女性SEが転職で検討すべき4つの選択肢とおすすめの進め方

今までSEとして働いてきたものの、何かをキッカケとしてSEから他の職種へ転職したいと考える女性の方は多いです。

残業なども多く、女性には過酷な職場となってしまうことが多いSE業界からプライベートも確保できる職場に転職したいと考えている方も居ることでしょう。

SEから女性が転職するのであればどういった選択肢があるのでしょうか。

また転職を考える女性は多いといえども正しい選択なのでしょうか。

SEとして働くことを見直したいと考えている女性に向けてSEからの転職についてまとめていきます。

残業多いSEは女性に過酷な職場

女性のSE転職の理由の多くは残業量が多くプライベートな時間を取りにくいという声をよく聞きます。

SE業界に限らず一般的な企業としては、勤務日数が20日に対して残業時間が30時間を超えると多いと言われることが多いです。

しかしながらSE業界ではこれよりも多くの残業が発生することも少なくありません。

SE業界とそれ以外の業界での残業に対する認識を以下の表にまとめて比較してみましょう。

残業時間平日1日あたりの平均残業時間休日出勤頻度SE業界としてその他業界として
月間20時間1時間無し少ない標準
月間40時間2時間無し標準やや多い
月間60時間3時間0〜2回発生やや多い多い
月間80時間3〜4時間2〜4回発生多い非常に多い
月間100時間4時間4回以上発生非常に多いさらに多い

実際に私がSE業界やその他の業界でコンサルタントを担当してきた経験から上記のようにまとめています。

SE業界は比較的残業して業務をこなす文化が蔓延している企業が多く、その結果として他の業界よりも残業時間が長くなってしまっても標準的なものとして扱われてしまうことが少なくありません。

女性が重要視することも多いプライベートな時間への影響度を纏めると以下の表のようになります。

残業時間平日1日あたりの平均残業時間退勤時間プライベートへの影響
月間20時間1時間18:30あまりない
月間40時間2時間19:30許容範囲
月間60時間3時間20:30影響あり
月間80時間3〜4時間+休日出勤20:30〜21:30プライベートな時間は少ない
月間100時間4時間+休日出勤21:30プライベートな時間は取れない

ここでは定時退勤時間を17:30として表を作成しています。

そのため、18:00を定時としている企業ではプライベートへの影響が多少は変わってくると考えられます。

この表から読み取れる通り、どうしてもSE業界のように残業が恒常化している業界は、女性にとって過酷な現場であると言わざるを得ないと考えられます。

結婚・出産の機会に見直す女性SEは多い

女性の方々はどういったタイミングでSEからの転職を考えるのでしょうか。

実は女性の方が転職を考えるのは結婚や出産といった人生の中でも大きな転機となる時期であることが多いです。

一般的な考えからすると、結婚や出産後というのは出費が増えてしまうことも多いですので、転職など考えずに今まで通りの安定した収入を得たいと考えることも多いかもしれません。

しかしながら意外にも、結婚や出産の機会にSEからの転職を考える女性は多くなっています。

このタイミングで転職を考える理由としては、やはりSE業界は残業が多くプライベートな時間が取りにくいということが原因にあるようです。

結婚や出産後というのはそれまでの時期に比べるとどうしてもプライベートな時間が取れるのかどうかということが重要となってきます。

そのため転職するなどして、仮に収入が下がってしまってもプライベートな時間を確保することが可能な業種への転職を考える人が多くなっています。

女性SEの転職先は大きく4つ

女性SEが転職を考えるのであれば

  • 大手SIerへ転職する
  • 社内SEへ転職する
  • 事務職へ転職する
  • 働き方・雇用形態を見直す

といった選択肢があります。

それぞれの転職先の特徴について以下にまとめていきます。

大手SIerへ転職する

女性SEからの転職先としてSIerがあります。

SIerはSEと同じだと認識されていることも多いのですが、SIerは企業のことを指しておりSEはそこで働く人のことを指しています。

つまり、大手SIerへ転職するということは基本的にはSEとして働くことには違いがありません。

ただここでは、「大手」SIerという点を強調しています。大手SIerであれば、プライベートも重要視した働き方ができることが期待できるからです。

同業種ではある大手のSIerへの転職を女性SEにおすすめするポイントとしては

  • 旦那さんの転勤に対応しやすい
  • 育児休暇などの福利厚生が充実
  • 女性SEのキャリアパスがある

ということが挙げられます。これらについて一つずつご紹介していきます。

理由1:旦那さんの転勤に対応しやすい

大手SIerへの転職を考えるキッカケとして旦那さんの転勤と合わせて選択肢に挙げることが考えられます。

大手のSIerともなれば、本社だけではなく各地方に支店が多く存在していますので、旦那さんの転職時に自分自身も転勤先から通勤できる大手SIerに転職することを考えられるでしょう。

中小規模のSIerであれば都市部に本社が用意されているだけで、支店が存在していない企業や存在していても少ない企業も多いです。

そのため旦那さんの転勤という転職のキッカケになることがあってもて、自分が合わせて転職するということが実現できない可能性があります。

どのような地域に旦那さんが転勤になったとしても、大手SIerならそこから通勤できる範囲内に支店が用意されている可能性が高くなりますので転職先の選択肢としてはおすすめです。

旦那さんが転勤するタイミングは大手SIerへの転職を考えている女性SEにとっては、自分の勤務地も変更するキッカケになる大きな節目であると考えておきましょう。

理由2:育児休暇などの福利厚生が充実

大手SIerは女性目線でも福利厚生が充実している点がおすすめポイントです。具体的には次の2点です。

  • 育児休暇など休みやすい環境が整っている
  • 手当などの金銭面での補助が整っている

上記2つを合わせてここでは福利厚生が充実していると記載しています。

こういった福利厚生は中小企業よりも大手企業の方が体系だって運用されていることで内容が充実していることが多いです。

大手企業であれば労働組合などが存在していることもありますので、こういった育児休暇などの福利厚生も手厚く用意されていることが少なくありません。

女性SEが転職先として同じ業界を選択するのであれば、このように福利厚生が充実している大手SIerを選択することが重要です。

産休などが用意されていれば妊娠を機に仕事を辞めることを考える必要も無くなりますし、生活が安定すれば職場復帰することも可能ですのでおすすめです。

慣れ親しんだ職場に出産後も復帰できるというのは精神的にも非常にプラスになる要素です。

こういった要素を活かしたいのであれば出産前ではなく、結婚を機に大手SIerに転職し女性SEとして活躍しやすい場を確保しておくことが重要となるでしょう。

理由3:女性SEのキャリアパスがある

大手SIerであれば中小企業などに比べると女性SEとしてのキャリアパスも形成されています。

転職してきた女性SEのキャリアパスの例としては以下の表のようなものがあります。

転職時(年齢)3年後5年後10年後
システムエンジニア(30歳)プロジェクトリーダープロジェクトマネジメントコンサルタント
システムエンジニア(32歳)社内SEシステム部門リーダーシステム部門企画責任者
プログラマ(28歳)システムエンジニアプロジェクトマネジメント補佐課長代理等管理職候補

ここでは私が実際に見てきた大手SIerでのキャリアパスを大雑把に例として記載しています。

SIerへの転職ですので、女性SEに限らず転職時の立場はシステムエンジニアかプログラマとなります。

大手SIerは上流工程を中心に扱っていますので、プログラマとして転職する例はあまり無いのですが、全く例として見られないものではありませんので参考としてご紹介しています。

中小企業では役職の人数に限界があるなど、どうしても仕事がテキパキとこなせる優秀な人でも昇進しにくい現状があります。

それに対して大手SIerであれば仕事ができる人はしっかりと昇進する仕組みが用意されていて、これは女性であっても同じことです。

特に大手のSIerともなると女性管理職の人数比が高いこともありますので、女性が実力を付けてキャリアパスを伸ばしていることが見て取れます。

転職後もSEとしてキャリアアップしたいと考えているのであれば、大手SIerへの転職を目指すのが一番良いと言えるでしょう。

社内SEへ転職する

今までSEとして働いてきた経験を活かして、女性の方もさらに活躍可能な転職先として社内SEがあります。

社内SEにどういった人材を求めているか、どういったレベルを求めているのかは企業によって異なります。

ただ、共通していることとしては社内情報システム部門といった間接部門に配属されるということです。

情報システム部門が担当している業務は企業によって様々ではありますが例を挙げると

  • ノート型パソコンや携帯電話の端末管理
  • システムのQA対応
  • システム導入・改善のプロジェクト推進
  • IT戦略の立案・推進

といったものがあります。

つまり社内SEは

  • 定型作業
  • マネジメント
  • 経営層へのキャリアアップ

などの幅広い働き方があります。

女性SEとして今まで働いてきた経験をそのまま活かせるような人材が求められていることもあれば、基礎知識は活かせるものの異なった分野の知識が求められていることもあります。

そのため、今までの経験をそのまま活かすことができる転職先を見つけ出すというのが、女性SEとして今まで働いてきた経験を活かすためには必要なことです。

企業ごとにどのようなポジションを募集しているのかは全く異なっています。

そのため自分で数多くの求人を探すよりも、転職エージェントに相談して求人を探したほうが素早く情報収集できますのでおすすめです。

社内SEとして転職する場合には、SEとして働いていてもプライベートの時間が確保しやすくなります。

そのためSEではありますが、社内SEに転職すれば残業が多く女性には過酷な環境では無くなると考えられています。

社内SEについてより詳しく知りたい方は「社内SEとは?仕事内容や年収、必要なスキルを解説」も合わせてご覧ください。

事務職へ転職する

SEという職業にこだわりがない女性の方であれば転職先には事務職という選択肢も用意されています。

事務職となると基本的にはSEとしての経験を活かすことはなくなってしまいますが、何かしらの社内システムなどを導入している経験があればSEとしてサポートしてきた経験や知識が事務職でも活かせる可能性が無いとは言えません。

特に事務職で利用する機会が多いWordやExcel、Windowsの操作などSEで培ったITスキルは事務職となっても活かすことが可能です。

また、これらのスキルに長けていれば職場の中でも重宝され貴重な存在となれるでしょう。

SEとして働く場合に比べると、事務職という一般職になると収入が下がってしまうのですが、無理な残業は減ることが期待されますし、家庭やプライベートな時間を確保しやすくなり、仕事とのバランスが取れた生活を送ることができるようになるでしょう。

働き方・雇用形態を見直す〜契約形態にこだわらない働き方〜

女性が転職を成功させるためには異なった職業・職種で働くことだけを考える必要はありません。

女性SEが転職を成功させるためには働き方を見直すというのも選択肢としては用意されています。

特に契約形態にこだわらない働き方を考えてみることも選択肢として考えてみましょう。

SE業界における働き方としては以下の表のようなものが例としてあります。

契約形態収入の安定性福利厚生責任拘束時間
正社員安定している充実していることが多い拘束時間が長い
派遣社員派遣先に左右される派遣元に左右される拘束時間は長め
アルバイト時給が大半で働いただけ特に用意されていないことも多い拘束時間は限定的

上記に挙げたもの以外の働き方もありますが、大きく分けると3つに分かれると考えられます。

日本の思考としては正社員で安定した収入を得るというものが多いでしょう。

しかしながら、女性SEが転職を考えるキッカケとなる妊娠や出産という場面においては、必ずしも正社員に固執する必要も無い可能性はあります。

特に共働き夫婦となるのであれば、旦那さんが正社員であれば女性SEからの転職先は正社員にこだわらなくともよいのではないかと私は考えています。

また、正社員として働き続けるのであれば時短勤務といった通常の勤務よりも1-2時間短く働けるような制度が用意されている企業で働くことも検討しても良いかもしれません。

皆さんの印象としても正社員は責任が大きく拘束時間も長くなってしまう傾向があります。

そのため正社員として働いている女性SEの方はSE業界が過酷であると感じてしまうことが多くなってしまうのでしょう。

しかしながら、働き方として派遣社員やアルバイトといったものを選択肢として用意すれば、同じSE業界でも過酷な働き方では無くなる可能性があります。

責任の大きさや拘束時間によって収入が増減してしまうのは仕方がないことですが、安定して高収入を求める必要が無いのであればプライベートを重視しやすいアルバイトも選択肢として検討して良いのでは無いかと考えます。

女性SEの主な転職先まとめ

  • プライベートを重視した働き方が出来る「大手SIer」
  • 女性でもさらに活躍可能で、残業も少ない「社内SE」
  • SEにこだわりがないなら仕事とプライベートのバランスが取れた「事務職」
  • 異業種・胃職種に転職するのではなく、SEとしての働き方・雇用形態を見直す

転職を成功させるポイントは「相談」

女性SEの方が転職で悩んでしまうことは多々あるようです。

そしてこの悩みを自分で抱え込んでしまいなかなか解決に至らないケースがあります。

女性SEがスムーズに転職を成功させるためには出来るだけ早く「相談する」ということです。

誰にどういった相談をするのかということは難しいと思います。私が今までに見てきた女性SEの転職に関連する悩みとしては

  • そもそも転職しても良いのか
  • 今の職場が実は最高なのではないか
  • 自分の力では転職できないので無いか
  • 今の年齢・時期で転職するのは間違っているのでは無いか

といったネガティブなものが非常に多くなっています。

転職をする前提でどういった転職先を選択するのかという悩みよりも、転職をするということが正しいのかという前段階の悩みが非常に多く見られます。

このような悩みは同じように働いている人に相談するのは難しいというのも事実です。

その理由としては

  • 転職するのは甘えである
  • 社員として働けているだけマシ

などの、正社員として働いてその企業で一生働き続けるという概念が根付いている人が多いことです。

こういった人に女性SEの悩みを相談したところで、「転職することが間違っている」といった返答を受けて転職を諦めてしまうことに繋がりかねないからです。
転職を成功させるためには相談して転職を後押ししてもらうということも重要となってきます。

ただ友人などに相談することは転職を逆に否定される可能性があります。どうするのが正解なのでしょうか。

転職を成功させる相談をしたいと考えているのであれば転職エージェントなどの転職を専門としている企業に無料相談してみるのが良いでしょう。

エージェントなどに相談すれば、実は自分と同じ悩みを持っている人が多数いることを知ることが出来ます。

女性SEから転職したいと考えているのは自分だけではないと知ることによって、転職活動に自信を持てるようになり、スムーズに転職を成功させる後押しとすることが可能です。

また、エージェントであれば転職先の紹介や転職時に発生する悩みを丁寧にフォローしてくれます。

転職に関する悩みは少しでも少ないに越したことがありませんので、「悩みを全て解決してから転職する」ぐらいの気持ちでエージェントに相談してみるのも悪くはないでしょう。

転職は不安に苛まれてしまうことも少なくありません。

身近な友人にサポートしてもらえる人が居るのであればエージェントを必ず利用する必要はありませんし、身近な人への相談が心配な場合にはエージェントを利用してみましょう。

エージェントも希望すれば女性が対応してくれる仕組みですので、不安に思うことも少なくなるはずです。

当サイトのおすすめ転職エージェントは次がおすすめです。

マイナビIT AGENT
  • 優良求人の大半は非公開求人!
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

公式サイトはこちら

レバテックキャリア
  • 年3,000以上の企業訪問から濃い情報を保有!優良企業やベンチャー希望者におすすめ
  • 年収などの待遇も交渉!年収320万円アップの事例もあり!
  • エンジニア経験の有無・経験したことのある言語の記載で非公開の高待遇求人が優先

公式サイトはこちら

ネットビジョンアカデミー
  • 未経験からITエンジニアになれる!就職率は98%以上!
  • 完全無料オンライン受講可能!継続率は92.5%以上
  • 資格と手に職をつけて就職・転職を有利に!
  • 第二新卒・フリーター・ニートの方、歓迎

公式サイトはこちら

コラム:女性は転職に適した年齢があるのか

女性SEが転職を考えるのであれば適した年齢はあるのでしょうか。

これは転職先としてSEを目指すかどうかによって異なっています。

先程の4つの転職先について転職に適した年齢があるのかを以下の表にまとめています。

転職先適正年齢理由概要
大手SIer35歳まで大手SIerでは10年程度の実務経験があるSEの更なる活躍が期待できる場が用意されている
社内SE40歳まで社内SEは新たな技術習得の必要が少なく、転職までに必要なスキルを身に着けていれば40歳程度でも活躍可能
事務職特になし事務職は幅広く適正年齢は特に無いものの、内容によっては資格などが必要なため取得が必要な事務職は40歳までが望ましい
働き方の見直し35歳まで契約形態を変更する場合には経験豊富なほど正社員としての採用が多くなりがちであり、転職が高難易度化

SEとして引き続き働くことも視野に入れるのであれば35歳から40歳までに転職を済ませておくことが理想的でしょう。

大手SIerへの転職は実力があれば女性でも40歳までは大丈夫だと考えてはいますが、結婚し産休や育児休暇を取得する可能性があることを踏まえると、それよりも早い段階で転職を済ませられる35歳までが適正では無いかと考えます。

社内SEであれば必要とされている知識や勤務量が事前に見通せることから、40歳まで転職することが可能であると考えています。

SEから事務職に転職することを考えている女性の場合には特に適正年齢というものは無いでしょう。世の中には非常に多くの事務職が存在していますので、特に事務職の中でもやりたいことを絞らなければ転職が難しいということはありません。

ただ、専門性が高い事務職であれば資格が必要であったり転職してから多少は実務経験を積む期間が必要となってしまいます。

そういったものに関しては40歳までに転職しておくと長くその職業で働き続けることが出来るのではないかと私は考えています。

まとめ

女性SEから転職する場合にはまずSEを辞めたいのかどうかということから考えなければなりません。

SE業界は確かに残業が多く過酷なものではありますが、転職によって勤務先を変えたり時短勤務など働き方を見直おしたりことによって過酷な環境ではなくなる可能性もあります。

また、SEとして働いている場合とそれ以外の業種で働いている場合では収入面でも大きく異なってくる可能性があります。

転職の際にはこれからの勤務時間と収入のバランスについても考えておくことが重要でしょう。

特に結婚などの機会に転職を考えている場合には旦那さんの収入も踏まえて家庭的な収入を考えることが必要となるでしょう。

女性が転職する場合には不安が多いことだと思われます。

自分が転職することが正しい判断なのかという大前提で悩んでしまうこともあるでしょう。

ここで記載しているように女性SEが転職を考えることは決して珍しいことではありません。

そのため周りに相談する、転職エージェントに相談するといったことをして自信を保ちながら転職活動を進めてもらえればよいかと思います。

Posted by

pagetop