SE転職

2021年度版!大手SIerランキング(年収)と選び方の4ステップ

最終更新日:

大手SIerランキング(年収)と選び方

SIerのランキングを調べている方は

「大手SIerの企業って何があるの?」

「各SIerの特徴を知りたい!」

「SIerってどうやって比較すればいいの?」

と、どう選べばいいか悩んでいませんか?

SIerでも勝ち組・負け組が別れてきています。

安易にSIerのランキングだけで決めてしまってはなかなか給料がアップしないということもあり得ます。

市場価値が高くなれるSIerで見るべきポイントは「一流のスキルと経験が得られるか」がポイントになります。

具体的には

  • 一次請けであること(=上流工程が担当できること)
  • 自分の名刺代わりになるプロジェクトが担当できること
  • 先輩等からノウハウや教育を十分に受けられること

を確認していきましょう。

また年収が高いSIerは高い利益率を長く継続できる仕組みであるかがポイントになります。

具体的な確認ポイントは

  • 利益率が高いこと
  • 業界で有名なプロダクトを保有していること
  • 上流工程が中心であること

となります。

上記のことを考慮して大手SIerの年収ランキングを見ていきましょう。

順位 企業名 平均年収
1位 野村総研(NRI) ¥11,560,000
2位 日本オラクル ¥10,400,000
3位 電通国際情報サービス(ISID) ¥9,720,000
4位 日立製作所 ¥8,680,000
5位 都築電気 ¥8,510,000
6位 NEC ¥8,330,000
7位 新日鉄住金ソリューションズ ¥8,290,000
8位 オービック ¥8,230,000
9位 伊藤忠テクノソリューションズ ¥8,120,000
10位 富士通 ¥8,100,000

いかがでしょうか

SIerといっても、コンサルティング系や外資系、聞いたことがない企業もあるため

「どう選べば良いか分からない・・・」

といった方が多いです。

そこでこの記事では、次のポイントを紹介していきます。

紹介するポイント
  • SIer業界の分類
  • SIer企業の選び方
  • 各SIerの売上、利益、利益率、一人あたりの利益、年収のランキング

ランキングの傾向や上位企業の紹介もするため、SIer業界や企業への理解が深まり、どこに応募すべきかが見えてくるでしょう。

迷った方へのアドバイスや気をつけるポイントも紹介していますので、必ず最後まで読むことをおすすめします。

【高待遇を探している方へ】
9月もITエンジニア向けの高待遇な求人が多く出ています。

ですが大半が非公開求人のため見ることができません。
転職サイトへの登録が必須です。

当サイトで特に人気があるのはマイナビIT AGENTレバテックキャリアです。
どちらも無料で登録もスマホで3分程度です。

しかも裏技があり登録時に職務経歴書を添付すると優先的に非公開求人がきます
かんたんでも良いので絶対に職歴を記入しておきましょう。

求人量を確保するためにも複数登録することが成功のポイントです。

登録後はエージェントに任せて進めていくだけです。
転職に成功したい方は登録だけでも今すぐにすることがコツです。

>マイナビIT AGENTはこちら

SIerの意味やSIer業界の事情を知りたい方は次の記事も合わせて参考にしてください。

SIerとは?
SIerとは?SEとの違いや業界の事情をやさしく紹介!

「SIer(エスアイアー)」って難しそうな用語に感じますよね。 でもご安心ください。 筆者はSIerに7年在籍してきたた ...

続きを見る

SEの仕事内容はこちらで詳しく解説しています。まだ業界研究中ならどんな仕事かを理解しましょう。

SEの仕事内容と1日の流れ、キャリア
現役SEの仕事内容を徹底解説!〜1日の流れ・将来のキャリア〜

SEって言われてもどんな仕事内容か分からないのではないでしょうか。 ありがちな質問としては「プログラマーとSEの違い」が ...

続きを見る

SIerの分類を理解しよう

SIerランキングを見る前にSIerの分類の理解が大切です。

なぜならSIerの分類で大きく仕事の内容や取引先が変わってくるからです。

SIerの分類は下の図のように大きく5つあります。

SIer業界を知るには分類を理解しよう!

なぜSIerの分類ができたかというと企業の成り立ちによって違ってきます。

例えば、「JRシステム社」はJRの情報システム部門が独立した会社で、「ユーザー系」と分類され、外国のSIerは「外資系」と呼ばれます。

分かりやすくSIerの分類を表にまとめたものが下表となります。

Sierの分類 成り立ち 強み・弱み 代表的な企業名
ユーザー系 企業の社内情報システム部門から分離・独立したSIer 強み:特定の業界に強い。親会社から仕事があり、比較的安定。
弱み:親会社が不景気になると大きく影響をうける。
NTTデータ、新日鉄ソリューションズなど
メーカー系 サーバーやPCのハードウェアメーカーのソフトウェア部門が分離・独立したSIer 強み:富士通などブランド力が強い。すべて自社製で揃えることが可能。
弱み:大手電機メーカーは成熟しているため、大きな成長が見込めない。
NEC、富士通、日立関連の子会社
独立系 特定の親会社を持たず、独自にSierとして成り立った会社したSIer 強み:強力なオーナー社長のリーダーシップが魅力。
弱み:会社の文化に合わない可能性ある。
大塚商会、CSK、富士ソフトABC
コンサル系 技術中心ではなく、経営戦略に主眼をおいている超上流が得意なSIer 強み:付加価値が高く営業利益率も高め。
弱み:システム構築のスキル、マネジメント力で低め。
野村総合研究所、アクセンチュア、日本総合研究所
外資系 グローバルな市場で活躍しているSIer 強み:ブランドとサビース・商品力が協力で営業利益率も高い傾向。
弱み:キャリアが不安定。
Oracle、SAP、アクセンチュア

各分類でそれぞれに強み弱みがあります
SIer選びをするときは、どの分類のSIerを選ぶかを最初に決めましょう。

例えば、コンサル系SIerでは経営や事業の視点での提案が求められます。そのため、システム開発は他のSIerと比べると注力度は下がります。

富士通などのメーカー系を選べばパソコンやサーバーの販売もしているため「モノ」に非常に強いです。

堅牢で確実なモノづくりのノウハウを体系立てて構築しており、自前でなんでも作ります。

外資系SIerは実力主義ですが自社パッケージの営業やカスタマイズが主となりやすいです。成果報酬で年収も上がりやすい一方、パッケージに依存したスキルとなるのがネックです。

独立系SIerやユーザー系SIerは企業独自の文化が強いため一概に言えないのが実情です。非常に利益率が高く有望な企業もある一方で古い体質の企業もあるため企業選びはより慎重にしましょう。

以上のことから

  • モノづくりを極めたいならメーカー系SIer
  • 経営・事業に興味があるならコンサル系SIer
  • 実力主義なら外資系SIer

といった選び方があるでしょう。

分からない場合、気になる企業名が並ぶ分類から見ていき、適宜見直せば良いでしょう。

ITエンジニアの方必見

【急募中!】高待遇の求人を選ぶなら今!

9月もITエンジニア向けの高待遇な求人が多く出ています。

ですが大半が非公開求人のため見ることができません。
転職サイトへの登録が必須です。

例えば当サイトで一番人気のマイナビIT AGENTは評判もよくイチオシです。

マイナビIT AGENT公式サイト
https://mynavi-agent.jp/it/

スマホでもすぐに登録でき、非公開求人を紹介してもらえます。

コロナウィルスが気になる方は電話面談にも応じてもらえます。

待遇の良い企業に出会えるチャンスを逃したくない方はぜひ登録してみましょう。

ちなみに転職エージェントとの相性や、情報量の確保のためにも複数の転職サイトの利用が一般的です。

求人量が多く、質の高いレバテックキャリアも常に評判がよくておすすめです。
職務経歴書を添付すると高確率で高待遇求人を紹介してもらえます。簡単でも良いので記入しましょう。

情報をたくさん提供してもらえる環境を作るのが成功のポイントです。

SIerなら元請けに入るべし!

SIerを志望する方は必ず元請けのSIerを狙ってください。

「元請けSIer」とはクライアントから請負開発の発注を直接請けるSIerのことです。

その理由は

  • 上流工程が担当できキャリアップができる
  • 年収が上がる
  • お客様と直接折衝するため調整しやすい
  • プロジェクト運営に関するノウハウの蓄積がある

といったメリットがあります。

元請けではなく、下請けや孫受けのSIerに入社した場合は、元請けがマージンをとるため利益率が悪く

  • 給料が上がらない
  • 下流工程が多く単調な作業でキャリアアップができない

といった状態となります。

詳細はITゼネコンで紹介しています。気になる方は合わせてご覧ください。

このページでは大手SIerが中心のため元請けSIerが中心ですが、必ず企業選びをするときには元請けSIerを中心に応募しましょう。

SIerランキングを見る前に知っておくべきこと

  • SIerには5つの分類がある
  • SIerそれぞれの仕事内容、強み、弱みを知るべき
  • SIerなら元請けに入るべし

【4ステップ】SIerの選び方

「SIerをどう選べば良いの?」とSIerの選び方で悩みませんか。

実はSIerの選び方に正解はありません。

SIer業界に精通した人はほぼいないでしょうし人の価値観によっても変わってくるからです。

その中でどうやってSIerを選べばよいのでしょうか。

SIerで7年働いた私の選び方は次のとおりです。

Step1:分類を選ぶ

なにはともあれ、SIerの分類から自分に適した分類を選びましょう。

5つの中から選ぶだけです。

決めきれない場合は「とりあえず」選ぶことが大切です。

SIer業界を知るには分類を理解しよう!」を参照

Step2:比較軸を決める

SIerの分類が決まりましたら、SIerを比較する「比較軸」を決めましょう。

「仕事のやりがい」「給料」「技術を身に着けたい」など人によって価値観はそれぞれです。

もし「比較軸が思い浮かばない」という方は下の図にご注目ください。

SIerの比較軸を決める

これらの中から気になる比較軸を決めましょう。

そうすることでSIerを比較できる指標が決まってきます。

具体的には下のような指標となります。

  • 売上:事業の規模感を表します。売上が大きいほど市場への影響力がある会社と考えられます。
  • 営業利益:事業で得た利益です。営業利益が大きいと事業への投資、給与、福利厚生が充実します。
  • 営業利益率:付加価値の高さの指標となります。コンサルティングやオンリーワンな商品・サービスがあると高くなります。
  • その他:平均年収、平均年齢、従業員数、2chランキング

Step3:比較結果からSIerをピックアップする

このあと紹介するSIerランキング上位の企業をピックアップしましょう。

はじめての場合は3つ〜5つ程度選ぶことをおすすめします。
少なすぎても比較できませんし、多すぎても混乱します。

Step4:SIerの情報収集をする

気になるSIerが決まりましたらそのSIerの情報を徹底的に集めましょう。

企業の情報収集をする

長く働く会社です。手を抜いてはだめです。

まず、企業のホームページ(とくに採用ページや会社概要ページ)から下記の項目に目を通しましょう。

  • 事業の特徴
  • 会社の沿革
  • 理念、雰囲気、制度

最後に実際に働いている人に評判を聞きましょう。

職場選びは人生を大きく変えます。ここで手間を惜しむことは避けましょう。

一番のおすすめは、「就活shop」です。就活で定番のリクナビがフリーター・既卒から正社員の若手向けに始めた転職エージェントです。豊富な

経験からどの企業がおすすめかを聞くことが一番の近道です。

就活Shop

  • 最大手のリクルートグループが運営する既卒・フリーター向けの就職相談
  • 書類選考なし!面接のチャンスがある!
  • 経験の少ない20代を幅広く歓迎!社会人経験がない方でもOK!

2chランキングや口コミは当てになりません

極端に言えば上司が変わればホワイト企業がブラック企業に変わります。

それよりもブラックな上司が出世できない環境なのか?など口コミなどではかかれないようなリアルな情報を得て判断していきましょう。

ITエンジニアの方必見

【急募中!】高待遇の求人を選ぶなら今!

9月もITエンジニア向けの高待遇な求人が多く出ています。

ですが大半が非公開求人のため見ることができません。
転職サイトへの登録が必須です。

例えば当サイトで一番人気のマイナビIT AGENTは評判もよくイチオシです。

マイナビIT AGENT公式サイト
https://mynavi-agent.jp/it/

スマホでもすぐに登録でき、非公開求人を紹介してもらえます。

コロナウィルスが気になる方は電話面談にも応じてもらえます。

待遇の良い企業に出会えるチャンスを逃したくない方はぜひ登録してみましょう。

ちなみに転職エージェントとの相性や、情報量の確保のためにも複数の転職サイトの利用が一般的です。

求人量が多く、質の高いレバテックキャリアも常に評判がよくておすすめです。
職務経歴書を添付すると高確率で高待遇求人を紹介してもらえます。簡単でも良いので記入しましょう。

情報をたくさん提供してもらえる環境を作るのが成功のポイントです。

SIerの選び方4ステップ

  • 分類を選ぶ
  • 比較軸を決める
  • SIerランキングから気になるSIerをピックアップする
  • SIerの情報収集をする

大手SIer業界のランキング!

大手SIerのランキングを紹介していきます。

ランキングの軸は下記のとおりです。

  • 売上
  • 営業利益
  • 営業利益率
  • 平均年収

まずは、「Step1:分類を選ぶ」で紹介したとおりSIerの分類を選びましょう。

各分類のSIerランキングは次のリンクでたどれます。

ユーザー系SIer

順位 企業名 URL 売上(連結)
1位 NTTデータ http://www.nttdata.com/jp/ja/index.html ¥1,614,800,000,000
2位 NTTコミュニケーションズ http://www.ntt.com/index.html ¥1,319,100,000,000
3位 伊藤忠テクノソリューションズ http://www.ctc-g.co.jp/ ¥391,606,000,000
4位 TIS https://www.tis.co.jp/ ¥382,689,000,000
5位 新日鉄住金ソリューションズ http://www.nssol.nssmc.com/ ¥218,685,000,000
6位 NTTコムウェア http://www.nttcom.co.jp/ ¥180,100,000,000
7位 ネットワンシステムズ http://www.netone.co.jp/ ¥145,180,000,000
8位 ユニアデックス http://www.uniadex.co.jp/ ¥125,500,000,000
9位 電通国際情報サービス(ISID) https://www.isid.co.jp/ ¥79,783,000,000
10位 キャノンITソリューションズ https://www.canon-its.co.jp/ ¥74,327,000,000
順位 企業名 URL 営業利益(連結)
1位 NTTコミュニケーションズ http://www.ntt.com/index.html ¥118,200,000,000
2位 NTTデータ http://www.nttdata.com/jp/ja/index.html ¥100,800,000,000
3位 TIS https://www.tis.co.jp/ ¥24,436,000,000
4位 新日鉄住金ソリューションズ http://www.nssol.nssmc.com/ ¥19,269,000,000
5位 NTTコムウェア http://www.nttcom.co.jp/ ¥8,900,000,000
6位 電通国際情報サービス(ISID) https://www.isid.co.jp/ ¥6,488,000,000
7位 兼松エレクトロニクス(KEL) http://www.kel.co.jp/ ¥6,390,000,000
8位 インフォコム http://www.infocom.co.jp/ ¥4,427,000,000
9位 ニッセイ情報テクノロジー http://www.nissay-it.co.jp/ ¥4,017,000,000
10位 伊藤忠テクノソリューションズ http://www.ctc-g.co.jp/ ¥2,794,200,000
順位 企業名 URL 営業利益率
1位 インフォコム http://www.infocom.co.jp/ 11.0%
2位 兼松エレクトロニクス(KEL) http://www.kel.co.jp/ 10.4%
3位 NTTコミュニケーションズ http://www.ntt.com/index.html 9.0%
4位 セゾン情報システムズ http://home.saison.co.jp/ 8.9%
5位 新日鉄住金ソリューションズ http://www.nssol.nssmc.com/ 8.8%
6位 電通国際情報サービス(ISID) https://www.isid.co.jp/ 8.1%
7位 テクマトリックス https://www.techmatrix.co.jp/index.html 6.6%
8位 TIS https://www.tis.co.jp/ 6.4%
9位 NTTデータ http://www.nttdata.com/jp/ja/index.html 6.2%
10位 ニッセイ情報テクノロジー http://www.nissay-it.co.jp/ 5.9%
順位 企業名 URL 平均年収 平均年齢 従業員数(連結)
1位 電通国際情報サービス(ISID) https://www.isid.co.jp/ ¥9,720,000 40.6 2635
2位 新日鉄住金ソリューションズ http://www.nssol.nssmc.com/ ¥8,290,000 39.4 5959
3位 伊藤忠テクノソリューションズ http://www.ctc-g.co.jp/ ¥8,120,000 39.9 8127
4位 NTTデータ http://www.nttdata.com/jp/ja/index.html ¥8,070,000 37.6 109954
5位 TIS https://www.tis.co.jp/ ¥7,870,000 46.3 19720
6位 インフォコム http://www.infocom.co.jp/ ¥7,790,000 42.3 1079
7位 ネットワンシステムズ http://www.netone.co.jp/ ¥7,610,000 38.7 2280
8位 テクマトリックス https://www.techmatrix.co.jp/index.html ¥7,430,000 37.0 1007
9位 兼松エレクトロニクス(KEL) http://www.kel.co.jp/ ¥7,190,000 41.2 1405
10位 JFEシステムズ http://www.jfe-systems.com/ ¥7,170,000 43.5 1770

ユーザー系SIerでは売上と利益の規模は圧倒的にNTTデータとNTTコミュニケーションズが1位、2位と独占し、営業利益率でも健闘しています。

ランキングでのおすすめはNTTデータです。

売上・利益や従業員の規模も大きく平均年収も800万円と高いもかかわらず平均年齢が低い傾向のため若手には働き安い環境と言えるでしょう。

外資系SIer

順位 企業名 URL 売上[円](連結、1ドル111円)
1位 日本HP http://www8.hp.com/jp/ja/home.html ¥12,371,394,000,000
2位 Cisco http://www.cisco.com/c/ja_jp/index.html ¥5,466,417,000,000
3位 アクセンチュア https://www.accenture.com/jp-ja/new-applied-now ¥3,653,501,064,000
4位 SAP https://www.sap.com/japan/index.html ¥2,448,882,000,000
5位 日本オラクル http://www.oracle.com/jp/index.html ¥170,203,000,000
順位 企業名 URL 営業利益[円](連結、1ドル111円)
1位 Cisco http://www.cisco.com/c/ja_jp/index.html ¥1,405,260,000,000
2位 日本HP http://www8.hp.com/jp/ja/home.html ¥797,535,000,000
3位 SAP https://www.sap.com/japan/index.html ¥569,874,000,000
4位 アクセンチュア https://www.accenture.com/jp-ja/new-applied-now ¥492,381,459,000
5位 日本オラクル http://www.oracle.com/jp/index.html ¥50,225,000,000
順位 企業名 URL 営業利益率
1位 日本オラクル http://www.oracle.com/jp/index.html 29.5%
2位 Cisco http://www.cisco.com/c/ja_jp/index.html 25.7%
3位 SAP https://www.sap.com/japan/index.html 23.3%
4位 アクセンチュア https://www.accenture.com/jp-ja/new-applied-now 13.5%
5位 日本HP http://www8.hp.com/jp/ja/home.html 6.4%
順位 企業名 URL 平均年収 平均年齢 従業員数(連結)
1位 日本オラクル http://www.oracle.com/jp/index.html ¥10,400,000 41.3 2423
2位 Cisco http://www.cisco.com/c/ja_jp/index.html - - 73700
3位 SAP https://www.sap.com/japan/index.html - - 84183
4位 アクセンチュア https://www.accenture.com/jp-ja/new-applied-now - - 384000
5位 日本HP http://www8.hp.com/jp/ja/home.html - - 302000

外資系SIerで平均年収を開示しているのは日本オラクルしかありませんでした。

比較した外資系の売上や利益を比べると日本の企業のためか低めの傾向です。

ただし、年収は1,000万円を超え高い傾向にあります。

メーカー系SIer

順位 企業名 URL 売上(連結)
1位 日立製作所 http://www.hitachi.co.jp/ ¥10,034,305,000,000
2位 富士通 http://www.fujitsu.com/jp/ ¥4,739,294,000,000
3位 NEC http://jpn.nec.com/ ¥2,821,181,000,000
4位 日立システムズ http://www.hitachi-systems.com/ ¥455,916,000,000
5位 富士通エフサス http://www.fujitsu.com/jp/group/fsas/ ¥284,300,000,000
6位 NECネッツエスアイ http://www.nesic.co.jp/ ¥279,961,000,000
7位 富士通FIP http://www.fujitsu.com/jp/group/fip/ ¥114,800,000,000
8位 都築電気 http://www.tsuzuki.co.jp/ ¥105,619,000,000
9位 三菱電機インフォメーションシステムズ http://www.mdis.co.jp/ ¥66,900,000,000
10位 パナソニックインフォメーションシステムズ https://is-c.panasonic.co.jp/ ¥38,646,000,000
順位 企業名 URL 営業利益(連結)
1位 日立製作所 http://www.hitachi.co.jp/ ¥550,527,000,000
2位 富士通 http://www.fujitsu.com/jp/ ¥120,612,000,000
3位 NEC http://jpn.nec.com/ ¥107,306,000,000
4位 NECネッツエスアイ http://www.nesic.co.jp/ ¥14,111,000,000
5位 パナソニックインフォメーションシステムズ https://is-c.panasonic.co.jp/ ¥4,394,000,000
6位 都築電気 http://www.tsuzuki.co.jp/ ¥1,773,000,000
順位 企業名 URL 営業利益率
1位 パナソニックインフォメーションシステムズ https://is-c.panasonic.co.jp/ 11.4%
2位 日立製作所 http://www.hitachi.co.jp/ 5.5%
3位 NECネッツエスアイ http://www.nesic.co.jp/ 5.0%
4位 NEC http://jpn.nec.com/ 3.8%
5位 富士通 http://www.fujitsu.com/jp/ 2.5%
6位 都築電気 http://www.tsuzuki.co.jp/ 1.7%
順位 企業名 URL 平均年収 平均年齢 従業員数(連結)
1位 日立製作所 http://www.hitachi.co.jp/ ¥8,680,000 41.2 308,178
2位 都築電気 http://www.tsuzuki.co.jp/ ¥8,510,000 43.5 2,283
3位 NEC http://jpn.nec.com/ ¥8,330,000 42.9 98,726
4位 富士通 http://www.fujitsu.com/jp/ ¥8,100,000 43.3 156,515
5位 NECネッツエスアイ http://www.nesic.co.jp/ ¥7,490,000 42.2 7,664

メーカー系SIerは電機大手が並ぶため、一概にSIerとしての比較とはなりません。

SIer事業のみで比較すると富士通が業界最王手となります。都築電気も富士通のディーラーです。

メーカー系は電機連合の組合があるためか、平均年収のバラ付きが少なく800万円前後と高い水準です。

平均年齢は40歳を超え、高齢化が見られます。

独立系SIer

順位 企業名 URL 売上(連結)
1位 大塚商会 https://www.otsuka-shokai.co.jp/ ¥643,417,000,000
2位 SCSK https://www.scsk.jp/ ¥323,945,000,000
3位 日本ユニシス https://www.unisys.co.jp/ ¥278,039,000,000
4位 トランスコスモス http://www.trans-cosmos.co.jp/ ¥224,605,000,000
5位 インターネットイニシアティブ(IIJ) http://www.iij.ad.jp/ ¥140,648,000,000
6位 オービック http://www.obic.co.jp/ ¥58,738,000,000
7位 NSD http://www.nsd.co.jp/ ¥51,585,000,000
8位 ワークスアプリケーションズ http://www.worksap.co.jp/ ¥40,786,000,000
9位 東洋ビジネスエンジニアリング http://www.to-be.co.jp/ ¥12,549,000,000
順位 企業名 URL 営業利益(連結)
1位 大塚商会 https://www.otsuka-shokai.co.jp/ ¥39,684,000,000
2位 SCSK https://www.scsk.jp/ ¥31,785,000,000
3位 オービック http://www.obic.co.jp/ ¥26,108,000,000
4位 日本ユニシス https://www.unisys.co.jp/ ¥12,525,000,000
5位 トランスコスモス http://www.trans-cosmos.co.jp/ ¥9,725,000,000
6位 NSD http://www.nsd.co.jp/ ¥6,378,000,000
7位 インターネットイニシアティブ(IIJ) http://www.iij.ad.jp/ ¥6,140,000,000
8位 東洋ビジネスエンジニアリング http://www.to-be.co.jp/ ¥531,000,000
順位 企業名 URL 営業利益率
1位 オービック http://www.obic.co.jp/ 44.4%
2位 NSD http://www.nsd.co.jp/ 12.4%
3位 SCSK https://www.scsk.jp/ 9.8%
4位 大塚商会 https://www.otsuka-shokai.co.jp/ 6.2%
5位 日本ユニシス https://www.unisys.co.jp/ 4.5%
6位 インターネットイニシアティブ(IIJ) http://www.iij.ad.jp/ 4.4%
7位 トランスコスモス http://www.trans-cosmos.co.jp/ 4.3%
8位 東洋ビジネスエンジニアリング http://www.to-be.co.jp/ 4.2%
順位 企業名 URL 平均年収 平均年齢 従業員数(連結)
1位 オービック http://www.obic.co.jp/ ¥8,230,000 36.0 1,983
2位 大塚商会 https://www.otsuka-shokai.co.jp/ ¥8,050,000 40.4 8,538
3位 東洋ビジネスエンジニアリング http://www.to-be.co.jp/ ¥7,880,000 40.1 551
4位 日本ユニシス https://www.unisys.co.jp/ ¥7,500,000 44.2 8,020
5位 SCSK https://www.scsk.jp/ ¥7,210,000 41.9 11,929
6位 インターネットイニシアティブ(IIJ) http://www.iij.ad.jp/ ¥6,520,000 36.3 3,108
7位 NSD http://www.nsd.co.jp/ ¥6,160,000 37.7 3,393
8位 トランスコスモス http://www.trans-cosmos.co.jp/ ¥4,530,000 35.9 18,703

独立系SIerでは大塚商会がトップシェアを持ち、平均年収も800万円と高水準です。

もう一つ特徴的な企業はオービックで、営業利益率が44%と驚異的な収益力です。

平均年齢も36歳と若く、平均年収もトップクラスの823万円です。

これは勘定奉行など商品力が高いためです。

他に商品力が強いのはオラクルやSAPとなりこちらも営業利益率20%〜30%と高い水準となっています。

「独立系SIerはやめとけ?」ってほんと?

ときどき噂で「独立系SIerはやめとけ」と聞きますが本当でしょうか?

確かに「独立系」ということで

  • オーナー社長で勢いがある
  • しがらみがない

といったメリットがありますが、裏を返せば

  • オーナー社長で勢いがある→楽天のようにワンマン社長の可能性がある
  • しがらみがない→自社商流の確保は大変。下請けに回ることも多い

といったデメリットがあります。

例えば大塚商会のような企業は、他のSIerの下請けをしていることが多くあります。

業界で強い商品(パッケージ)などがない独立系SIerは要注意です。

後述する転職エージェントに実情を確認してみましょう。

コンサル系SIer

順位 企業名 URL 売上(連結)
1位 野村総研(NRI) https://www.nri.com/jp/ ¥421,439,000,000
2位 アビームコンサルティング https://jp.abeam.com/ ¥67,300,000,000
3位 フューチャー http://www.future.co.jp/hd/ ¥33,650,000,000
4位 JSOL https://www.jsol.co.jp/ ¥32,051,000,000
5位 シンプレクス http://www.simplex.ne.jp/ ¥20,700,000,000
順位 企業名 URL 営業利益(連結)
1位 野村総研(NRI) https://www.nri.com/jp/ ¥58,295,000,000
2位 フューチャー http://www.future.co.jp/hd/ ¥3,640,000,000
3位 シンプレクス http://www.simplex.ne.jp/ ¥2,721,000,000
4位 JSOL https://www.jsol.co.jp/ ¥1,416,000,000
順位 企業名 URL 営業利益率
1位 野村総研(NRI) https://www.nri.com/jp/ 13.8%
2位 シンプレクス http://www.simplex.ne.jp/ 13.1%
3位 フューチャー http://www.future.co.jp/hd/ 10.8%
4位 JSOL https://www.jsol.co.jp/ 4.4%
順位 企業名 URL 平均年齢 平均年収 従業員数(連結)
1位 野村総研(NRI) https://www.nri.com/jp/ 39.5 ¥11,560,000 11,665
2位 シンプレクス http://www.simplex.ne.jp/ - - 515
3位 フューチャー http://www.future.co.jp/hd/ - - 1,623
4位 JSOL https://www.jsol.co.jp/ - - 1,200

コンサル系は案件数が少ないため売上・利益の規模が他の分類と比べると少な目で利益率は高い傾向となります。

その中でダントツにシェアをとっているのが野村総研です。

平均年収も1,156万円と非常に高水準です。

すべての一覧表はこの記事の最後「SIerランキング完全版」で掲載しています。

この章ではSIerのランキングを紹介してきました。

気になる企業を3つ〜5つ程度ピックアップし、「Step4:企業の情報収集をする」のサイトで情報収集しましょう。

まとめ

この記事では就活している人のために大手SIerの選び方と企業ランキングを紹介してきました。

おすすめの選び方は4ステップで次のようになります。

  • Step1:分類を選ぶ
  • Step2:比較軸を決める
  • Step3:SIerランキングから気になる企業をピックアップする
  • Step4:企業の情報収集をする

ランキングで気になるSIerを見つけたら生の情報収集をすることがポイントです。 売上や利益などの数字だけでは企業の文化や仕事内容、雰囲気が分からないためです。

ITエンジニアの方必見

【急募中!】高待遇の求人を選ぶなら今!

9月もITエンジニア向けの高待遇な求人が多く出ています。

ですが大半が非公開求人のため見ることができません。
転職サイトへの登録が必須です。

例えば当サイトで一番人気のマイナビIT AGENTは評判もよくイチオシです。

マイナビIT AGENT公式サイト
https://mynavi-agent.jp/it/

スマホでもすぐに登録でき、非公開求人を紹介してもらえます。

コロナウィルスが気になる方は電話面談にも応じてもらえます。

待遇の良い企業に出会えるチャンスを逃したくない方はぜひ登録してみましょう。

ちなみに転職エージェントとの相性や、情報量の確保のためにも複数の転職サイトの利用が一般的です。

求人量が多く、質の高いレバテックキャリアも常に評判がよくておすすめです。
職務経歴書を添付すると高確率で高待遇求人を紹介してもらえます。簡単でも良いので記入しましょう。

情報をたくさん提供してもらえる環境を作るのが成功のポイントです。

新卒者や第二新卒などの若い方は、専門の転職エージェントに相談することがおすすめです。

たくさんの事例やキャリアのことも含めて相談にのってもらえます。

就活Shop

  • 最大手のリクルートグループが運営する既卒・フリーター向けの就職相談
  • 書類選考なし!面接のチャンスがある!
  • 経験の少ない20代を幅広く歓迎!社会人経験がない方でもOK!

未経験やスキルが低い人は「若さ」「成長性」で評価してもらう必要があります。

一刻もはやく相談しに行きましょう。

IT転職エージェントランキング
       
質問・疑問・不安がある方は、
「ITエンジニアのキャリア相談室」に
いつでも、お気軽にどうぞ

LINE公式アカウントご相談はこちら

当サイトおすすめの転職エージェント

SEの転職で人気の記事はこちら

SEの転職でよく読まれる人気の記事は次の記事です。

合わせてご覧ください。

ITエンジニアの方必見

【急募中!】高待遇の求人を選ぶなら今!

9月もITエンジニア向けの高待遇な求人が多く出ています。

ですが大半が非公開求人のため見ることができません。
転職サイトへの登録が必須です。

例えば当サイトで一番人気のマイナビIT AGENTは評判もよくイチオシです。

マイナビIT AGENT公式サイト
https://mynavi-agent.jp/it/

スマホでもすぐに登録でき、非公開求人を紹介してもらえます。

コロナウィルスが気になる方は電話面談にも応じてもらえます。

待遇の良い企業に出会えるチャンスを逃したくない方はぜひ登録してみましょう。

ちなみに転職エージェントとの相性や、情報量の確保のためにも複数の転職サイトの利用が一般的です。

求人量が多く、質の高いレバテックキャリアも常に評判がよくておすすめです。
職務経歴書を添付すると高確率で高待遇求人を紹介してもらえます。簡単でも良いので記入しましょう。

情報をたくさん提供してもらえる環境を作るのが成功のポイントです。

SE転職に強い転職会社ベスト3

IT専門!国内最大級の求人数と実績「マイナビIT AGENT」

  • 優良求人の大半は非公開求人!
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • 【裏技】職務経歴書の添付で非公開の高待遇求人が優先!かんたんな情報だけでもOK
  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!

※職務経歴書は「エンジニア経験の有無・経験したことのある言語」の記載だけでOK

ネットビジョンアカデミー

  • 未経験からITエンジニアになれる!就職率は98%以上!
  • 完全無料オンライン受講可能!継続率は92.5%以上
  • 資格と手に職をつけて就職・転職を有利に!
  • 第二新卒・フリーター・ニートの方、歓迎

-SE転職
-,

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2021 All Rights Reserved.