!

※職務経歴書は「エンジニア経験の有無・経験したことのある言語」の記載だけでOK

高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門 「TechClipsエージェント」

  • 高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門
    80%以上が年収500万円の求人!
  • 大手転職会社にはない現役エンジニアによる親身なサポートでキャリアアップをサポート
  • エリアは首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)限定!

-IT業界のお仕事

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2021 All Rights Reserved.