SE転職

SIerから転職するなら知っておくべき将来性・転職タイミング・転職先を全解説

最終更新日:

BtoB

「SIerから転職したほうがいいのかな?」

炎上プロジェクトや残業・要件変更が続くと、定年までとても続ける自信が無くなってきますよね。

最近では「SIer不要論」まで出ているので不安になっている方は多いのではないでしょうか?

結論からお伝えすると漠然と不安になる必要はありません。

SIerは将来性もありますし、大手SIerの中堅以上は年収1,000万円程度もらっています。

平均年収も他業界と比べると高い傾向です。

ただ「ずっとこのままでいいのだろうか」とキャリアを心配している方も多くいますので

  • 転職すべきタイミング
  • SIerからの転職先候補
  • SIerにおすすめの転職方法

をこの記事では紹介していきます。

気をつけていただきたいのは30代あたりから転職の難易度は上がることです

手遅れにならないよう、かならずこの記事をチェックして転職すべきかどうか判断してください。

もしSIerに未経験で転職したい方は「未経験からSEになるには?年齢に応じたリスクないおすすめ転職法を徹底解説」をご覧ください。

未経験からSEになるには?年齢に応じたリスクないおすすめ転職法を徹底解説

もし自分がプログラミングができたらどれだけ良いことだろうか。 実際、iPhone、アマゾン、Facebook、クックパッ ...

続きを見る

SIerの将来性はある!ただし、キャリアを考えると「転職はあり」

転職を考えるうえで真っ先に気になるのがその仕事の将来性でしょう。

ずばり、SIerという仕事の将来性は「アリ」ます。

なぜかというと、SIビジネスは需要が減ることがなく、新たな挑戦をするにはおすすめの業界だからです

SIビジネスはなくならない!需要は続き将来性は問題なし

SIビジネスというのは、システム開発を受注するビジネスモデルです。

新しいサービスであったり、社内インフラであったり、現代では企業が事業を進めるためにITを活用しないというのは不可能というレベルにきています

そして、システムというのは常にアップデートされていくものです。

新しい業態のビジネスが始まれば、それに特化したシステムというのがかならず必要になってきます。

最近では月額有料サービスでのSaaS(Software as a Service)が増えてきていますが、すべての業態にぴったり当てはまるシステムというのは存在しません

規模化、効率化を求めるとどうしても独自にカスタマイズする必要が出てくるのです。

そのため、システム開発案件というのはなくなることがありません。

また、零細企業はどうしても開発力、資金力で遅れを取ってしまいますが、その分、中堅・大手SIerは順調にビジネスを拡大していくでしょう。

また、IT業界は慢性的な人手不足となっています

どこの企業も少しでも優秀な人材を集めようと躍起になっているところですので、転職するには絶好のチャンスなのです。

とくにITエンジニアはいわゆる売り手市場の状態ですので、やる気や可能性があればどんどん転職できる業界でもあります

仕事内容が3年くらい変わらないなら転職もあり

SEやプログラマーなどITエンジニアで致命的なキャリアは同じ業務をし続けることです。

例えば、同じプロダクトやプロジェクト、技術、役割を3年程度している方は気をつけてください。

IT業界では3年もあればフレームワークやビジネストレンドが移り変わります。

Web系のベンチャーでは毎月のように転職者を採用し、名刺や座席は半年ごとに変わるのが普通です

このように世の中が変化しているなか、同じ仕事をしているのはIT業界では致命的と言われるでしょう。

同じ仕事をずっと続ければ、安定はしますが、成長・変化しません

そして、変化がない企業は潰れていくように、自身が成長しなければ市場価値は下がっています。

あなたが同じ仕事を繰り返しているうちに、周りのエンジニアは新しい技術に挑戦し、変化を続けているのです。

そのまま30代後半になってしまえば、できる仕事が極端に狭くなってしまうリスクがあります。

転職タイミングは20代半ば・30代前後・30代後半

転職のタイミングとしては

  • 20代半ば(24才〜26才)
  • 30代前後(29才〜31才)
  • 30代後半(37才〜39才)

がありますが、それぞれで求められることが変わってきます。

20代半ばの転職:スキル習得に課題がある方におすすめ

20代半ばというのは社会人経験もある程度積んできて、これからキャリアを真剣に考えていく時期です。

もっとスキルを習得したいけどどうすればいいのか分からないというのであれば、SIerで新たな分野の勉強を始めるというのも良いでしょう。

Web系サービスは苦手だったけど、SI系のほうが理解しやすいということもあります。

30代前後の転職:マネジメントスキル習得や仕事の幅を増やしたい方におすすめ

30代前後ではマネジメントスキルを求められるようになっていきます。

管理者としてステップアップしたいのであれば、SIerとしてマネジメントスキルを磨くのもよいでしょう。

マネジメントができるようになると一気に仕事の幅が広がりますし、市場価値も大幅にアップします。

チャレンジするだけの価値はありますよ。

また、web系へ転職するラストチャンスの年代です。

未経験の職種・技術に挑戦できる最後の年代ですので見逃さないようにするのが転職で失敗しないコツです。

30代後半の転職:40代・50代の役職・給料・働き方の改善をしたい方におすすめ

30代後半ともなると、40代・50代でどのように働いていくかが見えてくるころです。

会社への貢献のしかたや、それによって得られる役職・給料・働き方をイメージし、不満があるのであれば、新しい企業でのキャリア作りを検討しましょう。

この時期は、いまの企業で働きつづけるかどうか、現在の企業のキャリアを見つめ直すことができる最後のチャンスともいえます。

【最悪の転職失敗】転職タイミングを逃したキャリアほどみじめなものはない

「転職したい!」「こんな会社辞めたい!」と言いながらダラダラと同じ会社にしがみついている人を見たことがあると思います。

こういう人のキャリアほどみじめなものはありません。

現状に不平不満をいいながら、とくに自分で行動を起こすこともできない人は、人生を無駄にしているといっても過言ではないでしょう。

自分が納得できる環境で、スキル・経験を積みながらキャリアアップしていく人と、嫌々働いている人では最終的な仕事内容や年収といった到達点で大きな差ができるのは、想像にたやすいはずです。

現状に満足しないのでれば、それを打開する必要があります。

それに必要なのはわずかな勇気だけなのです。

では、SIerから転職する場合の候補を確認していきましょう。

SIerからの転職先10個!メリット・デメリットや特徴を解説

SIerから転職する場合、以下の転職先が挙げられます。

大手SIerからユーザー系、営業、コンサルなどがありますが、それぞれのおすすめ度とメリット・デメリット、それぞれに強いサービスをご紹介していきます

転職先 おすすめ度 メリット デメリット 求人が豊富なサービス
大手SIer ★★★★★ マネジメントスキルが身につく 業務の幅が広くない マイナビエージェントIT
中堅Sier ★★★★☆ プログラミングスキルが身につく 大手に比べると待遇面で劣る doda
ユーザー系Sier ★★★★☆ 仕事が安定してある 仕事の幅が限定される ワークポート
SI営業 ★★★☆☆ プログラミングができなくてもOK 開発現場に関われない doda
ITコンサル ★★★☆☆ 超上流工程を担当できる 能力面でのハードルが高い アクシスコンサルティング
社内SE ★★★☆☆ 仕事の働き方が安定する 大幅なスキルアップは望めない 社内SEナビ
Web系 ★★★★☆ 最新技術を学べる 残る技術の見極めが難しい ギークリー
フリーランスエンジニア ★★★☆☆ 自分の好きな仕事だけできる 営業、事務、業務のすべてを自分でこなす必要がある レバテックフリーランス
外資系のIT企業 ★★★☆☆ 高待遇、高年収を期待できる 日本企業とは異なる社風や仕組み JAC リクルートメント
その他(異業種・異職種) ★★☆☆☆ まったく新しい仕事に挑戦できる すべてゼロからスタートしなくてはいけない リクルートエージェント
マイナビエージェント

それぞれの転職先についてより具体的に解説していきます。

少しでも興味を持ちましたら考えこみ過ぎずに情報を収集してみることがおすすめです。

疑問や気になるポイントが次の仕事選びの大切な価値観のヒントとなるからです。

その価値観を転職エージェントなどにぶつけることで新しい選択肢が見える方も多くいます。

大手SIerへの転職

大手SIerは大規模プロジェクトの元請けとして、非常に大きなシステム開発に関わる機会が多くなります

政府主導のシステム、銀行、金融の社会インフラシステムなど、直接的に世の中に貢献できる仕事が多いのが特徴です。

仕事内容とキャリア

大手SIerはプロジェクトの元請け企業となることが多く、そこから中小SIerに外部委託、いわゆる下請けに出します。

そのため、大手SIerというのは下請け企業のSEをまとめる、いわゆる管理業務がメインになることがほとんどです。

要件定義、設計など上流工程は自分で行いますが、開発やテストといった部分はスケジュール管理に回ります。

よりマネジメントスキルを高められるのが特徴といえるでしょう。

メリット

  • 上流工程に関わることができる
  • マネジメントスキルを高められる
  • 年収、福利厚生などがしっかりしている

デメリット

  • 実質的な開発スキル(プログラミング)がつかない
  • 年功序列の企業が多く、実力があっても認められにくい
  • 独自の文化で育つので、他企業に転職しにくくなる

ユーザー系SIerへの転職

ユーザー系SIerはもともと一般企業(電力、通信、物流、メーカーなど)の情報システム部門が切り離されてシステム開発を請け負うようになった企業です。

外部からの受注もありますが、親会社からの仕事もあるため、比較的仕事が安定しているのが特徴です。

仕事内容とキャリア

親会社からのシステム開発、保守・運用というのが主な業務内容になります。

内部の人間同士の仕事になるので仕事が比較的スムーズに進みやすく、仕事内容も安定する傾向があります。

プロジェクトとしては上流工程からしっかり関われるので、システム開発のスキルをしっかり学びながら管理者として成長していくことができるでしょう。

メリット

  • 親会社から仕事が発生するので安定・継続な仕事がある
  • 自社開発が多いので、常駐したりせずに腰を据えて開発できる
  • 親会社が大きいので不況になっても経営が安定している

デメリット

  • 仕事内容が親会社関連のものが多い
  • 似たような仕事が多く、仕事の幅が広がりにくい
  • 社長や取締役が親会社から出向していることも多く会社として硬直していることが多い

SI営業への転職

SI営業はシステム開発を請け負うために企業に対して営業活動を行います

企業の経営課題や現場の課題を把握し、SEと共に改善提案を行う仕事です。

仕事内容とキャリア

SI営業は仕事の受注・獲得がメインの業務になります。

そのためには、自社の開発能力や強みなどを把握し、お客さんに提案するスキルが求められます。

システム開発案件は単価が非常に高いため、1案件で数億のお金が動くことも珍しくありません。

現場が対応できるレベルで、適切な納期と予算を引き出せるかができる営業の分かれ目となるでしょう。

一営業としてキャリアをまっとうする人もいますが、そのまま経営企画、コンサルタントに転身する人も少なくありません。

メリット

  • コミュニケーション能力、交渉術が身につく
  • 売上に貢献すればインセンティブも期待できる
  • 営業スキルは汎用性が高く、ほかの業界に転職しやすい

デメリット

  • 成績が自身の評価に直結する
  • 売るためのスキルを磨く必要がある

ITコンサルへの転職

エンジニアとしても最上流の工程をこなすITコンサルタント

仕事内容もほかのエンジニアと比べると特殊なものになってきます。

仕事内容とキャリア

IT系コンサルティングファームといってもピンと来ない人もいると思いますが、アクセンチュア、野村総研、IBMなどが該当する企業です。

これらの企業はシステムをどのように運用するか、どのようなシステムを導入すれば売上、業務を改善できるかということを提案する超上流工程を行っています。

そのため、企業を分析する能力、ソリューションのプレゼンテーション能力、システムに関する幅広い知識を求められることになります。

ゆくゆくは複数の部下を束ねるマネージャー職にステップアップしていくのが通常です。

メリット

  • 超上流工程に関われる
  • 大幅な年収アップが期待できる
  • 分析、提案からシステム開発といった総合的なビジネススキルが身につく

デメリット

  • 激務になることが多く、ライフワークバランスを取るのが難しくなる
  • 能力面で求められるハードルが高い

社内SEへの転職

一般企業の情報システム部門で働くSEを社内SEと呼びます

社内での調整のため、無理な仕事を求められず残業が少ないのが特徴です。

その働き方から社内SEはSEの中でも人気のある転職先となっています。

仕事内容とキャリア

社内SEというのは自社のITインフラを整えるのが仕事ですので、基本的にクライアントと仕事をするということがありません。

そのため残業時間が少ないというのが大きな特徴です。

クライアントから急な仕様変更もなければ、無理なスケジュールで開発する必要もないので、基本的には定時退社が期待できる職種なのです。

メリット

  • 残業が少ない
  • 1つの企業の情報システムにずっと関われる
  • 経営戦略や業務改善といった企業運営に関われる

デメリット

  • 使えるスキルが広がらない
  • 企業内で「パソコンが詳しい人=便利屋」になってしまう可能性もある

もし、「社内SEって具体的に何するかイメージつかいなぁ」という方は「社内SE転職で失敗した人からの学び!失敗の回避法と年齢・注意点とは」も必ずチェックしてください。

社内SEの仕事内容について解説しています。

一般的に楽なイメージの社内SEですが、デメリットもかなりあります。

企業によって業務が全く違ったり、再転職するときに市場価値が低くなりがちで転職できなかったりします。

積極的に「社内SEになってこんなことをしたい!」という方であれば良いと思いますが、「楽だから社内SEがいい」という理由の方は絶対にご一読してください。

社内SE転職で失敗した人からの学び!失敗の回避法と年齢・注意点とは

SEの仕事のなかでも「社内SE」は特に人気のポジションです。 なぜなら「社内SEは仕事が楽だから」という理由だからです。 ...

続きを見る

Web系への転職

Web系はどんどん新しいビジネスモデルが出てきており、一番ホットな業界ともいえるでしょう。

仕事内容とキャリア

Web系の仕事はSIerとは違い、システムで収益を上げることを求められるので、よりトータルなビジネス能力を求められる仕事です。

開発だけでなくマーケティング、営業、ビジネスモデル、競合の動向を把握する必要があります

そのかわり、サービスが売れたときの達成感は大きなものがあるでしょう。

キャリアパスとしては開発を現役でし続ける方やエンジニア組織のマネジメントが多い傾向です。

メリット

  • 新しい技術やツールをどんどん吸収できる
  • 企画やマーケティングに関われる
  • 時間や場所、服装などが自由な働き方の企業が多い

デメリット

  • 流行る技術の見極めが難しい
  • 技術力がないと置いていかれる
  • 専門性を高めていかないと市場価値が上がらない

SEからWEB系への転職を検討している方は非常に多いのではないでしょうか?

実は筆者もSEからWEB系(ベンチャー)に転職するとき、非常に情報収集に困りました。

「どれくらいSIer出身の自分が通用するのだろうか?」「キャリアパスはどうなるのだろうか?」「どんなデメリットがあるのだろうか?」

などと、リアルな情報を知りたい方は「SIerからWEB系に転職して5年経ったので比較してみた」をご覧ください。

設計・実装をしているようなSEであればWEB系でも活躍できるでしょう。

SIerとは価値観が真逆のため、非常に視野が広くなり勉強になります。

一方で合わない人もいます。このようなことをまとめていますのでWEB系への転職を検討している人は一読してください。

SEからWEB系に転職して5年経ったのでWEBとSIerを比較してみた
SIerからWEB系に転職して5年経ったので比較してみた

「WEB系はSIerと比べて本当にいいの?」「WEB系への転職でうまくいくかな?」 このような疑問をSEの人が転職を検討 ...

続きを見る

フリーランスエンジニアへの転身

1つの企業に属さずに自由に働くフリーランスエンジニア

その働き方に大きな魅力を感じている人も多いでしょう。

仕事内容とキャリア

やることは一般的なエンジニアと変わりませんが、外部委託という形で働きます。

小さな機能を部分的に任されて自宅開発したり、企業に常駐しながら働いたり、そのワークスタイルに決まりはありません

大企業から仕事を受ける場合はセキュリティも厳重になるので、自宅で開発するということは難しいかもしれませんが、個人や中小企業からの仕事であれば場所を選ばずに働くということも夢ではないでしょう。

メリット

  • 自分の好きな仕事が選べる
  • 自分の好きな分野に特化できる
  • 頑張った分だけ収入アップが期待できる

デメリット

  • 営業・業務・事務などすべてを自分でこなす必要がある
  • 能力がなければ稼げない

もし

「フリーランスはゆくゆく考えたい」ということでしたら「フリーランスエンジニアになってみて分かった天国と地獄を分ける6つの備え」も必ずチェックしておいて下さい。

フリーランスにもデメリットはありますので、独立後に「しまった。毎日、孤独だ・・・」なんて理由でサラリーマンに戻る方もいます。

また、信用が無くなるため、クレジットカードが作れなかったり住宅ローンが組めなかったりします

新幹線やETC、ネット通販などクレカが当たり前になっていますので、事前に作っておくことがおすすめです。

詳細はこちらにまとめています。

フリーランスエンジニアになってみて分かった天国と地獄を分ける6つの備え
フリーランスエンジニアになってみて分かった天国と地獄を分ける6つの備え

朝9時半に起床して朝食をとり、コーヒーを飲みながら自宅のPCでGitのチェックをする。 ITエンジニアならこのような働き ...

続きを見る

外資系IT企業への転職

世界的に有名な大企業が日本法人を作ってそこでシステム開発をしていることがあります

外資系IT企業すべてが大企業というわけではありませんが、日本に進出してくるだけあってある程度大きな会社であることが多いです。

仕事内容とキャリア

外資系は技術的に最先端を行くアメリカの企業が多く、IoT、AI(人工知能)、ビッグデータなどを活用する技術に特化しているケースも珍しくありません。

海外の拠点のチームと連携しながら仕事を進めていくというケースも多く、業務で英語を使うことは当たり前となっています

国際的に活躍することができるのは大きな魅力といえるでしょう。

また、外資系は日本企業のように係長、課長、部長というような階級があまり存在しません。

中間層が多くそれをまとめるマネージャーがいる程度になっています。

メリット

  • 年収アップが見込める
  • 世界規模の仕事に関われる

デメリット

  • 英語を話せないと仕事にならない
  • 日本企業とは異なる社風に苦労する可能性がある

異業種・異職種への転職

IT系以外のまったく違う業界、職種への転職も選択肢の1つとなります

これまでとは違う、まったく新しい仕事は大きなチャレンジとなるでしょう。

仕事内容とキャリア

一度諦めた夢を追いかけてまったく新しい仕事にチャレンジするのも人生です。

ただし、それには大きなリスクが伴うことも忘れてはいけません。

これまで積み上げてきた知識や技術をすべて流用することは難しいですし、完全に新人扱いになるので給料も下がる可能性が高いでしょう。

そのため、周りに早く認められるためにも大きな情熱と野望、覚悟を持って取り組むことが必須となります。

メリット

  • 憧れていた夢や仕事にチャレンジできる
  • まったく新しい分野で自分の力を試せる

デメリット

  • ゼロスタートになるので、これまでのキャリアを活かせない
  • 年収が下がる可能性がある

コラム:大手SIerから転職したい

失敗

大手SIerから転職をしたいという人もいます。

中小SIerよりも良い待遇を受けられるにもかかわらず、職場を変えたいのはなぜでしょうか。

それは、多忙すぎる労働環境が挙げられます。

仕事よりもプライベートを大切にしたいという場合は転職を考えるのもうなずける話です。

そのほか、大手SIerはプログラミング面などの技術的な部分ではあまり成長できません

というのも、管理業務がメインになってしまう傾向が強い大手だと、自分でプログラミングする機会が圧倒的に少ないのです。

こういった不満を解消するためにはどこに転職するのがよいでしょうか。

おすすめは社内SEとWeb系です。

安定したキャリアを求める方は社内SEがおすすめ

働き方を安定させたいのであれば、やはり社内SEがおすすめです。

激務で仕事ばかりの人生に嫌気がさして社内SEに転職するというケースは少なくありません。

なんといっても、クライアントからの無茶な要求が無いというのが、安定した働き方ができる最大の要因でしょう。

残業が少なく、プライベートを充実させたいという人が

もっと挑戦したい方はWeb系がおすすめ

技術的にもっと挑戦したいという人にはWeb系がおすすめです。

Web業界はSI業界よりも技術の移り変わりが激しいため、さまざまな技術にどんどん挑戦することができます

また、SI業界のようにじっくり腰を据えて開発せず、アジャイルでどんどん作っていくため、スピード感があるので刺激的な働き方ができるでしょう。

転職が進まない人は情報収集が必須

転職というのは情報収集が基本です。

どういう企業が、どういう人材を求めているのか、自分はその人材にマッチしているのか、自分のどこをアピールするべきかを分析する必要があります。

独自に情報を集めるのも悪くありませんが、非常に効率が悪いです。

そういうときは転職エージェントを利用することをおすすめします。

求人サイトを使って自分で情報を集めるのは大変ですが、転職エージェントならコンサルタントがどんどん情報を持ってきてくれるので転職活動を優位に進めることができます

求人選びから企業選びの軸を理解し自己分析する

いまではリクナビやマイナビなど転職サイトが乱立してします。

求人情報を見るときに入れる地域や年齢、職種などの絞り込み条件はもちろんのこと、求人を見送るときのポイントも意識してみましょう。

無意識に会社規模や平均年齢、待遇などの条件で企業選びをしていることが分かります。

このように求人サイトはもちろん、転職エージェントに企業を紹介していただき、企業選び軸を知ることから始めましょう

企業選びの軸を知ることで自分自身の理解も深まります。

自己分析が深くできている人ほど転職は成功しやすい傾向です

ぜひたくさんの情報に触れ、無意識にしている判断を理解しましょう。

市場価値が上がるスキル・経験をヒアリングする

企業がどのような人材を求めているのか、どういうスキルや経験があると評価されるのか、ということは独力で情報収集しにくい部分です。

転職エージェントでは、どのような人材が求められているかを知っているため、「あなたにどんなスキル・経験があればより市場価値の高い案件を紹介できるか」が分かっています。

転職する・しないに関係なく、相談することで市場価値の高い人物像が分かりますので、情報収集は日頃から行いましょう

理想な企業との出会いは偶然!確率を増やしておく

星の数ほどある企業から理想的な企業と出会うには運も必要です。

採用が決まればポストは埋まり、退職者がでない限り募集されないこともあります。

転職したいときに希望する最適なポストがあるとは限りません。

そのため、転職を少しでも検討する可能があれば必ず情報収集をしておきましょう

意外にも企業からヘッドハンティングしてもらえるケースも少なくありません。

すべては「タイミング」となりますので、情報収集だけは日頃から行っておきましょう。

ここでよく受ける質問は「どの転職エージェントがいいの?」という内容です。

そこで当サイトで評判の良い転職エージェントを紹介していきます。

おすすめの転職エージェント3つ

それではおすすめの転職エージェントをご紹介します。

マイナビエージェントIT

マイナビエージェントは、大手転職サイトのマイナビが運営する転職エージェントです。

大手ということもあり、転職求人数は非常に多いです。

そして、マイナビエージェントITはその中でもIT業界に特化したサービスとなっています。

IT業界というのは専門用語が多く、あまり知識のないコンサルタントに当たってしまうと、企業とのミスマッチも起こってしまうのですが、専門サービスにすることで業界知識も豊富なコンサルタントが担当してくれるのが強みです。

転職するのであればマイナビエージェントITに登録しておけば間違いはないでしょう。

IT専門!国内最大級の求人数と実績「マイナビエージェントIT」

  • 求人情報の8割が「非公開求人」で
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

レバテックキャリア

元からIT業界に特化した転職エージェントとして有名なのがレバテックキャリアです。

年間で3,000回もの企業訪問を行い、現場の情報を足で集めているだけのことがあり、内情をしっかり把握して提案してくれます。

そのため、転職希望者の要望をしっかりと汲み取って満足度の高い転職を成功させてくれると評判のエージェントです。

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • 【裏技】職務経歴書の添付で非公開の高待遇求人が優先!かんたんな情報だけでもOK
  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!

※職務経歴書は「エンジニア経験の有無・経験したことのある言語」の記載だけでOK

TechClipsエージェント

もし、ある程度の技術と経験を持っているのであればTechClipsエージェントがおすすめです。

高収入求人を専門に扱っているエージェントで、求人全体の82%が年収500万円以上という案件を取り扱っています。

ステップアップを狙うのであればぜひ登録してみてください。

高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門 「TechClipsエージェント」

  • 高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門
    80%以上が年収500万円の求人!
  • 大手転職会社にはない現役エンジニアによる親身なサポートでキャリアアップをサポート
  • エリアは首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)限定!

まとめ

SIerといってもさまざまなタイプの企業があります

まずは、自分のやりたいこと、適正を見極めながら企業を選定してみましょう。

また、転職は大きなエネルギーを必要とします。

独力で頑張るよりも、たくさんの多くの企業と出会うため、また自分の強みを客観的に確認するために転職エージェントに登録することをおすすめします。

スムーズに転職が進んでいくのでモチベーションも保ちやすいはずですよ。

IT転職エージェントランキング
       
質問・疑問・不安がある方は、
「ITエンジニアのキャリア相談室」に
いつでも、お気軽にどうぞ

ご相談はこちら

当サイトおすすめの転職エージェント

ITエンジニアの方必見

【急募中!】高待遇の求人を選ぶなら今!

12月は転職を考えている人にチャンスの月です。

転職者が増加する1月より前に登録・相談することで優先的に高待遇の求人を紹介してもらえるためです。

ただし高待遇の求人は非公開で、早く相談した人から紹介されます。

動くなら「いま」です。

情報が濃く、対応力の高い転職エージェントに相談することがコツです。

おすすめはIT特化で業界最大級のマイナビITです。

マイナビIT公式サイト
https://mynavi-agent.jp/it/

スマホでもすぐに登録でき、非公開求人を紹介してもらえます。

待遇の良い企業に出会えるチャンスを逃したくない方はぜひ登録してみましょう。

ちなみに転職エージェントとの相性や、情報量の確保のためにも複数の転職サイトの利用が一般的です。

求人量が多く、質の高いレバテックキャリアも常に評判がよくておすすめです。
職務経歴書を添付すると高確率で高待遇求人を紹介してもらえます。簡単でも良いので記入しましょう。

情報をたくさん提供してもらえる環境を作るのが成功のポイントです。

SEの転職で人気の記事はこちら

SEの転職でよく読まれる人気の記事は次の記事です。

合わせてご覧ください。

SE転職に強い転職会社ベスト3

IT専門!国内最大級の求人数と実績「マイナビエージェントIT」

  • 求人情報の8割が「非公開求人」で
    トップクラスの求人数と国内最大級の実績
  • 関東と関西に圧倒的な強み!大手からベンチャーまで
    求人票にはない好条件をGET!
  • IT専門!キャリアアドバイザーはIT業界経験者!
    転職の検討段階でも経験と事例から納得サポート

関東・関西なら企業をどこよりも知っている「レバテックキャリア」

  • 【裏技】職務経歴書の添付で非公開の高待遇求人が優先!かんたんな情報だけでもOK
  • IT業界に特化!4,000以上ある濃い求人案件は業界トップクラス!
  • 年3,000回以上も企業に訪問し、会社の雰囲気や採用の背景をしっかり把握
  • 年収などの待遇、入社日や退職の調整もサポート!

※職務経歴書は「エンジニア経験の有無・経験したことのある言語」の記載だけでOK

高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門 「TechClipsエージェント」

  • 高年収&高待遇に特化!ITエンジニア専門
    80%以上が年収500万円の求人!
  • 大手転職会社にはない現役エンジニアによる親身なサポートでキャリアアップをサポート
  • エリアは首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)限定!

-SE転職
-

Copyright© IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方 , 2019 All Rights Reserved.