IT業界のお仕事

【就職・転職に必須知識】受託開発とは?メリット・注意点を自社開発と徹底比較

最終更新日:

「受託開発」は富士通などの大手SIerが得意とするビジネスモデルです。

開発力が必要となりますが「技術」の他にもスケジュール管理・コスト管理のノウハウが必要となりますし、たくさんの人材の確保とマネジメントも必要です。

受託開発を通して、システム構築における総合的なスキル・経験が身につけられます

いわゆる「プロジェクトマネジメント」というスキルが、自社開発と比較すると圧倒的に身につき、市場価値が高くなります。

一方で

「受託開発は厳しい」

「先がない」

とネガティブな噂も聞いたことがあるでしょう。

筆者は受託開発と自社開発の現場に合計14年いましたので、このようなネガティブな噂を聞くと一方的で正しい情報を持ち合わせてないように感じます。

この記事では両者のメリット・デメリットを客観的にお伝えしていきます。

具体的には

  • 受託開発の意味や特徴
  • メリット
  • 受託開発によって形成されるITピラミッド構造

についてを客観的に解説していきます

受託開発の正しい情報を持っていないと、将来キャリアに大きな影響がでます

受託開発に就職・転職を検討しているのであれば必ず一読ください。

目次で流し読み

受託開発とは?実は違う受託開発と請負開発の定義

「受託開発」というのは完成義務のない開発業務を引き受けることです。

後述しますが、受託開発とは法律としては業務委託と同等であります。

よく「請負開発」と「受託開発」の違いが話題になりますが、厳密には「請負」と「受託」は意味が異なります。

受託(じゅたく)とは、頼まれて、業務を引き受けること。

業務委託、委託を受けること。

請負も受託であるが、契約という点では委任または準委任同様、契約の目的として受託者は委託業務を処理することとされ、一定成果を出すことは、義務ではない。

参考:Wikipedia

少し難しい文章ですが、要するに以下のような関係になります。

  • 受託:業務を引き受けること
  • 請負:完成義務を約束して引き受けること

受託のほうが請負よりも責任の範囲が狭いということです。

しかし、この意味を厳密に使い分けている人は営業の人間でもない限りいないでしょう。

現場レベルではほとんど同じ意味で扱われています

そのほかの契約の形「委任開発」とは?

委任契約というのは業務を遂行するのが目的の契約形態です。

そのため、成果物に対する責任を負う必要がなく、最悪プロジェクトが失敗したとしても報酬は発生します。

結果を出すことにこだわる請負(受託)契約とは異なり「参加することに意味がある契約」になります。

委任契約でよくあるのが、人材派遣型のSE会社です。

他社のプロジェクトに参画して委任契約を結ぶことで自社のSEを派遣します。

委任契約であるため業務を遂行するだけで売り上げになるため、リスクが低いというメリットがあります。

それだけでなく、一度契約を結べば数ヶ月は売り上げが安定するため経営しやすいのです。

同じシステム開発業務でも会社によっては実体が派遣会社であることもあるため業務内容が請負(受託)開発なのか、委任開発なのかを確認する必要があるでしょう。

受託開発のメリットは5つ!自社開発と比べて分かる受託開発の良さ

受託開発をするうえでのメリットが次の5つあります。

  • 幅広い業界のシステムを担当できる
  • 幅広いプログラミング言語を覚え、実務で使える
  • サーバーやデータベースなど幅広いミドルウェアをさわれる
  • スケジューリング・品質を意識した開発ができる
  • 定年までのキャリアがある

幅広い業界のシステムを担当でき、プログラミング言語もプロジェクトごとに覚えることができます。

また、ある程度の規模であればサーバーやデータベースなどのミドルウェアを使う機会も多くなりますし、チームのスケジュールと品質を意識した開発手順を学べます。

なによりもシステム開発という仕事は無くならないため、定年までのキャリアを形成しやすいという点は大きいでしょう。

詳しく1つずつ見ていきます。

メリット1:幅広い業界のシステムを担当できる

受託開発の場合、顧客(クライアント)は「システムを作りたい企業や団体」になります。

物流、医療、飲食店、金融から官公庁まで、現代の企業・団体でシステムを使わずに業務を行っているところはほぼ無いと言っていいでしょう。

受託開発ではこれらのシステム開発を受注することになるため、多岐にわたるシステムに関わることになります。

1つのプロジェクトが終わると次のプロジェクトで新しい挑戦が生まれるため、刺激的な業務といえるでしょう。

メリット2:幅広いプログラミング言語を覚え、実務で使える

顧客によって実現したいシステムは千差万別です。

Webアプリ、組み込み端末、タッチデバイス、スマホアプリなど、どのようなソフトウェアを求めるかによって最適なプログラミング言語が採用されます。

そのため、プロジェクトごとにさまざまな言語を覚え、幅広い技術力を身につけることができます。

メリット3:サーバーやデータベースなど幅広いミドルウェアをさわれる

システムの規模が大きくなってくれば、サーバー連携、データベース連携などの要件も必然的に増えてきます。

サーバーで言えばLinux系やWindows系で求められるスキルはまったく違います。

データベースもオラクルやSQL Server、mysqlなどさまざまなミドルウェアがあるので、プロジェクトごとに新しい技術に触れる機会があります。

メリット4:スケジューリング・品質を意識した開発ができる

受託開発はスケジュール、つまり納期を守ることが最優先されます。

そのため開発においては、いかにしてスピーディかつ高品質なシステムを開発するのかが肝です。

ある程度の歴史と実績がある会社ならプロジェクト運営のノウハウも蓄積されているので、効率的な仕事の進め方、考え方を学ぶことができるでしょう。

メリット5:定年までのキャリアがある

受託開発というのは基本的に自社製品を売るということがありません。

そのため、「作ったは良いけど売れなかった」ということがなく、受注できる限り仕事が常に発生し続けます

多くの人が最初はプログラマーとしてキャリアをスタートして、次第にシステムエンジニア、プロジェクトリーダーというようなキャリアを進んでいきます。

年齢が上がって経験も積んでくれば自然とプロジェクトを管理する側になっていくケースが多く、キャリア形成しやすいというメリットがあります。

コラム:自社開発はクックパッドなど事業会社での開発

システム開発を自社で行うケースもあります。

これは自社サービスを展開しているクックパッド、食べログ、価格コムなどが代表的でしょう。

自社開発を選択するメリットとしては、機能改善や機能追加がしやすい点が挙げられます。

上記で紹介したとおりウェブサービスに多く見られる開発形態で、機能改善や機能追加を決定してから開発チームに仕様を伝えるまでのフローが非常にスムーズです。

ときには開発チームで意思決定をしてそのまま開発に入るということもあり、どの機能がユーザーに評判が良いのか、デザインはA案とB案ではどちらが良いのかなど、ABテストをしながらすぐに現場でフィードバックしていくことが可能になります。

受託開発ではここまでフレキシブルな対応ができないため、自社サービスを継続的に展開するときに威力を発揮します。

その一方でキャリアについては企業それぞれで違うため、一般的なキャリアモデルがありません。

「自分のキャリアは自分で切り開く」という意気込みの方は良いですが、「楽して働きたい」と考える方にはあまりおすすめできません。

事業会社での仕事については「SEからWEB系に転職して5年経ったのでWEBとSIerを比較してみた」で詳しく紹介しています。気になる方は必ずチェックしましょう。

気になる受託開発の客先常駐

客先常駐はセキュリティが高い案件に多く見られます

反対に自社開発をしたいのであれば大手のSIerが良いでしょう。

市役所などの個人情報が多い案件は客先常駐が基本

市役所などの官公庁系や大手通信系企業などは外部に情報を持ち出すことを固く禁じており、セキュリティレベルが高いです。

そのため、開発は客先常駐ということが多くなります。

客先常駐ではクライアントと一緒に仕事をすることが多くなるため、社会人としてのマナー、お客さんへの対応など自社開発よりもコミュニケーション能力を求められます。

自社で開発をしたいなら大手SIerがおすすめ

自社で開発するには開発拠点(オフィス)、開発に対応できる人材(リソース)が必要不可欠です。

これらを満たすにはある程度の規模の企業である必要があり、大手SIerの方が自社開発しやすいと言えるでしょう。

もちろん、少人数で開発している企業もありますが、安易に入社したらただの委託開発会社だった、ということもあります。

どのような開発形態なのかは事前に確認しておきましょう。

大手SIerについては「2019年度版!大手SIerランキング(年収)と選び方の4ステップ」で具体的な企業をピックアップしています。

ぜひチェックしておきましょう。

受託開発での職種は大きく4つ

受託開発では、

  • 営業
  • PM(プロジェクトマネージャー)
  • SE(システムエンジニア)
  • PG(プログラマー)

という職種に分けることができます。

職種によって求められるスキル・経験がまったく違ってきますので必ず確認しておきましょう。

営業

受託開発案件の営業は主にクライアントと案件相談、契約を行います

どのようなシステムを、いつまでに、いくらで開発するのかということを詳細に詰めていきます。

このとき、実際に現場のエンジニアに見積もりを依頼し、開発工数からいくらなら開発することが可能なのかをクライアントに提案します。

新規で仕事を取ってくるというのはなかなか難しいため、既存クライアントと良好な関係を築いておき、より好条件の案件を引き出せるかが腕の見せどころと言えるでしょう。

PM(プロジェクトマネージャー)

プロジェクトが円滑に進むように管理を行うのがPM(プロジェクトマネージャー)の仕事です。

予算管理、スケジュール管理、開発チームの連携、クライアントとの調整など多岐に渡る業務をこなしていくため、幅広い知識とスキルが求められます。

SE(システムエンジニア)

システム開発のための要件定義、設計、プログラマーのスケジュール管理を行うのがSE(システムエンジニア)の仕事です。

顧客から要件を引き出し、最適なソリューションを提案するため、システム構築に関してプログラミング言語やミドルウェアの特性を把握して上手く組み合わせる能力が求められます。

また、自分の担当システム(機能)のプログラマーチームの進捗把握、スケジュール調整なども行います。

大手SIer以外は自分でプログラミング業務に関わる傾向が強く、プログラミングも学びたいのであれば、中小SIerでSEになるのもおすすめです。

SEの仕事内容や給料などは「SEとは?システムエンジニアの仕事・年収・注意点をわかりやすく紹介!」で具体的に解説しています。

PG(プログラマー)

SEが作成した設計書を元にプログラミングをしていくのがPG(プログラマー)の仕事です。

基本的に設計が完了して、開発フェーズから投入されることが多いですが、上級プログラマーになればSEと一緒にクライアントと会議を行い、技術的に実現可能かどうかを提案することもあります。

そのほかにも、機能テストを行ってバグがあれば修正することも行います。

SEとPGの違いはかなり大きいです。キャリアに大きく影響しますの「【業界人が語る】SEとプログラマーの仕事・待遇・キャリアを比較!」を必ずチェックしておきましょう。

請負開発のビジネスモデルは「技術力✕マネジメント力」

受託開発で何よりも求められるものは「技術力」と「マネジメント力」といえるでしょう。

ソフトウェア製品やサービスの完成を目指す以上、最短距離で高品質なシステムを構築する必要があるためです。

ときには数千万円~数億円という案件にもなる受託開発は、原価(ITエンジニアへの給与)も決して安いものではありません。

請負開発はシステムを納品して売上があがるビジネスモデル

請負開発ではシステムを納品することによって初めて売り上げになるビジネスモデルです。

納品までの IT エンジニアの給料は当然会社が負担することになるので、実質的にコストを先出しする必要があります。

システムを納品することによる報酬は事前に契約によって決まっていますから、確実に予算内で収めるのは必達事項となります。

原価(コスト)の80%以上はITエンジニアの高い人件費!

システム開発における原価というのは人件費がほとんどを占めます

実に原価の80%以上が人件費になるのです。

開発用のパソコンなども原価に含まれますが、全体からすれば微々たるものでしかありません。

ITエンジニアの1人月の単価は新人でも50万~100万、中級で80万~120万、上級のエンジニアになれば100万~160万円にもなります

参考:システムエンジニアの単価相場

もちろん、システム開発は1人で行うことなどできません。

大規模なシステムにもなれば最大で100人単位のエンジニアが投入されます。

1人50万円として考えたとしても1ヶ月で50万円×100人=5,000万円という費用が発生するのです。

これは最低単価で計算していますので実際にはもっと高額になることがおわかりになるかと思います。

高いプロジェクトマネジメントと生産性で利益を確保!利益率は10%〜30%

システム開発には高額な契約金が動くことも珍しくありません。

会社はさぞかし儲かっているのかと思うかもしれませんが、実は利益率にすると10%~30%程度というのが実情です。

この利益率を少しでも上げるためには、効率的なプロジェクトマネジメントと高い生産性が求められます。

最短距離でスケジュールの遅延もなく納品することができれば、それだけ利益率を上げることができるためです。

反対にスケジュールの遅延が発生すれば、それだけ利益は減少していきます。

最悪、赤字になってしまうというケースも少なくありません。

たとえば、1人月50万円のエンジニアを10人必要とする8,000万円のプロジェクトがあり、システムの完成・納品まで1年を要するとします。

この場合、会社は50万円×10人×12ヶ月=6,000万円の資金を担保しなくてはいけません。

仮にスケジュールが4ヶ月遅れれば、利益はなくなってしまうということになります。

コラム:大きな受託開発はパートナーが必要!避けられないITゼネコンの実態

IT業界には「ITゼネコン」と呼ばれる産業構造が出来上がっています

「ゼネコン」というのはもともと建設業界の言葉で、大企業の建設会社から中小の建設会社に下請け、孫受けというようにピラミッド構造になっている状態です。

IT業界でも同様な現象が起きており、ある種の独占状態になってしまうため、業界が不健全であるとしばしば問題視されることがあります。

しかし、大規模案件に投入するだけの人的リソースを確保するのは大企業とはいえ容易ではありません。

そのためパートナー企業と提携し、大量のエンジニアを確保する必要が出てきます。

こうして、大規模案件はまず大手企業が受注し、機能を細分化した上で中小の企業に割り振ります

中小企業も受注した内容に応じて人的リソースを外部から確保するようになり、こうしてピラミッド構造が出来上がっていくのです。

コラム:大規模開発は大手受託開発会社が強い

BtoB

大規模開発になると大手受託開発会社が強くなってしまうのは説明した通りですが、実情として100人単位、1,000人単位の大規模案件を受注するだけの体力が中小企業にないという側面もあります。

人月単価100万円のITエンジニアを100人雇うとSIerは月1億円の支払いが必要となります。

大型プロジェクトでは大手SIerの資本力は重要な要素となります。

大規模案件になればそれだけ納品までの期間も必要になりますし、その間のエンジニアの給料も負担しなくてはいけません。

中小企業では大人数のコストを負担するだけの資本が足りないのです。

そうなると、必然的に大手のSIerがこれを受注し、パートナー企業に業務を任せるという形に落ち着いてしまうのです。

いかに大手企業であっても100人、200人というエンジニアを1案件に投入することは難しく提携会社の協力が必要不可欠になります。

「ITゼネコン」を批判的な形で使う方は多いです。

確かに、「やりがい」「キャリア」「待遇の差」ができやすいのですが大規模開発を支える仕組みでもあります。

「知らなかった!」ということでキャリアを失敗しないように、社会の仕組みを理解した上で、どの職種・どの企業で働くかが大切です。

ITゼネコンについは「ITゼネコンとは?下請け構造から見える課題を現場視点で解説!」でより詳細に解説しています。

「SEになりたい」「受託開発に興味がある」という方は必ずチェックしてください。

受託開発会社の特徴と代表的な企業一覧

受託開発会社といってもさまざまな種類があります。

大きく分けると5つに分類できます。

  • ユーザー系
  • メーカー系
  • 独立系
  • コンサル系
  • 外資系

それぞれ、会社設立の経緯によって会社の強み・弱み、風土などが異なるため、就職活動の際の参考にしてください。

Sierの分類 成り立ち 強み・弱み 代表的な企業名
ユーザー系 企業の社内情報システム部門から分離・独立 強み:特定の業界に強い。親会社から仕事があり、比較的安定。 弱み:親会社が不景気になると大きく影響をうける。 NTTデータ、新日鉄ソリューションズなど
メーカー系 サーバーやPCのハードウェアメーカーのソフトウェア部門が分離・独立 強み:富士通などブランド力が強い。すべて自社製で揃えることが可能。 弱み:大手電機メーカーは成熟しているため、大きな成長が見込めない。 NEC、富士通、日立関連の子会社
独立系 特定の親会社を持たず、独自にSierとして成り立った会社 強み:強力なオーナー社長のリーダーシップが魅力。 弱み:会社の文化に合わない可能性ある。 大塚商会、CSK、富士ソフトABC
コンサル系 技術中心ではなく、経営戦略に主眼をおいている超上流が得意なSier 強み:付加価値が高く営業利益率も高め。 弱み:システム構築のスキル、マネジメント力で低め。 野村総合研究所、アクセンチュア、日本総合研究所
外資系 グローバルな市場で活躍しているSier 強み:ブランドとサビース・商品力が協力で営業利益率も高い傾向。 弱み:キャリアが不安定。

Oracle、SAP、アクセンチュア

SIerについてより詳細に知りたい方は「SIerとは?SEとの違いや業界の事情をやさしく紹介!」も確認してください。

個人でもできる受託開発!案件はフリーランスエージェントからGET!

受託開発はなにも会社に入らなければできないというわけではありません。

ただ、なんのコネもないエンジニアが仕事を取ってくるのは至難の業でしょう。

そういうときに心強いのがフリーランスエージェントです。

フリーランスエージェントというのは、営業ができないエンジニアに代わり、案件紹介をしてくれるエージェントです。

紹介してもらった案件に気に入ったものがあれば、契約手続きまで進めてくれます。

紹介してもらう代わりに仲介手数料がかかりますが、自分で仕事を取ってくることを考えれば多少の手数料を支払っても利用したほうが、仕事を受けながらコネを作っていくこともできます。

また、手数料だけを気にするのはあまりおすすめしません。

優良エージェントは手数料が高い分、良い案件を紹介してくれるということもありますので、じっくり比較しておきたいところです。

おすすめなのは「ギークスジョブ」です。

業界でも15年の実績を誇り、抱えている案件も最大規模となります。

担当してくれるスタッフもIT業界に詳しいプロフェッショナルが揃っていますので、話がスムーズに進みやすいと評判です。

福利厚生も充実しているだけでなく、懇親会なども定期的に行われるため人脈が欲しい駆け出しにはうってつけのエージェントと言えるでしょう。

ギークスジョブ

  • 高単価案件も充実!15年以上の実績から豊富な開発案件を確保
  • 案件を継続的に続けるために3名体制の手厚いフォロー
  • 営業代行、事務代行、交流会などサポートが充実

まとめ

受託開発はクライアントからの要望をシステムという形で実現するために1番取られている契約形態です。

ただし、クライアントとの密接なコミュニケーション、正確な見積もり判断がなければあっという間に炎上してしまうという側面もあります。

受託開発と言うと「プロジェクトが炎上する」イメージばかり先行してしまい、悪いイメージを持たれがちです。

しかし、マネジメントがしっかりしている企業を選べば、世の中に貢献できる素晴らしいシステム開発に関わることもできます。

ぜひ、自分に合った企業を見つけてみてください。

       
質問・疑問・不安がある方は、
「ITエンジニアのキャリア相談室」に
いつでも、お気軽にどうぞ

ご相談はこちら

当サイトおすすめの転職エージェント

【ベスト3】当サイトおすすめの転職エージェント

IT専門!国内最大級の求人数と実績「マイナビエージェントIT」

  • 求人情報の8割が「非公開求人」で
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • 【裏技】職務経歴書の添付で非公開の高待遇求人が優先!かんたんな情報だけでもOK
  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!

※職務経歴書は「エンジニア経験の有無・経験したことのある言語」の記載だけでOK

高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門 「TechClipsエージェント」

  • 高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門
    80%以上が年収500万円の求人!
  • 大手転職会社にはない現役エンジニアによる親身なサポートでキャリアアップをサポート
  • エリアは首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)限定!

-IT業界のお仕事
-

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2019 All Rights Reserved.