40代転職の成功法則

40代転職で未経験でもOKな5つの仕事で再挑戦!面接のコツで内定

最終更新日:

未経験からのプログラマー転職
  • 「40代で未経験の職に転職できるかな?」
  • 「どれくらい厳しい?」
  • 「どの職なら未経験でもできそう?」

40代での転職は実に悩みが深いです。

たしかに家族、キャリア、お金、勤務地などたくさんのことを考慮しなければなりません。

多くの採用をしてきた筆者の経験から正直にお伝えすると、40代で未経験の転職は決まりづらく転職するなら早くする必用があります

でも良いこともあります。

「40代だから募集したい」という職もあるのです。例えば介護やタクシー運転手、保育士です。

コミュニケーションが円滑であったり育児経験が活きたりする40代が活躍できる職場もあります。

この記事では40代におすすめな未経験でもOKな職種を紹介していきます。

さらに内定を取りやすい面接テクニックもお伝えしていきます。

この記事をしっかりと読み込めば、転職先が見つかり合格率もぐっと上がるでしょう。

40代未経験の転職をサクッと進めたい方はぜひ最後までお読みください。

目次で流し読み

40代で未経験から転職することは「可能!」。ただし厳しさを理解する

厳しいようですが、40代の転職がスムーズに進まないということだけは覚悟しておくべきです。

具体的には下記の点で厳しさがあります。

  • 即戦力✕マネジメントスキルを求める企業が多い
  • 40代・未経験者の育成カリキュラムがある企業は少ない
  • 採用力がある企業は20代〜30代を優先して採用する

具体的に確認していきましょう。

厳しさ1:即戦力✕マネジメントスキルを求める企業が多い

40代ともなればある程度社会人経験を積んでいることが考えられますし、期待されます。

また、リーダーや管理者として若手や後輩をまとめる経験を持っていることも期待されます。

そのため、企業は即戦力かつマネジメント能力を求める傾向が強いです。

両方備わっていれば理想的ですが、せめてどちらか片方だけでもあると転職では有利となります。

厳しさ2:40代・未経験者の育成カリキュラムがある企業は少ない

未経験であれば研修などの育成カリキュラムがあると嬉しいものですが、残念ながらそういったものを用意している企業は多くありません。

業務はすべて仕事をしながらその場で覚えていくことになります。

しかし、研修がないからといって悲観する必要はなく、真摯な姿勢で仕事を覚えていけば自然と周りは手を貸してくれるでしょう。

厳しさ3:採用力がある企業は20代〜30代を優先して採用する

悩む人

転職希望者の中にはライバルがたくさんいます。

もちろん、その中には20代、30代という教えやすく、これから長期に渡って企業に貢献できそうな世代も。

多少自分のスキルや経験が上回っていても伸びしろのある若い世代を優先して採用するというケースもあります。

40代未経験では厳しい面があるのは確かです。

では、どのような仕事であれば転職しやすいでしょうか。

40代未経験でも転職しやすいおすすめな仕事:5つ

基本的には事前に専門的な知識を大量に身につける必要がない仕事の方が転職しやすい傾向があります。

おすすめするのは以下のものです。

  • おすすめ1:介護職
  • おすすめ2:タクシー運転手
  • おすすめ3:清掃員
  • おすすめ4:中小企業
  • 番外編:個人事業主(フリーランス)

具体的に解説していきます。

おすすめ1:人手不足の代表格!介護職

高齢化社会が深刻化する日本において、人手不足が叫ばれているのが介護職です。

老人ホームや介護施設、グループホーム、デイサービスなど活躍の場はさまざま。

人生の先輩である高齢者の自立を助ける意義のある仕事です。

仕事内容は身体・メンタルのケアをしながら食事、入浴、排泄の介助、生活必需品の買い出しなどを行います。

資格も揃っていて、「介護福祉士」「ケアマネジャー(介護支援専門員)」などを取ればキャリアアップも目指すことが可能です。

ただし、両者とも実務経験(介護福祉士:3年、ケアマネジャー:5年)を重視しているため、まずは働きながら基礎知識、スキルを身に着けながら取得を目指すことになるでしょう。

おすすめ2:実は稼げる!タクシー運転手

法人タクシーの場合は歩合制であることが多く、コンスタントにお客さんを乗せられれば稼げます。

個人タクシーともなれば稼ぐ人は年収1,000万円を超える人もいます。

タクシー運転手になるには「普通自動車第二種免許」を取得する必要があり、一種免許取得後3年以上経過している必要があるのが唯一の障害です。

また、タクシー運転手は長時間拘束されるというイメージが強いですが、働き方には法人タクシーと個人タクシーで異なります。

働き方は比較的自由にできるのも特徴の1つです。

法人タクシーの場合「隔日勤務」という勤務形態を取っていることが多く、1日21時間働いて次の日は休み、というスタイルです。

自分の時間を多く取れるのも魅力でしょう。

おすすめ3:真面目で誠実な人におすすめ!清掃員

施設清掃を主な業務とする清掃員は学校や病院、オフィスビルやマンションなど大型施設で働くことが多いです。

勤務地もたくさんあるので場所を選ばないという特徴があります。

スタートするのに資格は不要なので転職しやすい仕事です。

あまり知られていませんが「ビルクリーニング技能士」という国家資格があり、極めれば奥が深い仕事でもあります。

日頃から人々が施設を気持ちよく使えるのも清掃員がいるから。

真面目で掃除が好きな人にはとくにおすすめです。

おすすめ4:優良企業もたくさん!知名度の低い中小企業

転職活動中はついつい大企業ばかりに目を向けてしまうことが多いですが、探せば中小企業にも優良企業はたくさんあります。

中小企業は大企業にはないアットホーム感もありますし、実力を認められればやりがいのある仕事を任せてもらえるようにもなるでしょう。

番外編:個人事業主(フリーランス)として働く

なにも企業に勤めるだけがすべてではありません。

個人事業主(フリーランス)として働くという手もあります。

個人事業主になんて簡単になれるのかという疑問を持つかもしれませんが、クラウドワークスというクラウドソーシングサービスを利用すれば誰でも個人事業主として活動をスタートすることが可能です。

経験が活きる!ライター

ライターは誰でもすぐに始めることができるおすすめの仕事です。

文章を書くことが好き、人に情報を分かりやすく伝えるのが得意、という人であればライターとして活躍する素質は十分。

最初は単価の低い仕事ばかりで嫌になるかもしれませんが、少しずつ実績を積み上げていくことで高単価の仕事も取れるようになっていきます。

コーチ・先生で花開く人も多数

これまでの自分の経験を他の人に伝えるというのも仕事になります。

いわゆる「コーチング」と呼ばれるものです。

大変そうに聞こえるかもしれませんが、世の中には「できなくて困っている」人がたくさんいるのです。

人材育成や資料作成、契約書などの書類作成など、さまざまなスキルを教えることが仕事になることがあります。

自分なら教えることができるスキルを棚卸ししてみると意外なことで一気に仕事が生まれるかもしれません。

男性におすすめ!さらにおすすめな40代・未経験OKの仕事4つ

未経験でも体力に自信がある男性におすすめの仕事があります。

いわゆる工場勤務、もしくは警備業務です。

これらは学歴や経験が問われることが少ないため人気の仕事となっています。

具体的には

  • 工場勤務
  • 警備員
  • 期間工
  • ライン工

がおすすめとなります。

具体的に紹介していきます。

内定の確率は残念ながら高くはないので、少しでも「合いそうかな?」と思ったらぜひ受けてみましょう。

 

未経験にもおすすめ1:ものづくり・機械が好きなら工場勤務!

理系・バイクいじりなど数字やメカが得意な人は工場勤務がおすすめです。

未経験からでも働くことができ、長く務めることでスキルも高めることができます。

とくに機械系の勘がある方は早く慣れ、重宝される人材となれるでしょう。

工場へ転職を検討する方が知っておくべきことを3つありますのでチェックしておきましょう。

未経験者OK!学歴、性別、年齢が不問なケースが多い

基本的に工場勤務では学歴や性別、年齢が不問なことが多いです。

なぜかというと、工場作業は難易度の低いものから高いものまで揃っており、難易度の低いものであれば経験がなくても問題ないためです。

年齢や性別という点でも老若男女働いているので心配する必要はありません。

三角関数や単位の素養を求められる

作業内容にもよりますが金属加工などの仕事では三角関数の知識が必要になることがあります。

また、普段の生活では聞き慣れない単位なども飛び交うため、予習しておくと面接などでも好印象を与えられることがあるでしょう。

定年世代からみたら40代はまだ若い!体力仕事の不安は楽観的に

工場では定年間近の世代も働いています。

彼らからしたら40代はまだまだ若者。

年齢や体力に不安を感じる必要はありません。

体力がないと思っていても働いている内に体力がついてくるので、次第に仕事ができる体ができあがります。

未経験にもおすすめ2:不器用・コミュニケーション苦手でもOK!警備員

工場や倉庫などの施設を巡回することで不審者や不審物がないかをチェックするのが警備員の仕事です。

ドアや窓がきちんと施錠されているのか、夜間消灯の確認だけでなく、施設に出入りする人の管理も行います。

基本的に1人仕事であることが多く、コミュニケーションが苦手な人でも始めることができるのが特徴です。

シフト制であることが多く、昼夜の勤務に別れています。

夜間は深夜手当がつくため、稼ぐことも可能です。

未経験にもおすすめ3:高収入で住居も提供あり!期間工

期間工というのはトヨタやマツダ、ホンダ、日産など日本を代表する自動車メーカーの工場で期間契約によって働きます。

工場ラインで組立作業をしたり、フォークリフトで物流作業をしたりすることがメインとなります。

未経験でも採用されやすく、期間満了時には満了金が出たり、寮が用意されていたりと待遇が良いのが特徴です。

期間工.jpでは期間工を専門に斡旋してくれる専門サイトです。

興味があれば登録してみると良いでしょう。

入社祝い金が出るキャンペーンもやっているのでお得です。

>短期で貯金ができる期間工.jpはこちら

未経験にもおすすめ4:自信がない方におすすめ!ライン工

ライン工は期間工と作業内容に大きな違いはありませんが、工場ラインにかかわる作業しか行わないという特徴があります。

ライン工は期間工のように非正規だけでなく正社員登用を目指すことも可能です。

期間工のようにいろいろなことはできる自信がない方はまずはライン工から始めて見ると良いでしょう。

作業範囲はライン作業だけですのでとりわけ難しい作業をしません。

ただ、作業スピードを上げないと他のラインのメンバーに迷惑がかかります。

スピーディな作業をこなせるのは大きな素養となります。

ライン工の仕事探しは工場ワークスがお仕事が多くておすすめです。

担当者の方に書類や面接の対策をしてもらえるので受かりやすいです。

無料で相談でも大丈夫です。変に悩まず相談してみましょう。

>工場ワークスはこちら

40代女性におすすめ!未経験OKの仕事5つ

40代の女性におすすめなのは以下の5つです。

  • 医療事務
  • セレモニースタッフ
  • 保育士
  • 保険営業
  • セラピスト

どれもすぐに始めることができるという点と体力がそこまで必要ないのが特徴です。

女性におすすめ1:資格がなくてもOK!医療事務

医療事務という仕事は医療機関の受付・会計業務、診療のレセプト作成などを行う仕事です。

比較的専門的な業務ですが、とくに資格が必要なわけではないので女性に人気となっています。

資格も揃っていて「診療報酬請求事務能力認定試験」「医療事務技能審査試験」といった資格を取ればステップアップも可能です。

医療事務という名前ですが、事務作業だけでなく患者さんとのコミュニケーションも大切な業務。

とくに医療機関に来る患者さんは不安で一杯です。

優しい言葉や笑顔で患者さんの緊張をほぐしてあげるのも医療事務の仕事といえるでしょう。

また、長く勤めれば替えのきかないメンバーとして長期勤務も可能なのも大きな魅力です。

女性におすすめ2:ホスピタリティーが高い人におすすめ!セレモニースタッフ

セレモニースタッフというのは結婚式やお葬式など、冠婚葬祭で会場にいて進行を取り仕切るのが仕事です。

どちらも人の人生の大きな転換点に関わる仕事であり、お客さんの気持ちに寄り添うことのできるホスピタリティーが必要となります。

未経験でも始めることができるので転職しやすいのが特徴で、接客業経験があれば比較的スムーズに働くことができるでしょう。

最初は現場で業務を学びながらプランナーを目指すのが一派的なキャリアパスになります。

女性におすすめ3:育児経験者におすすめ!保育士

6歳以下の子供のお世話をする保育士は人手不足が問題になっているため、おすすめの仕事です。

すでに育児経験がある人なら子供への接し方は分かっていると思うのでスムーズに仕事に入ることができるでしょう。

未経験でもスタートすることができる仕事ですが、保育士の資格が必要になります。

保育士試験は国家資格であり、難易度もそこそこ高いため本気で目指すのであれば独学だけでなくスクールに通うのが最短ルートでしょう。

女性におすすめ4:40代だから説得力のある保険営業

保険営業は資格・経験がなくてもなることができます。

とくに、女性の保険営業は多く、これまでの自分の実体験を交えながら商品の魅力を伝えることができるため言葉に説得力が生まれ契約も取りやすくなります。

保険の種類にもがん保険、生命保険などの種類があり、お客さんのライフスタイルに合わせた保険商品を提案してあげるコミュニケーション能力が必要になります。

また、保険営業は資格がなくても大丈夫ですが、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を持っていることが多いです。

FPは自分の人生にも活かせる知識が多いので特に女性には人気の資格になっています。

女性におすすめ5:独立も夢ではない!セラピスト

セラピストというのは「癒やし」を提供するのが仕事。

職種としてマッサージ師やアロマテラピスト、気功師、心理カウンセラーなどが該当します。

現代社会でストレスにさらされた人々を心身の両面から癒やしてあげるのが特徴で、具体的な資格はないものの、技術は必要になる仕事です。

ただし、未経験でも少しずつ経験と実績を積みながら独立を目指すのが一般的なキャリアパスになります。

正社員を目指すという方法もありますが、お客さんがつけば独立したほうが自分で働き方を調整できるのでおすすめです。

したい仕事が見つからない!それでも転職を前に進めるためのおすすめ3STEP

ここまでで紹介した仕事を見てもピンとこない人はまず自分の棚卸しをすることをおすすめします。

下記のステップを踏めば自然とどのような仕事に就きたいのかが分かるようになります。

STEP1:適職診断を受ける

ITを熟知

自分にはどのような仕事が向いているのか、どのようなスキルがあるのかを診断してもらうことで目指すべき仕事が見つかるようになります。

多くの求人サイトが適職診断を行っていますのでまずは受けてみましょう。

適職診断は100種類以上あります。

代表的な診断を15個比較したおすすめの適職診断を紹介している記事がありますのでぜひ参考にしてください。

【一番当たる適職診断】15サイトを徹底比較したNo1の適職診断とは

「適職診断で自分の強みを知りたい!」 就職・転職で自分をどう伝えればよいか悩む人はあなただけではありません。 「親や友人 ...

続きを見る

STEP2:求人サイトに登録し非公開求人をチェックする

自分に向いている仕事が分かったら求人サイトに登録してみましょう。

求人サイトには登録しないと見ることができない求人=非公開求人がたくさん載っています。

自分の興味のある仕事をピックアップしてみるとイメージが掴めてくるはずです。

おすすめはリクナビNEXTです。案件が半端なくあります。

スマホでも無料でかんたんに登録できるのですぐチェックしてみましょう。

>リクナビNEXTはこちら

STEP3:転職エージェントに相談して成功確率を上げる!

転職は自分ひとりの力でどうにかしようとするものではありません。

転職に失敗しがちな人は、一人で進める人です。

自分の強みをしっかりしないまま選考を受けたり、ブラック企業を受けたり、失敗事例はあげたらキリがありません。

成功させるためには企業に精通し、何人も事例を見てきた転職コンサルタントに相談することが一番のおすすめです。

転職コンサルタントはあなたの経験やスキル、希望する働き方を考慮しておすすめの企業をピックアップしてくれます。

それどころか書類選考の手配や面接対策、年収の調整なども行ってもらえます。

成功確率をあげて40代転職をスムーズに進めたいのであれば必ず相談しましょう。

おすすめはDODAです。

提案力の高いエージェントに当たりやすいとよく耳にします。

はっきり言ってインターネットを調べても自分と同じ転職事例は見つかりません。

変に悩むならたくさんの転職者に接したエージェントに相談したほうが建設的です。

相談だけでも全然問題ありません。

スマホでもかんたんに登録できますので悩むくらいなら相談してみましょう。

>DODAエージェントに相談する

最重要!40代転職は選考数にこだわる!30社以上の選考は覚悟する!

ここが1番重要なポイントですが、40代の転職がすぐに終わるとは考えないことです。

最低でも30社は選考を受けるつもりで転職活動をスタートしてください。

でなければ、数社落ちただけで心が折れてしまって挫折。ということになりかねません。

40代の転職が厳しいことはここまででもお伝えしたとおりです。

しかし、転職者にニーズがあるように、企業側にもニーズがあります。

お互いが相思相愛になれる会社は必ずありますので、諦めずに転職活動を続けることが大切です。

40代・未経験でも転職が成功する面接マニュアル

転職は面接で決まると言っても過言ではないでしょう。

面接は苦手という方でも、事前にポイントを知っていると知っていないでは合否が大きく変わってきます。

しっかり抑えておきたいところです。

ポイント1:選考企業の年齢構成から期待する人材像をイメージする

企業が求人を出すということは「新しい人材」を求めていることを意味します。

企業が新しい人材に求めていることは何なのかをイメージすることはとても大切です。

たとえば、若手が多い企業であればマネジメント力に長けた指導・育成する立場の人材を求めていることが考えられます。

年配が多いのであれば現場の核となってプロジェクトを進められるか、年齢層が幅広ければ世代間でのコミュニケーションを柔軟に取れるか、などが考えられるでしょう。

ポイント2:どんなマインドを選考企業が期待しているか理解する

あなたが採用担当なら、新しく採用するときにどのような人に働いてほしいでしょうか。

企業理念の強い共感、誠実・信頼感が強い人、真面目で怠けない人、地頭が良く業務を覚えられる人、人から好かれる人、さまざまなタイプの人材がいます。

これらは企業内部にいなければ分からないのではないかと思うかもしれません。

しかし、ヒントは隠されているのです。

コーポレートサイトの企業理念ページ、社長メッセージ、採用ページなどを読み込むことでその企業がどのような人材を欲しているのかをある程度読み解くことができます。

面接前に絶対にチェックしましょう。

ポイント3:過去の実績から強みを自己認知し、将来したいことを結びつけて市場価値を高める

これまでの実績は絶好のアピールポイントになります。

自分は何ができるのか、何を成し遂げたのかを知ってもらうことで市場価値を高められるのです。

しかし、意外にも自分の「強み」というのは自身で気づきにくいもの。

自分では大したことないと思っていたスキルが企業ではとても価値の高いものであるということはよくあることです。

まずは細かいことでも良いので自分の強みを洗い出してみましょう。

このとき客観的になるのがポイント。

主観が入るとどうしても自己認知の妨げになります。

どうしても自己分析ができないのであれば、転職エージェントに相談してみましょう。

コンサルタントが棚卸し作業を手伝ってくれます。

おすすめはDODAです。丁寧なサポートをしてもらえると評判です。

相談だけでも全然問題ありません。

まずは一歩を踏み出すことが大切です。

>DODAエージェントに相談する

ポイント4:どのように企業に貢献できるかを伝える

企業はその人がどのように貢献してくれるのか、具体的にイメージをしたいと考えています。

どこで役に立つか分からない人を採用するよりは、活躍できる場、シチュエーションが分かっている人のほうが採用しやすいのは当然のことです。

どう貢献できるかを伝えるためには、企業の採用背景を確認しましょう。

どんなことに困っていて、どんな人を募集しているかを聞くのです。

その上で、自分の強み・実績でどう貢献できるかを伝えましょう。

企業の採用背景については転職エージェントが事前に知っていることが多いですので確認しておくと面接でスムーズに伝えられるでしょう。

必ず確認してください。

また、どう貢献できるかは必ず「具体的に」伝えてください。

あいまいにすればするほど不合格となるでしょう。

ポイント5:異業種かつ異職種は失敗しやすい!できる限り避ける

業種、職種というのは似ているようでまったく異なるものです。

業種は「業界の種類」であり、金融業界、アパレル業界、医療業界、IT業界などがあります。

職種は「職業の種類」であり、営業、経理、人事などがこれに当たります。

自分が経験したことがある業種、職種であれば業務知識や経験をそのまま活かすことができるのがメリットになります。

業種、職種のどちらかが異なる場合でも覚えることはありますが、スキルを流用可能です。

しかし、業種も職種も異なるものになると、完全に未経験ということになり、ゼロから覚えなくてはいけません。

企業としても40代の人を完全にゼロから育てようと考えるところは少ないため、勝率を上げるのであれば異業種&異職種は避けたほうが懸命でしょう。

どうしても、異業種&異職種でやりたい仕事があるのであれば、どのように業務知識をつけていくつもりなのかを熱意も交えてアピールする必要があるでしょう。

ポイント6:コミュニケーション力は質問意図の理解と結論からはじめる回答でバッチリOK!

面接官も何人もの面接をするわけですから、話していて気持ちの良い人は自然と印象に残ります。

面接はコミュニケーション能力を確認する場でもあります。

面接官の質問の意図をしっかり理解し、それに対する回答を簡潔に答えることでコミュニケーション能力をアピールすることが可能です。

回答するときには「結論ファースト」を心がけましょう。

その後に理由を補足するのが望ましいです。

コラム:40代からの転職に資格は「原則不要」。それよりも1社でも多く転職活動する

転職をしようとするとまず資格の心配をする人が多いですが、40代の転職では原則として資格は不要です。

資格を取るために費やす時間を転職活動に充てた方が成功の確率は高まります。

なぜなら、時間が経てば経つほど転職で不利になっていくからです。

先にも述べましたが、1社でも多くエントリーしていくこと、1社1社の結果に落ち込むことなく次の企業へチャレンジしてくことが大切です。

毎回結果で落胆していては40代の転職は成功しません。

挑むときは本気で、そして結果にはドライな気持ちを保つようにしましょう。

1社がダメだったら「ここは縁が無かったな、じゃあ次!」くらいの気持ちが大切です。

転職活動は相性もありますので、相性が良い企業に出会えるまでは諦めずにチャレンジを繰り返しましょう。

諦めてしまえば終わりですが、次の1社が運命の会社かもしれません。

まとめ

40代未経験の転職ともなれば、一筋縄ではいかないのが普通です。

それでも転職を望むのであればここまで紹介したポイントを理解し、決して諦めないという覚悟を持って転職活動を始めましょう。

  • 転職の厳しさを理解する
  • 40代で就職しやすい職業を狙う
  • 転職サイト、転職エージェントをうまく活用する
  • 面接のコツを理解する
  • 30社は受ける覚悟をする
  • 最後まで諦めない

転職はスピードが命です。

まずは自分ができることから始めましょう。

適性診断、転職サイト・エージェントへの登録などいますぐできることはいくらでもあります。

自分に合う企業に出会えることを祈っています。

当サイトおすすめの転職エージェント

【ベスト3】当サイトおすすめの転職エージェント

IT専門!国内最大級の求人数と実績「マイナビエージェントIT」

  • 求人情報の8割が「非公開求人」で
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!
  • フリーランスに興味がある人はコチラ

高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門 「TechClipsエージェント」

  • 高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門
    80%以上が年収500万円の求人!
  • 大手転職会社にはない現役エンジニアによる親身なサポートでキャリアアップをサポート
  • エリアは首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)限定!

-40代転職の成功法則
-

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2018 All Rights Reserved.