プログラミングスクール

Tech::Expertで97%がエンジニアになれる仕組みを分かりやすく解説!

最終更新日:

Tech::Expertは未経験からITエンジニアになるためのプログラミングスクールです。

転職成功率はなんと97%です。

しかも、学習完了率は96%

いったいどのような仕組みなのでしょうか?

本当にエンジニアのキャリアを進めることができるのでしょうか?

この記事では現役のエンジニアがTech::Expertの

  • カリキュラム
  • 評判
  • 金額

など、気になるポイントをわかりやすく解説していきます。

この記事を読むことで、あなたがTech::Expertを受けるべきかどうかが分かります。

あらたなキャリアの一歩をこの記事からはじめましょう!

Tech::Expertの特徴は「短期集中で転職を目指せる環境」!

Tech::Expertの最大の特徴は、なんといっても「短期集中で転職を実現」できる環境にあることです。

その理由は以下の3つです。

  • エンジニアに必要なことを濃縮したプログラム
  • 自らプロダクトを作り上げる学習環境
  • 有名企業への転職実績と高い転職成功率

それぞれのポイントを解説します。

エンジニアに必要なことを濃縮したプログラム

Tech::Expertの特徴は、品質を高めた500時間のコンテンツと最高の学習環境を提供することで、エンジニアとしてスキルアップできる体制を整えているところです。

未経験からエンジニアとして仕事ができるようになるには、通常1000時間の学習が必要だと言われています。

しかしながらTECH::Expertでは、マンツーマンのサポートと高品質な教材、プログラミング学習のための学習環境を揃えることで、学習時間を500時間に圧縮することに成功しました

現場で求められるエンジニアになるため、チームでの開発の場も提供することで、エンジニアとしてのコミュニケーション能力と開発の進め方を学ぶことができるプログラムが魅力的です。

自らプロダクトを作り上げる学習環境

Tech::Expertでは、ゼロからアプリケーションを作成して、サーバーにアプリケーションを公開するといった高度な課題が課されるなど、自らの手でサービスやアプリケーションを構築していく機会が豊富です。

実際の業務ではアプリケーションにおいて、どの部分を担当するかは定かではありません。

そうした現場においても活躍できるよう、Web開発の全ての工程を経験できるようにカリキュラムが組まれています。

このように、自分の手を動かして作品を創りあげる経験を積み、エンジニアとして成長できる環境を用意しているのがTech::Expertの特徴です。

有名企業への転職実績と高い転職成功率

Tech::Expertの大きな特徴は、有名企業への豊富な転職の実績にあります。

その転職先は様々で、例えば以下のような企業があります。

  • News Picks
  • team Lab
  • GMO CLOUD
  • LIVESENSE

etc...

こうした実績を持っていると、送り込まれる側の企業も安心してエンジニアを受け入れることができるので、転職する際にも「Tech::Expertの卒業生」が有利になるのではないかと思っています。

数多くの実績を持っているということは、充実した転職へのサポートや、成長できる環境の裏返しともいえます。

こうした部分からも、Tech::Expertには、転職・就職に対して期待を寄せることができるのではないでしょうか。

コラム:Tech::ExpertとTech:Campの違い

Tech::ExpertとTech:Campの違いは明確です。

Tech::Expertはプログラミングの高度な知識を身につけて、仕事としてプログラミングを扱えるようになるのが目標です。

それに対してTech:Campは、教養としてプログラミングの基礎的な内容を学ぶ場となっています。

したがって、カリキュラムで扱う内容と分量、専門性が変わってきます。

「プログラミングを仕事にしたい」という強い想いを持っている人はTech::Expert、「プログラミングを知りたい」という人は、Tech::Campを受講するのがオススメです。

テックキャンプとは
卒業生が解説するテックキャンプ(TECH:CAMP)の特徴・評判と受講体験談

「テックキャンプでプログラミングやデザインが勉強できるけど、就職・転職に役立つの?」 このように考えてどのスクールに通え ...

続きを見る

コラム:Tech::ExpertとWebCamp Pro、CodeCampGateの違い

Tech::ExpertとWebCamo Pro、そしてCodeCampGateはどれも同じようなカリキュラムやキャリアサポートを提供していますが、細かいサービスが違うので紹介します。

Tech::ExpertとWebCamp Proの違いは、専属スタッフが付くことです。

Tech::Expertには、カリキュラムのサポートや転職サポートには、専属のスタッフが受講生を指導してくれます。

それに対してWebCampProでは、常駐のスタッフが対応することになります。

WebCamp Pro
転職保証のWebCamp Proの評判と体験談!未経験からプログラマーを目指してみた

「WebCamp Pro」は転職保証がキャッチーなプログラミングスクールです。 卒業時には年収 400万円以上の企業への ...

続きを見る

手厚いサポートで有名なTech::Expertを堪能してみてはいかがでしょうか。

また、CodeCampGateとの違いは学習スタイルです。

CodeCampGateは、インターネット通話を利用したマンツーマンで行われる授業です。

CodeCampGate
CodeCampGateは2ヶ月でITエンジニアへ転職できるプログラミングスクール

「プログラミングスクールを身につけたい!」 そう思って独学する人は数多くいますが、残念ながら90%くらいの人が挫折します ...

続きを見る

それに対してTech::Expertでは、自習を中心として学習を進め、分からない部分をメンターに質問して解決していきます。

そのため学習スピードは、その人のやる気と理解力次第となります。

早くカリキュラムを進めたい人は、Tech::Expertの方がアドバンテージとなるでしょう。

Tech::Expertで学べるカリキュラムをやさしく解説!

Tech::Expertでの特徴や、それ以外のプログラミングスクールとの比較を行ってきましたが、ここからはTech::Expertで学べるカリキュラムについて説明していきます。

学べる技術とカリキュラム

Tech::Expertでは、Webアプリケーションのエンジニアを目指してみたい人にオススメなカリキュラムとなっています。

実際にエンジニアである私の目線から、Tech::Expertのカリキュラムを解説していきます。

Tech::Expertでは、以下の6つの内容を学びます。

  • インターフェース構築
  • 高い実装スキル
  • サービス設計
  • SQL・データベース
  • ネットワーク・サーバー構築
  • 運用・コミュニケーション

では、それぞれについて、簡単に説明していきます。

インターフェース構築

まずはじめに学習するのは、HTMLやCSSといったサービスの表側を構築する方法です。

現代のコーディング方法であるhamlやsassも学習し、JavaScriptで操作性の高い画面の作り方を身につけます。

Ruby 、Ruby on Rails

サービスの画面に表示される側である、インターフェース構築が終了したら、次はRuby on Railsというフレームワークを利用して、Webサイト開発やオブジェクト指向、テスト駆動開発、デザインパターンなどを学び、アプリケーション開発に必要な基礎を学んでいきます。

サービス設計

アプリケーションの基礎部分を理解したら、Webサービスをゼロから作る際に必要なデータベースやプログラム、サービス仕様を設計する方法を学びます。

SQL・データベース

サービスの要となる様々なデータを格納するデータベースを構築する方法を学びます。

ここでは、データベースから効率よくデータを保存・取得・更新する技術を身につけ、アプリケーションの開発に必要なスキルを磨きます。

ネットワーク・サーバー構築

データベースなどアプリケーションの基礎知識を身につけたら、多くの企業が利用しているAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)を活用して、サーバーを構築し、アプリを公開してインフラの知識を深めていきます。

運用・コミュニケーション

アプリケーションのバージョン管理などに最適な「GitHub」を使ったソースコード管理する方法や、アジャイル開発でのチーム開発など、エンジニアにとって必須な運用スキルを身につけます。

上記のようなスキルは、現場でも欠かせない重要な内容です。

転職に必要だと思われる専門的な内容を、Tech::Expertで学ぶことが出来ます。

特に、Webを利用したサービスの開発に携わりたい人にとって、hamlやsass、AWSを学習することはとても有益なことです。

それでは、Tech::Expertが提供している転職・就職支援について紹介します。

転職・就職の支援は「豊富な実績とサポート体制が特徴」

Tech::Expertで転職・就職支援を受ける際は、エントリーの際に転職支援を申請して選考を受ける必要があります。

選考を通過すると、専属キャリアアドバイザーが担当となり、面談やセミナーによってあなたのキャリア形成を支援してくれるようになります。

カリキュラムの受講中でも就職・転職の活動はできるので、並行して行うことで夢への実現は早くなります。

またTech::Expertでは、企業説明会なども行っているので、積極的に参加することで転職・就職の情報も集めることができるので、Tech::Expertにおいてキャリア形成へのサポートは、かなり充実していると言うことができます。

次は、Tech::Expertの受講料金や支払い方法について説明します。

受講料金・支払い方法

年収

TECH::Expertの受講料金を支払う方法は、3つの方法から選ぶことができます。

  • クレジットでの一括払い
  • 銀行振込
  • 分割払い

受講料金は、一括払いで398,000円となっていますが、教室利用のないオンラインベースのカリキュラムを受講する場合は298,000円となります。

分割払いも可能で¥19,000〜の価格設定のため、まとまったお金がない人でも払いやすくなっています。

また、27歳以下である場合でかつ、社会人経験が1年以下である場合は、エンジニア奨学金として最大10万円の大幅割引される可能性もあるので、ぜひともチャレンジしてみてください。

ちなみに月々¥19,000で下記のサポートを受けることができます。

受講する場所、時間、期間

Tech::Expertは、教室を利用して学習するか、オンラインを利用して受講を進めていくことができます

オンラインスタイルの場合は、教室の利用ができませんので気をつけてください。

教材はインターネット上で確認できるようになっています。

そのため、インターネットへの接続環境があれば学習をすすめることができます。

しかしながらTech::Expertでは、できるだけ教室での学習を勧めています

なぜならメンターが駐在しているので、疑問点をすぐに解決できるからです。

学習スタイルも様々です。

下記のような「短期集中」「夜間に通う」「オンラインで受講する」など、生活に合わせた学習ができるのも魅力です。

気になる方は問い合わせてみましょう。

ちなみに、

  • 教室の利用可能時間:毎日9時〜22時
  • 質問への対応:毎日11時〜22時

となっています。

次からは、Tech::Expertの持つ、強みと弱みについて分析します。

Tech::Expertの強みと弱み

Tech::Expertを受講することの強みと弱みについて紹介します。

まずはTech::Expertの持つ強みから解説します。

Tech::Expertの3つの強み

現役のエンジニア目線でTech::Expertの持っている強みを挙げていきます。

  • 効果の出る教育プログラムと質の良い教材
  • 専属キャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 柔軟に対応できる学習スタイル

Tech::Expertは、

  • 最短時間で学習できるカリキュラム
  • 受講しやすい学習環境
  • キャリアアドバイザーのサポート

が特徴的で、IT業界への転職を実現させます。

それぞれについて詳しく説明していきます。

強み1:効果の出る教育プログラムと質の良い教材

Tech::Expertで使用している教材は、有名企業のエンジニアに対して、「現場で必要とされるスキル」をヒアリングし、そのスキルを効率的に習得できるプログラムです。

このカリキュラムは、1年もの月日をかけて作り上げた、Tech::Expertが誇る教材です。

この教材を利用することで、1,000時間を必要とされるエンジニアの学習時間を、その半分の500時間にまで短縮することに成功しています。

最短時間でスキルをマスターできる教材を利用することで、あなたを実務レベルで活躍できる即戦力エンジニアへ成長させることができます。

また、現場で求められるエンジニアになるために、チームでの開発も経験できます。

二人一組でペアを組み、お互いに協力し合いながらプログラミングしていくのです。

これにより、エンジニア現場そのものを体験することができます。

強み2:専属キャリアアドバイザーによる充実したサポート

Tech::Expertが提供するキャリアサポートでは、マンツーマンの専属キャリアアドバイザーが受講中から支援してくれます

あなたの転職を、始めから終わりまで常にサポートしてくれます。

具体的には、IT業界の有望な企業の紹介や面接対策、履歴書の添削、キャリア形成などをお手伝いしてくれます。

他にもTech::Expertでは、企業説明会や就活セミナーなど、豊富な就活コンテンツを用意しています。

就活に必要な心構えやテクニックをはじめ、エンジニアというキャリアや、企業への理解など、就職・転職に必要なことを徹底的に学び、それに対して準備することができます。

強み3:柔軟に対応できる学習スタイル

Tech::Expertの3つ目の強みは、スケジュールに合わせて次の3つのスタイルでの受講が可能となっている点にあります。

  • 10週間という短い期間でエンジニアを目指す短期集中スタイル
  • 仕事をしながら夜間と週末を利用した、4ヶ月間で集中的に勉強をする週末集中スタイル
  • 自分のペースで自由に学ぶことのできるオンラインスタイル

それ以外にも、関東圏以外に住んでいる人向けのオンライン学習プログラムが用意され、こちらも、4ヶ月間という期間で学習をすることができます。

Tech::Expertの弱み

失敗

Tech::Expertが持つ弱み、それは「カリキュラムが限られていること」です。

このコースでは、Webアプリケーションを中心として学習を進めます。

下調べなど、何もせずにTech::Expertを選んでしまうと、「思ってたのと違うな」と感じてしまう可能性もあります。

たとえば、

  • スマホアプリを専門的に学びたい
  • どちらかというとデザインを中心に学びたい
  • サービスの企画からしてみたい

という方です。

気になる方は「無料カウンセリング」がありますので、問い合わせましょう。

「めんどくさい」という方もいると思いますが、チャンスは捨てないようにしましょう。

Tech::Expertが提供しているカリキュラムは申し分ありません。

現場で働くエンジニアとして必要なスキルを磨くことができます。

ただ、現場で働く場合は、各プログラムの仕様書やテスト仕様書、設計書など覚えるべきことが沢山あるので、こうした内容に関しては自ら学んでいく必要があります。

それでは、Tech::Expertに合う人と合わない人について説明していきます。

Tech::Expertに合う人と合わない人

Tech::Expertに合う人と合わない人はどんな人なのでしょうか?

それぞれのタイプについて紹介していきます。

まずは、Tech::Expertにぴったりだと思う人から解説します。

Tech::Expertに合う人

今すぐ行動する

では、Tech::Expertに合う人を紹介していきます。

私の考えているのは、以下の2つのタイプに当てはまる人です。

  • 勉強時間を確保できる人
  • 本気で転職を考えている人

それぞれについて解説していきます。

合う人1:勉強時間を確保できる人

Tech::Expertを受講するのなら、勉強時間をしっかり確保できないと、カリキュラムに付いていくのが難しいかもしれません。

カリキュラムついて説明した時、かなりのボリュームに圧倒された人もいるのではないかと思います。

つまり、多くの時間をプログラミング学習に割かなくては、Tech::Expertの提供しているカリキュラムをマスターできないのです。

かなりボリュームのある内容となっているので、あなたのライフスタイルがTech::Expertに耐えられるか検討したほうがよいでしょう。

平日は少なくとも2〜3時間、土日は多くの時間をプログラミング学習に当てる必要があります。

また、教室に通ったほうが学習効率も上がるため、どれだけの頻度で教室に通うことができるのかも考えてみましょう。

合う人2:本気で転職を考えている人

大手SEへ転職するメリット・デメリットとかんたん確実な転職法

Tech::Expertはその名の通り、エキスパートを目指すコースです。

中途半端な気持ちで受講するよりも、「本気」で転職を考えてプログラミングに臨める人が良いと考えています。

Tech::Expertのキャリアサポートは充実しており、有名な企業への転職を目指すには最適な環境といえますが、カリキュラムが厳しく、根気強く勉強しなくてはなりません。

10週間の集中プログラム、もしくは4ヶ月のプログラムどちらにせよ、厳しい学習を乗り越えられるだけの、強いモチベーションが求められるでしょう

しかしながら、そうしたモチベーションを維持出来る人にとっては、プログラミングのスキルを伸ばす良いチャンスとなるはずです。

Tech::Expertに合わない人

では逆に、Tech::Expertに合わない人はどんな人なのか解説します。

合わない人:Webサイト以外を専門としたい人

カリキュラムを考えた時、Tech::Expertはウェブサイトに関連するスキルを習得する内容が目立ちました。

つまり、ウェブサイトやウェブアプリケーションを専門として就職したい人にオススメです。

とくにRuby on Railsは、SNSなどのアプリケーションを作成するのに優れたフレームワークです。

よって、あなたがどの分野で活躍したいかを明確にしておく必要があるのです。

もしカリキュラムなど分からないことがあれば、まずは無料の説明会に参加して、イメージを掴んでおくとより選びやすいのではないかと思います。

では、世間ではTech::Expertはどういう評判なのかについて、いくつかの声を紹介しながら解説していきます。

Tech::Expertの評判は「熱心で丁寧なサポート」

フリーランスのデメリット

Tech::Expertの評判は概ね上々で、とくに受講生のキャリアだけでなくカリキュラムに対しても熱心にサポートしてくれる、ということで人気となっています。

それではまずは、Tech::Expertの良い評判から紹介します。

Tech::Expertの良い評判

Tech::Expertの評判は「とにかくサポート体制が素晴らしい」というものでした。

今回は実際の受講生の声とともに、2つの事例を紹介します。

「何をしたいのか」を見出してくれたキャリアサポート

ある受講生によると、漠然とした中でも「具体的なキャリア」を見つけ出すキッカケを与えてくれたという意見がありました。

キャリアアドバイザーと頻繁にキャリアプランに関する話をする機会があり、そのなかで「自分は将来、どんな人になりたいのか」という点を突き詰めていったそうです。

そのお陰で大きな目標を定め、「いま、自分は何をするべきなのか」をクリアにしていくことができたといいます。

またこのようなコメントもありました。

「夢を叶えるまでに、自分が身につけておくべき必要なスキルセットは何か。

そのスキルセットを身につけるために、自分がいま行くべき企業は何処なのか。

受講期間中はキャリアアドバイザーの方と、そうした具体的な相談を続けていました。」

出典:https://tech-camp.in/note/interviews_ex/31251/

熱心なメンターに励まされた

2つ目は、熱心なメンターに励まされながらカリキュラムを進めることで、プログラミングのスキルをマスターすることができたという声です。

メンターはどんな問題でも絶対に解決をしてくれるため、とてもありがたかったというもので、時には3時間ほどかけて一緒に問題を解決したこともあったそうです。

実際のコメントを紹介します。

「Tech::Expertには、熱心なメンターが多いと感じました。

また、「ここまでは教えるけど、ここからは自分で頑張ってください」という線引きをしてくれたこともあったので、自分で学ぶ余地を残しておいてくれることもためになりました。」

出典:https://tech-camp.in/note/interviews_ex/25350/

この受講生はほぼ未経験だったため、解決したくても自分で解決できないエラーも、メンターに質問すると、実は簡単な見落としが原因だったことに気づくことができたなど、メンターに助けてもらいながら成長を感じ取れたようです。

こうしたように、Tech::Expertではメンターと共に成長していけるのが良い、という声が多いと感じました。

ではその反面、Tech::Expertでいまいちだと思われている点を紹介したいと思います。

Tech::Expertの悪い評判

Tech::Expertの受講生は概ね満足されているようですが、少し至らない点もあるようなので紹介します。

それは、質問したい時に質問できない時がある、というものです。

Tech::Expertは人気なプログラミングスクールなだけあり、受講生の人数もかなり多くなっているそうです。

それに対して十分なメンターを確保できておらず、質問にスグに対応できないこともあったそうです。

Tech::Expertでは、メンターは非常に丁寧に対応してくれるので、一人ひとりに割く時間が長くなっているのもあり、自分の番が回ってこない可能性もあるとのことです。
出典:http://www.codeadvisor.jp/entry/2017/09/23/195223

受講生が多いのはしょうがないことですが、将来的にTech::Expertがメンターの人数を増やし、より多くの受講生の質問に対応できるようになることが課題となっています。

それでは最後に、Tech::Expertをおすすめする人を紹介したいと思います。

Tech::Expertにおすすめな人は「未経験からIT業界への転職・就職を目指す人」

SEとプログラマーの仕事・待遇・キャリアを比較

Tech::Expertを最もおすすめするのは、次のような人です。

  • これまでプログラミングを経験していない人
  • エンジニアとして転職・就職を考えている人

なぜなら、Tech::Expertの綿密に組まれたカリキュラムだけでなく、転職・就職といったキャリアサポートが、未経験からプログラミングを始めた人を成長させ、できるだけ希望の職場へと導いてくれるからです。

しかしながら、短期間でプログラミングをマスターするため、かなり大変な期間が続くと考えられます。

ですので、モチベーションを維持しつつ学習に向き合うかことが大切となります。

  • エンジニアとして転職したい
  • ウェブアプリケーションのエキスパートになりたい
  • プログラミングをマスターしたい

このように考える上で、Tech::Expertを気になった人は、Tech::Expertが主催している無料のカウンセリングに参加してみて下さい。

素敵なプログラミング学習となる一歩を踏み出せるのではないかと思います。

まとめ

以上、短期間で集中してエンジニアとして転職を目指せるTech::Expertについて紹介しました。

このプログラミングスクールは、Webアプリケーションエンジニアになりたい人にとって素晴らしい選択となると考えています。

その理由は、以下の通りです。

  • 効果の出る教育プログラムと質の良い教材
  • 専属キャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 柔軟に対応できる学習スタイル

内容の濃い教育プログラムを活かした、柔軟な学習スタイルを利用してスキルを身につけ、充実したキャリアサポートを受けることで、あなたの希望した企業や働き方を目指すことができるはずです。

プログラミングを身につけて、新しいスタートを切りたい人はぜひとも、Tech::Expertを受講してみて下さい。

この記事を読んで興味を持った人、まずは無料のカウンセリングからチャレンジしてみてはいかがでしょう?

当サイトおすすめの転職エージェント

就職に強いプログラミングスクール選びなら

転職・就職に強いプログラミングスクールでおすすめな学校をランキング形式で特集しています。

スクール選びに迷ったら次の記事も合わせてご覧ください

プログラミングスクールの比較

当サイトおすすめのプログラミングスクール

WebCamp Pro

  • 毎日11時〜23時まで通い放題!
  • 転職成功率は98%!転職保証も付く圧倒的な自信
  • 卒業後のキャリアを保証!
学べるスキル
  • フロントエンド:HTML、CSS、JavaScript、jQuery
  • バックエンド:Ruby、Rails、MySQL
  • インフラ:AWS(EC2、ELB、RDS)
料金 30,000円/月〜
オンライン教室 ☓:オンライン受講未対応
受講形態 セミナー形式&自己学習
スクールの場所 東京(渋谷区)
就職のサポート
  • 受講生全員に転職を保証(転職できなかったら受講料全額返金)
  • 3ヶ月の転職サポート付き

TechAcademy

  • 受講期間内にWebサービスのリリースを通して実践力を養える
  • プロフィールや学習内容をもとに企業からスカウトがある
  • プロのパーソナルメンターとビデオチャットやペアプログラミングができる
学べるスキル
  • フロントエンド:HTML5、CSS3、JavaScript、jQuery、Bootstrap、WordPress
  • バックエンド:Ruby、Rails、PHP、Laravel、C#
  • アプリ開発:Android、iPhone、Unity
  • デザイン:Photoshop、Sketch
料金 79,000円〜
オンライン教室 ○:オンライン受講可能
受講形態 オンライン&マンツーマン(オンライン)
スクールの場所 全国(オンライン)
就職のサポート
  • プロフィールや学習内容に応じて企業からスカウトが来る!
  • 転職に関する悩みもコンサルタントに相談できる

-プログラミングスクール
-, ,

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2018 All Rights Reserved.