SE転職

SE転職で面接官もおすすめの資格を紹介!転職を有利にする資格とは?

最終更新日:

SEの転職で面接官もおすすめの資格

転職や自分の市場価値を高めるために

「どんな資格があるといいの?かんたんに取れる資格がないの?」

と悩む方は多いのではないでしょうか。

私自身も10個程度の資格を持っています。

そして現在、面接官という立場でエンジニアの採用の現場をみています

このような経験から

  • SE転職に有利な資格ってなに?
  • 比較的かんたんに取れる資格はどれ?

といった内容をを紹介していきます。

結論からお伝えすると、資格は不要です

資格を取得するなら、実力が分かるアウトプットを出しましょう。

このページを読むことで、転職における資格の位置付けが分かります。

ぜひご一読ください。

【急募!】高待遇の求人を選ぶなら今!

ネットで求人を見ても「よく分からない」という経験ありませんか?

じつは経歴や希望する待遇はみんな違うので「どんぴしゃ」で見つけるのは困難です。

実際、転職で失敗する人は「よく分からず適当に就職した人」です。

逆に成功している人は相談している人です。

業界・市場価値・転職の仕方・事例を詳しい人に聞いています。

もし相談する人がいないなら業界最大手でITエンジニアに特化したマイナビITがおすすめです。

転職を検討している人なら誰でも無料で相談にのってもらえます。

「事例が豊富で相談して良かった!」と評判もとても高いです。

マイナビIT公式サイト
https://mynavi-agent.jp/it/

スマホですぐに登録できるので転職を本気で考えたい方は登録してみてください。

SEの転職に有利な資格は「ない」

SEの転職時にどれくらい資格が有利となるのか?

面接官の経験から答えると、資格は「スキルを知るための補助資料」のレベルです。

つまり、採用の合否に直接影響するものではありません

これは私が面接した経験、転職活動した経験、部下の成長度合いをすべて含めて判断しています。

それでは、転職において資格を持つ意味はどこにあるのでしょうか。

それは、

  • 継続して勉強するクセがあることが分かる
  • 一定の知識またはスキルが保証されていることが分かる

と言えます。

また、新卒や第二新卒が資格を持っている場合と30代が持っている場合では印象が違います。

どのような違いがあるか紹介していきます。

新卒・第二新卒(24歳まで)が資格を持っている場合は「目立つ」

新卒や第二新卒が資格を持っていると他の転職者と比べて目立ちます。

同じような学歴・志望理由・技術力の中で、資格があると「その人を選ぶ理由」になります。

SIer業界なら資格取得に向けた努力体験を伝えることで、アピールとすることもできます。

注意点は実力主義をとっている会社で、資格をアピールしすぎないことです。

逆効果になるため、企業理念の確認や面接での反応をみながらアピールしましょう。

30代の資格はキャリアを裏付ける情報のひとつ

30代になると資格そのものが選考を有利にすることはありません。

キャリアや実績を裏付ける情報のひとつとして資格を見られます。

30代の転職者は活躍をすぐ求められるため、「資格のアピール」よりも「いまのスキル」を重視されます。

もし30代の転職者なら資格取得ではなく違うことに力を向けたほうが無難です。

30代でIT転職なら「30代まで使える!ITエンジニアの転職で失敗しないために知っておくべき成功法則」をご覧ください。

IT転職
30代まで使える!ITエンジニアの転職で失敗しないために知っておくべき成功法則

「通過率20%」 これはITエンジニアが1回の選考を通過する割合です。 数多くのITエンジニアの転職を見届けてきた転職エ ...

続きを見る

ところでお金と資格はあっても邪魔にはなりません。

つまり必要最低限の資格は取得することが無難だということが私の結論です。

【急募!】高待遇の求人を選ぶなら今!

ネットで求人を見ても「よく分からない」という経験ありませんか?

じつは経歴や希望する待遇はみんな違うので「どんぴしゃ」で見つけるのは困難です。

実際、転職で失敗する人は「よく分からず適当に就職した人」です。

逆に成功している人は相談している人です。

業界・市場価値・転職の仕方・事例を詳しい人に聞いています。

もし相談する人がいないなら業界最大手でITエンジニアに特化したマイナビITがおすすめです。

転職を検討している人なら誰でも無料で相談にのってもらえます。

「事例が豊富で相談して良かった!」と評判もとても高いです。

マイナビIT公式サイト
https://mynavi-agent.jp/it/

スマホですぐに登録できるので転職を本気で考えたい方は登録してみてください。

それでは、取得したほうが良い資格は何でしょうか?次の章で紹介していきます。

面接官が教える転職に有利な資格3選と取得方法

面接経験から気になった資格を紹介していきます。選定ポイントは下記となっています。

  • 初心者SE〜中級SEの方が対象
  • ベンダー資格は時間とともに資格の価値が弱まるため国家資格を重要視
  • 資格の取得のしやすさ(必要な前提知識・スキルや難易度を考慮)
  • SIerへの転職

今回紹介する資格は

  • 絶対に必須!基本情報技術者試験
  • プログラミング力に安心感!Oracle Certified Java Programmer
  • 設計にも安心感!応用情報技術者試験
  • 期待度があがる!データベーススペシャリスト試験
  • 頼れる存在!システムアーキテクト試験

です。

難易度(レベル)順で紹介していますので上から順番に取得していき転職を有利にしましょう。

コラム:国家資格以外のベンダー資格には要注意!

企業が運営している資格、いわゆる「ベンダー資格」の取得には要注意です。

なぜなら、

  • バージョンが古くなり数年経つと役に立たない
  • 試験の受験代が高い
  • 資格に期限がある

というデメリットがあるからですl

Oracle社が運営する資格はDatabaseやJavaのバージョンがどんどん新しくなり、3年も経つと取得した意味がなくなってきます。

また、資格を取得するには1万円以上の試験を複数合格してやっと得られるものもあります。

上位の資格となると「2年間」などの資格の有効期間まであります。

このような理由から転職目的にベンダー資格を取得するのは避けましょう

一方で国家資格は難易度・認知度が高いため、一度資格を取得してしまえば資格取得者としてたち振る舞えます

以降では、このようなことを含めておすすめの資格を紹介していきます。

「すべてむつかしそう!」と思ったら「基本情報技術者試験」だけは合格しましょう。

絶対に必須!基本情報技術者試験

基本情報技術者試験はSEなら絶対に持っておきたい資格です。

3年以上のSE経験があるなら必ず取得しましょう。

会社や面接官によっては「なぜ持っていないの?」と思われることもあります。

3ヶ月から6ヶ月で取得できる資格です。

おすすめは、次の2冊による対策です。

過去の出題傾向をおさえることで簡単に合格できます。

春と秋に試験がありますのでぜひチャレンジしましょう。

>基本情報技術者試験(FE) ~ ITエンジニアの登竜門 ~

プログラミング力に安心感!Oracle Certified Java Programmer

プログラミングスキルを資格で伝えるには「Oracle Certified Java Programmer(以降、OCJ-P)」がおすすめです。

オブジェクト指向の基礎的な知識・スキルは意外とない方が多いです。具体的には継承やインターフェース、例外処理を理解していない人がいます。

このOCJ-Pを取得していればオブジェクト指向のプログラミングを正しく理解していると思われるでしょう。

取得の方法は、いわゆる「黒本」と呼ばれる問題集を解く形で進めます。

徹底攻略 Java SE 7/8 Bronze 問題集[1Z0-814]対応

徹底攻略 Java SE 7/8 Bronze 問題集[1Z0-814]対応

  • 作者: 志賀澄人,山岡敏夫,株式会社ソキウス・ジャパン
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2015/06/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

価格は26,600円〜と高いですが、プログラミングの自信をつけるためにも持っていて損はない資格でしょう。

>Java SE 8 認定資格 | オラクル認定資格制度 | Oracle University

設計にも安心感!応用情報技術者試験

オールランダー

参考書を読んだレベルでは合格しにくい「応用情報技術者試験」はSEのベテランの証となります。

かんたんには取得できない分、面接官も一定のスキルの理解をしてもらえるでしょう。

試験は春と秋にあり、5,000円程度で受けられます。

>応用情報技術者試験(AP) ~ ワンランク上のITエンジニア ~

合格のコツはやはり過去問です。

特に午後の問題は特定の分野が数回に1度入れ替わりながらでるため、予測した上でその分野を徹底的に勉強する必要があります。

午前の問題は基礎を理解していれば基本情報技術者試験のテキストでも十分に通用します。

(全文PDF・単語帳アプリ付) かんたん合格 基本情報技術者過去問題集 平成29年度(2017年度)春期

(全文PDF・単語帳アプリ付) かんたん合格 基本情報技術者過去問題集 平成29年度(2017年度)春期

  • 作者: 株式会社ノマド・ワークス
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2016/11/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

平成28年度【秋期】応用情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集 (情報処理技術者試験)

平成28年度【秋期】応用情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集 (情報処理技術者試験)

 

期待度があがる!データベーススペシャリスト試験

データベーススペシャリスト試験は国家資格で、データベースの設計から実装までのスキルを問う資格です。

システムにおいてデータの持ち方は直接、保守・メンテナンス性・拡張性に影響するためSEには必須の技術力となります。

一方でデータベースに向き合って技術を習得している方は少ないため、この資格を持つことであなたの市場価値とスキルの説得力が増すでしょう。

>データベーススペシャリスト試験(DB) ~ ビッグデータ時代に求められる、データ志向の担い手 ~

試験は1日で行われますが、科目は4つに分かれます。

  • 午前1
  • 午前2
  • 午後1
  • 午後2

午前は基本情報や応用情報の基礎がしっかり理解できていれば特に難しくありません。

問題は午後1、午後2です。

こちらはテキスト中心の勉強ではクリアしにくいため、実際の業務スキルがないと厳しいでしょう。

逆にとらえると、日々データベースの設計・実装をしている方はさほど苦労することなく取ることもできるでしょう。

午後1、午後2の対策はひたすら過去問を解くことになります。

平成27年度 データベーススペシャリスト パーフェクトラーニング過去問題集 (情報処理技術者試験)

平成27年度 データベーススペシャリスト パーフェクトラーニング過去問題集 (情報処理技術者試験)

 

頼れる存在!システムアーキテクト試験

システムアーキテクト試験は、SEの総合的な技術力が試される資格です。

ある程度のシステム構築経験がないと取得が厳しいでしょう。

一方でこの資格の価値を理解している人も少ないのが事実。

面接官がこの資格を持っていることに対して価値を感じない人もいるでしょう。

私の考えでは、技術を理解できない会社は短期的な売上・利益を追う短絡的な企業だと考えています。

この資格を評価しない会社には採用されないほうが良いですし行かないほうが良いと思います。

応募者側もしっかりと企業を吟味しましょう。

>システムアーキテクト試験(SA) ~ 業務とITのグランドデザイナー ~

より有利に転職を進めるためのアドバイス

プロに頼る

これまで、転職に有利な資格を紹介してきましたが、転職において資格とは「スキルを知るための補助資料」です。

つまり、資格があるから採用とはなりません

「資格が大切」と思っている方は、転職を思い込みで進める方が多いです。

一度、転職市場や自分を客観視する必要があります。

「難しいな・・」と思う方も多いですが、とっておきの方法があります。

それは、「プロのアドバイスをもらう」という方法です。

知り合いや転職コンサルタントに相談しましょう。

転職コンサルタントなら次がおすすめです。

IT専門!国内最大級の求人数と実績「マイナビエージェントIT」

  • 求人情報の8割が「非公開求人」で
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!
  • フリーランスに興味がある人はコチラ

高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門 「TechClipsエージェント」

  • 高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門
    80%以上が年収500万円の求人!
  • 大手転職会社にはない現役エンジニアによる親身なサポートでキャリアアップをサポート
  • エリアは首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)限定!

誰にも相談せず、独りよがりに進めるほど失敗しやすい人はいません

ぜひ一人でも多くの人に転職市場とあなたの強みをヒアリングして成功に近づけてください

 

まとめ

この記事では、「資格が転職に有利か?」という疑問に対して、「スキルを知るための補助資料」にすぎないと紹介しました。

「資格がない=技術の習得する習慣がない」と捉えられることがあるため、面接官から見ておすすめな資格

  • 絶対に必須!基本情報技術者試験
  • プログラミング力に安心感!Oracle Certified Java Programmer
  • 設計にも安心感!応用情報技術者試験
  • 期待度があがる!データベーススペシャリスト試験
  • 頼れる存在!システムアーキテクト試験

をピックアップしました。

時間もお金も投資して取得する資格ですので、ぜひ価値のある資格の取得を検討しましょう!

この記事でピックアップしていないおすすめ資格があればコメントいただけると幸いです。

当サイトおすすめの転職エージェント

【急募!】高待遇の求人を選ぶなら今!

ネットで求人を見ても「よく分からない」という経験ありませんか?

じつは経歴や希望する待遇はみんな違うので「どんぴしゃ」で見つけるのは困難です。

実際、転職で失敗する人は「よく分からず適当に就職した人」です。

逆に成功している人は相談している人です。

業界・市場価値・転職の仕方・事例を詳しい人に聞いています。

もし相談する人がいないなら業界最大手でITエンジニアに特化したマイナビITがおすすめです。

転職を検討している人なら誰でも無料で相談にのってもらえます。

「事例が豊富で相談して良かった!」と評判もとても高いです。

マイナビIT公式サイト
https://mynavi-agent.jp/it/

スマホですぐに登録できるので転職を本気で考えたい方は登録してみてください。

SEの転職で人気の記事はこちら

SEの転職でよく読まれる人気の記事は次の記事です。

合わせてご覧ください。

SE転職に強い転職会社ベスト3

IT専門!国内最大級の求人数と実績「マイナビエージェントIT」

  • 求人情報の8割が「非公開求人」で
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!
  • フリーランスに興味がある人はコチラ

高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門 「TechClipsエージェント」

  • 高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門
    80%以上が年収500万円の求人!
  • 大手転職会社にはない現役エンジニアによる親身なサポートでキャリアアップをサポート
  • エリアは首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)限定!

-SE転職
-, ,

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2018 All Rights Reserved.