仕事辞めたい

【人間関係で仕事辞めたい方】原因・退職基準を知って前向きに対処する方法の全て

最終更新日:

失敗

「上司とそりが合わない」

「ノルマ未達成で詰められ、周りも冷たい」

「仲間はずれにされている」

など、社会に出てからも「人間関係」で悩む方は多くいます。

「仕事は楽しいのにあの人とは合わない・・・」「直属の上司だけは好きになれない」などなど、人間関係でうまくいかないパターンは人それぞれあると思います。

今回の記事ではそんな人間関係でギクシャクしている方に向けて、どのようにすれば人間関係で悩まずに済むか、どのように切り抜けていけば良いのかを解説していきたいと思います

人間だれしも合う、合わないは必ずあります。

そんな状況でも、ほんの少しのテクニックで人間関係を円滑にすることができたりしますので、参考にしていただければと思います。

最悪のことは人間関係の悪化の原因を理解せずに仕事を辞めることです。

この記事では、

  • 人間関係が悪くなる原因と対処法
  • 会社における人間関係の考え方
  • 辞めた方がいい人・そうでない人

を紹介していきます。

人間関係の悩みを減らしていきたい方は必ず最後までお読みください。
仕事もきっと楽しくなります!

それでは本題へ、どうぞ!

目次で流し読み

「人間関係」という理由で辞める人は多い!よくある事例を紹介

必ず転職理由として上位に食い込むのが人間関係のもつれです。

上司とうまくいかなかったり、同僚と仲が悪いなど理由は様々ですが、労働環境の不満と同じくらい人間関係で辞めてしまう人が多い実態があります

昨今メディアでも話題になっているパワハラやいじめなどもこの人間関係のもつれにあたります。

では実際にどのような事例があるのか、ご紹介していきたいと思います。

事例1:陰口を言われる

どの会社に勤めても必ず一人はいる「陰口の多い人」が原因で辞めてしまうパターンは非常に多いです。

一見、仲が良さそうに振る舞っていても、実は陰で「仕事が遅い」「生意気だ」など職場の周囲の方々にネガティブキャンペーンをしていることが良くあります

そんな陰口を風の噂で聞こうものならやる気は一気になくなってしまうものです。

上司など信頼している人に言われていると分かれば更にモチベーションは下がってしまいます。

事例2:無視をされる

精神的にも一番つらい職場内のいじめが、「無視をする」です。

陰口だけであれば表面上にはうまく付き合っているように振る舞ってくれますが、まるで空気のように無視をされ続ければ精神的に与えるダメージが非常に大きくなります。

仕事にも集中できませんし、「この会社には自分は必要ないのか」と自暴自棄になってしまいます。

事例3:プライベートにも深く介入してくる

職場での関係性をまるで「ファミリー」のように深く関係を築こうとする人がいますが、これは良い部分でもあり、人によっては非常に面倒と感じてしまいます

「仕事は仕事」、「プライベートはプライベート」と線引きをしたい人からすれば、頻繁に休日も職場のメンバーで集まったりすることがストレスと感じてしまいます。

ひどい場合は付き合いが悪いからといって仕事にまで悪影響を与える場合もあります

続いては人間関係の悩みで、自分自身にも非があるケースをご紹介いたします。

その場合には退職という決断を踏みとどまってみた方が良い場合があります。

辞める前にチェック!辞めないほうが良い人間関係のケース

「人間関係がつらいから辞めたい!」と思っている方、一度踏みとどまってみて下さい

決して嫌なことを我慢しろと言っている訳ではなく、実は辞めなくても良いケースが多く存在します

せっかく努力して就職した企業かもしれませんし、仕事内容が充実しているのに人間関係で辞めたくなってしまうパターンを多く目にします。

もしかしたらご自身が辞めるまでもないケースがありますので、ご紹介していきたいと思います。

ケース1:直属の先輩や上司とだけソリが合わないケース

理念の不一致

数百人、数千人規模の企業などで働いている状況で、悩みの種となる相手が上司や先輩の一人だけである場合、退職を急ぐのは早すぎると考えます。

主任と合わないのであればその上司の係長、係長と合わないのであればその上司の課長に相談を持ち掛けてみましょう。

それでも改善されないようであれば、面接でお世話になった人事部の方などに相談してみましょう。

事情を汲んで部署異動など検討してくれるかもしれません。

コンプライアンスにうるさい現代ですので、精神的苦痛であることを伝えれば対応してくれるはずです。

ケース2:自分が批判や悪口を言っているケース

実は人間関係の悪化の原因は身近にあったりします

その原因の一つとして、無意識のうちに自分自身が相手の悪口を言っていたりする場合があります。

口を開けば誰かの悪口を言っていたり、ネガティブな発言ばかりしていて、いつのまにか自分の周りに誰もいなくなっていたりします。

そんな状況に気づけずに、職場の人間関係が悪いからと言って転職しても同じことの繰り返しになってしまいます。

今一度、人間関係の悪化の原因が自分自身にないかチェックしておきましょう

ケース3:嫌な相手と直接コミュニケーションを取ってないケース

「あの人とは合わなそう」「あの人の考えは合わない」と直接接点がないにも関わらず、主観的に判断して嫌いと判断しているパターンは意外と多いものです。

第一印象はあまり良くなかったが、話してみると実は一番馬が合ったりするという話はよく聞きます。

食わず嫌いなだけで、コミュニケーションを取ることで簡単に固定概念が覆ってしまうこともありますので、まずは率先してコミュニケーションや情報交換などをしてみましょう。

ケース4:経営理念が共感でき、経営陣も信頼できるケース

会社を辞めてしまう、もったいないパターンが「会社の経営方針が自分に合っている」「社風が好き」などと愛社精神が大きい場合です。

せっかく肌に合った企業にも関わらず、人間関係が理由ですぐに辞めてしまうのは非常にもったいないと思います。

人間ですから、必ず性格の不一致はあります。

もし、配置転換や部署異動で悩みが払拭できるのであれば、辞めずにすむ手立てを考えてみましょう

一人で悩まず相談できる相手を見つけることが鍵となります。

ケース5:人間関係に悩んで半年未満のケース

入社して間もない時期であったり、異動したばかりなど、目安として半年以内であれば退職を考えるのは早いと考えます。

日々目まぐるしく人事異動が繰り返される企業であれば、嫌いな人が異動になったり、辞めてしまうなんてパターンもなきにしもあらずです。

思い立ったらすぐ行動に移すのではなく、一度踏みとどまって検討する時間を設けることも大切です。

ケース6:人間関係を良くするため、3つ以上の改善行動をしていない人

「あの人とそりが合わないから」「上司の考え方が合わない」など人間関係のもつれをすべて相手のせいにしてしまうのはナンセンスと考えます。

社会人として「なぜ人間関係がうまくいかないのか?」を分析しながら自分自身に問いかけてみましょう。

コミュニケーション不足と感じるのであれば積極的に会話をしてみたり、おしゃべりな性格であれば仕事中は口を慎むなど、人間関係悪化の原因を探究する心がけは大切だと考えます。

ケース7:追い込まれていて余裕がない人

業務多忙のため、正常な判断ができないケースもあります。

仕事が忙しいと「自分だけが仕事が忙しい」「周りが助けてくれない」と勝手に思い込んでしまうことがあります。

実はこちらから助けを求めれば親身に手伝ってくれたりしますので、自己解釈をせずに仲間に相談するクセを心がけましょう

被害妄想だけで退職をしてしまうのは非常に残念なパターンと言えます。

ここまで辞めない方が良い7つのケースをご紹介してきましたが、次は早急に辞めるべきケースをご紹介いたします。

辞めたほうが良い人の人間関係のケース

人間関係の悩みで辞める前に一度踏みとどまってみようとお話ししましたが、ここからご紹介するケースに当てはまる方は、できるだけ早い段階で転職先を探すことを強くおすすめします。

なぜなら人間関係悪化の原因が自分にない場合は、我慢したところで精神的にも肉体的にも疲弊する一方ですので、状況は良い方向に向かう可能性は低いからです。

実際どのようなケースが当てはまるのか、ご紹介していきたいと思います。

ケース1:誰も味方がいない・・・。職場で孤立している人のケース

WEB系のストレス

職場内で、集団で無視や嫌がらせをしてくる場合、相談のできる良き理解者、相談窓口がない状況であればすぐにでも転職の決断をしましょう

先ほど解説したように自分に非がある場合は別ですが、特段思い当たる原因がないのであれば状況が良くなる確率は非常に低いと言えるでしょう。

ケース2:飾りだけの経営理念・信頼できない経営陣・陰気臭い会社のケース

ワンマンな経営者や上司、仕事観がコロコロぶれてしまうような会社であれば疑いの目で見ましょう

経営理念が飾りのようになっている会社は組織もまとまらず、人によって作業指示などが違ったりしてしまい、人間関係もギクシャクしてきます。

人を選んで態度を変えたり、筋が通っていないことを押し付けたりする上司の元で働いても自己成長は望めないでしょう。

そういった会社(上司)は反面教師として次の転職先でスキルを活かしましょう。

ケース3:批判・セクショナリズムで建設的なコミュニケーションができないケース

自分たちの考えを押し付けてきたり、グループ同士が助け合ったりできないセクショナリズムな会社であれば、自己成長のためにも早めに見切りをつけたほうが良いと考えます。

企業は言ってしまえばコミュニケーションの塊ですので、協調性、協力体制が構築されていない会社は未来永劫繁栄していくとは考えづらいからです。

要らぬ人間関係のもつれに巻き込まれる前に辞めてしまいましょう。

転職する決断ができたところで、改めて「人間関係の悩み」について考えてみましょう。

コラム:どんな優良企業も人間関係の問題は必ずあることを理解しておこう

冒頭でも少し触れましたが、人間関係に悩まされずに人生を終えることができる人は、ほぼいないと言えます。

必ず相性の合う、合わないはありますので、苦手な人との「付き合い方」がとても重要になってきます。

世界的に有名な超一流企業、世間的に評判の良い企業でも必ず人間関係の悩みというのはあります。

なぜなら働いている従業員が生身の人間だからです。

人間関係がうまくいかないからと転職しても、次の職場で人間関係がうまくいく保証は一切ありません

その辺りを念頭に置きつつより良い職場環境を目指しましょう。

続いては転職を成功に導くコツをご紹介していきたいと思います。

辞めるまでの期間は1〜3ヶ月。早めの転職活動をすべし!

人間関係の悩みで転職をしたいと思ったら、転職するまでの期間は目安として1~3ヵ月としましょう。

それ以上時間を掛けてしまうと、「もう少し頑張るか」「自分の考えは甘かったかな」など転職をしたいと思った気持ちが薄れてしまいます。

また、現在は転職売り手市場とは言われていますが、いつでも就きたい企業に転職できる訳ではありません。

チャンスを逃さないためにも、転職のプロを活用してより良い職場環境を探しましょう

続いてはその転職活動を後押ししてくれる「転職エージェント」についてご説明したいと思います。

転職でおすすめは転職エージェントに相談すること

転職エージェントを活用することで、会社内の雰囲気を聞けたり、自分のカラーにあった理想の転職先を紹介してくれます

また、希望など細かな情報交換をしておくことで転職活動が飛躍的に早くなります。

非公開求人などの数も魅力的ですが、担当エージェントが企業とのマッチングを行ってくれたり、履歴書の書き方、面接の対策まで事細かに指導してくれます。

書類選考から採用まで一手にフォローしてくれる点が、転職活動では大きなメリットとなりますので是非とも活用してみましょう。

おすすめの転職エージェントはリクルートエージェント

特に転職エージェントでおすすめなのがリクルートエージェントです。

業界No.1の非公開求人数で、ご自身にあった転職先を見つけ出すことができます

転職活動での悩みなど、カウンセリングを通じてアドバイスしてくれたり、面接後のアフターフォローの手厚さなどにも定評があります。

人間関係での悩みであれば、風通しの良い職場環境であったり、コンプライアンスの遵守に厳しい企業をピックアップして紹介してくれるはずです。

転職活動で悩んだらまずはリクルートエージェントにまず相談してみましょう

転職先の目星がついたら退職の意思を会社に伝えましょう。

ここからは円満退職に導くポイントをご紹介いたします。

>リクルートエージェントはこちら

転職するなら自分のためにも円満退職を目指そう!

頼りになる転職エージェントを味方につけ、理想の転職先が見つかったからといって気を抜いてはいけません

これまでの腹いせと言わんばかりに横柄な態度で退職してしまうのは社会人としてあるまじき行為ですし、自分自身にまったくと言っていいほどメリットがありません。

最悪の場合、巡り巡って元の勤め先が取引相手になってしまうケースも少なからずあります。

嫌いな上司や同僚から転職先にネガティブキャンペーンをされてしまう可能性もなきにしもあらずです。

思うところはあるでしょうが、自分が後々困らないよう、毅然とした態度で円満退職を目指しましょう

本当の退職理由は伝えないほうが良いケースが多い

どんなに人間関係が理由で退職をするにしても、本音で退職の意思を伝える必要はありません

「上司が嫌いなので辞めます」「社風が合わないので辞めます」など辞めてしまう身とはいえ、角が立つ表現となってしまいます。

もしかしたらプライベートでまた遭遇するかもしれませんし、地元の企業であれば人伝いに知り合いがいるかもしれません。

「あの人は我慢できない人」「協調性がない人」など要らぬ噂が立つくらいであれば、「やりたいことが見つかった」「他の職種に興味が湧いてきた」など前向きな退職であることを穏便に伝えましょう

無事退職をできたからと油断してしまうことは禁物です。

次の就職先でも同じ状況にならないためにも気をつけたいコツがります。

次の職場でも気をつけたい!よい人間関係を築くコツ

同じ経験をしないためにも、自分自身も人間関係をより良いものにするための努力は心がけましょう

相性はパズルみたいなものですので、ほんの少しの工夫だけで劇的に印象が変わったりするものです。

ちょっとしたクセ、相づちの打ち方などが良い例です。

自分は気にしていなくても実は相手に悪い印象を与えてりたりします。

続いては人間関係を円滑にするための「コツ」をご紹介したいと思います。

コツ1:物事を客観的に捉える

「○○さんは仕事が遅いらしい」「○○部長はあなたのことが嫌いらしい」など様々なうわさ話が職場では日常的に起こります。

どんなネガティブな噂話が飛び込んできても、自分が直接見たり、聞いたりした情報以外は当てにしないようにしましょう。

あくまで主観ではなく、客観的に物事を捉えることが大切です。

真実を知らないまま噂話に乗っかってしまうのは、自分自身には何のメリットもありません

繰り返しになりますが、「○○部長はあなたのことが嫌いらしい」という噂があったとしても、仕事に実害がないのであればその噂は無視していつも通りに振る舞う余裕を持ちましょう。

コツ2:鏡の法則を心得ること

相手にしたことは必ず自分にも返ってくるという「鏡の法則」を常に頭に入れておきましょう。

子供の頃に両親に「自分がされて嫌なことは相手にするな」と何度も言われた経験はないでしょうか?職場でもまさにそれが当てはまります。

相手に「借り」を作るのではなく、「貸し」を作ることを常日頃から心がけて、相手にミスや不都合があったとしても許せるくらいの気持ちの余裕を持ちましょう。

コツ3:相手の良いところを見つける

始めは中々難しく感じるかもしれませんが、嫌いな相手の「長所」を見つけ出しましょう

人間は相手の「短所」について目が行きがちです。

記憶も良い記憶より、悪い出来事の方が記憶に残りますし、非常に尾を引きます。

そうなってしまうと仕事をしていてもミスばかり気になってしまいますし、お互い業務効率も下がってしまいます。

メリハリをつけて終わったことは蒸し返さずに、心の中では「仕事が遅い・・・」と思っていても「丁寧ですね」や、説明下手な上司に「分かりづらいな・・・」と思っていても「勉強のためにもっと教えて下さい」と相手が気持ちよく仕事できる環境を作り出してみましょう。

まとめ

人間関係の悩みは人付き合いがある限り、一生付きまとう問題かもしれません

「十人十色」という言葉があるように、人の数だけ性格があります。

パズルのピースのように合う、合わないは人それぞれ違ってきます。

「どうせ仕事だけの付き合いだし」「命取られる訳でもないし」と客観的に物事を捉えるようになると「この人はなんで怒ってばっかりいるんだろう?」「変わった人だなと」思えるようになり、気持ちに余裕がでてきます。

今回の記事を参考に、人間関係の悩みを断捨離してみましょう

少しでも皆さまが幸せになれることを切に願っております。

       
質問・疑問・不安がある方は、
「ITエンジニアのキャリア相談室」に
いつでも、お気軽にどうぞ

ご相談はこちら

当サイトおすすめの転職エージェント

【ベスト3】当サイトおすすめの転職エージェント

IT専門!国内最大級の求人数と実績「マイナビエージェントIT」

  • 求人情報の8割が「非公開求人」で
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!
  • 人気求人の提案希望者は職務経歴書の提出をお早めに

※「これまでのご経験、ご希望の入力」を記入することで質の良い求人をいち早く紹介可能

高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門 「TechClipsエージェント」

  • 高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門
    80%以上が年収500万円の求人!
  • 大手転職会社にはない現役エンジニアによる親身なサポートでキャリアアップをサポート
  • エリアは首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)限定!

-仕事辞めたい

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2019 All Rights Reserved.