運営者情報

はじめまして!
このサイトの運営者で編集長のアキです。
運営者

このサイトは

  • IT業界で働きたい!
  • IT業界でキャリアを考え直したい

と考えている人に対して情報を提供するサイトです。

私はプログラミング未経験の状態から独学で勉強し、システムエンジニアになりました。

ただ、実際になって思ったのは独学は挫折の可能性がとても高いということです。

私は学生で時間があり、プログラミングができる友達がいたためなんとか乗り越えましたが、時間の限られた社会人が1人で覚えるには相当ハードルが高いことを感じました。

このサイトではこのような経験からできる限り苦労なくIT業界に就職できるよう紹介していきます。

また、転職を考えている人に対しても必要な情報提供をしていきます。

私はプログラマー、システムエンジニア、WEBエンジニア、採用担当、育成担当をしてきました。

この経験から何歳くらいの人はどのような人が採用されるか傾向が分かります。

現場の知見を活かして紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

このサイトがあなたのキャリアに役立てれば何よりです。

そのときはご連絡いただけるとやる気がでますのでぜひご一報ください!

運営会社について

運営会社名 株式会社スマートゲート
運営統括責任者 森 昌彦
本社所在地 東京都豊島区巣鴨1丁目4-7 MKビル5F
事業内容
設立 2011年7月8日
資本金 1,800万円
お問い合わせ 本サイトへのお問い合わせはこちらからお願いします。

筆者が経験してきたIT業界

2005年に就職した私は様々な経験をしてきました。

  • 企業規模(10人・100人・1000人・3000人・フリーランス)
  • 職種(SE・PL・PM・Webプログラマー・Webマーケッター)
  • ビジネスモデル(受託開発・Webサービス提供・ソフトウェア販売)
  • 役職(マネージャー・事業責任者・代表取締役)
  • プロジェクト(CADシステム:4社、SaaSサービス立ち上げ、日本No1のWebサービスシステム開発・Webマーケ:2サービス ※全て東証一部上場企業のシステム)

とくにSIerに7年、Web系に7年に在籍してきたため、深く・平等に見てきました。

よく「SIerは辞めておけ」「Web系最高!」という偏った記事がありますが、筆者はまったくそう思いません。

Web系って利益が青天井の可能性もありますが総じて薄利で利益率が低く、赤字なケースも多いです。

利益がないのに給料が上がるはずありませんし、社員に求められることも多いです。

日本No1サービスで黒字を出していても、強豪の追従が厳しく、利益を社員の給料に手厚く回せることが中々できません。

一方でSIerは仕様と工数見積さえ失敗しなければ必ず利益を確保できます。

原価(人件費)に対し、欲しい利益を乗せるだけです。

情報を読む時に最低3年は経験した人の情報を信じましょう。

とくに「Web系最高がおすすめ!」と言っている方は働いた経験もなく業界の全体像・良し悪しなどの深さを理解せず発信している人が非常に多いです。

筆者の学歴・職歴について

大学時代 電気工学科

工学部で電気工学科に入学しました。

中学・高校で日本の家電製品が強かったため、電気に興味を持ったのがきっかけです。

大学3年のときにC言語を受講し、プログラミングの難しさを感じました。

特に二重ループや再帰はとても混乱したのを覚えています。

その後、「ささっ」っと書けるようになるとは思いもしませんでした。

Javaの独学

大学4年のときに、電気回路のシミュレーターを作るためJavaを覚えました。

Javaで離散計算をしながらJavaアプレットで描画していました。

「独習Java」が私の始めたのプログラミング本だったのですが、これを攻略するのに2年かかるとは当時思ってませんでした。

1年間くらい一生懸命勉強してもオブジェクト指向が理解できない。

日本語で書いてあるのに、文の意味が理解できない。

「オブジェクトってなに?」「静的クラス・抽象クラス・インターフェースってなに?」みたいなことが1年くらい続いたのを覚えています。

だから断言できます。

プログラミングは独学より教えてもらうほうが遥かに簡単です。

大学院時代 情報工学専攻

電気の中でもモーター制御(パワエレ)に興味を持ち、モーターに強い大学院に編集しました。

電気工学と情報工学は学科編成もあり、大学院では情報工学専攻です。

情報工学への編入だったため、CPUの設計みたいな試験もありました。

「CPUの設計が自分でもできるのか!」と当時はとてもおもしろく感じてました。

研究もとてもおもしく、人工知能を使ったモーターの駆動・設計をしていました。

パナソニックとの共同研究であったため、実用的なテーマだったのが大きなやりがいでした。

人工知能による最適解探索が面白すぎる!

人工知能としてGA(遺伝的アルゴリズム)を利用していました。

膨大な組み合わせの中から最適なパラメーターを探し出すときに、GAを使うと劇的に早くなったことに衝撃でした。

一般的なアルゴリズムを使うと3日かかる計算が、GAを使うと3分(たしか)で完了するのです。

ITの可能性を感じ「IT業界で生きていく!」と決めた瞬間でした。

大学院に通わせてもらったおかげで、やりたい仕事が見つかり両親には感謝しかありません。

SIer時代(社員数:1000人)

今後記載していきます。

SIer時代(社員数:10000人)

今後記載していきます。

Webベンチャー時代(社員数:10人)

今後記載していきます。

Webベンチャー時代(社員数:100人)

今後記載していきます。

投稿日:2017年8月22日 更新日:

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2019 All Rights Reserved.